6畳の寝室に4人家族で寝る方法!ベッドと布団両方をご紹介

お子さんが小さいうちは、親子で1つの寝室を使用する方が多いのではないでしょうか。寝室が広ければ問題はありませんが、一般的な6畳のお部屋を寝室として利用する場合、4人家族だと、どのようにベッドを置くと良いのか悩んでしまいますよね。

そこで6畳の寝室に、どのようにベッドを置くか、ベッドのサイズや配置した場合に家具を置くことが可能かどうかなど、気になる問題点についてご紹介をいたします。

またベッドだけでなく、布団を使った方法についても紹介をいたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターのお散歩はいつからできるの?お散歩の注意点とコツ

ハムスターをゲージから出してお散歩をさせたい場合、月齢的にいつからOKなのか知りたいものです。...

アパートへ引っ越し!挨拶はしない方が安心なパターンもあり

アパートへ引っ越しをして、作業が一段落したら、次は周りのお部屋に挨拶周りというのが一般的なイメージで...

台所の排水口のイヤな臭いの対処法!悪臭を消す掃除方法

台所の洗い物をしていると、なんだかイヤな臭いがする…。そんな経験はありませんか?毎日使うシンクは、油...

ウーパールーパーの水槽の掃除の手順と注意点と頻度について

ウーパールーパーは水槽で飼育するペットとして人気があります。育てやすい生き物とされていますが、こ...

脂肪と筋肉の重さは違う?違うのは重さでなく体積

脂肪と筋肉では重さが違う?そんな話を耳にしたことはありませんか?しかし、重さに違いがあるわけではあり...

体を柔らかくする方法【短期間】柔軟性を手に入れる極意を伝授!

体を柔らかくする方法。しかも短期間で!痛みに耐えてギュウギュウ可動域を広げても、柔軟性を手に...

紫やオレンジと相性が良い色を理解して、コーデに活かしましょう

紫やオレンジのように派手な色の服を着てみたいと思っても、どんな色と合うのか、コーデはどうしたらいいの...

トイレの便器についたがんこな尿石を簡単に落とす方法を教えます

トイレの便器についた尿石ってなかなか落ちないもの。それが長い間放置しておいたものだとなおさらですよね...

靴の収納方法!靴用クローゼットの上手なスペースの使い方

家族が増えると靴も増えてきて、靴用のクローゼットが手狭になってしまいます。不要な靴を処分しても、収納...

ピアスが入らない時に上手に入れるコツと注意点・穴の確認方法

ピアスを入れようと思っても、なかなか入らないこともありますよね。無理に入れると痛みを感じる場合もあり...

香水は古いけど使い道によってはオシャレに再利用できちゃいます

古い香水ってなかなか使わなくなってしまいますが、そんな古くなった香水でも使い道があるんです!...

アイシャドウの基本はブラウン?塗り方と上手な色の選び方

アイシャドウと言えば、基本の定番カラーはブラウンではないでしょうか?では、ブラウンアイシャド...

ハムスターの砂場用容器の選び方!100均アイテムでも代用可能

ハムスターの砂遊びで必要な砂場の容器ですが、市販されている物を使って失敗してしまうこともあります。...

使わなくなった文房具を寄付!海外支援について

子供が小さい頃に使っていた文房具や、知らず知らずのうちに溜まってしまったボールペンなど、使わなくなっ...

布を裁断するカッターの特徴や使い方・注意点を紹介します

布を裁断するロータリーカッターの使い勝手とは?布作品をよく作る人にとって必需品となるのは裁ちばさみで...

スポンサーリンク

6畳の寝室に4人家族、シングルベッドを2つ連結して置く場合

4人家族が同じ寝室で一緒に寝る場合、当然ある程度の大きさのベッドが必要になります。

まだ小さい子供1人だけだった時期であれば、そのまま以前使っていたダブルベッドに3人で寝ることもできますが、やがて2人目の子供が生まれると、さすがに家族4人でダブルベッド1台に並んで寝るのは難しくなるでしょう。

3人家族の我が家は、一時期ダブルベッドで寝ていましたが、子供と夫の寝相が恐ろしく悪く、いつも私がベッドの隅に追いやられる形になったため、今では別の6畳間にシングルの布団を2枚並べて敷いて寝ています。

4人家族でもシングルベッド2つを並べて寝ることはできますが、実際に我が家で3人で寝ている状況を考えると、やはり少々狭いのではないかとも思います。ですが、6畳の寝室を有効に使うことを考えると、それ以上のサイズのベッドは置きたくないというご家庭もあることでしょう。

4人家族で寝るには少々狭くはなりますが、まだ小さな子供や寝相の良いご家族ばかりでしたら、このサイズでも寝ることは可能だと言えます。

6畳の寝室に小学生までなら、4人家族でもセミダブル連結が可能

ベッドを2つつなげて4人家族が並んで寝るのでしたら、セミダブルベッドを2つ並べるという選択もあります。

一般的なシングルベッドの幅が100センチなのに対して、セミダブルベッドの幅は120センチです。シングルベッド2つを並べた時よりも40センチほど幅が広くなることを考えると、小さな子供のいる4人家族にとっては、こちらのほうがより現実的ではないでしょうか?

ただし、これを6畳の寝室に置くとなると、当然その分だけベッド以外のスペースが狭くなってしまいますので、大きな家具などは置くことができなくなります。寝室に大きめのクローゼットがある場合や、他に収納場所が確保できている場合であれば、このサイズでも余裕を持って置くことができるでしょう。

子供が小さいうちは良くても、だんだんと成長してくると、さすがにこのサイズで4人一緒に寝るのは難しくなりますので、子供が親と一緒に寝る時期だけと考えたほうが良いと思います。

6畳の寝室で4人家族におすすめのベッドの大きさ

最初はシングルベッド2つでも余裕を持って寝ることができていても、だんだん子供が成長してくることを考えると、もう少し大きめなサイズのベッドの方が良いかと思います。セミダブルベッド2つではなく、そのうちの1台をダブルベッドにしたり、ダブルベッド2つを並べることで、よりゆったりと眠ることができます。

6畳の部屋に置くとなるとさすがにベッドだけで部屋の幅いっぱいになってしまいますが、寝室だと割り切って使うのでしたら、思い切ってはじめから大きめのベッドにしてしまうという方法もあります。

このサイズでしたら子供がある程度大きくなってきても、狭さを感じずに眠ることができるでしょう。

4人家族がゆったりと眠ることを考えると、やはりベッドの幅は260センチ以上(セミダブル+ダブル)になるようにベッドを置くのがオススメです。

6畳の寝室に家具を置くなど、有効に空間を利用したい場合

6畳の寝室にベッド以外の家具を置きたい場合は、ベッドを置くスペースも限られてしまいますよね。さらに、賃貸住宅などの場合、窓や備え付けの暖房器具の位置によっては、希望の場所にベッドを並べて置くのが難しい場合もありますよね。我が家の寝室がまさにそれでした。

当初はダブルベッドで寝ていたものの、3人で寝るのがだんだんと窮屈になり、ベッドを増やすかどうか検討していた時期がありました。しかし、今のベッドの場所にそのままもうひとつのベッドを並べてしまうと、備え付けのパネルヒーターを塞いでしまう形になるだけでなく、ベッドの位置を変えると今度はクローゼットの扉が開閉しにくくなるという状態だということがわかり、ベッドで寝ることを諦めて、別の部屋に布団を並べて寝ることにしたのでした。

実際に布団で寝始めてみると、最初のうちは布団の上げ下ろしが面倒に感じていましたが、布団を畳んでしまえばスペースを有効に使えるということに気付き、案外布団生活も悪くないなと感じたのです。さらにベッド用のマットレスだとなかなか干すことができませんが、布団なら天日干しすることも可能なため、寝具を清潔に保つことができるというメリットも実感することができました。

このように、寝室に大きめのベッドを置くスペースがない場合は、布団で寝るという選択肢もあります。

6畳の寝室に4人家族、ベッドと布団両方を活用する方法もあります

結婚当初に使っていたベッドをそのまま利用しつつ、なおかつ6畳の寝室でゆったりと4人家族が眠るには、ベッドの下の空いたスペースに布団を敷いて寝るという方法も

大きめのベッドを並べる余裕はなくても、シングル布団とベビー用布団を敷くスペースさえあれば、ベッドに大人1人と大きい方の子供1人が寝て、布団には大人と小さい方の子供が寝れば、家族それぞれが十分に余裕を持って寝ることができます。

この方法だと、まだ子供が小さいうちはベッドから子供が転落する心配もしなくて済みますので、そのようなご家庭にもオススメです。

我が家では、普段は使わないダブルベッドを寝室に置いたままにしていますが、誰かがひどい風邪やインフルエンザなどにかかった時に別々で寝たり、ちょっとお昼寝したい時などにも使えて便利なので、子供が大きくなって自分の部屋で寝るようになるまでは、このスタイルを続けていくつもりです。

お部屋の広さや子供の成長に合わせて、寝具や寝る場所は変化していくものです。これからのライフタイルをよく考えながら、ベッドの大きさを検討してみることをオススメします。