玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってくると冷たい風が入り、玄関が温まりません。
そんな玄関ドアの隙間を直すための方法をご紹介します。

調整や隙間対策用の市販のアイテムを使う方法もあります。寒くてひんやりした玄関を改善するための対策です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

虫が大量発生!梅雨シーズンに大量発生する理由と発生しやすい虫

梅雨のシーズンになると、虫が大量発生することがありますよね。どうして一気に虫が発生するのかわからない...

メダカに適した水質と最適なphについて。メダカの飼育環境

これからメダカを飼いたいという場合には、どのような水質の環境が適しているのか、phはどれくらいに保て...

郵便局の配達時間の午前中指定について時間や早く受け取る対処法

郵便局の配達時間を午前中に指定した場合、時間は何時くらいになるのでしょうか?配達時間の午前中のおおよ...

食洗機と手洗いを併用してしまうのは清潔好きな日本人だから

自宅に食洗機があっても、食洗機だけに頼らず、手洗いと併用しているご家庭も多いのではないでしょうか?...

初七日のお供えにお団子を準備する理由と簡単お団子レシピ

初七日のお供えでお団子を準備する家庭もあれば、果物やお菓子だけお供えする家庭もああります。宗...

野良犬を保護するための方法とは?その後のことも教えます

野良犬なのか迷い犬なのか…自分の家の近くにいる犬を保護する場合、どんな方法があるのでしょうか?...

大学の卒業式のスーツ選び!男子学生に人気のスーツのタイプ

大学の卒業式で男子学生が着ていくのは、多くの方がスーツです。しかし、スーツを着慣れていないと...

100均で揃う小学校低学年向けの簡単工作【夏休みの自由研究】

お子様の夏休みの工作や自由研究。低学年のお子様の場合には、何を作ろうか悩む方も多いと思います。低学年...

大好きな先生が転勤!贈るメッセージは何が良いかを知りたい

学校生活を送る上で必ず起きるのが先生の転勤です。特に親しい先生ではなかった場合は、何も感情がわか...

トイレの芳香剤を手作りしよう!使い終わったら掃除もできます

トイレ用芳香剤ってドラッグストアなどに行くといろいろな種類のものが販売されているものの、なかなか自分...

ブリーチ後の黒染めをセルフでしない方が良い理由を解説します

ブリーチしたものの、就活などの理由で黒髪に戻したいと思った時に一番に思いつくのは「セルフでの黒染め」...

家で写真をプリントするのは、気軽だけど意外に高い

デジカメのようなデータ方式ではなく、フィルムを使った写真撮影が当たり前だった時は、お店に行って現像し...

洗剤と柔軟剤の違い!洗剤や柔軟剤の効果を考えて上手に選ぶ方法

洗剤と柔軟剤の違いについてあまりよくわからないという人もいますよね。どちらもお洗濯をする時に使用する...

犬が靴下を履いたら歩き方がぎこちない様子と靴下のメリット

犬に洋服を着用させてお散歩をしている姿は良く見かけますが、犬に靴下を履かせている姿をみたことはあるで...

窓のシールの剥がし方色々。家庭にあるもので剥がす方法と手順

お子様がいる家庭なら、家の壁や窓ガラスや冷蔵庫など色々なところにシールがはられているということはあり...

スポンサーリンク

玄関ドアに隙間ができる原因

寒い時期になると、どうにかして、家の中を温かくしたいと主婦の方は思うと思います。その方が経済的だし、部屋も温まるし。どうして玄関のドアの隙間から冷たい風が入って来るのだろう。何か対策方法はないのか?

まず、どうして玄関のドアに隙間ができてしまうのか、その原因から一緒にに見ていきませんか?

玄関のドアに隙間ができてしまうのは残念ながら劣化が原因です

適切なメンテナンスをしていても、玄関ドアも長年使用していくと、劣化していくのが現状です。玄関のドアとなると、簡単に想像することもできると思いますが、家族の方、様々な人が使用します。使用する度に、劣化するスピードも早いドアになります。

使用する度に、ドアというよりは、ボルトなどが変形することもあり、そこに隙間ができることもあります。専門の方にドアは交換してもらった方が良いと思います。

玄関ドアに隙間ができると室温の低下につながる

色んな方が使う玄関のドア。そこに隙間ができてしまうと、室内の温度が低くなってしまいます。

冬場だと、外からの冷たい空気が入ってきてしまう

冬場は簡単に想像ができると思いますが、隙間から外からの冷たい風が入ってきてしまうので、室内が寒くなります。

そうすると、折角ストーブなどで室内を温めていたとしても、外気からの冷たい空気で室内が寒くなってしまいます。電気代がもったなくなってしまうので、できるだけ玄関のドアの隙間は無くした方が、経済的になります。

夏場は逆で暑くなる、虫も入ってくる

夏場は逆で外から温かい空気が入ってきてしまいます。エアコンを使って室内を寒くしても、それが台無しになります。また、夏場は虫も発生しやすい季節ですが、その虫も室内に入ってきます。

防犯性が落ちる

玄関の隙間があると、そこから空き巣が入りやすくなります。元々玄関のドアは狙われやすいので、余計ですね。

玄関ドアの隙間が気になる時にはヒンジの調整を

玄関のドアの隙間が気になる。確かに、そんな所に隙間があると、防犯性も落ちてしまいます。まずは、ヒンジの調整をしていきましょう。

玄関ドアの隙間はヒンジを調整することで改善されることもある

ドアのヒンジの部分はわかりますか?ドアに取り付けてある、クの字になっている道具になります。

この部分の調整をすることによって、ドアの傾きを調整することができます。ただ、調整方法に関しては、メーカーによって違う可能性があります。調整をする前に、一度メーカーに問い合わせをした方がより正確に調整をすることができると思います。

蝶番の部分が、音がなるのなら、防錆潤滑剤でスプレーをする

一時的にはなりますが、これで調整をすることができます。ただ、放っておくと故障になってしまいます。蝶番を調べて、ネジのゆるみがあるのであれば、プラスドライバーでゆるみを矯正していきます。

上記の作業が面倒、または素人では無理だと思うのなら、専門の業者に頼んで見るほうが良いと思います。

玄関ドアの隙間に市販の隙間対策グッズで対処

玄関ドアの隙間は市販の隙間対策グッズでも対応していくことができます。

隙間がそこまでひどくないのであれば、気密パッキンと呼ばれる市販の隙間対策グッズでその隙間を埋めて、音の対処、外気からの冷たい空気が室内に入ってこないように対処することができます。

見た目は少しガムテープのように見えます。貼る箇所の部分の埃などをとって、テープが剥がれない率を高くさせていきます。そして、ドアの枠にテープを貼っていきます。

夏はこれで貼ることができますが、冬はこれだけだと剥がれるかもしれません。貼る箇所をドライヤーで温めると、粘着率も高くなります。サブの道具も使って、玄関のドアの隙間を埋めることもできます。

隙間モヘアシールでも対応可能

貼り方は、気密パッキンと同様です。隙間モヘアシールに関していえば、虫が室内に入ってくるのを防止することができます。隙間風やドアの隙間から入ってくる虫防止にはもってこいのアイテムになると思います。

こまめな掃除が隙間対策に有効

玄関のドアに隙間があるので、テープで隙間対策をしている方。テープの寿命を延ばすには、その箇所を綺麗にすることです。

隙間を市販で売られているテープで対応できる場合ですが、そのテープの寿命を少しでも伸ばすには、埃などをとって、こまめにお掃除をしていくことです。

埃がゴミですが、テープが劣化する原因になります。テープを何回も貼りたくない、また、場所も玄関なので、余計な問題(カビなど)を持ちたく場合ですが、こまめに掃除をして、経済的に済ませてしまいましょう。

玄関掃除をする時に、テープの部分もしてしまえば、日々の生活の中で対応ができてしまいます。あまり深く考えずに、テープを貼った後、玄関掃除をする時にその部分も掃除してしまえば良いと思います。

玄関のドアに隙間がある時ですが、冬場は外からの冷たい空気が入ってきて、温かくしていた室内が、寒くなってしまいます。夏場であれば、隙間から虫などが入ってきて、余計な問題が増えますよね。市販のテープで予防することができます。また、音が鳴るのであれば、潤滑剤をスプレーするなど、ドアの隙間を無くす調整もすることができます。長い間使用しているドアであれば、劣化することも避けられません。どうしても自分で対応できないようであれば、ドアの交換も視野に入れてみるべきだと思います。玄関のドアは防犯にもなるので、しっかりとしたメンテナンスが必要になります。