水泳選手コースの基準について選ばれるポイントやタイミング

水泳の選手コースになるには基準という目安があります。本人が選手コースに行きたくても、コーチから選手コースに向いていると推薦されなければならないのです。

そこで、水泳選手コースの気になる推薦基準について、コーチからの推薦が必要なことや若いうちからの四泳法の習得、負けず嫌いかどうかやスクールの生徒数の状況など推薦されるタイミングは人によって違うことなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、子供が選手コースになるためには泳力以外にも推薦をされるために必要な基準があることがわかります。ただ、推薦されるタイミングは人それぞれですので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫の後ろ足は爪とぎ不要!爪とぎの意味と後ろ足の爪とぎについて

猫が前足の爪をといでいる姿を見かけた事がある飼い主さんはたくさんいるでしょうが、後ろ足の爪とぎをして...

迷惑電話の撃退方法!かかってきた迷惑電話はこの方法で撃退!

迷惑電話がかかってくると本当に気分が悪くなりますよね。忙しいときや外出の前など、時間に余裕がない時に...

自己顕示欲と承認欲求の違い!人間心理を理解して人生を豊かに

自己顕示欲と承認欲求の違いは一体何なのか知りたい人おいるのではないでしょうか。人からの評価が...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

指の臭いが取れない場合は、レモンや重曹や家にある物が活躍!

料理をした後の指が臭い・・・いつまで経ってもニオイが取れないということがありますね。魚を調理...

高校の合格発表を聞いた時の親の正しい対応とNGな対応

高校の合格発表は、本人の子供と同じくらいに親も不安になるものです。受験当日に向けて親子で頑張ってきて...

うさぎのケージを手作り!気をつけたいコツや作り方のアイデア

うさぎのケージを手作りしたいという人も多いでしょう。ケージが手作りできれば、家の雰囲気に合わせて自分...

子育てはイライラとの戦い!怒鳴るのはダメだけど…

子育てはイライラの連続!『怒りの感情が湧いて出たら、深呼吸して』なんていうアドバイス、よーく...

トリミングのやり方!トイプードルをカットする手順やポイント

トリミングのやり方を知って、自宅でトイプードルをカットしたい!という方も多いのでは?トイプードル...

友達同士でトラブル!子供に対しての親の対応方法とは

子供が友達同士でトラブルを起こしてしまうこと、ありますよね。そんな時、親はどのような対応をとれば良い...

会社の椅子にはダニがいる可能性が。駆除する方法とやり方

太ももの後ろの辺りがかゆい、よくみると噛まれたような小さな跡がある場合、それはダニの仕業かもしれませ...

顔が太るのは女性だけではない!男性も小顔を目指そう!

女性だけではなく、顔が太ると悩んでいる男性も増えているといいますが、その原因は女性と同じなのでしょう...

バレエの発表会で素敵な花束を渡したいなら

習い事の中には今まで学んだことを発表して披露する機会のあるものがいくつかありますよね。その中でも...

泡カラーのコツ!髪をムラなく上手に染める方法

泡タイプのヘアカラーは泡状のまま使うことができるため、垂れることなく自分で塗りやすいと人気があります...

夜にまたお菓子を食べちゃったという罪悪感から逃れる方法

夜になるとついお菓子を食べ過ぎてしまう・・・そんな悩みありませんか?一度食べ始めると止まらなくな...

スポンサーリンク

水泳の選手コースは推薦の基準を満たす必要がある

水泳を習う子供が自ら「水泳の選手コースに行きたい」と言いだした時の対応に困る親もいるのではにないでしょうか。

その子供の頑張りを応援してあげたいのは山々でしょうが、水泳の選手コースは自ら志願しても行けるものではないのです。

水泳の選手コースに行くためには必要な基準を満たしていることが前提でコーチから推薦されて初めて行けます。

子供でも才能を発揮する時期は様々です、
小さいうちから並外れた才能を発揮する子もいれば、遅咲きと言われる子もいます。
なので、推薦されるタイミングは人ぞれぞれです。

また、現時点での才能を見て推薦される子もいれば、この先見込みある選手と認められれば推薦されることもあるので、推薦される時の状況もまた人それぞれなのです。

子供が自ら選手コースに行きたいと言い出したのなら、それだけ水泳が好き、負けん気がある、上達したいという向上心があることでしょう。

その気質もまた推薦される基準の1つにもなるんですよ。

諦めないで選手コースに推薦されるように見守ってあげてくださいね。

水泳選手コースの推薦基準は若いうちからの四泳法の習得

水泳選手コースの推薦基準はどのようなものか気になる方も多いですよね。
以下をご覧ください。

水泳選手コースに必要な基準

技術面が他の人より長けていることが前提です。
それは早いうちに四泳法を習得していること。
これは年齢が早ければ早いだけ有利になります。
生まれ持った水泳の才能がある可能性がありますし、練習をすればこれからの上達に期待ができるからです。

具体的な年齢でいうと幼稚園から四泳法を習得することはかなり珍しいです。
なので幼稚園から習得できているとコーチから目をつけられる可能性も高くなります。

コーチもまた水泳教室運営や仕事のモチベーションのために強い選手をどんどん育てようと努力します。

負けず嫌いも水泳選手コースに推薦される基準として大切

選手コースの推薦基準として技術面ではなく性格面でも大切なことがあります。

どんなに技術が他の人より長けていても、その子の性格次第では推薦されないことがあります。

コーチは教えた分だけその子が力を発揮し大会などで結果を残すことを期待します。
それはその子のためでもあり、自分の仕事のためでもあります。

水泳の能力があっても推薦コース基準を満たしていない子を推薦しても、途中で辞めてしまったり、これからの伸びしろに期待ができない可能性があるということかもしれません。

水泳の技術としては同年代の他の子に比べれ優れているのに、それは非常に悔しいことですよね。

なので水泳選手コースに推薦されるためには、水泳を通して技術はもちろん性格も強く逞しく鍛えていかなければいけないということです。
そうすることで、自然と負けず嫌いになり、人よりも努力し、結果を残すことができるのではないでしょうか。

負けん気が強いのは向上心があるという表れでもあります。
それだけ将来の見込みがあると印象づけられるのです。

スクールの生徒数の状況によって推薦されることもある

前述では水泳の技術とその子の性格が選手コースに選ばれる基準と延べてきましたが、その他にも基準となることがあります。

それは新学期となる春の時期です。
水泳教室を運営していくためには、それだけ生徒の数が必要です。
なんらかの理由で毎年数人辞めてしまう子もいますので、その分生徒に入会してもらわないと、需要供給がうまくいきません。

なので、選手コースの人数も減れば、その分誰かを入れるという選択をする場合もあるわけです。

その際もコーチが選ぶ基準として、技術や性格を見て推薦しますのでいつ選ばれても良いように備えていることが大切です。

どんな状況であれ、選ばれたことに変わりはありません。
後は結果を残すのみです。

選手コースに行きたい選手はたくさんいます。
選ばれたからと言って油断は禁物です。
抜かされるのではなく、努力して強い選手に追いつくよう、抜かすよう、親のサポートも必須です。

このような基準で選手を選ぶのは全ての水泳教室に共通することではありませんが、このようなことも基準とする教室もあるということを覚えておくと良いでしょう。

選手コースに推薦されるタイミングは人によって違う

水泳の選手コースに推薦される子の年齢は様々です。

基準を満たしていれば小学校1年生ということもあるし、高学年、中学生ということもあります。
それは子供が才能を発揮する時期が様々だからです。

幼稚園から並外れた才能を持っているとすぐに選手コースに推薦される可能性は高いです。
しかし、これは随分と珍しいことですので多くの子は努力して才能を習得する子が多いです。
その中ですぐに習得する子、習得するのに時間がかかる子様々ですね。
習得し発揮するタイミングが違えば、推薦されるタイミングも違うのは当たり前です。

今選ばれないからと諦めてしまうのはまだ早いですよ。
子供のモチベーションを保てるよう、親もサポートし見守ってあげてくださいね。