玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってくると冷たい風が入り、玄関が温まりません。
そんな玄関ドアの隙間を直すための方法をご紹介します。

調整や隙間対策用の市販のアイテムを使う方法もあります。寒くてひんやりした玄関を改善するための対策です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるとい...

プラスチックに塗装!ポイントはスプレー前の下準備にあり

プラスチックに塗装したいと思ったら、そのままスプレー塗料を吹きかけても良いのでしょうか。答え...

友達をやめる方法とは?相手を傷つけないための心得について

決して悪い人ではないけど、なんとなく合わない。そういう友達も中にはいますよね。今まではそれで...

定期預金の引き出しを本人以外が行うには?引き出し方法と注意点

定期預金の引き出しは原則として名義人本人しか行えません。ただ、親が認知症で手続きができない、ある...

受験が怖いなら高校受験の不安を解消するコツや効率的な勉強法

受験生にとって高校受験というのは、不安な気持ちで怖いと感じることもあるでしょう。では、そんな...

卵と白菜、もやしがあればこの1品!忙しい主婦におすすめレシピ

もやしは価格も安定していて、主婦の味方ですよね。買い物に行った時には、必ず買い物カゴに入れる...

うずらを飼育するなら大きい鳴き声がすることを覚悟しよう

丸い体がかわいいうずら。子供だけではなく、大人でも飼育してみたいと思う人も多いと言います。し...

アイロンのかけ方【基本】必要な道具や注意点、コツを紹介

アイロンのかけ方、知っているようで知らないことたくさんあります。私は、どんな生地にでも高温ア...

猫が後ろ足を触られると嫌がる理由を理解して上手に付き合おう

猫を飼い始めるとどうしてもいろいろなところを触りたくなってしまいますが、実は後ろ足を触られることを猫...

100均の文房具でかわいいペンやノートやテープを紹介

100均の文房具コーナーを覗いたことはありますか?種類が豊富でかわいい文房具がたくさん並んでいま...

服の名前シールの剥がし方を解説!家にある物で簡単に剥がす方法

服に付けている名前シールを綺麗に剥がして、お下がりとしてもう一度活用したいと考えているママもいるので...

指輪8号サイズはほとんど店頭にない?指輪の平均サイズとは

指輪を選ぶ際に重要なのが「サイズ」です。指輪のサイズは人それぞれですが、店頭にはほとんど8号サイズが...

車の割り込みトラブルが急増中!罰則や巻き込まれない運転とは

最近ニュースでよくみかけるのが、車を運転中の割り込みやあおり運転によるトラブルです。運転手同...

野良犬を保護するための方法とは?その後のことも教えます

野良犬なのか迷い犬なのか…自分の家の近くにいる犬を保護する場合、どんな方法があるのでしょうか?...

勉強のスケジュールを手帳で管理!学習手帳の作り方

思うように勉強がはかどらない、なかなか計画通りに勉強することができないというお悩みを抱えている人もい...

スポンサーリンク

玄関ドアに隙間ができる原因

寒い時期になると、どうにかして、家の中を温かくしたいと主婦の方は思うと思います。その方が経済的だし、部屋も温まるし。どうして玄関のドアの隙間から冷たい風が入って来るのだろう。何か対策方法はないのか?

まず、どうして玄関のドアに隙間ができてしまうのか、その原因から一緒にに見ていきませんか?

玄関のドアに隙間ができてしまうのは残念ながら劣化が原因です

適切なメンテナンスをしていても、玄関ドアも長年使用していくと、劣化していくのが現状です。玄関のドアとなると、簡単に想像することもできると思いますが、家族の方、様々な人が使用します。使用する度に、劣化するスピードも早いドアになります。

使用する度に、ドアというよりは、ボルトなどが変形することもあり、そこに隙間ができることもあります。専門の方にドアは交換してもらった方が良いと思います。

玄関ドアに隙間ができると室温の低下につながる

色んな方が使う玄関のドア。そこに隙間ができてしまうと、室内の温度が低くなってしまいます。

冬場だと、外からの冷たい空気が入ってきてしまう

冬場は簡単に想像ができると思いますが、隙間から外からの冷たい風が入ってきてしまうので、室内が寒くなります。

そうすると、折角ストーブなどで室内を温めていたとしても、外気からの冷たい空気で室内が寒くなってしまいます。電気代がもったなくなってしまうので、できるだけ玄関のドアの隙間は無くした方が、経済的になります。

夏場は逆で暑くなる、虫も入ってくる

夏場は逆で外から温かい空気が入ってきてしまいます。エアコンを使って室内を寒くしても、それが台無しになります。また、夏場は虫も発生しやすい季節ですが、その虫も室内に入ってきます。

防犯性が落ちる

玄関の隙間があると、そこから空き巣が入りやすくなります。元々玄関のドアは狙われやすいので、余計ですね。

玄関ドアの隙間が気になる時にはヒンジの調整を

玄関のドアの隙間が気になる。確かに、そんな所に隙間があると、防犯性も落ちてしまいます。まずは、ヒンジの調整をしていきましょう。

玄関ドアの隙間はヒンジを調整することで改善されることもある

ドアのヒンジの部分はわかりますか?ドアに取り付けてある、クの字になっている道具になります。

この部分の調整をすることによって、ドアの傾きを調整することができます。ただ、調整方法に関しては、メーカーによって違う可能性があります。調整をする前に、一度メーカーに問い合わせをした方がより正確に調整をすることができると思います。

蝶番の部分が、音がなるのなら、防錆潤滑剤でスプレーをする

一時的にはなりますが、これで調整をすることができます。ただ、放っておくと故障になってしまいます。蝶番を調べて、ネジのゆるみがあるのであれば、プラスドライバーでゆるみを矯正していきます。

上記の作業が面倒、または素人では無理だと思うのなら、専門の業者に頼んで見るほうが良いと思います。

玄関ドアの隙間に市販の隙間対策グッズで対処

玄関ドアの隙間は市販の隙間対策グッズでも対応していくことができます。

隙間がそこまでひどくないのであれば、気密パッキンと呼ばれる市販の隙間対策グッズでその隙間を埋めて、音の対処、外気からの冷たい空気が室内に入ってこないように対処することができます。

見た目は少しガムテープのように見えます。貼る箇所の部分の埃などをとって、テープが剥がれない率を高くさせていきます。そして、ドアの枠にテープを貼っていきます。

夏はこれで貼ることができますが、冬はこれだけだと剥がれるかもしれません。貼る箇所をドライヤーで温めると、粘着率も高くなります。サブの道具も使って、玄関のドアの隙間を埋めることもできます。

隙間モヘアシールでも対応可能

貼り方は、気密パッキンと同様です。隙間モヘアシールに関していえば、虫が室内に入ってくるのを防止することができます。隙間風やドアの隙間から入ってくる虫防止にはもってこいのアイテムになると思います。

こまめな掃除が隙間対策に有効

玄関のドアに隙間があるので、テープで隙間対策をしている方。テープの寿命を延ばすには、その箇所を綺麗にすることです。

隙間を市販で売られているテープで対応できる場合ですが、そのテープの寿命を少しでも伸ばすには、埃などをとって、こまめにお掃除をしていくことです。

埃がゴミですが、テープが劣化する原因になります。テープを何回も貼りたくない、また、場所も玄関なので、余計な問題(カビなど)を持ちたく場合ですが、こまめに掃除をして、経済的に済ませてしまいましょう。

玄関掃除をする時に、テープの部分もしてしまえば、日々の生活の中で対応ができてしまいます。あまり深く考えずに、テープを貼った後、玄関掃除をする時にその部分も掃除してしまえば良いと思います。

玄関のドアに隙間がある時ですが、冬場は外からの冷たい空気が入ってきて、温かくしていた室内が、寒くなってしまいます。夏場であれば、隙間から虫などが入ってきて、余計な問題が増えますよね。市販のテープで予防することができます。また、音が鳴るのであれば、潤滑剤をスプレーするなど、ドアの隙間を無くす調整もすることができます。長い間使用しているドアであれば、劣化することも避けられません。どうしても自分で対応できないようであれば、ドアの交換も視野に入れてみるべきだと思います。玄関のドアは防犯にもなるので、しっかりとしたメンテナンスが必要になります。