玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってくると冷たい風が入り、玄関が温まりません。
そんな玄関ドアの隙間を直すための方法をご紹介します。

調整や隙間対策用の市販のアイテムを使う方法もあります。寒くてひんやりした玄関を改善するための対策です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ペンケースの中身をかわいい感じにするための秘訣を教えます

高校生の必需品であるペンケース。種類や大きさなどいろいろありますが、ペンケースも中身もなるべくかわい...

革靴のシワがかっこいい!綺麗な履きジワの付け方と革靴の選び方

革靴にできる履きジワが綺麗につくとかっこいいと思いませんか?なんだか味のある一足になった!そんな風に...

マグカップのプレゼントにおすすめの包装!簡単可愛いラッピング

マグカップをプレゼントするという時には、マグカップが割れないように包装することはもちろん、見た目もお...

服のイヤな臭いは熱湯を使って簡単に解消!イヤな臭いの取り方

服やタオルを洗濯したのに、乾いてくると気になるイヤ~な臭い。特にジメジメした季節や部屋干しをした...

卓球初心者のコツはラリーをつなぐ練習で楽しみながら上達できる

卓球初心者でもコツを覚えると、ラリーも続くようになり卓球が楽しくなります。卓球が楽しくなるポイントと...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

プラスチック製品に貼ったシールの剥がし方!剥がす方法と注意点

小さなお子様がいるご家庭では、貼ってほしくない場所に子供がシールを貼ってしまったという経験がある方も...

小1で算数を苦手にしない!楽しく学ぶ方法とつまずきのポイント

小1から算数がすでに苦手・・・。子供だけではなく、一緒に悩んでいる親御さんも意外と少なくはありません...

靴のサイズの選び方とは?大きさだけではなく幅や高さも要確認

靴のサイズを選ぶ時はどのようにしていますか?自分は○○センチだからと履かないで買ってはいませんか?...

壁紙の張り替えをDIYでチャレンジ!張り替える時の注意点

お部屋の壁紙は業者さんでなければ、張り替えできないと思っている方も多いと思います。しかし、壁...

うさぎが掃除のたびに怒るのはなぜ?掃除で怒る原因と対処法

うさぎを飼っているケージ内は定期的に掃除する必要がありますが、うさぎによっては掃除のたびに怒る子もい...

独身で実家暮らしの30代女性は結婚が遠のくと言われる理由

独身で実家暮らしという方はとても多いですよね。職場と家が近い場合には、実家から通った方が何かと便...

子供が大好き麺類!うどん弁当が冷めてもくっつかない方法を伝授

子供は麺類が大好きですよね。お弁当にも入れて!なんて言われますが、うどんなどの麺類は冷めてしまうと、...

3人家族の場合、気になるマンションの間取りについて!

3人家族でマンションに住むならどんな間取りや部屋数があればいいのでしょう?部屋の大きさや子供...

プラチナの指輪が傷つきやすい理由と傷から守るための対処法

プラチナの指輪は傷つきやすいのは知っていますか?つい指輪を付けたまま仕事中に重い荷物を持ってしまった...

スポンサーリンク

玄関ドアに隙間ができる原因

寒い時期になると、どうにかして、家の中を温かくしたいと主婦の方は思うと思います。その方が経済的だし、部屋も温まるし。どうして玄関のドアの隙間から冷たい風が入って来るのだろう。何か対策方法はないのか?

まず、どうして玄関のドアに隙間ができてしまうのか、その原因から一緒にに見ていきませんか?

玄関のドアに隙間ができてしまうのは残念ながら劣化が原因です

適切なメンテナンスをしていても、玄関ドアも長年使用していくと、劣化していくのが現状です。玄関のドアとなると、簡単に想像することもできると思いますが、家族の方、様々な人が使用します。使用する度に、劣化するスピードも早いドアになります。

使用する度に、ドアというよりは、ボルトなどが変形することもあり、そこに隙間ができることもあります。専門の方にドアは交換してもらった方が良いと思います。

玄関ドアに隙間ができると室温の低下につながる

色んな方が使う玄関のドア。そこに隙間ができてしまうと、室内の温度が低くなってしまいます。

冬場だと、外からの冷たい空気が入ってきてしまう

冬場は簡単に想像ができると思いますが、隙間から外からの冷たい風が入ってきてしまうので、室内が寒くなります。

そうすると、折角ストーブなどで室内を温めていたとしても、外気からの冷たい空気で室内が寒くなってしまいます。電気代がもったなくなってしまうので、できるだけ玄関のドアの隙間は無くした方が、経済的になります。

夏場は逆で暑くなる、虫も入ってくる

夏場は逆で外から温かい空気が入ってきてしまいます。エアコンを使って室内を寒くしても、それが台無しになります。また、夏場は虫も発生しやすい季節ですが、その虫も室内に入ってきます。

防犯性が落ちる

玄関の隙間があると、そこから空き巣が入りやすくなります。元々玄関のドアは狙われやすいので、余計ですね。

玄関ドアの隙間が気になる時にはヒンジの調整を

玄関のドアの隙間が気になる。確かに、そんな所に隙間があると、防犯性も落ちてしまいます。まずは、ヒンジの調整をしていきましょう。

玄関ドアの隙間はヒンジを調整することで改善されることもある

ドアのヒンジの部分はわかりますか?ドアに取り付けてある、クの字になっている道具になります。

この部分の調整をすることによって、ドアの傾きを調整することができます。ただ、調整方法に関しては、メーカーによって違う可能性があります。調整をする前に、一度メーカーに問い合わせをした方がより正確に調整をすることができると思います。

蝶番の部分が、音がなるのなら、防錆潤滑剤でスプレーをする

一時的にはなりますが、これで調整をすることができます。ただ、放っておくと故障になってしまいます。蝶番を調べて、ネジのゆるみがあるのであれば、プラスドライバーでゆるみを矯正していきます。

上記の作業が面倒、または素人では無理だと思うのなら、専門の業者に頼んで見るほうが良いと思います。

玄関ドアの隙間に市販の隙間対策グッズで対処

玄関ドアの隙間は市販の隙間対策グッズでも対応していくことができます。

隙間がそこまでひどくないのであれば、気密パッキンと呼ばれる市販の隙間対策グッズでその隙間を埋めて、音の対処、外気からの冷たい空気が室内に入ってこないように対処することができます。

見た目は少しガムテープのように見えます。貼る箇所の部分の埃などをとって、テープが剥がれない率を高くさせていきます。そして、ドアの枠にテープを貼っていきます。

夏はこれで貼ることができますが、冬はこれだけだと剥がれるかもしれません。貼る箇所をドライヤーで温めると、粘着率も高くなります。サブの道具も使って、玄関のドアの隙間を埋めることもできます。

隙間モヘアシールでも対応可能

貼り方は、気密パッキンと同様です。隙間モヘアシールに関していえば、虫が室内に入ってくるのを防止することができます。隙間風やドアの隙間から入ってくる虫防止にはもってこいのアイテムになると思います。

こまめな掃除が隙間対策に有効

玄関のドアに隙間があるので、テープで隙間対策をしている方。テープの寿命を延ばすには、その箇所を綺麗にすることです。

隙間を市販で売られているテープで対応できる場合ですが、そのテープの寿命を少しでも伸ばすには、埃などをとって、こまめにお掃除をしていくことです。

埃がゴミですが、テープが劣化する原因になります。テープを何回も貼りたくない、また、場所も玄関なので、余計な問題(カビなど)を持ちたく場合ですが、こまめに掃除をして、経済的に済ませてしまいましょう。

玄関掃除をする時に、テープの部分もしてしまえば、日々の生活の中で対応ができてしまいます。あまり深く考えずに、テープを貼った後、玄関掃除をする時にその部分も掃除してしまえば良いと思います。

玄関のドアに隙間がある時ですが、冬場は外からの冷たい空気が入ってきて、温かくしていた室内が、寒くなってしまいます。夏場であれば、隙間から虫などが入ってきて、余計な問題が増えますよね。市販のテープで予防することができます。また、音が鳴るのであれば、潤滑剤をスプレーするなど、ドアの隙間を無くす調整もすることができます。長い間使用しているドアであれば、劣化することも避けられません。どうしても自分で対応できないようであれば、ドアの交換も視野に入れてみるべきだと思います。玄関のドアは防犯にもなるので、しっかりとしたメンテナンスが必要になります。