黒のストッキングがまだらになるのはナゼ?対処方法を紹介

黒のストッキングを履くとまだらになってしまうのはナゼ?なんだかだらしなく見えてしまうストッキングのムラ。どのようにして履けばまだらを防ぐことができるのでしょうか?

実は、履く前にアレをするだけでまだらになりにくくすることができるんです!?

ストッキングの正しい履き方、伝線をしにくくするコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校生が勉強しない!進学校での落ちこぼれがやるべき勉強法

高校生で勉強しないでいると進学校では成績が落ちてしまいます。それでも勉強をしないとますます勉強にはつ...

小1で算数を苦手にしない!楽しく学ぶ方法とつまずきのポイント

小1から算数がすでに苦手・・・。子供だけではなく、一緒に悩んでいる親御さんも意外と少なくはありません...

ブレーキを踏むとなるキーキー音の原因と対策について

ブレーキを踏むとキーキー音が気になる時ありますよね。ブレーキから音がしていると思うと安全性は大丈夫?...

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなけれ...

包丁の研ぎ方について!ステンレス包丁は砥石にも注意が必要

ステンレス包丁を使用している方は少なくはありませんよね。価格が安いことからステンレス包丁は使い捨てな...

グッピーの水槽が白く濁りが出る場合の原因と対処法

グッピーを飼っていて水槽の濁りにお困りの方はいませんか?水槽が濁ってしまうと水質が悪くなってしまった...

身長171cmの標準体重は何kg?男性は見た目の体型にも注意

年齢を重ねていくと体重が気になる男性も増えていくでしょう。日本人の男性の平均身長は約171cmと言わ...

ボウリングでスペアを取るコツとは?スコアアップを目指そう

会社の行事や友達同士でボウリングをする機会があると、少しでも良いスコアを出したいと思いますよね。...

ハムスターのケージを衣装ケースで作る方法とポイント

ハムスターを飼育する場合はケージが必要ですが、衣装ケースでも代用できます。市販されているケー...

春をイメージさせる言葉や単語を特集!さっそく使ってみませんか

春をイメージさせる単語の代表的なものとしては「桜」が有名ですが、他にはどんな言葉や単語があるのか気に...

化粧を簡単自然に!?やり方次第でナチュラルは作れる!

まるで化粧をしていないようなナチュラルなメイクは、やり方次第で簡単にできちゃいます。では、ま...

絵の上手い人の脳とは?下手な人との違いや絵が上達する方法

絵の上手い人は下手な人と脳の使い方が違う?上手い人と下手な人にはどのような違いがあるのでしょうか?...

アクリル絵の具の特徴!100均の絵の具を使った使い方アイデア

アクリル絵の具という絵の具にはどのような特徴があるのでしょうか?小学生の頃に使っていた絵の具は水彩絵...

ポケットポーチの作り方!100均の材料を使った簡単な作り方

小学生や幼稚園の女子に人気のポケットポーチ。ポケットのない洋服のときでもハンカチやティッシュを持ち歩...

ライオンVSトラ、対決させるとどっちが強いのか徹底調査!

動物園で見かけるライオンとトラ。どちらもネコ科に属していますが、戦わせるとどっちが強いか気になります...

スポンサーリンク

黒のストッキングはまだらになりやすい

リクルートワンピース、結婚式のお呼ばれドレス、私服にと黒のストッキングを履くことがあると思います。
そんな時に気になるのが黒のストッキングがまだらになってしまうこと。
これが気になるのは私だけではないのではないでしょうか。

足の太い部分、太ももやふくらはぎがまだらになってしまうのはもちろん、その他でもまだらさが否めない部分がありますよね。

ごまかそうにもごまかせずに結局そのまま出かけてしまうという結末なんですが、どうにか対処法があるなら活用したいですよね。

黒ストッキングのまだら対処法

ストッキングを伸ばす

つま先に向けてストッキングを縮めてまとめていきます。
強く伸ばしすぎると電線や穴の原因になりますので注意してください。

こうすることでストッキングが均等に伸びて、履きやすくなり、そして色ムラ軽減に繋がります。

黒のストッキングをまだらにならないように履く方法

どうしてもまだらになってしまう黒のストッキング。
履き方を気をつけるだけで改善させることもあります。

正しいストッキングの履き方

  1. 片足部分をウエストからつま先にかけて両手でかき集めていきます。
  2. つま先とかかとを合わせストッキングを膝までゆっくり伸ばしてます。
  3. もう片足の方も1~2の工程で進めます。
  4. 両足膝までストッキングをあげたら両足交互に太もも、股下、ヒップと力を均等にストッキングを伸ばします。
  5. 最後にお腹部分をお整えます。

コツとしては両足膝までストッキングをあげたら、力を均等にウエストまで体のラインに沿ってストッキングを引き上げていくことです。

黒のストッキングがまだらにならないようサイズも合わせましょう

黒のストッキングのまだらが目立つ場合にはサイズがあっているかの確認も視野に入れておきましょう。

ストッキングのパッケージにS~Mとサイズが表示されていますが、これはほぼMサイズであります。
普段Lを履く人がL~LLを履くと大きいということになります。

ストッキングのメーカーによって同じサイズでも大きさや履き着心地が違う場合、伝染しやすいもなどあります。
色々なストッキングを試して自分にあったものを選びましょう。

パッケージの裏にサイズの目安が書かれているのでチェックすることも忘れないでくださいね。

ストッキングのつま先やかかとが電線しやすいのは、ストッキングはピンポイントでかかる力に弱いです。
歩く時はどうしてもつま先やかかとに負担がかかりやすいため電線してしまいます。
また新しいストッキングなのに指で穴を開けてしまったという経験をしたことがある人は多いと思います。
これは指の部分にピンポイントで力が加わっているためと考えられます。

いくらサイズのあったストッキングでも、このような力の加わり方ですぐに電線してしまうこともあります。

ストッキングを履く時は力の加減に注意してください。

ストッキングは強くて弱い!?扱い方について

耐久性がある強いストッキングでも、扱い方によっては弱くなってしまうのです。
ストッキングの素材自体が弱いものとなっているため、ある程度履いたストッキングが電線や穴が空いてしまうことは仕方がありません。
しかし、扱い方によっておろしたてのストッキングさえもすぐに電線してしまうのです。

黒ストッキングの正しい扱い方

ストッキングは基本的手洗いが適しています。

  1. 洗面器または洗面台にお湯を溜め数滴の洗剤を入れる
  2. しっかりと泡たてたら、ストッキングを10回程度押し洗いする
    汚れやすいつま先やかかとは入念に
  3. 洗ったら泡がなくなるまでお湯ですすぐ
  4. タオルでストッキングの水分をとる
  5. ストッキングの一番太いウエスト部分を洗濯バサミで止めて日陰で干す

よくストッキングを履き人にとっては手間がかかる作業かもしれませんが、電線しやすいストッキングを問題なく維持するのはコスパも良いですね。
手洗いする時に、ある部分は力を込めて、ある部分はサラッとしてしまうことがまだらになてしまう原因でもあります。

つま先かかと以外はなるべく同じ力を加えて洗いましょう。

どうしてもという場合には、洗濯ネットに入れて洗濯機に入れると良いですが、ストッキングのデリケートさを考えるとあまりオススメはできません。

また洗濯機で洗う場合は、乾燥機能を使うことと漂白剤を使うことはやめましょう。

ストッキングを伝線させないようにするポイント

黒のストッキングを伝染させないポイント

  1. 手元につけているアクセサリーを外す
  2. ジェルネイルしている場合はキッチン用やゴム手袋でカバーする
  3. ストッキングを履く時の力は均等に(ピンポイントに力を加えない)
  4. ストッキング履いた上からパンプス用の見えない靴下を履いてストッキングをカバーする
  5. 洗い方、干し方、扱い方に気をつける
  6. 電線しにくいタイプのストッキングを選ぶ
  7. ストッキングはデリケートなものと思っておく