筋トレをしたら太った!その後痩せるにはキチンと食事をとる事

筋トレをしているのに太った!?その後痩せるにはどうしたらいいのでしょうか?

女性の場合は、筋トレをするよりも食事制限をして体重を落とす方法をとりがちですが、筋トレをすることで見た目がキレイになるダイエットに繋がるようです。

理想的な体を手に入れるには、食事制限よりも筋トレがおすすめな理由や方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野良猫の親子を捕獲するには?保護した後の対応とは

野良猫の親子が庭に住み着いてしまったときなど、野良猫を捕獲したいときはどうしたらいいのでしょうか?...

自分の名前は好き?嫌い?名前が嫌いでも好きになることは大切

「自分の名前は好きですか?嫌いですか?」こんな風に聞かれた時、あなたは一体何と答えるでしょうか。...

高校生が勉強しない!進学校での落ちこぼれがやるべき勉強法

高校生で勉強しないでいると進学校では成績が落ちてしまいます。それでも勉強をしないとますます勉強にはつ...

一人暮らしでベッドをどのように配置したら良いのかわからない

実家での生活を飛び出して、一人暮らしの新しい生活を始める時に大切なのが、自分の拠点となる部屋のレイア...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

作業着をそのまま洗濯機に入れると壊れる可能性も!予洗いの仕方

油汚れ・ドロ汚れ・サビ汚れ・鉄粉など作業着には色んな汚れがついていますが、汚れのひどい作業着の洗濯は...

警察官の結婚年齢が早いと言われる理由、警察官との結婚について

晩婚化が進む中で、警察官の結婚する年齢は比較的早いと言われます。それには、どのような理由があ...

2DKに4人家族で暮らす収納ルール!スペースの上手な活用術

4人家族で2DKに住む方も多くいますが、やはり手狭に感じてしまいますよね。子供が大きくなってくるとい...

顔が太るのは女性だけではない!男性も小顔を目指そう!

女性だけではなく、顔が太ると悩んでいる男性も増えているといいますが、その原因は女性と同じなのでしょう...

フラのハンドモーションのコツ!美しく見せる上達のポイント

フラダンスのハンドモーションのコツは、意識するべきポイントを掴んで練習すれば初心者でも上達できます。...

受験が怖いなら高校受験の不安を解消するコツや効率的な勉強法

受験生にとって高校受験というのは、不安な気持ちで怖いと感じることもあるでしょう。では、そんな...

鉄のやかんの手入れ方法!使い始めと使用後の正しいお手入れ方法

鉄のやかんを購入し、これから長く使って行きたいと考えている人の中には、正しいお手入れの方法を知りたい...

納豆の薬味は何がいい?納豆にとにかく合うというおすすめの薬味

納豆を毎日欠かさず食べるという方少なくないです。そんな方の中には薬味を変えて納豆を美味しく食べている...

プラチナの指輪が傷つきやすい理由と傷から守るための対処法

プラチナの指輪は傷つきやすいのは知っていますか?つい指輪を付けたまま仕事中に重い荷物を持ってしまった...

飼い猫が危険だらけの外の世界へ脱走!その理由や防止策について

室内で飼育している飼い猫が注意していても窓や玄関を開けた瞬間に脱走してしまい探し回ったという経験はあ...

スポンサーリンク

筋トレをして太ったその後痩せるには何をしたらいい?

「ダイエットのために筋トレしたのに、体重が増えてしまった」と、焦って筋トレを辞めてしまう人は、少し待ちましょう。

今まで筋トレをやっていなかった人が、筋トレを始めると、最初のうちは筋肉がつきやすいです。

なので、筋トレを始めた頃の最初は体重が増えてしまったと思ってしまいがちです。

筋トレは、筋肉の筋繊維に負担がかかり、それを回復させようとする時に、元々よりも大きくなります。

その時に筋肉に炎症のようなものがおきるのですが、それを回復させるために体に水分を蓄えようとするために水分が体重となります。

また、脂肪そのものよりも筋肉そのものの方が、重たさもあります。
筋トレを続けていると、その回復のために水分を蓄えたり、筋肉がついたりして体重は増えたりもしますが、逆に新陳代謝がよくなり、痩せやすい体質になり、脂肪も燃えていきます。

また、女性は比較的筋肉の量が増えにくいです。

体重が増えてからといって、食事を摂らなかったりしてしまえば栄養が偏り、健康でキレイな体とかけ離れてしまいますので気をつけましょう。

女性は筋トレをして太ったその後痩せるのは難しい?

筋肉をつけると、新陳代謝もよくなりますし脂肪も燃えやすく、太りにくくて痩せやすい体質になるといえます。

しかし、筋トレをしているだけでは痩せるのに多くの期間が必要になってきます。

女性は筋肉の量も増えにくいですし、その、いつか来る痩せる日まで太って見えるというのもイヤかと思います。

食事のバランスを考えて、1日3食できるだけ規則正しく食べたり、カロリーの過剰摂取を控えるようにする事も大切ですが、ストレッチや有酸素運動なども一緒に程よく取り入れる事もおすすめです。

また、筋トレは大変で、続ける事が難しい人も、ストレッチや有酸素運動などは毎日気軽に続けやすいかと思います。

筋トレの前後にストレッチを取り入れる事によって、様々なメリットもあります。

●ストレッチの効果

  • 筋トレの前にストレッチをする事によってケガの予防
  • 筋トレの後にストレッチをする事によって筋肉痛などの痛みの軽減
  • 筋肉の緊張をほぐす
  • リラックス効果

●有酸素運動の効果

  • 筋トレの効果アップ
  • 脂肪燃焼の手助け
  • 気分転換
  • リラックス効果

筋トレで太ったその後痩せるように有酸素運動をしすぎてはいけない!?

筋肉がついて脂肪が燃焼されて、体は引き締まった気がしても、体重が増えているのは、脂肪より筋肉の重さの方があるからです。

なので、筋トレをして体重が重たくなってしまうのはよくある事です。

しかし、体重だけを見て太ったというよりも、見た目では筋肉があって体重が増えた方が引き締まってスタイルがよく見えたりします。

もともと女性はホルモンの関係で筋肉が付きにくく、ダイエット目的でやるような筋トレ位では筋肉太りまではなりにくいです。

筋トレで太ったと思ったら

筋トレを明らかにやりすぎていたり、筋トレの前後に有酸素運動をやりすぎていたりしていないでしょうか。

筋トレをする時に必要なエネルギーが、有酸素運動で消費されてしまっていれば、エネルギー不足になってしまいます。

そのエネルギー不足を補おうとするために、筋トレをするはずが、筋肉を分解されてしまう事がおきてしまいます。

そうすると筋肉が減ってしまい、新陳代謝もダウンし、太りやすくなってしまいます。

有酸素運動は、20分や30分位でも充分効果がありますので気をつけましょう。

筋トレをして痩せたいならタンパク質をとろう!

筋肉は使用していなければ、どんどん落ちていきます。
筋肉が落ちていけば、新陳代謝が落ちてしまい、どんどん太りやすくなってしまいます。
歩いたりできるような筋肉までとはいきませんが、使用されていない筋肉は、どんどん余分なものとしてエネルギーとして使用されていき、分解されて落ちていってしまいます。
もしもどんどん筋肉が落ちていけば、少しの食事でも太りやすくなり、食事を減らした生活をすれば、見た目的に健康的に見えないし全身にたるみが出てしまう原因にもなります。

なので、ある程度は筋肉に負荷をかけて、回復される時に大きくなる事を利用し筋肉をつけていく事が大切になります。

筋肉を増やすポイント

  • 有酸素運動は20分か30分位
  • 筋トレは2日置き位にする
  • タンパク質をしっかりと摂る

タンパク質は筋肉の素ですので、しっかりと摂取しましょう。
筋トレは、2日置きが理想ですので、週に2回から3回位にしましょう。

筋トレ直後に太る原因とその後痩せる方法

筋トレをした次の日が特に体重が増えていると思った事がある人が多いようです。

筋トレの次の日は、筋肉に負荷をかけた分の回復のために、筋肉におきた炎症を鎮めるために水分を溜めているだけで、太ったわけではありません。

体重よりも、体脂肪の増減がどうかを目安にしましょう。

また、体脂肪率を測るのも、その1日の中で変動が大きいです。
できるだけ、「朝起きてすぐ」など、測る生活サイクルを決めておきましょう。

体重が増えてしまえば、続ける気力がなくなってしまいそうですが、飲食でのカロリー過剰摂取を控えましょう。

また、食事を抜いてしまう方法だと、リバウンドもおきやすくなってしまいますし栄養が不足してしまいます。

有酸素運動も無酸素運動も、過剰にやりすぎてしまう事を避けて、ほどほどにストレスにならないように心がけましょう。