顔が大きいとショートボブは似合わない?ショートボブの似合う人

顔が大きい人はショートボブが似合わないのでしょうか?女性らしさも兼ね備えているショートボブに挑戦したいけれど顔の大きさを強調してしまいそうで気になる・・。

髪をカットしてから、後悔しても遅いですよね。ショートボブにする前にどんなショートボブなら似合うのか確認しましょう。

顔のタイプ別や顔が大きくみえないコツなどを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

本籍変更で思わぬデメリット?本籍変更についてのアレコレ

本籍をどこに置くかは自分で決定することができます。そして変更することも可能です。本籍を住んでいる...

水槽の外部フィルターの正しい掃除方法と頻度を理解しましょう

初めて熱帯魚を飼った人は、水槽のフィルターの掃除はいつすればいいのかと悩むのではないでしょうか。...

粗品タオルの使い道で節約もリメイクも簡単に楽しむコツとは

粗品でもらうタオルの使い道に悩む人も多いのではないでしょうか。毎年何かと頂き物でもらう粗品の...

ウーパールーパーの赤ちゃんの育て方のコツや注意点について紹介

ウーパールーパーの赤ちゃんの育て方はコツを掴めば簡単です。はじめてウーパールーパーを飼育する場合はど...

野良猫の餌やりは迷惑行為?餌やりが迷惑行為になる実際の理由

野良猫に餌やりをしている人を見かけた事がある人もいますよね。野良猫への餌やりを迷惑だと感じている人も...

包丁の研ぎ方について!ステンレス包丁は砥石にも注意が必要

ステンレス包丁を使用している方は少なくはありませんよね。価格が安いことからステンレス包丁は使い捨てな...

ボタンの種類とは?コートに合うボタンの選び方やつけ方

コートのボタンを付け替えるとしたらどんな種類のボタンがいいのでしょうか?コートの雰囲気を換えたいとき...

スライムを洗濯糊とコンタクト洗浄液で作る場合の注意点について

スライム作りには洗濯糊とホウ酸かホウ砂が必要となりますが、コンタクト洗浄液がホウ酸やホウ砂の代用とし...

アパートでの洗濯機の音は何時までなら許されるのか徹底検証!

賃貸物件に住んでいると、他の住人の洗濯機の音が気になる時がありますよね。マンションよりもアパ...

シャツのシワが取れない時の対処法!アイロンがけに注意しよう

Yシャツなどシャツをアイロンがけしてもシワが取れないことってありますよね。「スチームアイロン」ならシ...

シルバーアクセサリーの黒ずみはサビじゃない。落とす方法とは

時間が経ったシルバーのアクセサリーが黒ずんでいる、サビのように見えるけれどにサビなのでしょうか。...

2DKに4人家族で暮らす収納ルール!スペースの上手な活用術

4人家族で2DKに住む方も多くいますが、やはり手狭に感じてしまいますよね。子供が大きくなってくるとい...

簡単お菓子の作り方!材料は少ないけれど本格スイーツが作れます

お菓子作りは少ない材料でもできますよ!冷蔵庫にあるものでも簡単に美味しいお菓子が出来ちゃいま...

ハーバリウムボールペンの作り方!初心者でもできる作り方のコツ

最近話題のハーバリウムですが、作ってみたいと思っている方も多いと思います。中でも、ハーバリウム初...

自転車は歩道走行も右側走行も禁止!その理由について解説します

自転車に普段乗っていない人は、ルールが変わったことに気づいていないのではないでしょうか。ルー...

スポンサーリンク

顔が大きいけれどショートボブは似合う?特徴について

ショートボブは可愛らしい髪型ですが、一般的なイメージですと、顔が大きい人がショートボブにすると、さらに顔の大きさが強調されてしまうような気がしますよね。

ショートボブが似合う人の特徴についてご紹介します。

目鼻立ちがハッキリしている

地味な顔立ちの人がショートボブした場合、こけしのようになってしまうこともあります。
それを可愛いとするのでしたら構いませんが、どちらかというと目鼻立ちがハッキリした人の方がショートボブが似合うようです。
顔はメイクのやり方次第でも変えることが出来ますので、すぐに諦める必要はありません。

首が長く、卵型の顔

ショートボブにする時は、頭全体のシルエットがひし形になるようにすると良いバランスが取れます。
この時、首が短く丸顔の場合ですと、そのシルエットを上手く出せない事もあります。
ですので、首が長く卵型の顔の人が一番綺麗なバランスを取ることが出来ます。

顔が小さい

ショートボブは髪が短くなりますので、耳を出したスタイルにすることもあります。
その時に顔が小さい人ですと、なにも問題なく似合うと言えます。
しかし、あくまでもこれはショートボブが似合う人の特徴のひとつですので、さまざまな工夫をすることで、顔が大きい人でも似合うショートボブにすることが出来ます。

顔の大きい人が似合うショートボブとは

顔の大きいからといって、すぐに諦める必要はありません。

顔が大きい人が似合うショートボブとはどのようなものなのでしょうか。

毛先にボリュームを持たせる

顔が大きい人が悩むことの中に、「顔の幅が広く見える」、「エラが張っている」などといったことがあります。
毛先にボリュームを持たせて、顔のサイドを隠すようにすると、顔の欠点を隠すことが出来ます。

トップにはボリュームを持たせない

髪をふんわり軽く見せようと思って、トップにボリュームを持たせるスタイリングにすると、頭が長く見え、その結果さらに顔が大きく見えてしまうこともあります。
ペタッとさせるのはやりすぎですが、あまりトップにボリュームを持たせすぎないようにしましょう。

おでこを出す

顔が大きいことを気にしている人は、ぱっつん前髪などにして、出来るだけ顔を隠すようにすることもありますが、それをすると、サイドからも上からも髪で隠すことになり、不自然になってしまいます。
前髪を上げたり、サイドに分けるなどしておでこを出すようにすると、縦長効果でスリムな顔に見せることが出来ます。

顔の大きい人もこんな髪質ならショートボブがおすすめ

顔の大きい人もこんな髪質ならショートボブがおすすめ

それは、「髪質が柔らかい、または普通」の人です。
髪質が硬い人はクセが出やすいので、クセに影響の出やすいショートボブやショートにすると、思い通りのスタイリングに出来ない事があります。
美容室でも、髪が硬い人がショートボブにして貰おうとお願いした時に、上手くカット出来ない事を理由に断るケースが時々あります。
確かに熟練の腕がない限りは無理にお願いしないほうが自分のためにもなります。
ですので、髪が硬い人は、ロングにすることをおすすめします。

しかし、髪質が柔らかい人、または普通の硬さの人でしたら、そういった心配もありませんので、自分に合うタイプのショートボブにしてもらいましょう。
ただ、髪が柔らかい人に多いのですが、髪が細く、毛量も少なく見える場合があります。
そういった人がショートボブにすると、全体にぺたんとした感じになってしまい、顔の大きさが強調されてしまいます。
そうならないように、カットと同時にパーマをかけることをおすすめします。

顔のタイプ別おすすめなショートボブを紹介

顔のタイプ別おすすめなショートボブを紹介します。

  1. 卵型
    顔の大きさのバランスが取れている卵型の人はほぼどんなタイプのショートボブでも似合うと言えます。
    ただし、ぱっつん前髪にすると、こけしのようになってしまいますので注意が必要です。
  2. 丸顔、四角顔
    顔が大きく見えやすい丸顔と四角顔の人は、サイドを隠して耳を出さないようなショートボブにしましょう。
    また、パーマを掛ける時は、頭まで大きく見えないように、毛先だけふわっとさせる程度にしておきましょう。
    前髪もおでこを出すようにして、ぱっつん前髪は避けましょう。
  3. 面長
    顔が長い面長さんは、顔が長く見えないような工夫をするようにしましょう。
    さまざまな輪郭の中で唯一ぱっつん前髪をしてもよい顔です。
    とはいえ、元々ぱっつん前髪はあまり男性受けの良い髪型ではありませんので、そういった事も考慮して前髪を決めましょう。
  4. 三角顔

顎がスリムな三角顔は、小顔に見えるので、それほど悩むこともありませんが、おでこや耳を出す、かきあげ前髪にすると、大人っぽい雰囲気が出ますのでおすすめです。
ぱっつん前髪は、長所であるはずのフェイスラインが、逆に尖って見えてしまいますので、避けるようにしましょう。

顔の大きいことを強調させないことが大切

ショートボブは顔が小さい人にしか似合わない髪型と言うわけではありません。
仮に顔が大きかったとしても、顔の大きいことを強調させないことが大切なのです。
とはいえ、「強調させない=隠す」ということではないことは、念頭に置いておきましょう。

変に隠すことで、返って不自然に見えてしまうこともあります。
また、つい顔や髪型のことばかりに気を使うあまり、全体のバランスが悪くなるのも避けたいですよね。
ですので、「ショートボブは似合わないかも」と思っていても、全身が映る鏡で見た時に、良いバランスが取れていれば、問題ないのです。

また、顔や体とのバランスを取るのに必要なのは、スタイリングだけではありません。
髪の色を変えたり、ヘアアレンジをしたり、帽子を被るなどすることでもかなり雰囲気は変わります。
一つのことだけにとらわれず、全体のバランスを考えて髪型や服なども選ぶようにしましょう。