ディーラー系の中古車を値引きしてもらうためのコツを教えます

一般的にディーラー系の中古車は値引きしてくれないといますが、本当なのかどうか気になりますよね。

なぜディーラー系の中古車は値引きしてくれない、値引き交渉が難しいと言われているのでしょうか?なんとか値引きしてもらう秘策はないのでしょうか?

ディーラー系の中古車の値引き交渉が難しい理由と値引きのコツについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

服が臭いけど新品のときの理由や気になる臭いを取る方法とは

服の臭いが新品なのに気になってしまうと、せっかく買ったばかりなのに着るのが残念になってしまいますよね...

トイレの換気扇の掃除を簡単にする方法といつも清潔に保つコツ

トイレの換気扇の掃除をしないとホコリがたまって、トイレの中に臭いや湿気がこもるようになります。普段の...

グラタンを冷凍保存してお弁当のおかずに!レシピを紹介!

グラタンを冷凍保存してお弁当のおかずにできるの?そんな、まだお弁当にグラタンを入れた事がないあな...

洗濯は洗剤なしでも効果アリ!汚れやニオイも落とせます

洗濯する時に使用する洗濯用洗剤。しかし、洗剤なしの方がお金もかからないし、洋服にも体にもいいのでは?...

スカートの生地は何メートル必要?計算の方法を紹介します

スカートを作るときには生地を何メートル用意したらいいのでしょうか?お裁縫があまり得意ではないという人...

バレエにかかる費用。子供の発表会に必要な費用と体験談

お子様の習い事は何かしていますか?協調性や集団行動が身に付く、子供の能力を伸ばすなど習い事に...

靴下を洗濯しても毛玉をできにくくする選び方や洗濯のコツとは

お気に入りの靴下でも洗濯しているうちに毛玉ができてしまうと、なんだかガッカリしてしまいますよね。...

腕を細くしたい!二の腕痩せにおすすめの筋トレを実践してみよう

二の腕についてしまった脂肪、どうにかしてすっきり痩せたいと思っている女性はたくさんいるのではないでし...

圧縮袋は掃除機の使い方に注意!正しい使い方とメリット

圧縮袋は掃除機での吸引が必要な使い方のものと、掃除機不要でも使えるものがあります。圧縮袋を使...

住民票の転出届は提出期限が決まっている?その詳細を解説します

引越しが決まると、荷物のことで頭がいっぱいで住民票の転出届の手続きのことが後回しになってしまうという...

フェルトで手作りしたお守りで彼を応援!作り方のポイント

受験を控えた彼には、神社で購入するお守りではなく、フェルトで手作りしたお守りをプレゼントしてはいかが...

No Image

ボールペンのインクが分離してしまう原因と対処法

いざボールペンを使おうと思ったのにインクが出ないことありますよね。インクはたくさん入っているはずなの...

毎日続ける英語の勉強。アプリを利用すれば毎日続けられます

毎日続けなければ、英語は上達しません。筋トレや、ストレッチ、ダイエットと同じですね。習慣化し...

大学の卒業式のスーツ選び!男子学生に人気のスーツのタイプ

大学の卒業式で男子学生が着ていくのは、多くの方がスーツです。しかし、スーツを着慣れていないと...

ブレーキを踏むとなるキーキー音の原因と対策について

ブレーキを踏むとキーキー音が気になる時ありますよね。ブレーキから音がしていると思うと安全性は大丈夫?...

スポンサーリンク

ディーラー系の中古車の値引き交渉が難しいと言われている理由は?

あなたが中古車を購入する際に、一番の決め手をするのは何でしょうか?

実際にこれが欲しいという車種はとくになく、とりあえず値段重視というのであれば、中古車販売店やインターネットオークションを利用するのも得策でしょう。ですが、「絶対にこの車がいい!」「車はこのディーラーと決めている」といった人であれば、ディーラー系の中古車販売店がオススメです。

ディーラー系の中古車販売店には、ディーラーに所属しているスタッフと同様の研修を受け、腕を磨いた営業マンが揃っているため、自社の製品に対して精通しており、中古車といえどもしっかりと整備されていることから、購入する際も安心して選ぶことが出来るからです。

こちらでは買い取りした商品のうち、状態が悪い中程度以下の車体は店頭販売には回さず、安い販売価格にしてオークションなどで手放してしまいます。そのため、店頭に並んでいるのはどれも状態の良い車ばかりなため、おのずと販売価格も高めに設定されており、なかなか大幅な値引きを引き出すことは難しいのです。

ディーラー系中古車をなんとか値引きしてもらうためのコツは?

それでもなんとかディーラー系の中古車販売店で値引きしてもらうには、いくつかのコツがあります。

同じ状態のモノを買うのであれば、出来るだけ安く買いたいのは誰しも一緒ですよね。ですが、正面から「いくら値下げしてもらえるの?」と切り出したところで、なかなか上手くはいかないものです。ただ値引きを促すのではなく、具体的に値引きをしてもらいたい理由や、いくらくらいの値引き額なら購入する意思があるかを伝えると良いでしょう。

例えば、「あと◯万円くらい安くなれば、なんとか払えそう」ですとか、「頭金をコレだけ入れようと考えているけれど、ちょっと予算オーバーで…」などと伝えると、相手も少しくらいの値引きなら考えてみようという気持ちになってくれる可能性はあります。

もしくは、中古車を購入する際に、カットできそうな費用をあらかじめ把握しておくことで、交渉がスムーズに進む場合もあります。見積書の中に納車費用や車庫証明の代行費用などが含まれている場合、これらを自分で行えば、その分の費用がカット出来るというわけです。

ディーラー系の中古車の値引き交渉は難しくても、行くなら月末がチャンス?

もしも急いで車を購入する必要がないのであれば、ディーラー系の中古車販売店への問い合わせや来店は月末にするのがオススメです。

月ごとに販売目標を設定している販売店は多いため、多少無理して値引きしてでも、あと1件分を今月の売上に乗せたいと、頑張って値引き額を上乗せしてくれるケースも少なくないからです。

さらに値下げを期待できるのが、販売店やディーラーの決算期にあたる3月と9月です。とくに3月は進学や就職シーズンと重なり、中古車市場も活気づくため、月ごとの目標台数も多めに設定されており、それをクリアするべく、月末にはより多くの値引きを引き出せる可能性が高いのです。

また、4月中旬から5月にかけては、中古車の需要自体が落ち着くため、在庫過多になった分を売りさばくために、ディーラー系の中古車販売店でも価格自体が下がっている場合がありますので、合わせてチェックしてみると良いでしょう。

ディーラーで中古車を買うなら、別な費用から値引きしてもらうという手段も

ディーラーで中古車を購入する場合、その販売価格自体を値下げしてもらうことが難しいのであれば、せめてカットすることが可能な代行費用がないかどうか確認してみましょう。

新車同様に、中古車を購入する場合にも、様々な諸費用がかかります。国で定められている税金や法定費用は値下げすることが出来ませんが、店側が自由に値段を設定することができる代行費用の部分は、交渉次第ではカットしてもらうことが出来ます。

実際に見積書を見せてもらい、代行費用にいくらかかっているのかも確認します。ちなみに車庫証明は自分で警察署に取りに行くことで、代行費用をナシに出来ます。また、自宅などへ納車してもらう際にかかる納車費用も、自分で店まで車を取りに行くことでかからなくなりますので、参考にしてください。

このように少しでも安く中古車を手に入れたいのであれば、手間暇を惜しまないことも重要です。

値引きしてくれなくても、中古車はディーラーで買った方がいい?

中古車を購入する際には、基本的には現状渡しとなります。その名の通り、「多少値引きしたとしても現状のままで渡すから、その後に問題が発生しても自己責任」ということです。いわゆる「ノークレーム・ノーリターン」というところでしょうか。

同じ中古車であっても、ディーラーで中古車を購入した際には、たいてい「アフター保証」がついてきます。購入後に何か問題が発生した場合は、責任を持って保証してもらえるということです。

中古車だからといっても、値段重視で購入してもすぐに不具合が発生する恐れがあるのでは、かえって高い買い物になりかねません。このようにアフター保証がついているのであれば、購入後も安心して乗ることが出来ますよね。

ディーラーで中古車を購入した際には、もし何か気になる点があれば、まずは販売店へ相談してみることをオススメします。