玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってくると冷たい風が入り、玄関が温まりません。
そんな玄関ドアの隙間を直すための方法をご紹介します。

調整や隙間対策用の市販のアイテムを使う方法もあります。寒くてひんやりした玄関を改善するための対策です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

うさぎのケージを手作り!気をつけたいコツや作り方のアイデア

うさぎのケージを手作りしたいという人も多いでしょう。ケージが手作りできれば、家の雰囲気に合わせて自分...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

縦書きか横書きかの使い分けに迷った時の判断基準と与える印象

文章を書いたりデザインを考える時に、縦書きか横書きにするかで迷ったことありませんか?そもそも縦書...

豆腐の消費期限を1日でも過ぎたらアウトです!

豆腐には消費期限や賞味期限の表記があります。賞味期限の場合、1日くらいなら過ぎても問題ないとは思...

洗濯機の柔軟剤入れの掃除について手順や方法を詳しく紹介

洗濯機の柔軟剤入れの掃除をつい忘れがちな人も多いのではないでしょうか。しかし、そのままにしている...

ガラスの曇り止めに効く裏技!お風呂場の曇りもこれでさようなら

お風呂場のガラスは曇りやすいですが、身近なもので曇り止めができる裏技があるって知っていますか?特...

1万円札の旧札は現在でも使えるのかどうかを知りたい!

掃除をして1万円札の旧札を発見する場合もあるでしょう。1万円は高額な札ですし、今でも使えるのかどうな...

部屋の片付け方!どこからはじめていいか分からない人の片付け方

部屋の片付けをしなくてはと思っていても、どこから掃除を始めたらいいのか、部屋の片付け方が分からない人...

ゼラチンのゼリーは冷凍しないで冷蔵しましょう、ゼラチンの特徴

ゼラチンのゼリーは冷凍するとどうなるのでしょうか?凍ったまま食べるのであれば、そこまで気にすることは...

金魚の水換えの後に白く濁る原因と対処法。水換えのポイント

金魚の水槽の中の水が白く濁ることはありますが、その原因はいくつか挙げられます。金魚の数が多か...

服をハンガーにかけて干すと伸びる。干すときのポイントとは

服をハンガーにかけて乾かすと伸びるのをどうにかしたい!しかし、逆さまにして洗濯バサミでとめても、服と...

バレエの発表会で素敵な花束を渡したいなら

習い事の中には今まで学んだことを発表して披露する機会のあるものがいくつかありますよね。その中でも...

簿記三級取得は決して無意味じゃない!就職や転職での活かし方

簿記三級は二級に比べるとそれほど難しくないため、比較的取りやすい資格といえます。よく「履歴書に簿...

太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイ...

美味しく食べよう!卵・白菜・豚肉を使った美味しいレシピ5選!

冷蔵庫の中を見たら、「卵・白菜・豚肉」があった!じゃあこれを使って一体何を作ろうか。こんなふうに頭を...

スポンサーリンク

玄関ドアに隙間ができる原因

寒い時期になると、どうにかして、家の中を温かくしたいと主婦の方は思うと思います。その方が経済的だし、部屋も温まるし。どうして玄関のドアの隙間から冷たい風が入って来るのだろう。何か対策方法はないのか?

まず、どうして玄関のドアに隙間ができてしまうのか、その原因から一緒にに見ていきませんか?

玄関のドアに隙間ができてしまうのは残念ながら劣化が原因です

適切なメンテナンスをしていても、玄関ドアも長年使用していくと、劣化していくのが現状です。玄関のドアとなると、簡単に想像することもできると思いますが、家族の方、様々な人が使用します。使用する度に、劣化するスピードも早いドアになります。

使用する度に、ドアというよりは、ボルトなどが変形することもあり、そこに隙間ができることもあります。専門の方にドアは交換してもらった方が良いと思います。

玄関ドアに隙間ができると室温の低下につながる

色んな方が使う玄関のドア。そこに隙間ができてしまうと、室内の温度が低くなってしまいます。

冬場だと、外からの冷たい空気が入ってきてしまう

冬場は簡単に想像ができると思いますが、隙間から外からの冷たい風が入ってきてしまうので、室内が寒くなります。

そうすると、折角ストーブなどで室内を温めていたとしても、外気からの冷たい空気で室内が寒くなってしまいます。電気代がもったなくなってしまうので、できるだけ玄関のドアの隙間は無くした方が、経済的になります。

夏場は逆で暑くなる、虫も入ってくる

夏場は逆で外から温かい空気が入ってきてしまいます。エアコンを使って室内を寒くしても、それが台無しになります。また、夏場は虫も発生しやすい季節ですが、その虫も室内に入ってきます。

防犯性が落ちる

玄関の隙間があると、そこから空き巣が入りやすくなります。元々玄関のドアは狙われやすいので、余計ですね。

玄関ドアの隙間が気になる時にはヒンジの調整を

玄関のドアの隙間が気になる。確かに、そんな所に隙間があると、防犯性も落ちてしまいます。まずは、ヒンジの調整をしていきましょう。

玄関ドアの隙間はヒンジを調整することで改善されることもある

ドアのヒンジの部分はわかりますか?ドアに取り付けてある、クの字になっている道具になります。

この部分の調整をすることによって、ドアの傾きを調整することができます。ただ、調整方法に関しては、メーカーによって違う可能性があります。調整をする前に、一度メーカーに問い合わせをした方がより正確に調整をすることができると思います。

蝶番の部分が、音がなるのなら、防錆潤滑剤でスプレーをする

一時的にはなりますが、これで調整をすることができます。ただ、放っておくと故障になってしまいます。蝶番を調べて、ネジのゆるみがあるのであれば、プラスドライバーでゆるみを矯正していきます。

上記の作業が面倒、または素人では無理だと思うのなら、専門の業者に頼んで見るほうが良いと思います。

玄関ドアの隙間に市販の隙間対策グッズで対処

玄関ドアの隙間は市販の隙間対策グッズでも対応していくことができます。

隙間がそこまでひどくないのであれば、気密パッキンと呼ばれる市販の隙間対策グッズでその隙間を埋めて、音の対処、外気からの冷たい空気が室内に入ってこないように対処することができます。

見た目は少しガムテープのように見えます。貼る箇所の部分の埃などをとって、テープが剥がれない率を高くさせていきます。そして、ドアの枠にテープを貼っていきます。

夏はこれで貼ることができますが、冬はこれだけだと剥がれるかもしれません。貼る箇所をドライヤーで温めると、粘着率も高くなります。サブの道具も使って、玄関のドアの隙間を埋めることもできます。

隙間モヘアシールでも対応可能

貼り方は、気密パッキンと同様です。隙間モヘアシールに関していえば、虫が室内に入ってくるのを防止することができます。隙間風やドアの隙間から入ってくる虫防止にはもってこいのアイテムになると思います。

こまめな掃除が隙間対策に有効

玄関のドアに隙間があるので、テープで隙間対策をしている方。テープの寿命を延ばすには、その箇所を綺麗にすることです。

隙間を市販で売られているテープで対応できる場合ですが、そのテープの寿命を少しでも伸ばすには、埃などをとって、こまめにお掃除をしていくことです。

埃がゴミですが、テープが劣化する原因になります。テープを何回も貼りたくない、また、場所も玄関なので、余計な問題(カビなど)を持ちたく場合ですが、こまめに掃除をして、経済的に済ませてしまいましょう。

玄関掃除をする時に、テープの部分もしてしまえば、日々の生活の中で対応ができてしまいます。あまり深く考えずに、テープを貼った後、玄関掃除をする時にその部分も掃除してしまえば良いと思います。

玄関のドアに隙間がある時ですが、冬場は外からの冷たい空気が入ってきて、温かくしていた室内が、寒くなってしまいます。夏場であれば、隙間から虫などが入ってきて、余計な問題が増えますよね。市販のテープで予防することができます。また、音が鳴るのであれば、潤滑剤をスプレーするなど、ドアの隙間を無くす調整もすることができます。長い間使用しているドアであれば、劣化することも避けられません。どうしても自分で対応できないようであれば、ドアの交換も視野に入れてみるべきだと思います。玄関のドアは防犯にもなるので、しっかりとしたメンテナンスが必要になります。