フラのハンドモーションのコツ!美しく見せる上達のポイント

フラダンスのハンドモーションのコツは、意識するべきポイントを掴んで練習すれば初心者でも上達できます。習いはじめだと意識しすぎて、しっかりと振りを踊ろうとするかもしれません。しかし、フラダンスというのはしなやかな手の動きがキレイに見えるコツになるのです。

そこで、フラダンスのハンドモーションのコツについて、力を抜くことや片手でするときのコツ、美しいハンドモーションで大切なことや手首の柔軟性などお伝えしていきましょう。

これを参考にコツを意識して練習すれば、フラダンスのハンドモーションがきっと上達することでしょう。ぜひ美しいハンドモーションができるように頑張ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

チューリップの球根を植える時期は?キレイな花を咲かせる方法

チューリップは、一度花を咲かせた後も上手に球根を保管する事で、翌年もまた花を咲かせることが出来ます。...

ダブルベッドでの布団の取り合い問題を解決する方法

ダブルベッドで寝ていると、気がつくと布団がどちらかの方に偏っていたり、布団の取り合いになることってあ...

楽譜が読めない人でもピアノは弾ける、読めるともっと楽しくなる

楽譜がほとんど読めないのにピアノが弾けるって本当!?って思いますよね。実際ピアノを習っている子供...

管理栄養士の勉強方法【社会人編】働きながらできる効率的なコツ

管理栄養士になるためにはどんな勉強方法がいいのでしょうか?社会人で働きながら管理栄養士を目指すならオ...

No Image

相撲チケットが取れないことも!チケットを確実に入手する方法

相撲チケットが取れないってことあるの?と甘くみていると、希望日が既に売り切れでチケットが取れなかった...

毎日続ける英語の勉強。アプリを利用すれば毎日続けられます

毎日続けなければ、英語は上達しません。筋トレや、ストレッチ、ダイエットと同じですね。習慣化し...

イケメンの彼氏だと不安?不安の理由や対処法

誰もが振り向くようなイケメンの彼氏を持つと、彼女は色々と不安になるようです。ここでは、イケメ...

ピカソの作品の中でも特に有名な絵画の特徴について解説します

世界的に有名なピカソですが、名前は知っていてもどんな作品を描いたのか、また有名な作品にはどんなものが...

天ぷらとかき揚げのコツを掴んで美味しくサクサクに作ってみよう

天ぷらやかき揚げを上手に揚げるにはコツがあります。どうしても上手く揚がらないとお悩みの人は、...

受験が怖いなら高校受験の不安を解消するコツや効率的な勉強法

受験生にとって高校受験というのは、不安な気持ちで怖いと感じることもあるでしょう。では、そんな...

犬を飼うと大変と感じる事を紹介。金銭面や老後が心配という事

子供が犬を欲しがる、ペットショップで一目惚れ、一軒家に引っ越すので犬を飼いたいと思うことはあるでしょ...

絵が描けない!スランプの原因とスランプからの脱出方法を解説

イラストを描く専門の学校に通っている人の中には、自分の納得のいく絵を描くことができず、スランプに陥っ...

高校生の恋愛事情・受験生は恋愛NG?受験と恋を両立させる方法

これから大学受験を控えている高校生の中には、恋人がいる・もしくはこれから恋人を作りたいと思っている人...

浴室の折戸の掃除方法!汚れやすい原因と掃除の手順

浴室の掃除というと、バスタブの汚れや床の汚れ、また曇りやすい鏡の掃除も欠かせません。そこでついつ...

発泡スチロールの箱をタダでもらう方法と臭いの除去方法

発泡スチロールの箱はお店に行けば販売していますが、タダでもらう方法はあるのでしょうか。発泡スチロ...

スポンサーリンク

フラダンスのハンドモーションのコツは力を抜くこと

上手にやろう、失敗しないようにしようとするとどうしても体に力が入ってしまいます。力を抜くという行為はなぜか難しくそれをフラでしなやかに表現するにはどのようにすると良いのでしょうか?

力を抜くばかりではなく、力を入れる場所も覚える。
力を抜くことばかり考えていると、肩や背中の力も抜けてしまい姿勢が悪くなってしまいます。力を入れるというよりも姿勢を正すことだけを意識すると美しいハンドモーションを出すことが出来ます。

角ばらせない。しなやかな動きを出すには手の甲や腕を角ばらせず丸みを出しましょう。力を抜き丸い動きが出るようになったら柔らかい動きを出すことが出来るでしょう。

フラのハンドモーションを片手でするときのコツ

片手での表現の時は、表現しないほうの手の置き方やパウスカートをピンチする時なども意識しましょう。表現するほうのハンドモーションが綺麗に出来ていても、反対の手がおろそかになっていては綺麗にみえません。フラを観る側の人は全体を観ているので所作には注意しましょう。

表現しないほうの手の力の入れ具合は、曲の雰囲気や意味合いによって変わってきますが、力を入れる場合や場所などがあります。手のひら、甲は力を抜くがひじは固定する、手を内側に入れてひじは前の方になどたくさんの意味を持った表現があります。すべてに意識を持ってフラをしましょう。

美しいハンドモーションのコツを掴めばフラダンスは上達する

フラはしなやかで柔らかい動きが特徴です。力を入れる箇所や加減を知ると、ハンドモーションも美しくなっていきます。

流れを覚える。

曲のポイントをきめフラのふりを覚える

覚えることに一生懸命になってしまうと手へ意識を向けることが出来なくなってしまいます。

曲の意味を知る

ハンドモーションのひとつひとつには意味があります。覚えると気持ちが入り美しいハンドモーションを表現することが出来るでしょう。

ハンドモーションのつなぎ目を意識しない

次のふりに移る時に体の動きも心も入る用意をせずに自然な感じで次に進みましょう。次のハンドモーションをする時は大きく上から下、右から左のような動きはあまりないです。曲によってはあるときもありますが、ひじの位置は変わらずひじから先で表現することが多いです。大きな動きをせずに表現することで綺麗なハンドモーションが出来るでしょう。

ハンドモーションは手首の柔軟性が重要なポイント

水の抵抗を使って、お風呂に入っている時や、プールの時など手首はあまり意識していないですが、水に入っている時に水をかく動きがゆっくりしなやかでフラのハンドモーションには必要な筋肉です。その時肩からではなく手首を意識して動かしてみましょう。

凝り固まったらほぐす、パソコン作業や書き物などで長く同じ動きをする作業が続いた時は手首を回しストレッチしましょう。凝り固まってしまっては動きに影響が出てしまいます。

肩やひじも柔らかくする。手首だけではなく、肩や首、ひじも柔らかくすると姿勢も良くなり力を抜くのも上手く出来ます。家事や仕事などで体重が前重心だったり肩が前に入ってしまうことが多く肩が凝ってしまったり、背中の筋肉が弱ってしまったりする人が多いです。普段から姿勢を正し力の入れるところや抜くところもフラには大切なポイントなので意識しましょう。

ハンドクリームやオイルを塗り、動きが悪いと感じるときは手が乾燥している場合があります。たっぷり目のハンドクリームで潤いを与えるとしなやかな動きが表現できます。またはだしで踊るフラは足が潤っていることで安定したフラを踊ることが出来ます。足の裏も潤った状態にしましょう。

温め、手や足が冷たいと動きが悪くなってしまいます。手足の先をあたためて動き良くしましょう。一緒にストレッチで肩、首、腰など全身をあたためてからはじめると、動きやすいでしょう。

ハンドモーションは手の動きで歌の意味を伝える

フラのハンドモーションには意味があります

高い山を表現する時はひじから上を高いところにもって行き、指先で高い山の頂上を表したり。腕を胸の前で交差させ愛を表したり、手首をしなやかに上下させ海の波を表したり、どれも手首からの動きが大事です。何年やっていても苦手な動きがあるものです。フラの曲が変わっても同じ動きが入っているので、あきらめず何度も練習しましょう。

深く言うと手や体の動きも大事ですが曲の意味をしることも大事です。フラの曲にはその時代の出来事や風景や自然を表した曲や、家族の大事さや子供や愛する人のことを曲にしたものがあります。曲の内容を知り情緒を入れてフラをする事が綺麗なハンドモーションにつながるのではないでしょうか?

曲の内容がわからない場合は何回も曲を聴き曲調を感じとるのも方法です。曲の雰囲気に合わせて明るいアップテンポな感じの時は楽しく表現したり、ゆっくりな曲のときは情緒を意識してハンドモーションをしたり気を張らず踊りましょう。