お香典の相場、友人の兄弟では?お香典のマナーと注意点

お香典には相場というものがあります。ほとんどの場合はその相場を参考にしてお香典を包むのですが、友人の兄弟となるといくら包むと失礼にならないのか悩みます。

お香典の相場、友人の兄弟の場合は?三千円を包むのは失礼にならない?

ポイントは、故人との関係性とあなたの年齢にありそうです。また、後になって訃報を聞いた時のお香典についてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

定期預金の引き出しを本人以外が行うには?引き出し方法と注意点

定期預金の引き出しは原則として名義人本人しか行えません。ただ、親が認知症で手続きができない、ある...

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

車内での電話はなぜダメなのか考えられる理由とマナーについて

車内で電話をすることは、なぜNGになるのか疑問に思われる方もいるかもしれませんね。2人で電車...

夫婦二人なら食費は2万でやっていける!その方法を教えます

子供が生まれるとお金もかかるから、夫婦二人のうちに少しでも食費は抑えておきたいですよね。そこ...

猫のスプレーとは何?どんな臭い?猫のスプレーの悪臭対策

猫を飼っている人の中には、猫のスプレーの臭いに悩まされているという飼い主さんもいますよね。猫の縄張り...

太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイ...

トイレのコンセントの位置は失敗しないようにしっかり考えよう!

日本のトイレといえば温水洗浄便座が当たり前のようになってきていますが、使用するためにはコンセントが必...

猫が縄張り争いで負けるとどうなるか。猫のケンカのルール

近所に野良猫はいますか?野良猫同士のケンカをみたことはありませんか?猫には縄張りがあって、その縄...

韓国料理が辛い理由からわかる、辛い料理を好む傾向と習慣とは

韓国料理が辛い理由には、古くからの歴史があり、それには日本との関わりが見えてきます。では、ど...

ペーパーナプキンを使った簡単基本のデコパージュのやり方

ネットや雑誌などでデコパージュというのを見たことがあると思います。いろいろなものに、好きな柄を印刷し...

アパートでの洗濯機の音は何時までなら許されるのか徹底検証!

賃貸物件に住んでいると、他の住人の洗濯機の音が気になる時がありますよね。マンションよりもアパ...

子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫の注意点!

子猫の育て方を知っていますか?生後4ヶ月の子猫はどのようなことに注意しながら育てていけばいいのでしょ...

部活の引退で伝えたい感謝の言葉!後輩・顧問・親に贈る言葉

部活を引退するとき、今まお世話になった部活の後輩や顧問にお礼の言葉と伝えたいと考えている人もいるので...

大学の卒業式のスーツ選び!男子学生に人気のスーツのタイプ

大学の卒業式で男子学生が着ていくのは、多くの方がスーツです。しかし、スーツを着慣れていないと...

洗濯ものを部屋干しする時のコツをアレコレ色々とご紹介!

洗濯ものの干し方には、人それぞれのセオリーを感じませんか?太陽の下で、カラッカラに干したい人...

スポンサーリンク

お香典の相場、友人の兄弟の場合は?

不幸の知らせというのは突然訪れますよね。
事前に用意をしないものですから、いざ訃報を受けた時どうしたらよいのが迷うことも多いでしょう。
特に、友人の親や兄弟などの訃報の場合には、お香典に迷うのではないでしょうか。

お香典の額を考える時に大切なのが、故人との関係の深さです。
仕事関係の場合には、ご自身の立場も関係してきます。

地域の慣例などによってもお香典の額は異なります。

一般的に知人・友人の場合には5千円~1万円が相場です。
顔見知り程度や仕事関係の場合は3千円~1万円が相場となります。

故人が「友人の兄弟」の場合には相場として金額が明記されていることは少ないと思います。
ですから、3千円~1万円を目安に、故人との関係の深さで判断するようにしましょう。

故人は友人の兄弟だけど、面識があるくらいの付き合いであれば、3~5千円、友人と同じくらいに深いお付き合いをしていた場合には5千円~1万円といった具合です。

また、同じ様な立場の人と一緒に参列するなら金額を揃えることも大切です。

友人の兄弟だからとお香典の相場である三千円を包むのは失礼にならない?

友人の兄弟の訃報を受けた時、迷うのがお香典ですよね。
先程もご紹介したように、一般的なお香典の相場では友人は5千円~1万円、顔見知り程度の場合は3千円~1万円となります。

友人の兄弟である故人とは、会えば挨拶や会話もするし親切にして頂いたけど、直接連絡を取る仲ではなかったという場合には、特に迷うことと思います。

「3千円か5千円あたりで迷うけど、3千円だと少ないのかな?」というのが最も心配な点ではないでしょうか。

お住まいの地域にもよりますが、地方などは3千円のお香典が風習になっている場合がありますから、その場合には問題ありません。
ただし、都市部の場合には、義理で参列する場合でも5千円を包むことが多いので注意が必要です。

同じ様な立場の型が参列しているなら、相談してみるのが良いでしょう。

お香典の相場は友人の兄弟であろうが大事なのは相手との関係性と自分の年齢

友人の兄弟の訃報を受けた時には、お香典の相場が気になりますよね。

お香典の額を考える時に最もポイントになるのが故人との関係性

親族なのか、友人なのか、職場関係なのか、その関係性によって相場がかわります。
また、故人とのお付き合いの深さもポイントになります。

「友人の兄弟」といっても、顔を知っているだけでほとんど会ったことがない場合と、一緒に遊んだりしていた場合とでは全く関係性が違いますよね。

もう一つ、金額を考える時に考慮しなくては行けないのが、自身の年齢です。
年齢が高くなるほど、香典の額も大きくなるのが一般的です。

特に、仕事関係や親族の場合には年齢が重要な判断材料になるでしょう。
遠い親族がなくなった場合、20代であれば1万円でも良いでしょうが、30代、40代では3万円包むことが多いです。
世の中の暗黙のルールの1つではないでしょうか。

お香典の金額が相場から見て少なかったと思った時はどうすればいい?

人の不幸は突然訪れることが多く、事前に香典を用意することはないでしょう。
そのため、葬儀に参列することばかりに気を取られて、香典の額は二の次になりがちです。

親族の場合には、相場が明記されていることも多いですし、参列する時に親兄弟に相談することができますから、香典で失敗したと思うことは少ないと思います。

しかし、友人の兄弟や親という場合には、「少なかったかな。」と後に後悔することも多いのではないでしょうか。
もしそのように感じても、もう一度追加で香典を渡してはいけません。

葬儀では、故人とこの世とのつながりが「切れる」と言う意味や、不幸が重なるという意味で偶数を嫌います。
香典を2回渡すことは、それに該当する行為です。

渡す方は気にする香典の額ですが、受け取る方はあまり気にしないという場合も多いです。
忙しい中参列してくれたことに感謝の気持ちの方が強いでしょう。

それでも気になってしまうなら、初七日や四十九日といった法要の際に包むのが良いでしょう。
ただし、その様な時にお金を包むと喪主はお返しをしなくてはいけなくなります。
ですから、お菓子やお花といった供物の方がおすすめです。

友人の兄弟など友人の家族のお通夜お葬式で包んだお香典の額で最も多い金額は?友人の兄弟と面識がなく訃報を後で知った時は?

友人の兄弟や親の葬儀の場合、多くの方が香典で悩まれることでしょう。

友人の家族の香典の額について5千円~1万円未満というのを目安にしている方が多いのではないでしょうか。

友人の兄弟や親の訃報を受けて、葬儀に参列できた場合は良いですが、後になって知ることも多いでしょう。
こういった場合、お香典が必要か悩むと思います。

しかし、お香典としてお金を包むと、受け取った方はお返しする必要が出てくるので気を使わせてしまうかもしれません。

最も大切なのは、気持ちですから、友人への気遣いを優先しましょう。
会った時に「大変だったね。」と声をかけて、買っておいたお線香を渡すくらいでも良いと思います。
故人との関係性にもよりますが、友人に対するお見舞程度の方が良い場合もあります。