フラのハンドモーションのコツ!美しく見せる上達のポイント

フラダンスのハンドモーションのコツは、意識するべきポイントを掴んで練習すれば初心者でも上達できます。習いはじめだと意識しすぎて、しっかりと振りを踊ろうとするかもしれません。しかし、フラダンスというのはしなやかな手の動きがキレイに見えるコツになるのです。

そこで、フラダンスのハンドモーションのコツについて、力を抜くことや片手でするときのコツ、美しいハンドモーションで大切なことや手首の柔軟性などお伝えしていきましょう。

これを参考にコツを意識して練習すれば、フラダンスのハンドモーションがきっと上達することでしょう。ぜひ美しいハンドモーションができるように頑張ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゼラチンのゼリーは冷凍しないで冷蔵しましょう、ゼラチンの特徴

ゼラチンのゼリーは冷凍するとどうなるのでしょうか?凍ったまま食べるのであれば、そこまで気にすることは...

暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるとい...

ペットボトルを水筒として再利用するのがダメな理由は〇〇です!

空になったペットボトルの容器を捨てるのがもったいないといって水筒として再利用している人もいますよね。...

小1で算数を苦手にしない!楽しく学ぶ方法とつまずきのポイント

小1から算数がすでに苦手・・・。子供だけではなく、一緒に悩んでいる親御さんも意外と少なくはありません...

大学生の一人暮らしの仕送り方法!節約やお金の管理のポイント

大学生の一人暮らしの仕送り方法については悩む親御さんも多いのでしょうか。あまり過保護にするのも良くな...

チューリップの球根を植える時期は?キレイな花を咲かせる方法

チューリップは、一度花を咲かせた後も上手に球根を保管する事で、翌年もまた花を咲かせることが出来ます。...

タンスに防虫剤は必要?その効果と正しい使い方を説明します

「タンスには防虫剤!」とよく言われていますが、本当に必要なのか、効果はどうなのか疑問に思うことってあ...

お香典の相場、友人の兄弟では?お香典のマナーと注意点

お香典には相場というものがあります。ほとんどの場合はその相場を参考にしてお香典を包むのですが、友人の...

旦那が無職になったらもう保育園は通えないのか

認可保育園に通うには、夫婦共働きが条件となっているのが一般的です。そんな時、もし旦那が突然無...

春をイメージさせる言葉や単語を特集!さっそく使ってみませんか

春をイメージさせる単語の代表的なものとしては「桜」が有名ですが、他にはどんな言葉や単語があるのか気に...

子育てはイライラとの戦い!怒鳴るのはダメだけど…

子育てはイライラの連続!『怒りの感情が湧いて出たら、深呼吸して』なんていうアドバイス、よーく...

ヒキガエルのオタマジャクシを飼育してみよう!その方法とは

山の中でヒキガエルのオタマジャクシを見つけると、自分で飼ってみたくなりますよね。でも、実際に...

ウサギがペレットを食べなくなる原因や対処方法について

ウサギが急にペレットを食べなくなってしまった…!?具合が悪いのでしょうか?見るからに衰弱しているよう...

ブックカバーはビニールで作り方は簡単!防水できて保管もキレイ

ブックカバーはビニールのものも作り方は簡単です。ビニールを使えば雨など濡れたときでも防水できて安心に...

インコのケージカバーの特徴や作り方を紹介します

インコのケージにはカバーをつけたほうがいいのでしょうか?必ずしも必要というわけではありませんが、イン...

スポンサーリンク

フラダンスのハンドモーションのコツは力を抜くこと

上手にやろう、失敗しないようにしようとするとどうしても体に力が入ってしまいます。力を抜くという行為はなぜか難しくそれをフラでしなやかに表現するにはどのようにすると良いのでしょうか?

力を抜くばかりではなく、力を入れる場所も覚える。
力を抜くことばかり考えていると、肩や背中の力も抜けてしまい姿勢が悪くなってしまいます。力を入れるというよりも姿勢を正すことだけを意識すると美しいハンドモーションを出すことが出来ます。

角ばらせない。しなやかな動きを出すには手の甲や腕を角ばらせず丸みを出しましょう。力を抜き丸い動きが出るようになったら柔らかい動きを出すことが出来るでしょう。

フラのハンドモーションを片手でするときのコツ

片手での表現の時は、表現しないほうの手の置き方やパウスカートをピンチする時なども意識しましょう。表現するほうのハンドモーションが綺麗に出来ていても、反対の手がおろそかになっていては綺麗にみえません。フラを観る側の人は全体を観ているので所作には注意しましょう。

表現しないほうの手の力の入れ具合は、曲の雰囲気や意味合いによって変わってきますが、力を入れる場合や場所などがあります。手のひら、甲は力を抜くがひじは固定する、手を内側に入れてひじは前の方になどたくさんの意味を持った表現があります。すべてに意識を持ってフラをしましょう。

美しいハンドモーションのコツを掴めばフラダンスは上達する

フラはしなやかで柔らかい動きが特徴です。力を入れる箇所や加減を知ると、ハンドモーションも美しくなっていきます。

流れを覚える。

曲のポイントをきめフラのふりを覚える

覚えることに一生懸命になってしまうと手へ意識を向けることが出来なくなってしまいます。

曲の意味を知る

ハンドモーションのひとつひとつには意味があります。覚えると気持ちが入り美しいハンドモーションを表現することが出来るでしょう。

ハンドモーションのつなぎ目を意識しない

次のふりに移る時に体の動きも心も入る用意をせずに自然な感じで次に進みましょう。次のハンドモーションをする時は大きく上から下、右から左のような動きはあまりないです。曲によってはあるときもありますが、ひじの位置は変わらずひじから先で表現することが多いです。大きな動きをせずに表現することで綺麗なハンドモーションが出来るでしょう。

ハンドモーションは手首の柔軟性が重要なポイント

水の抵抗を使って、お風呂に入っている時や、プールの時など手首はあまり意識していないですが、水に入っている時に水をかく動きがゆっくりしなやかでフラのハンドモーションには必要な筋肉です。その時肩からではなく手首を意識して動かしてみましょう。

凝り固まったらほぐす、パソコン作業や書き物などで長く同じ動きをする作業が続いた時は手首を回しストレッチしましょう。凝り固まってしまっては動きに影響が出てしまいます。

肩やひじも柔らかくする。手首だけではなく、肩や首、ひじも柔らかくすると姿勢も良くなり力を抜くのも上手く出来ます。家事や仕事などで体重が前重心だったり肩が前に入ってしまうことが多く肩が凝ってしまったり、背中の筋肉が弱ってしまったりする人が多いです。普段から姿勢を正し力の入れるところや抜くところもフラには大切なポイントなので意識しましょう。

ハンドクリームやオイルを塗り、動きが悪いと感じるときは手が乾燥している場合があります。たっぷり目のハンドクリームで潤いを与えるとしなやかな動きが表現できます。またはだしで踊るフラは足が潤っていることで安定したフラを踊ることが出来ます。足の裏も潤った状態にしましょう。

温め、手や足が冷たいと動きが悪くなってしまいます。手足の先をあたためて動き良くしましょう。一緒にストレッチで肩、首、腰など全身をあたためてからはじめると、動きやすいでしょう。

ハンドモーションは手の動きで歌の意味を伝える

フラのハンドモーションには意味があります

高い山を表現する時はひじから上を高いところにもって行き、指先で高い山の頂上を表したり。腕を胸の前で交差させ愛を表したり、手首をしなやかに上下させ海の波を表したり、どれも手首からの動きが大事です。何年やっていても苦手な動きがあるものです。フラの曲が変わっても同じ動きが入っているので、あきらめず何度も練習しましょう。

深く言うと手や体の動きも大事ですが曲の意味をしることも大事です。フラの曲にはその時代の出来事や風景や自然を表した曲や、家族の大事さや子供や愛する人のことを曲にしたものがあります。曲の内容を知り情緒を入れてフラをする事が綺麗なハンドモーションにつながるのではないでしょうか?

曲の内容がわからない場合は何回も曲を聴き曲調を感じとるのも方法です。曲の雰囲気に合わせて明るいアップテンポな感じの時は楽しく表現したり、ゆっくりな曲のときは情緒を意識してハンドモーションをしたり気を張らず踊りましょう。