マグカップのプレゼントにおすすめの包装!簡単可愛いラッピング

マグカップをプレゼントするという時には、マグカップが割れないように包装することはもちろん、見た目もおしゃれに包装したいものです。
そこで、マグカップにおすすめのラッピング方法をご紹介します。

不器用だから可愛くラッピングできるか心配という方も多いと思いますが、簡単でもおしゃれに見せるアイデアがたくさんあります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツとは

スカートのウエストがきついときは、ゴムを伸ばす方法を試してみてくださいね!では、スカートのき...

No Image

相撲チケットが取れないことも!チケットを確実に入手する方法

相撲チケットが取れないってことあるの?と甘くみていると、希望日が既に売り切れでチケットが取れなかった...

水筒のプラスチック部分の臭いの原因と臭い取りの方法

水筒を毎日使用していると、プラスチック部分の臭いが気になってくることがあります。水筒は直接口に付...

ポニーテールはこんなに簡単!ロングでもアレンジを加えよう

ロングヘアの人にとって、ポニーテールはよくする髪型の一つになっていることでしょう。でも、いつ...

卵と白菜、もやしがあればこの1品!忙しい主婦におすすめレシピ

もやしは価格も安定していて、主婦の味方ですよね。買い物に行った時には、必ず買い物カゴに入れる...

おでんのこんにゃくの下ごしらえはおいしく食べるために必要です

冬になると恋しくなるおでん、コンビ二のおでんもおいしいですが、自分で好きな具を入れて作った方がよりお...

ハンバーガーバンズの代用になるものは?バンズのレシピも紹介!

ハンバーガーを作りたい!でもバンズが売っていないこのような場合、なにか代用できるものはないかと考える...

ハムスターのヒーターで火事に注意!使い方と冬の環境づくり

ハムスターのためのヒーターで火事が起きては大変です。ハムスターは寒さに弱い動物なので、冬になると寒さ...

石鹸の香りをルームフレグランスとして楽しむ方法と香り復活テク

お部屋用の芳香剤はいろいろな種類がありますが、少し匂いが強いと感じる方もいると思います。人工的な芳香...

バナナをおやつや離乳食として与える時の注意点とポイント

バナナはおやつや離乳食で活躍する、安価で栄養満点のママにとっても嬉しい食材のひとつ。離乳食を開始して...

絵が描けない!スランプの原因とスランプからの脱出方法を解説

イラストを描く専門の学校に通っている人の中には、自分の納得のいく絵を描くことができず、スランプに陥っ...

ウーパールーパーの赤ちゃんの育て方のコツや注意点について紹介

ウーパールーパーの赤ちゃんの育て方はコツを掴めば簡単です。はじめてウーパールーパーを飼育する場合はど...

凍結道路時のタイヤはノーマルではなくスタッドレスが鉄則!

凍結した道路はとても滑りやすく危険です。ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤの方が安心ですが...

猫の種類によって性格は違う。様々な猫種とその特徴と飼い方

猫が飼いたいと思った時にペットショップに行ってよくみてみたら、色々な種類がいます。大人しい猫や、...

鏡と写真で全然違うのはなぜ?顔の印象の摩訶不思議

鏡と写真で印象が全然違うと思ったことありませんか?なぜそこまで鏡と写真で印象が全然違うのはな...

スポンサーリンク

マグカップのプレゼントの包装にラッピングバッグが便利

マグカップは透明なラッピングバッグを使って見せるラッピングを

マグカップは、日常使いが出来る手頃な物なので、友人へのプレゼントとして選ぶ物の中でも人気のアイテムです。

マグカップとひと言で言っても、ブランドの物や限定の商品、デザイン性など、種類は様々です。

友人が好きそうな柄のマグカップを、たくさんの商品の中から「これあげたら喜んでくれるかな?」などと考えながら選ぶ時間も楽しいですよね。

マグカップは割れ物なので、包装は割れ物に合ったラッピングが基本です。

とはいえ、マグカップを箱に入れて包装紙で包むだけというのは、綺麗ですが、今ひとつ味気がありません。

マグカップは、”見せる”ラッピングが、プレゼントを受け取る側も見た目で驚いてくれるので、おすすめです。

見せるラッピングには、何と言っても定番の透明のラッピングバッグです!

ラッピングバッグだけではただの透明な袋でシンプルな包装用品ですが、シンプルなゆえ、留め具やシール、中に入れるアイテムに目立つ物を加えることで、オリジナリティあふれる、素敵なラッピングになりますよ。

プレゼントする相手が女性なら、マグカップと一緒に綺麗な造花を添えることで、まさに”華のある”ラッピングにあります。

マグカップの柄に合わせた色の造花にしても良いですね。

材料もすべて100均ショップで揃うので、ラッピングは苦手で…という人にもおすすめのラッピング方法です。

箱に入ったマグカップをプレゼントする時の包装のコツ

クラフト紙で味わい深いラッピングを

大切な人からもらうプレゼントは、自分のことを想ってくれている気持ちが伝わり、嬉しい物ですよね。

でも、せっかくのプレゼントでも袋に無造作に入れられたプレゼントより、ちゃんとラッピングされたプレゼントの方が、プレゼントをもらって嬉しい気持ちがより強くなります。

私も、自分でするラッピングはあまり得意な方ではなく、ついついお店にラッピングを任せてしまうことも多いのですが、ある時、友人から素敵なラッピングのプレゼントをもらて、衝撃を受けました。

その包装は、シンプルなクラフト紙で包まれ、上からは麻ひもがかかり、くるみボタンでさり気なく留められているというラッピングです。

そのくるみボタンも友人の手作りというぬかりのなさ。

シンプルでありながら、センスの良さが溢れていて、プレゼントを開ける前から感動してしまいました。

ラッピングは、プレゼントを受け取った人が初めて目にする物なので、相手が喜んでくれるようなラッピングにすることは大切です。

”クラフト紙”は、厚みがあり包みやすく、それだけでナチュナルな味が出るので、ラッピングが得意でない人でも使いやすい包装紙です。

包む時には、物の形に合わせて、寄れやシワが出ないようにぴったりと包むこともポイントです。

特に、箱を包む場合には、角が綺麗に出るように包むと良いでしょう。

麻ひももクラフト紙と相性が良いアイテムです。

留め口部分に、季節感の出る飾りや造花などをポイントとして付けると、さらに雰囲気が変わります。

マグカップをおしゃれな缶に入れてプレゼント

100均のデザイン缶をマグカップのラッピングに

せっかくプレゼントをあげるなら、ありきたりな包装じゃなく、個性を出したラッピングにしたいという人もいるでしょう。

マグカップを見せつつ、インパクトのあるラッピングにしたい場合には、100均にも置いてある缶ケースを使う方法がおすすめです。

マグカップより大きめの缶を選び、中に緩衝材となる紙パッキン(細切りの紙)などを入れてマグカップが缶の口付近に来るように置いたら、あとは大きめのラッピングバッグですっぽり包むだけです。

大きめの缶は、そのままインテリアや収納として使ってももらえるというのもメリットです。

紙パッキンを入れることで全体にボリュームが出るため、プレゼントもより豪華に見える効果もあります。

デザインも豊富に揃っている100均のデザイン缶を使うことで、プレゼントを渡した相手のハートは射抜かれること間違いないでしょう。

ワンランク上のお店のような包装でプレゼント

カゴと紙パッキンでお店のようなラッピング

お店に行くと、食器のセットがギフト用としてカゴに入ってラッピングされた状態で売られていることがありますよね。

カゴに入っているというだけで、一つではシンプルな食器も高級な物に見えてくる不思議さがあります。

特に女性は、カゴ好きな人が多いもの。

ナチュラルな雰囲気のカゴは、何個あっても邪魔になるばかりか揃えることで素敵なインテリアに早変わりするというメリットもあります。

このラッピング方法は、一見すると自分では難しそうと思いますが、実は100均で材料はすべて揃うので、意外と簡単に出来てしまうのです。

ポイントは、包むマグカップの大きさに合わせたカゴと紙パッキンを使うことです。

カゴは透明なラッピングバッグで包むことで、あえて見せるラッピングがおすすめです。
上からマグカップの柄や色に合わせたリボンを巻くと、お店で売っている商品のようなラッピングになります。

マグカップを郵送する場合の梱包方法

ダンボールの中で荷物が動かないように梱包する

マグカップを手渡しではなく、郵送や宅配で送りたいという場合は、梱包方法に工夫をする必要があります。

せっかく素敵なラッピングをしても、しっかり梱包しなかったせいで割れて届いてしまうと、受け取る方も、送った方も残念な気持ちになりますよね。

物を輸送する時には、輸送手段の中での揺れは付き物です。

激しい揺れにも耐えられるように、包装したマグカップは、エアパッキンなどの緩衝材で二重に巻き、ひと回りダンボールに入れ、隙間に新聞紙などを詰めて隙間がないようにしましょう。

ダンボールを揺らしてみて、荷物が動かないかを確認すると安心です。

宅配便で送る時には、配送票に割れ物欄があれば、印をつけ、ダンボールの表面にワレモノ注意と目立つように記入するか、宅配会社のシールがあれば、付けてもらいましょう。