大学の新入生ガイダンスの服装は?服装とメイクのポイントを解説

大学の新入生ガイダンスに参加するとき、一体どんな服装で出席すればいいのか分からない人もいるのではないでしょうか。

自分だけ浮いた服装になってしまったり、周囲になじまない服装で行くと、悪目立ちしてしまうのではないかと不安になってしまうこともあるでしょう。

ここでは、大学の新入生ガイダンスに参加するとき、どのような服装で行けばいいのかについてお伝えします。

大学に行く前に服装を確認して、安心して参加してください。また、メイクについてもご紹介します。

こちらも併せてチェックして、これからの楽しいキャンパスライフにするきっかけを作ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの騒音トラブル!引っ越し費用は請求できるのか

アパート内のトラブルで一番多い問題が「騒音トラブル」です。 対策を取っても改善しない場合、泣...

干支の置物を処分することはできる?自分で・神社で処分する方法

毎年その年の干支の置物を飾っているご家庭もありますよね。一年の縁起物として飾っていても、次の...

電気のつけっぱなしに効果的な対策方法とは?さっそくトライ!

どんなに注意してもトイレやリビングが電気つけっぱなし、そんなことで毎日イライラするのもイヤですよね。...

簿記3級の合格ライン、難易度や取得するメリットについて

簿記3級をこれから取得しようかと考えている方もいるのではないでしょうか。でも独学で取得可能なのか...

受験が怖いなら高校受験の不安を解消するコツや効率的な勉強法

受験生にとって高校受験というのは、不安な気持ちで怖いと感じることもあるでしょう。では、そんな...

スノーボードウェアの上下同色はアリ?スノボウェアの着こなし術

スノーボードウェアはどのように選べばいいのでしょうか?ボードは初心者でもウェアはかっこよく、可愛く着...

ヒキガエルのオタマジャクシを飼育してみよう!その方法とは

山の中でヒキガエルのオタマジャクシを見つけると、自分で飼ってみたくなりますよね。でも、実際に...

自転車が歩道でベルを鳴らすのはNG!歩行者への有効的なマナー

自転車が歩道でベルを鳴らすのは歩行者に対してマナー違反になります。では、歩道を自転車が走行するときに...

香水は古いけど使い道によってはオシャレに再利用できちゃいます

古い香水ってなかなか使わなくなってしまいますが、そんな古くなった香水でも使い道があるんです!...

居酒屋でバイトをする人共感。あるあるネタの色々なバージョン

学生さんのやりたいと思うバイトに居酒屋のバイトも人気があります。男女問わずに働くことが出来る...

圧縮袋は掃除機の使い方に注意!正しい使い方とメリット

圧縮袋は掃除機での吸引が必要な使い方のものと、掃除機不要でも使えるものがあります。圧縮袋を使...

ゴミ箱のおしゃれな収納アイデア~手軽なDIYと簡単カバー方法

お部屋をおしゃれなインテリアにしても、気になるのが生活感丸出しのゴミ箱です。お客様の目のつか...

車の割り込みトラブルが急増中!罰則や巻き込まれない運転とは

最近ニュースでよくみかけるのが、車を運転中の割り込みやあおり運転によるトラブルです。運転手同...

100均の文房具でかわいいペンやノートやテープを紹介

100均の文房具コーナーを覗いたことはありますか?種類が豊富でかわいい文房具がたくさん並んでいま...

初七日のお供えにお団子を準備する理由と簡単お団子レシピ

初七日のお供えでお団子を準備する家庭もあれば、果物やお菓子だけお供えする家庭もああります。宗...

スポンサーリンク

大学の新入生ガイダンスの服装は指示がなければ決まりはない!指示がある場合は従おう

大学の新入生ガイダンスは入学式の前に行う大学も多く、どんな服装をしていけばいいか迷う人も多いと思います。

まずは新入生ガイダンスについての大学からのお知らせを確認しましょう。もしも、スーツまたはそれに準ずる服装等の指示が書かれている場合は、従います。

特に指示がない場合は、服装は自由です。多くの大学では服装は自由な事が多いですが、自由というのは結構困りますよね。もしかしたら、その場で友達を作るきっかけがあるかもしれないので、あまり周りから浮かない服装をしたいですよね。

ちなみに、新入生ガイダンスとは、大学生活の注意事項や履修など大学で勉強するために必要な説明を聞くことですので、どんな服装でも構いません。

そのため、ほとんどの人が私服で来ていますので、大学側から指示がないのにスーツで行くと逆に目立つ可能性があります。

大学の新入生ガイダンスの服装選びでNGな服装!困ったらワンピースを

大学の新入生ガイダンスの服装は、大学側からの指示がない限り自由と説明しましたが、カジュアルに寄りすぎると、周りがそうじゃない場合に自分だけ浮いてしまいますし、かといって指示がないのにスーツでも浮いてしまうでしょう。

大学の新入生ガイダンスにおすすめの服装

それは、キレイ目スタイルです。周りがカジュアルでもフォーマルでもどちらに寄っていてもキレイ目スタイルなら中間なので、浮きすぎることはありません。心配な人は、ワンピースにカーディガンやジャケットなどを合わせるのがおすすめです。

それに、新入生ガイダンスがほとんど説明を聞くだけと言っても、ある程度ちゃんとした服装をしていて損はありません。

なお、服装は自由と言っても、大学の正式なオリエンテーションですので、ダメージ加工のデニムやスウェットなどのカジュアルすぎる服装や、露出の激しい服装は避けましょう。

大学の新入生ガイダンスはこんな服装で出席しよう

大学の新入生ガイダンスの服装はワンピースが簡単にキレイ目スタイルを作れるのでお勧めですが、キレイ目なワンピースを持っていない場合もあるでしょう。

トップスは、淡い色や紺などのブラウスやシャツがお勧めです。派手な色やTシャツ、カットソーはカジュアル感が強く出てしまうので、キレイ目を意識するなら避けた方が無難です。

シャツやブラウスだけだと寒い場合は、カーディガンやニットを重ねましょう。キレイ目なシルエットのニットならニットだけでも構いません。

ボトムは、スカートである必要はありません。ただ、ズボンの場合は綺麗系にした方が無難です。短すぎるスカートやカジュアルなデザインのジーンズは避けた方が良いでしょう。デニム素材自体はダメではありませんが、ウォッシュ加工してあるとカジュアルになるため、キレイ目なジーンズを持っていない場合は避けた方が無難です。

アウターを着る場合は、服装に合うジャケットやトレンチコート等が良いでしょう。

靴も服装に合わせてパンプスを選ぶのがお勧めです。ヒールの高さは問わないので、ローヒールで構いませんが、スニーカーは出来れば避けた方が良いでしょう。

バッグは服装に合わせてカジュアルすぎないデザインを選ぶと良いでしょう。ただ沢山の資料が配布されるため、A4サイズの書類が入る大きめのトートバッグ等がお勧めです。基本的には大学側が用意した紙袋等があるはずなので、必ずしも大きめのバッグである必要はありませんが、小さめの鞄で行く場合は念のため折りたたみバッグなどを持って行くと安心でしょう。

大学の新入生ガイダンスのメイクは?ナチュラルメイクで参加しよう

大学の新入生ガイダンスでは、服装以外にも注意しましょう。

高校生までは校則によって、学校へメイクをしていくのが禁止されている学校も多かったと思いますが、大学ではメイクは基本的に自由です。

高校時代全くメイクをしてこなかった人やメイクに興味がない場合は、大学生になったからって急に皆メイクをするなんてと思うかもしれませんが、メイクやおしゃれに興味のある女子は、中学生や高校生の内からメイクを研究している人も多いです。

新入生ガイダンスに行ってみたら周りはメイクをして可愛い子ばかりという可能性もあります。地方から都会の大学に進学した人は、周りは皆洗練されているように見えてしまうかもしれません。

ですから、今まで全くメイクをしてこなかった人でも、大学ではメイクをするのがお勧めです。新入生ガイダンスまでにメイクの研究や練習をしましょう。

ただし、大学生はあくまでも学生のため、新入生ガイダンスの時は濃いメイクは避けてあくまでもナチュラルメイクに留めてください。

髪型は整える程度でも充分で、特に気合を入れる必要はありませんが、間違っても寝ぐせが付いたまま行かないようにしましょう。

新入生ガイダンスは何をする?大学生活の説明や交流を深める場になる

大学の新入生ガイダンスは最初に少しご説明した通り、大学生活の注意事項や履修など大学で勉強するために必要な説明を聞くことです。このオリエンテーションに参加しなければ、その大学での決まりや仕組みが分からない事になってしまうので、基本的には参加するものです。

大学生活を送る上で必要な情報は、この新入生ガイダンスでしか確認できません。どうしても行けなかった場合は、自分で情報収集をしなければならず、情報漏れがあると単位などに影響がある場合もあります。大学によっては参加必須にしているケースもありますが、任意だとしても気軽な気持ちでサボって良いオリエンテーションではありません。

そのため、新入生ガイダンスにはほとんどの新入生が参加することになります。ここで顔見知りを作っておけば、入学後の友達作りがスムーズになる可能性もあります。

また、サークル紹介などのガイダンスは入学後におこなわれることも多いですが、こちらは基本的に参加は任意です。入学後のガイダンスは新入生同士が交流しやすいイベントにしている大学も多く、このオリエンテーションで友達を作る人も多いです。ですから、友達を作りたい人は一人でも参加するのがお勧めです。