家庭菜園の大葉が硬い!硬くなる原因と対策・大葉の上手な育て方

家庭菜園で栽培している大葉の葉が硬いというお悩みを抱えている人もいますよね。大葉の葉が硬くなってしまうのは、一体どんなことが原因なのでしょうか。

美味しい大葉を栽培するにはどうしたら良いのでしょう。大葉を上手に栽培する方法を確認して、硬くなることを予防しましょう。

そこで今回は、大葉の葉が硬くなってしまう原因と対策・上手な大葉の育て方についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友達がゲーム目的で家に入り浸る!子供の友達との付き合い方

お子さんのお友達が、ゲーム目的で家に入り浸っている日々が続くと、そのことが原因で段々ストレスが溜まっ...

カバンの手作り初心者でも作れる基本の簡単トートバッグの作り方

自分の好きな布で手作りカバンを作ってみたいけど、カバンなんて作るのが難しそう…と思っている方も多いと...

男兄弟の育児は大変だけどかわいい!男の子育児あるある

男の子の育児をしていると、女の子を見て「女の子はおとなしくていいなぁ…」なんて思ったことはありません...

絵が描けない!スランプの原因とスランプからの脱出方法を解説

イラストを描く専門の学校に通っている人の中には、自分の納得のいく絵を描くことができず、スランプに陥っ...

自転車の塗装が剥がれたときの影響と自分でもできる対処法

自転車の塗装が剥がれることは自転車を愛用していると時々直面していまいます。お気に入りの自転車の塗装が...

小1で算数を苦手にしない!楽しく学ぶ方法とつまずきのポイント

小1から算数がすでに苦手・・・。子供だけではなく、一緒に悩んでいる親御さんも意外と少なくはありません...

腹筋運動を日常動作で。簡単な姿勢で眠っている筋肉を呼び覚ます

腹筋を鍛えるための知識があれば、キツイ『上体起こし』以外の運動でスッキリしたお腹周りを手に入れること...

旦那が無職になったらもう保育園は通えないのか

認可保育園に通うには、夫婦共働きが条件となっているのが一般的です。そんな時、もし旦那が突然無...

金魚の稚魚の生存率はどのくらい?稚魚の育て方のコツ

金魚が卵を産んで孵化し、やがて小さな稚魚となって元気に泳ぎだしますが、すべてが無事に育つとは限りませ...

蜘蛛の種類の中で黄色と黒の体を持つ蜘蛛の特徴について解説

蜘蛛にはいろいろな種類がありますが、中でも黄色と黒の体を持っている蜘蛛を見かけたことがある人も多いで...

ステンレスに付いた茶渋の落とし方。用途別の洗剤選びと手順

お子さんの通園や通学、職場へのマイボトル持参などでステンレスの水筒にお茶を入れて持ち運ぶ機会は多いで...

新生児のお風呂はドキドキ!入れ方や必要なものを紹介します

産院で新生児をお風呂に入れてくれるところも多いですね。退院して自宅で入れるとなると、うまく入...

オリーブの栽培は寒冷地でも可能?栽培できる地域と栽培の方法

オリーブを栽培しようと思っている人や実際に栽培している人の中には、寒冷地でも栽培することが可能なのか...

拾った栗が虫食いかどうかの簡単な見分け方について解説します

秋と言えば栗拾いに出かけることが楽しみだという人も多いでしょう。しかし、せっかく拾った栗が虫...

小学生が剣道の試合で勝つためのコツと親としてできること

子どもが剣道の試合に初めて出るとなると、なんとか勝ってほしいと親なら誰でも思ってしまうでしょう。...

スポンサーリンク

家庭菜園の大葉が硬い!理由と対策

無くてもなんとかなるけれど、あったら便利なのが大葉ではないでしょうか。
彩りや味のアクセントして活躍してくれます。

少しずつ使うことが多いので、家庭菜園で大葉を栽培しているかもいらっしゃると思います。

家庭菜園で大葉を栽培している時のお悩みで多いのは「葉っぱが硬い」ということです。

大きな原因は、日光に当りすぎたことと水不足です。

日に当たるとどんどん葉を増やすので、観察している方としては嬉しい限りですよね。
大きな葉になると感動すらしてしまいそうです。

しかし、それは美味しい大葉のためには逆効果です。
大葉は日に当てて放っておくと、本当に大きくなります。
ですが、その分葉っぱや茎もしっかりとして硬くなってしまうのです。

美味しい大葉の為のベストポジションは、間接的に日が当たる場所です。
ベランダの影などでもよいでしょう。

そして、美味しい大葉のためのもう一つのポイントは水をたっぷりあげることです。

家庭菜園で硬い大葉を育てないためのポイント

家庭菜園で大葉を栽培する時に、硬い大葉にしないためには、日当たりと水やりがポイントです。

大葉の生育の良さだけを考えるなら、日当たりの良い場所が向いています。
しかし、食べた時に美味しい大葉を目指すなら、直射日光は避けましょう。
半日陰が柔らかく食べやすい葉っぱに育てるポイントです。

用土は赤玉:腐葉土:ミュライトを7:2:1の比率で混ぜ合わせ、用土10Lあたりに石灰と化学肥料を15g前後加えます。
自分で作るのが難しい場合には、市販の用土を利用するのも良いでしょう。

肥料は植え付け後から月に2回ほど与えますが、多すぎると虫が付きやすくなるので様子を見ながら行いましょう。

水はたっぷりあげるようにします。
大葉は乾燥が苦手なのです。
ハダニを防止するために、葉っぱにも水をかけるようにすると良いでしょう。
葉っぱの裏側にも水をかければ完璧です。

家庭菜園の大葉は硬いだけではなく味に違いが出ることも

大葉は家庭菜園でも比較的簡単に栽培することが出来ますが、栽培方法によっては硬いだけではなく味にも違いが出てきます。

スーパーで売られている大葉は味も香りも食感もよいですよね。
家庭菜園を始める時には、あの大葉を想像して栽培すると思います。
しかし、店頭に並ぶ大葉は、販売用に品種改良されたもので、味や香りが強く出るように作り出されたもので、流出しないようにしていることもあるそうです。
そのため、スーパーで売られているような大葉を栽培することは難しいと言われています。

それでもできるだけ味や香り、食感を良くしたいなら、まずは栽培場所を半日陰にすることです。
日当たりの良い場所で大葉を栽培すると、株がぐんぐん成長する反面葉っぱは硬くなってしまいます。

大葉は最初の株出できた葉っぱに最も香りが強く出て、こぼれ種の株の葉などは味が薄くなる傾向があります。

また、科学的な根拠は今の所ありませんが、肥料によっても味に差が出ると言われ、化学肥料を使うと苦くなり、有機肥料だと味が濃くなるといいます。

家庭菜園初心者には大葉の栽培がおすすめ

味に特別なこだわりを持たなければ、大葉は栽培しやすい植物です。
基本的には種を撒けば簡単に収穫できますから、家庭菜園初心者にもおすすめです。

種蒔き時期は3月下旬~6月上旬で、収穫時期は6月~10月です。

大葉はブランターでも簡単に育てることが出来ます。
培養土は自分で作ることも可能ですが、市販の野菜栽培用の土を利用するのが便利です。
種もホームセンターなどで簡単に入手出来ます。

一般的な野菜で気をつけなくてはいけないのは連作障害ですが、大葉には連作障害がないことも初心者に人気の理由でしょう。

大葉は発芽率も良いので、種の撒き過ぎには注意が必要です。
65㎝プランターに4つ~5つの苗が目安です。
発芽するまでは土が乾燥しないように注意しましょう。
発芽後も乾燥に弱いため土が乾いたらたっぷりと水やりします。

草丈が30cm~40cmになったら収穫のタイミングです。
葉を摘み取って収穫しましょう。

ホームセンターなどに行くと、大葉は種だけではなく苗も販売されています。
苗を購入して栽培すれば、より簡単に育てることが出来るでしょう。

大葉が病気になる原因と対処法

大葉は比較的簡単に栽培できることから、家庭菜園では人気の植物です。
しかし、全くトラブルがないわけではありません。

プランターで栽培する場合には株間に注意しましょう。
根詰まりすると葉っぱが枯れてきます。
株と株は20cmほど離し、根っこを広げられるように余裕を持たせて植えましょう。

大葉は害虫による被害を受けることもあります。
葉っぱに白いポツポツが出来てしまったらなら、ハダニが原因です。
症状が出た葉っぱは摘み取って、他の葉っぱには表も裏も水をかけましょう。

サビ菌が原因の病気になることもあります。
葉っぱに白い斑点が出来て粉っぽくなります。
風通しが悪く多湿であることが原因のため、葉っぱは随時収穫して、風通しを良くしましょう。
葉が密集しないように、間引きすることも大切です。