ディーラー系の中古車を値引きしてもらうためのコツを教えます

一般的にディーラー系の中古車は値引きしてくれないといますが、本当なのかどうか気になりますよね。

なぜディーラー系の中古車は値引きしてくれない、値引き交渉が難しいと言われているのでしょうか?なんとか値引きしてもらう秘策はないのでしょうか?

ディーラー系の中古車の値引き交渉が難しい理由と値引きのコツについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学校の先生へ心をこめたメッセージカードを贈りましょう

小学校を卒業する時、お世話になった先生にメッセージカードを贈りたいと思っても、どんなことを書いていい...

テーブルの上のものを収納するための引き出しを後付けしてみよう

インテリア雑誌のようにリビングのテーブルの上はきれいにしておきたいと思ってはいても、なんでも置いてし...

台所の排水口のイヤな臭いの対処法!悪臭を消す掃除方法

台所の洗い物をしていると、なんだかイヤな臭いがする…。そんな経験はありませんか?毎日使うシンクは、油...

スライムを洗濯糊とコンタクト洗浄液で作る場合の注意点について

スライム作りには洗濯糊とホウ酸かホウ砂が必要となりますが、コンタクト洗浄液がホウ酸やホウ砂の代用とし...

爪の柔らかい人はジェルネイルがおすすめ長持ちさせる方法

爪に柔らかいジェルネイルを塗ってみたいけれど、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?柔ら...

洗濯機の柔軟剤入れの掃除について手順や方法を詳しく紹介

洗濯機の柔軟剤入れの掃除をつい忘れがちな人も多いのではないでしょうか。しかし、そのままにしている...

テニスの練習を1人で行うには?初心者におすすめの練習方法

テニスが下手だからこっそり1人で練習をして、早く上達したい!そんなあなたが抱える悩み。とはいって...

ペットボトルを水筒として再利用するのがダメな理由は〇〇です!

空になったペットボトルの容器を捨てるのがもったいないといって水筒として再利用している人もいますよね。...

100均材料で子供と一緒に作る簡単可愛い手作りアクセサリー

100均にはアクセサリーの材料になるパーツがいろいろとあります。手軽に材料が揃えられて、しかもリーズ...

働くママ悩み!遅刻の言い訳に注意する事。子供が原因の時の方法

子供がいると自分の事が後回しになって支度に時間が掛かり遅刻しそうになったり、時間に余裕をもって行動し...

ウォシュレットから水漏れ?床が濡れている原因とその対処法

ウォシュレットから水漏れしたのか、床が濡れている場合があります。ウォシュレットの寿命は早くて10...

プラスチックに塗装!ポイントはスプレー前の下準備にあり

プラスチックに塗装したいと思ったら、そのままスプレー塗料を吹きかけても良いのでしょうか。答え...

駐車禁止の罰金を払わない事で起こるリスクを詳しく解説

駐車禁止の違反によって罰金を払わないといけないのに、放置して払わないとどうなるのか。支払わな...

側転のコツを子供に教えるには?子供も理解しやすい指導方法

側転にはコツがありますが、側転を子供に教える時には子供でも理解しやすいような指導をしなければなりませ...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

スポンサーリンク

ディーラー系の中古車の値引き交渉が難しいと言われている理由は?

あなたが中古車を購入する際に、一番の決め手をするのは何でしょうか?

実際にこれが欲しいという車種はとくになく、とりあえず値段重視というのであれば、中古車販売店やインターネットオークションを利用するのも得策でしょう。ですが、「絶対にこの車がいい!」「車はこのディーラーと決めている」といった人であれば、ディーラー系の中古車販売店がオススメです。

ディーラー系の中古車販売店には、ディーラーに所属しているスタッフと同様の研修を受け、腕を磨いた営業マンが揃っているため、自社の製品に対して精通しており、中古車といえどもしっかりと整備されていることから、購入する際も安心して選ぶことが出来るからです。

こちらでは買い取りした商品のうち、状態が悪い中程度以下の車体は店頭販売には回さず、安い販売価格にしてオークションなどで手放してしまいます。そのため、店頭に並んでいるのはどれも状態の良い車ばかりなため、おのずと販売価格も高めに設定されており、なかなか大幅な値引きを引き出すことは難しいのです。

ディーラー系中古車をなんとか値引きしてもらうためのコツは?

それでもなんとかディーラー系の中古車販売店で値引きしてもらうには、いくつかのコツがあります。

同じ状態のモノを買うのであれば、出来るだけ安く買いたいのは誰しも一緒ですよね。ですが、正面から「いくら値下げしてもらえるの?」と切り出したところで、なかなか上手くはいかないものです。ただ値引きを促すのではなく、具体的に値引きをしてもらいたい理由や、いくらくらいの値引き額なら購入する意思があるかを伝えると良いでしょう。

例えば、「あと◯万円くらい安くなれば、なんとか払えそう」ですとか、「頭金をコレだけ入れようと考えているけれど、ちょっと予算オーバーで…」などと伝えると、相手も少しくらいの値引きなら考えてみようという気持ちになってくれる可能性はあります。

もしくは、中古車を購入する際に、カットできそうな費用をあらかじめ把握しておくことで、交渉がスムーズに進む場合もあります。見積書の中に納車費用や車庫証明の代行費用などが含まれている場合、これらを自分で行えば、その分の費用がカット出来るというわけです。

ディーラー系の中古車の値引き交渉は難しくても、行くなら月末がチャンス?

もしも急いで車を購入する必要がないのであれば、ディーラー系の中古車販売店への問い合わせや来店は月末にするのがオススメです。

月ごとに販売目標を設定している販売店は多いため、多少無理して値引きしてでも、あと1件分を今月の売上に乗せたいと、頑張って値引き額を上乗せしてくれるケースも少なくないからです。

さらに値下げを期待できるのが、販売店やディーラーの決算期にあたる3月と9月です。とくに3月は進学や就職シーズンと重なり、中古車市場も活気づくため、月ごとの目標台数も多めに設定されており、それをクリアするべく、月末にはより多くの値引きを引き出せる可能性が高いのです。

また、4月中旬から5月にかけては、中古車の需要自体が落ち着くため、在庫過多になった分を売りさばくために、ディーラー系の中古車販売店でも価格自体が下がっている場合がありますので、合わせてチェックしてみると良いでしょう。

ディーラーで中古車を買うなら、別な費用から値引きしてもらうという手段も

ディーラーで中古車を購入する場合、その販売価格自体を値下げしてもらうことが難しいのであれば、せめてカットすることが可能な代行費用がないかどうか確認してみましょう。

新車同様に、中古車を購入する場合にも、様々な諸費用がかかります。国で定められている税金や法定費用は値下げすることが出来ませんが、店側が自由に値段を設定することができる代行費用の部分は、交渉次第ではカットしてもらうことが出来ます。

実際に見積書を見せてもらい、代行費用にいくらかかっているのかも確認します。ちなみに車庫証明は自分で警察署に取りに行くことで、代行費用をナシに出来ます。また、自宅などへ納車してもらう際にかかる納車費用も、自分で店まで車を取りに行くことでかからなくなりますので、参考にしてください。

このように少しでも安く中古車を手に入れたいのであれば、手間暇を惜しまないことも重要です。

値引きしてくれなくても、中古車はディーラーで買った方がいい?

中古車を購入する際には、基本的には現状渡しとなります。その名の通り、「多少値引きしたとしても現状のままで渡すから、その後に問題が発生しても自己責任」ということです。いわゆる「ノークレーム・ノーリターン」というところでしょうか。

同じ中古車であっても、ディーラーで中古車を購入した際には、たいてい「アフター保証」がついてきます。購入後に何か問題が発生した場合は、責任を持って保証してもらえるということです。

中古車だからといっても、値段重視で購入してもすぐに不具合が発生する恐れがあるのでは、かえって高い買い物になりかねません。このようにアフター保証がついているのであれば、購入後も安心して乗ることが出来ますよね。

ディーラーで中古車を購入した際には、もし何か気になる点があれば、まずは販売店へ相談してみることをオススメします。