家賃の振込手数料を安くする方法を発見!安く済ませるコツ

家賃の振込手数料がもったいないと感じたことありませんか?
1回の手数料が数百円でも、塵も積もれば・・・です。

家賃の振込手数料を安くする方法はあるのでしょうか。

調べてみるとありました!この方法を使えば振込手数料を安くすることができそうです。
ただ注意点やコツがありますので、しっかり内容を確認してから手続きを行いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

UVレジンに使える100均で揃う手軽な材料と可愛いパーツ

UVレジンを使ったアクセサリーをハンドメイドで作る方も多いですが、いろいろと材料を揃えると、ある程度...

鏡と写真で全然違うのはなぜ?顔の印象の摩訶不思議

鏡と写真で印象が全然違うと思ったことありませんか?なぜそこまで鏡と写真で印象が全然違うのはな...

化粧を簡単自然に!?やり方次第でナチュラルは作れる!

まるで化粧をしていないようなナチュラルなメイクは、やり方次第で簡単にできちゃいます。では、ま...

犬の去勢手術後のトイレ失敗に悩む飼い主へアドバイスと注意点

犬の去勢手術後のトイレ失敗。今まで問題なくトイレができていた犬でも、去勢手術をきっかけにトイレを...

缶のプルタブは昔の話?イージーオープン缶の今と昔

缶にプルタブが付いていたのは昔の話、気がつくと見かけなくなりましたよね。実はプルタブが無くな...

思い込みと勘違い。2つの違いとは。思い込みを信念に

思い込みと勘違いについて。2つの違いとは?簡単に言ってしまうと、人間は思い込みと勘違いで...

タンスに防虫剤は必要?その効果と正しい使い方を説明します

「タンスには防虫剤!」とよく言われていますが、本当に必要なのか、効果はどうなのか疑問に思うことってあ...

文鳥の鳴き声はオスとメスで違う!メスの鳴き声とそれぞれの性格

文鳥はオスとメスで鳴き声が違うということはご存知でしょうか。文鳥の性別を見分けるポイントが鳴き声だと...

アルカリ電池とマンガン電池の違いと使い分け・使用上の注意点

電池を購入しようと思った時、アルカリ電池とマンガン電池のどちらを購入すればいいのか悩んだ経験がある人...

犬の散歩をしないとどんなリスクがあるのか

犬を飼うということは、散歩もしないといけないということです。犬を飼おうかどうしようか迷っている場合、...

筋トレをしたら太った!その後痩せるにはキチンと食事をとる事

筋トレをしているのに太った!?その後痩せるにはどうしたらいいのでしょうか?女性の場合は、筋ト...

立体ケーキの作り方【初心者でも簡単】バースデーやお祝いにぜひ

立体ケーキの作り方はとても難しくて、初心者には作ることができないと諦めがちですよね。でも、今...

教育実習後のプレゼントにメダルを作るコツや渡すときの注意点

教育実習最終日に子供たちに何かプレゼントをしたいなら、折り紙で作ったメダルがオススメです。で...

婿養子のメリット・デメリットと『婿入り』と『婿養子』の違い

婿養子にはメリットとデメリットがあります。『婿入り』と『婿養子』は違います。昔話などで聞...

6畳の寝室に4人家族で寝る方法!ベッドと布団両方をご紹介

お子さんが小さいうちは、親子で1つの寝室を使用する方が多いのではないでしょうか。寝室が広ければ問題は...

スポンサーリンク

家賃の振込手数料を少しでも安くするには?

主婦ともなると、次の出費を抑えたいって誰でも思いますよね。その一つが、家賃の振込手数料だと思います。安くなるのであれば、できれば節約したい。でもどうやったら節約できるのか、ここではその方法について見ていきたいと思います。

簡単なのは、窓口を使わずに、ATMでキャッシュカードで支払うことです。
それより安いのは、インターネットバンキングで支払うことですが、ネットでの犯罪も増えているので、注意が必要になってきます。

また、同じ銀行に振り込む方が、手数料が安くなります。

逆にいうと、窓口では振込手数料が高くなるので、お勧めできません。できるだけ、キャッシュカードを使って、ATMで振り込む方が安く済みます。現金で振り込むより安いので、キャッシュカードを作って、使用した方が、手数料はお得になります。

家賃の振込手数料が最も安くなる方法は?

家賃の振込手数料ですが、安く済ませるには、銀行のATMでキャッシュカードで振り込む事、またネットバンキングはより安いけれど、犯罪が増えているので注意が必要な事を上記ではみてきました。

引き続き、家賃の振込手数料ですが、最も安くなる方法を紹介したいと思います。

 

同じ銀行(金融機関)から振り込む
その際、ATMかWEB経由にする

 

上記の方法が、最も振込手数料が安くなる方法です。ただし、上記でも少し触れていますが、WEB関連は犯罪も多いので、注意が必要になってきます。

また、同一の銀行であれば、振込手数料は無料になります。美味しい話ですよね。ただ、その支店が閉店になってしまったり、お引越しされたりするケースもあると思います。そういった場合ですが、ある程度のリスクも覚悟の上なら、ネット銀行の利用がお勧めになります。大体の場合は、振込手数料は無料です。ただ、ネット銀行を目当てにした犯罪も増えていますので、対処法を考える必要があります。

家賃の振込手数料が安くネット銀行、その使い方とは?

家賃の振込手数料、最も安いのは、ある程度のリスクは伴う可能性はありますが、ネット銀行であることを先程は紹介してきました。

次に、そのネット銀行、どうやって使ったら良いのか、その使い方をここで紹介していきたいと思います。

ネット銀行の一つのメリットですが、それは他行への振込手数料が無料になります。どの銀行との振込手数料が無料になるのか、まとめているページも存在するので、興味があるのなら、一度見てみて下さい。

そして、ある程度のお金がネット銀行にないと、振込さえできませんよね。その場合、どういった方法が適切かというと、給料をネット銀行に振り込んで貰うと良いと思います。
ただ、ウェブ関連の犯罪も起きていますから、ある程度のお金は別の銀行に振り込んでおいた方が安全かもしれません。便利になった反面、犯罪も増えますから、利用者としては、対応策が求められます。

家賃の振込手数料は安くしたいけど、ネット銀行を利用しても大丈夫?

家賃の振込手数料を最も安くしたい場合は、ネット銀行がお勧めですが、給料をそのネット銀行に振り込んでもらって、家賃を払う方法を上記では紹介してきました。

次に、何度か触れてきていますが、そのネット銀行、本当に安全なのかどうかについて触れていきたいと思います。

不安になる部分はあると思います。実際、WEBとなると、犯罪も増えてくることもあると思いますから、いくら安いとはいえ、ネット銀行ではなく、ATMを使用されるお客様も多いと思います。

一つの目安となるのは、銀行の信頼度をランク付けしている「信用格付」というものをチェックして見ることもある程度の目安にはなると思います。

ただ、被害が出てからでは遅いので、ネット銀行を開くにしろ、あまり高額は振り込まずに、必要限度の金額だけを振り込むのが、賢い方法と言えます。便利の裏側には、犯罪が潜んでいる可能性もありますから。

そもそも家賃の振込手数料はどちらが負担するの?敷金返還の振込手数料の負担はどっち?

家賃の振込手数料、ネット銀行が一番安いとはいえ、利用者としては、賢く使っていく必要があることを、上記では触れてきました。

最後に、家賃の振込手数料ですが、そもそもどちらが負担するのか、また、敷金返還の場合ですが、振込手数料については、どちらが負担するのかについてみていきたいと思います。

答えからいうと、民法485条に記載されている通り、家賃の振込手数料は借主さんになります。その為、借りてる側が負担することになっています。

次に、敷金返還についてはどうでしょうか。その場合ですが、振込手数料は貸主(大家さん)が負担ということになっています。

ただ、契約書に敷金返還の場合も、借主さんになるなど、詳細にかかれている場合は、その特約が優先になりますので、よく契約書を読む必要があります。

自分の場合はどうなっているのか?よく契約書を読んでみて下さいね。