靴のサイズの選び方とは?大きさだけではなく幅や高さも要確認

靴のサイズを選ぶ時はどのようにしていますか?自分は○○センチだからと履かないで買ってはいませんか?

靴というと、足の大きさだけを意識しがちですが、幅や甲の高さ、アーチのかかり具合など実は服を選ぶよりもチェック項目がたくさんあると言えるでしょう。

洋服であれば、ジャストサイズでなくても怪我をすることはありません。しかし靴は合っていないサイズを履き続けると靴ずれの原因となってしまいます。正しい靴のサイズの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ...

猫のスプレーとは何?どんな臭い?猫のスプレーの悪臭対策

猫を飼っている人の中には、猫のスプレーの臭いに悩まされているという飼い主さんもいますよね。猫の縄張り...

食事のバランスを本格的に考えるなら資格を取りましょう

人間は健康が一番とは言いますが、そのためには食事のバランスを考えることも大切です。食事に関するさ...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

体を柔らかくする方法【短期間】柔軟性を手に入れる極意を伝授!

体を柔らかくする方法。しかも短期間で!痛みに耐えてギュウギュウ可動域を広げても、柔軟性を手に...

100均アイテムで工作作り!おしゃれで簡単工作の作り方を紹介

100均にあるアイテムを使えば、手軽におしゃれで簡単な工作作りを楽しむことができます。自分で使うアイ...

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素...

舌が長いと滑舌が悪くなるは間違いだと判明!

「私の滑舌が悪いのは舌が長いからだ」と思っていませんか?滑舌が悪いのは舌が長いからではなく、調べ...

車の割り込みトラブルが急増中!罰則や巻き込まれない運転とは

最近ニュースでよくみかけるのが、車を運転中の割り込みやあおり運転によるトラブルです。運転手同...

デニム生地は水通しが必要?水通しの必要性とやり方

洋服やバッグを作るときなどは、水通しをしたほうが良いと聞いたことはありませんか?デニムも水通しをした...

大学の卒業式に出ないという選択について。

大学の卒業式に出ないってアリでしょうか?大学の卒業式に出たくない?大学の卒業式に出られな...

家族で楽しむクリスマス!夕食はお子様と一緒に自宅ディナー

毎年のクリスマスはどのように過ごすことが多いですか?主婦の皆さんは、やはり自宅で家族と過ごす...

鉄瓶の使用方法!南部鉄器の鉄瓶の正しいお手入れ方法を解説

南部鉄器の鉄瓶を購入して使用する時は、使用し始める前にお手入れをする必要があります。また、使用してい...

スライムの材料でホウ砂なしの場合は?必要な材料と作り方

スライム作りに必要な材料の一つにホウ砂がありますが、ホウ砂なしでもスライムを作ることができるって知っ...

生クリームを使った後冷蔵庫に入れ忘れたら捨てるしかないのか

生クリームを使ったあと、うっかりして冷蔵庫に入れ忘れた経験ありませんか?すっかり常温に戻って...

スポンサーリンク

靴のサイズの選び方ココを確認してください

靴を購入する時、サイズに失敗してしまうことも多いものです。靴は必ず履いてから購入すると思います。ただお店で試したときは丁度良くても、いざ履いて歩いているうちに痛くなったり歩きにくいなどのトラブルが発生することも多いでしょう。

靴のサイズを選ぶとき、靴に記載された0.5センチ刻みのサイズを見て決めることが多いと思います。自分のサイズは決まっているので、まずはそのサイズを見て手に取りますよね。

靴の形やデザインによってはサイズ感が違う場合が多い

実際に履いてみると大きくてかかとが抜けたり、またはきつかったり足の一部分が痛く感じたりすることもあります。

靴のサイズを確かめるときは、まずはかかとから

かかとが靴にくっついているかどうかを確かめてください。歩いてみて足を上げた時にかかとが脱げることがなく、ちゃんと常にくっついているかどうかを確かめます。かかとがきついと感じる場合もサイズがあっていない証拠になります。

次につま先の形をチェック

自分の足のつま先の形と、靴の先端の形が合っていないと足が痛くなったり傷つけたりする原因になってしまいます。足の形は人それぞれです。流行や好みによって靴の形は変わりますが、自分の足の形に合った靴を選ぶようにすると靴のトラブルを防ぐことができます。

靴のサイズの選び方で重要な幅(足囲)について

靴のサイズは23センチといった足の縦の長さだけで選んでしまいがちですが、足の幅である足囲もとても重要です。
足の形は人によって違いがあります。足の幅が広めの人もいれば扁平足の人、足が全体的に細く薄い人もいます。まずは自分の足の形を知ることが重要です。
日本人の足は甲が高めで幅広と言われていますので、外国製の靴が合わないという場合もあります。どんなに好みのデザインでも、自分の足に合っていなければ長く履くことはできません。

靴を選ぶときに重要なのがサイズの他に足の幅です。足の幅である足囲は親指の付け根と小指の付け根の一番出っ張っている部分の周りを測ります。靴によっては幅をEというアルファベットで表していることがあります。EやEE又は2Eなどと表わされ、Eが多いほうが幅広になります。Eがひとつ増えるごとに6ミリ幅が広くなります。

足囲の測り方

足の親指の付け根の一番出っ張っている部分と、小指の付け根の一番出っ張っている部分にメジャーを一周させて測ります。最初に少しきつめに巻き付けたら、ちょっと力を抜いて測ると良いでしょう。
メジャーの代わりに紐を使って測ることもできます。紐の場合は印をつけておき、紐を伸ばしてからその長さを測ってください。

靴のサイズの選び方で忘れがちな甲の高さ

靴のサイズでもう一つ大切な部分があります。足の甲の高さです。靴を選ぶとき、足長のサイズと足の幅の広さを表すEを見てサイズを判断することはできますが、足の甲までは確かめることは少ないでしょう。
足の甲のサイズが合っていないと靴がフィットせずに歩きにくくなったり、足が痛くなってしまうこともあります。

足の甲は少し押されてるくらいの感じが丁度よいサイズになります。少しきつめに感じるくらいで選ぶようにしましょう。甲の部分にゆとりがあると歩いているときに靴が脱げやすくなり、靴が足とくっつくようにと変に力を入れることで足を痛めてしまうことがあります。甲の部分がフィットしているかどうかもとても重要です。スニーカーや紐靴の場合は靴紐で調整することができます。

外国の靴のサイズ表記について

最近では外国製の靴も多く販売されているので、買う機会が増えたという人も多いでしょう。選ぶ範囲も増えて選ぶのも楽しくなりますし、世界的に話題に上がった靴なら気になって履いてみたくなったりもします。

外国製の靴を購入するときは、サイズが日本とは違いますので、どのサイズを選んだら良いのかわからないですよね。

外国製の靴は、アメリカとヨーロッパでも表記に違いあります

アメリカはUSサイズ、ヨーロッパはUKサイズが一般的に流通しているサイズとなります。ヨーロッパの場合はイギリスとイタリアの2種類のサイズを覚えておいた方が良いでしょう。

USサイズ

23センチの人なら、USサイズは5と1/2になります。23.5センチの場合は6となり、24センチの場合は6と1/2となります。0.5センチ増えるごとに1/2増えます。

UKサイズ

ヨーロッパでは23センチの人なら、UKサイズは4になります。23.5センチの場合は4と1/2、24センチの場合は5となります。USサイズと同じく、0.5センチ増えるごとに1/2増えます。最近はイタリアのサイズもよく目にするようになりました。

イタリアのサイズの場合

23センチが36、23.5センチは37、24センチなら38と、0.5センチ増えるごとに1ずつ大きくなります。

足のサイズは時間帯で変わる?靴を選ぶときは午後がおすすめ

靴を購入するときは、できれば午後に選ぶようにしましょう。人の足は朝と夕方では0.5~1センチほど差が出ると言われています。朝に起きて行動を開始すると、足に体重がかかり足のアーチが広がるためです。また、血液が足の方へ下りてくるためうっ血することにも原因があり、朝よりも午後の方が足が大きくなってしまいます。

靴を購入するときは足が大きくなっている午後にしましょう

おすすめなのは午後3時頃。この時間を狙って靴を選びに行くのは無理がありますが、朝早くや夜遅くに選ぶことは避け、できるだけ日中に選ぶようにしてください。足が小さい時に合わせて靴を選んでしまうと、午後になって靴がきつくて辛くなってしまいます。

靴のサイズを選ぶときは、足の長さだけでなく足の幅や甲の高さからも選ぶようにしましょう。それにはまず自分の足を知ることが大切です。足のサイズだけでなく、足のつま先の形もポイントです。靴によるトラブルがないように、上手に選んでくださいね。