腹筋のやり方に悩む産後の女性でもできる腹筋運動をご紹介します

産後半年たっても、お腹周りがすっきりしないという女性も多いでしょう。

そこで腹筋運動を始めようと思っても、産後の場合のやり方はどうすればいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。

今回は産後の女性のための腹筋のやり方や注意点について説明します。産後は筋力が低下しています。無理のない範囲で腰を痛めないようにして行うようにしましょう。

また、腹筋運動は継続して行うことが大切。そのためのコツについてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家族で楽しむクリスマス!夕食はお子様と一緒に自宅ディナー

毎年のクリスマスはどのように過ごすことが多いですか?主婦の皆さんは、やはり自宅で家族と過ごす...

靴下が脱げるのが片方だけの理由や脱げない靴下選びと対処法とは

靴下が靴の中で脱げる、しかも何故か片方だけ脱げるということにお悩みの人もいるでしょう。靴下が...

引き戸のレールの掃除方法!ホコリを取り除いて快適な滑りに

お家の引き戸が重くなってきたと感じることはありませんか?以前はもっと軽い力で動かせたのに、レールの滑...

友達から絶縁された理由!気持ちの整理の仕方について

友達から連絡が途絶えてしまったら心配になりますよね。しかし度々連絡をしても、返事が来ない場合は、もし...

自転車の塗装が剥がれたときの影響と自分でもできる対処法

自転車の塗装が剥がれることは自転車を愛用していると時々直面していまいます。お気に入りの自転車の塗装が...

鉄瓶の使用方法!南部鉄器の鉄瓶の正しいお手入れ方法を解説

南部鉄器の鉄瓶を購入して使用する時は、使用し始める前にお手入れをする必要があります。また、使用してい...

メダカの底砂の掃除方法!掃除に便利なアイテムと水槽の掃除手順

メダカの水槽の掃除は欠かせないお世話のひとつです。掃除を怠ると水質の低下に繋がってしまいます。そ...

バレエシューズ子供用の選び方。購入時に抑えておきたいポイント

子供がバレエを習う時に用意するバレエシューズですが、選び方にはポイントがあります。バレエシューズ...

香水は古いけど使い道によってはオシャレに再利用できちゃいます

古い香水ってなかなか使わなくなってしまいますが、そんな古くなった香水でも使い道があるんです!...

猫の鼻水は赤ちゃん用吸引器で吸い取り可能!ただし無理は禁物

猫が鼻水を垂らしている時、どうにか吸引して楽にさせてあげたいと思うものです。そんな時便利でおすす...

100均のペンケースのアレンジ術を紹介。簡単なデコり方や作り方

みなさんはどんなペンケースを使っていますか?100均のペンケースはプチプラなのに可愛い、使いやす...

ブレーキを踏むとなるキーキー音の原因と対策について

ブレーキを踏むとキーキー音が気になる時ありますよね。ブレーキから音がしていると思うと安全性は大丈夫?...

ストレートのボブをアレンジするならこんな髪型

女の子らしくて可愛いストレートのボブは人気のある髪型のひとつですよね。そのままでも充分可愛らしい...

アパートでの洗濯機の音は何時までなら許されるのか徹底検証!

賃貸物件に住んでいると、他の住人の洗濯機の音が気になる時がありますよね。マンションよりもアパ...

警察官の結婚年齢が早いと言われる理由、警察官との結婚について

晩婚化が進む中で、警察官の結婚する年齢は比較的早いと言われます。それには、どのような理由があ...

スポンサーリンク

産後の女性のための腹筋のやり方をご紹介します

産後の女性の悩みは様々ですが、お腹周りが気になるという女性は多いのではないでしょうか。

腹筋をしようと考えてネットを調べても、筋肉モリモリの男性がオススメする腹筋のやり方が多く、産後の女性が育児の合間にできるようなやり方があまりありませんよね。
それでは悩みを解決できない女性が取り残されてしまいます。

女性向けの腹筋のやり方を紹介しますので参考にしてください。

やり方

  1. 仰向けに寝て両膝を曲げ肩幅程度に開きます。
  2. 膝の間にクッション挟みます。(両膝で挟むことで内股に力が入ります)
  3. 腰~背中にも薄いブランケットを挟み、両手は頭の後ろで組みます。
  4. お腹の力を使って大きく息を吐きながら腹筋をします。

あごを引きすぎないように4回ほど繰り返してください。

負荷をかけすぎない程度に無理せず数が少なくても継続していくことが大切です。

産後の女性が腹筋のやり方で注意すること

産後気になるお腹周りですが、体型や体力作りに腹筋をやろうとする女性が多いですが、注意しなければならないことがあります。

女性は妊娠により思った以上に体力が低下している

腰が痛むのに無理に腹筋を続けると、痛みのある腰をカバーしようと体勢が悪くなり、また違う部分が痛んだり連鎖がおきます。
もし、腰や他の部分に痛みが出たら中断し痛みが治まるのを待ってレベルにあった腹筋のやり方をしてください。

腹筋には様々なやり方があるのでネットなどチェックしてみてくださいね。

腰を痛めないための腹筋のやり方もあります

腹筋をしても腰を痛めてしまう女性が多いです。そうすると、それ以降腹筋をしなくなってしまいませんか。
気になるお腹周りのお肉もなくなることはありません。

女性でも行いやすい腹筋のやり方

プランク

  1. うつ伏せになり、両肘が肩の真下にくるように肘から手のひらまで床につけ上体を起こします。
  2. 足はまっすぐ、つま先は立てる
  3. 背中はまっすぐ伸ばし視線は斜め前に向けます。そうすると自然に首から背中は一直線になります。
  4. そのまま20秒ほどキープします。

このやり方はお腹引き締め効果はもちろん、二の腕引き締め効果もあって一石二鳥です。慣れてきたら、足を上にあげることでお尻の引き締め効果もあります。

注意点

お尻を突き出したり、背中を反ることで楽になりますが、それは返って腰に負担がかかりますので、正しい姿勢をキープしてください。
痛みではなく、キツイ、辛いと感じるなら効いている証拠です。辛い時こそ息を止めてしまいますが、呼吸をゆっくりしてください。

産後の女性は腹筋だけではなく、下半身も強化しましょう

産後の女性は体型が変化します。腹筋はもちろん、下半身の強化も平行していきましょう。

下半身の強化といっても難しいことありません。簡単な方法かつ効果があるのはスクワットです。

すぐに効果が出始めるわけではありませんが継続することにより徐々に効果が表れます。
引き締め効果はもちろん、継続することで体力強化にもなります。

子育ては体力が必要です。

腹筋とスクワットをしながら体型キープ、そして体力作りをして大変な子育てに挑みましょう。

腹筋運動は毎日続けることが大切です

お腹周りの肉は気になると産後に腹筋をしようと意気込む女性がいます。
意気込みよく最初だけ頑張っても意味がありません。疲れたり、筋肉痛を感じると、頑張っているように感じてしまいますが、それはただの運動不足です。
それを乗り越えなければ引き締めることはできません。疲労や筋肉痛を感じるのは最初のうちだけですよ。
慣れてくると疲労を感じても筋肉痛を感じることはありません。
逆にその疲労が気持ちよくすら感じてきます。

体力が少しづつついてきている証拠ですね。

そのまま継続し、引き締めの効果がでるまで頑張ってみましょう。
何かを継続することは簡単ではないので自信にも繋がります。

子供がいても、母親になっても、元の体型をキープするにこしたことはないですよね。