水泳選手コースの基準について選ばれるポイントやタイミング

水泳の選手コースになるには基準という目安があります。本人が選手コースに行きたくても、コーチから選手コースに向いていると推薦されなければならないのです。

そこで、水泳選手コースの気になる推薦基準について、コーチからの推薦が必要なことや若いうちからの四泳法の習得、負けず嫌いかどうかやスクールの生徒数の状況など推薦されるタイミングは人によって違うことなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、子供が選手コースになるためには泳力以外にも推薦をされるために必要な基準があることがわかります。ただ、推薦されるタイミングは人それぞれですので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターのメスはオスよりも凶暴?性格の違いについて

ハムスターのメスはオスよりも凶暴なのでしょうか?ハムスターのメスが凶暴と言われるのは、子どもを守るた...

2DKに4人家族で暮らす収納ルール!スペースの上手な活用術

4人家族で2DKに住む方も多くいますが、やはり手狭に感じてしまいますよね。子供が大きくなってくるとい...

ゼラチンのゼリーは冷凍しないで冷蔵しましょう、ゼラチンの特徴

ゼラチンのゼリーは冷凍するとどうなるのでしょうか?凍ったまま食べるのであれば、そこまで気にすることは...

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

家で写真をプリントするのは、気軽だけど意外に高い

デジカメのようなデータ方式ではなく、フィルムを使った写真撮影が当たり前だった時は、お店に行って現像し...

ミシンのコツとは?カーブを縫う時のポイントを紹介します

ミシンでカーブを縫うときにはどんなコツが必要なのでしょうか?カーブを縫うときにはいつも慌てて、突っ張...

クリスマスのプレゼント交換におすすめのアイテム【小学生編】

小学校の高学年くらいになると、子供たちだけでクリスマスパーティーをしようという話が出てきます。...

服の名前を消す方法と取れないときの対処法や注意点とは

子供におさがりでもらった服に名前が書いているとき、それを消す方法はあるのでしょうか?では、服...

車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法

車のタイヤがパンクしてしまうことはあります。ただパンクに気づかないこともあり、パンクしたまま走行...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

男兄弟の育児は大変だけどかわいい!男の子育児あるある

男の子の育児をしていると、女の子を見て「女の子はおとなしくていいなぁ…」なんて思ったことはありません...

クッキー生地を寝かせるのはなぜ?その理由や正しい方法について

自宅で手作りクッキーを作るのはとても楽しいです。そのレシピを見てみるとクッキーの種類にもよりますが、...

セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ...

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法

社会人になって初めて実家を離れて一人暮らしを始める人の中には、最初のうちは一人の時間を楽しんでいても...

台所の排水口のイヤな臭いの対処法!悪臭を消す掃除方法

台所の洗い物をしていると、なんだかイヤな臭いがする…。そんな経験はありませんか?毎日使うシンクは、油...

スポンサーリンク

水泳の選手コースは推薦の基準を満たす必要がある

水泳を習う子供が自ら「水泳の選手コースに行きたい」と言いだした時の対応に困る親もいるのではにないでしょうか。

その子供の頑張りを応援してあげたいのは山々でしょうが、水泳の選手コースは自ら志願しても行けるものではないのです。

水泳の選手コースに行くためには必要な基準を満たしていることが前提でコーチから推薦されて初めて行けます。

子供でも才能を発揮する時期は様々です、
小さいうちから並外れた才能を発揮する子もいれば、遅咲きと言われる子もいます。
なので、推薦されるタイミングは人ぞれぞれです。

また、現時点での才能を見て推薦される子もいれば、この先見込みある選手と認められれば推薦されることもあるので、推薦される時の状況もまた人それぞれなのです。

子供が自ら選手コースに行きたいと言い出したのなら、それだけ水泳が好き、負けん気がある、上達したいという向上心があることでしょう。

その気質もまた推薦される基準の1つにもなるんですよ。

諦めないで選手コースに推薦されるように見守ってあげてくださいね。

水泳選手コースの推薦基準は若いうちからの四泳法の習得

水泳選手コースの推薦基準はどのようなものか気になる方も多いですよね。
以下をご覧ください。

水泳選手コースに必要な基準

技術面が他の人より長けていることが前提です。
それは早いうちに四泳法を習得していること。
これは年齢が早ければ早いだけ有利になります。
生まれ持った水泳の才能がある可能性がありますし、練習をすればこれからの上達に期待ができるからです。

具体的な年齢でいうと幼稚園から四泳法を習得することはかなり珍しいです。
なので幼稚園から習得できているとコーチから目をつけられる可能性も高くなります。

コーチもまた水泳教室運営や仕事のモチベーションのために強い選手をどんどん育てようと努力します。

負けず嫌いも水泳選手コースに推薦される基準として大切

選手コースの推薦基準として技術面ではなく性格面でも大切なことがあります。

どんなに技術が他の人より長けていても、その子の性格次第では推薦されないことがあります。

コーチは教えた分だけその子が力を発揮し大会などで結果を残すことを期待します。
それはその子のためでもあり、自分の仕事のためでもあります。

水泳の能力があっても推薦コース基準を満たしていない子を推薦しても、途中で辞めてしまったり、これからの伸びしろに期待ができない可能性があるということかもしれません。

水泳の技術としては同年代の他の子に比べれ優れているのに、それは非常に悔しいことですよね。

なので水泳選手コースに推薦されるためには、水泳を通して技術はもちろん性格も強く逞しく鍛えていかなければいけないということです。
そうすることで、自然と負けず嫌いになり、人よりも努力し、結果を残すことができるのではないでしょうか。

負けん気が強いのは向上心があるという表れでもあります。
それだけ将来の見込みがあると印象づけられるのです。

スクールの生徒数の状況によって推薦されることもある

前述では水泳の技術とその子の性格が選手コースに選ばれる基準と延べてきましたが、その他にも基準となることがあります。

それは新学期となる春の時期です。
水泳教室を運営していくためには、それだけ生徒の数が必要です。
なんらかの理由で毎年数人辞めてしまう子もいますので、その分生徒に入会してもらわないと、需要供給がうまくいきません。

なので、選手コースの人数も減れば、その分誰かを入れるという選択をする場合もあるわけです。

その際もコーチが選ぶ基準として、技術や性格を見て推薦しますのでいつ選ばれても良いように備えていることが大切です。

どんな状況であれ、選ばれたことに変わりはありません。
後は結果を残すのみです。

選手コースに行きたい選手はたくさんいます。
選ばれたからと言って油断は禁物です。
抜かされるのではなく、努力して強い選手に追いつくよう、抜かすよう、親のサポートも必須です。

このような基準で選手を選ぶのは全ての水泳教室に共通することではありませんが、このようなことも基準とする教室もあるということを覚えておくと良いでしょう。

選手コースに推薦されるタイミングは人によって違う

水泳の選手コースに推薦される子の年齢は様々です。

基準を満たしていれば小学校1年生ということもあるし、高学年、中学生ということもあります。
それは子供が才能を発揮する時期が様々だからです。

幼稚園から並外れた才能を持っているとすぐに選手コースに推薦される可能性は高いです。
しかし、これは随分と珍しいことですので多くの子は努力して才能を習得する子が多いです。
その中ですぐに習得する子、習得するのに時間がかかる子様々ですね。
習得し発揮するタイミングが違えば、推薦されるタイミングも違うのは当たり前です。

今選ばれないからと諦めてしまうのはまだ早いですよ。
子供のモチベーションを保てるよう、親もサポートし見守ってあげてくださいね。