顔が大きいとショートボブは似合わない?ショートボブの似合う人

顔が大きい人はショートボブが似合わないのでしょうか?女性らしさも兼ね備えているショートボブに挑戦したいけれど顔の大きさを強調してしまいそうで気になる・・。

髪をカットしてから、後悔しても遅いですよね。ショートボブにする前にどんなショートボブなら似合うのか確認しましょう。

顔のタイプ別や顔が大きくみえないコツなどを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法

社会人になって初めて実家を離れて一人暮らしを始める人の中には、最初のうちは一人の時間を楽しんでいても...

手洗いの時の柔軟剤を入れるタイミングとすすぐ必要性について

大事な衣服を手洗いで洗濯する場合、気になるのは「柔軟剤」を入れるタイミングなどですよね。洗濯...

ダンスのキレを出すためのコツと、体の動かし方やポイントとは

キレのあるダンスを踊る人を見るとカッコイイと思いますよね。ダンスをやっていたら、キレのあるダ...

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

猫が後ろ足を触られると嫌がる理由を理解して上手に付き合おう

猫を飼い始めるとどうしてもいろいろなところを触りたくなってしまいますが、実は後ろ足を触られることを猫...

友人の出産祝いは商品券がいい?相場や出産祝いの選び方

友人に渡す出産祝いは商品券のほうが喜ばれる?何を贈ろうか迷ってしまう出産祝は、いっそのこと商品券のほ...

圧縮袋は掃除機の使い方に注意!正しい使い方とメリット

圧縮袋は掃除機での吸引が必要な使い方のものと、掃除機不要でも使えるものがあります。圧縮袋を使...

ディスポーザーつまりはアメリカにいても自分で直そう

アメリカに住んでいると、キッチンのディスポーザーがつまってしまうことってありますよね。便利な...

韓国料理が辛い理由からわかる、辛い料理を好む傾向と習慣とは

韓国料理が辛い理由には、古くからの歴史があり、それには日本との関わりが見えてきます。では、ど...

鍋とフライパンの違いは?フライパンは便利に使える鍋の一種

これから一人暮らしを始める人は、新生活に必要な色々なものを揃えなくてはなりません。少しでも購入費用を...

洗濯機が壊れたらコインランドリーを賢く活用のススメとは

洗濯機が壊れたらコインランドリーを活用するのがオススメですよ。新しい洗濯機を購入しても、それ...

窓の防音対策にシートは効果あり?シートの特徴を紹介

窓に防音対策のシートを貼るときにはどんなものを選べばいいのでしょうか?しっかりと防音できるシートとで...

玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってく...

迷惑電話の撃退方法!かかってきた迷惑電話はこの方法で撃退!

迷惑電話がかかってくると本当に気分が悪くなりますよね。忙しいときや外出の前など、時間に余裕がない時に...

通帳をなくした!悪用される可能性は?通帳を無くした時の対処法

いつもしまってあるはずの場所に通帳がない!通帳をなくした!突然こんな状況になったら焦りますよね。特に...

スポンサーリンク

顔が大きいけれどショートボブは似合う?特徴について

ショートボブは可愛らしい髪型ですが、一般的なイメージですと、顔が大きい人がショートボブにすると、さらに顔の大きさが強調されてしまうような気がしますよね。

ショートボブが似合う人の特徴についてご紹介します。

目鼻立ちがハッキリしている

地味な顔立ちの人がショートボブした場合、こけしのようになってしまうこともあります。
それを可愛いとするのでしたら構いませんが、どちらかというと目鼻立ちがハッキリした人の方がショートボブが似合うようです。
顔はメイクのやり方次第でも変えることが出来ますので、すぐに諦める必要はありません。

首が長く、卵型の顔

ショートボブにする時は、頭全体のシルエットがひし形になるようにすると良いバランスが取れます。
この時、首が短く丸顔の場合ですと、そのシルエットを上手く出せない事もあります。
ですので、首が長く卵型の顔の人が一番綺麗なバランスを取ることが出来ます。

顔が小さい

ショートボブは髪が短くなりますので、耳を出したスタイルにすることもあります。
その時に顔が小さい人ですと、なにも問題なく似合うと言えます。
しかし、あくまでもこれはショートボブが似合う人の特徴のひとつですので、さまざまな工夫をすることで、顔が大きい人でも似合うショートボブにすることが出来ます。

顔の大きい人が似合うショートボブとは

顔の大きいからといって、すぐに諦める必要はありません。

顔が大きい人が似合うショートボブとはどのようなものなのでしょうか。

毛先にボリュームを持たせる

顔が大きい人が悩むことの中に、「顔の幅が広く見える」、「エラが張っている」などといったことがあります。
毛先にボリュームを持たせて、顔のサイドを隠すようにすると、顔の欠点を隠すことが出来ます。

トップにはボリュームを持たせない

髪をふんわり軽く見せようと思って、トップにボリュームを持たせるスタイリングにすると、頭が長く見え、その結果さらに顔が大きく見えてしまうこともあります。
ペタッとさせるのはやりすぎですが、あまりトップにボリュームを持たせすぎないようにしましょう。

おでこを出す

顔が大きいことを気にしている人は、ぱっつん前髪などにして、出来るだけ顔を隠すようにすることもありますが、それをすると、サイドからも上からも髪で隠すことになり、不自然になってしまいます。
前髪を上げたり、サイドに分けるなどしておでこを出すようにすると、縦長効果でスリムな顔に見せることが出来ます。

顔の大きい人もこんな髪質ならショートボブがおすすめ

顔の大きい人もこんな髪質ならショートボブがおすすめ

それは、「髪質が柔らかい、または普通」の人です。
髪質が硬い人はクセが出やすいので、クセに影響の出やすいショートボブやショートにすると、思い通りのスタイリングに出来ない事があります。
美容室でも、髪が硬い人がショートボブにして貰おうとお願いした時に、上手くカット出来ない事を理由に断るケースが時々あります。
確かに熟練の腕がない限りは無理にお願いしないほうが自分のためにもなります。
ですので、髪が硬い人は、ロングにすることをおすすめします。

しかし、髪質が柔らかい人、または普通の硬さの人でしたら、そういった心配もありませんので、自分に合うタイプのショートボブにしてもらいましょう。
ただ、髪が柔らかい人に多いのですが、髪が細く、毛量も少なく見える場合があります。
そういった人がショートボブにすると、全体にぺたんとした感じになってしまい、顔の大きさが強調されてしまいます。
そうならないように、カットと同時にパーマをかけることをおすすめします。

顔のタイプ別おすすめなショートボブを紹介

顔のタイプ別おすすめなショートボブを紹介します。

  1. 卵型
    顔の大きさのバランスが取れている卵型の人はほぼどんなタイプのショートボブでも似合うと言えます。
    ただし、ぱっつん前髪にすると、こけしのようになってしまいますので注意が必要です。
  2. 丸顔、四角顔
    顔が大きく見えやすい丸顔と四角顔の人は、サイドを隠して耳を出さないようなショートボブにしましょう。
    また、パーマを掛ける時は、頭まで大きく見えないように、毛先だけふわっとさせる程度にしておきましょう。
    前髪もおでこを出すようにして、ぱっつん前髪は避けましょう。
  3. 面長
    顔が長い面長さんは、顔が長く見えないような工夫をするようにしましょう。
    さまざまな輪郭の中で唯一ぱっつん前髪をしてもよい顔です。
    とはいえ、元々ぱっつん前髪はあまり男性受けの良い髪型ではありませんので、そういった事も考慮して前髪を決めましょう。
  4. 三角顔

顎がスリムな三角顔は、小顔に見えるので、それほど悩むこともありませんが、おでこや耳を出す、かきあげ前髪にすると、大人っぽい雰囲気が出ますのでおすすめです。
ぱっつん前髪は、長所であるはずのフェイスラインが、逆に尖って見えてしまいますので、避けるようにしましょう。

顔の大きいことを強調させないことが大切

ショートボブは顔が小さい人にしか似合わない髪型と言うわけではありません。
仮に顔が大きかったとしても、顔の大きいことを強調させないことが大切なのです。
とはいえ、「強調させない=隠す」ということではないことは、念頭に置いておきましょう。

変に隠すことで、返って不自然に見えてしまうこともあります。
また、つい顔や髪型のことばかりに気を使うあまり、全体のバランスが悪くなるのも避けたいですよね。
ですので、「ショートボブは似合わないかも」と思っていても、全身が映る鏡で見た時に、良いバランスが取れていれば、問題ないのです。

また、顔や体とのバランスを取るのに必要なのは、スタイリングだけではありません。
髪の色を変えたり、ヘアアレンジをしたり、帽子を被るなどすることでもかなり雰囲気は変わります。
一つのことだけにとらわれず、全体のバランスを考えて髪型や服なども選ぶようにしましょう。