大学生の一人暮らしの仕送り方法!節約やお金の管理のポイント

大学生の一人暮らしの仕送り方法については悩む親御さんも多いのでしょうか。あまり過保護にするのも良くないし、学費や家賃なども大きいのでできるだけ節約もしたいものです。

そこで、一人暮らしの大学生への仕送り方法について、手数料がかからないオススメ方法や本人の自立に繋がる仕送り方法のコツ、仕送り額の平均と仕送り額を決めるポイントや考えるべきお金の管理などお伝えしていきましょう。

これで、これから大学生の子供が一人暮らしをするときにもスムーズに仕送りすることができ、仕送りをするときのスタンスやお金の管理のポイントがわかります。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供の髪型をツーブロックにしたい!切り方やポイントを紹介

子供の髪型をツーブロックにするときには、どんな準備をしておけばいいのでしょうか?また、切り方とは?...

朝に音楽を聴いたら癒しの効果があるって本当?

世の中の人達の中には、朝、眠い目をこすりながら起き、半ば寝ているような状態で出勤したり、登校している...

受験が怖いなら高校受験の不安を解消するコツや効率的な勉強法

受験生にとって高校受験というのは、不安な気持ちで怖いと感じることもあるでしょう。では、そんな...

ファンヒーターに灯油が入れっぱなし!使えるかどうかの基準とは

寒くなってきてファンヒーターを使おうと出してみたら、去年使い切れなかった灯油が入れっぱなしになった、...

1万円札の旧札は現在でも使えるのかどうかを知りたい!

掃除をして1万円札の旧札を発見する場合もあるでしょう。1万円は高額な札ですし、今でも使えるのかどうな...

フットサルのテクニックを練習して磨こう!一人でも出来る方法

フットサルはサッカと違い、コートが狭くて良いので室内でも出来ます。コートが狭い分、サッカーに...

ミルクの温度が熱いときに素早く冷ます方法と上手な与え方

ミルクの温度が熱いときは赤ちゃんが飲みやすい温度に冷まさなければなりません。しかし、育児にまだ慣れて...

夫婦はベッドを別にするのがおすすめ?夫婦の寝室事情

夫婦は同じベッドで寝るのが当たり前。結婚する前はそんなイメージを持っていた方が多いはずです。...

食洗機用洗剤がない時の代用品になるものは?使用上の注意点も

食洗機を使いたいのに食洗機用洗剤がない!そんなことありませんか?何か代用品があれば…と思いますが...

石鹸の香りをルームフレグランスとして楽しむ方法と香り復活テク

お部屋用の芳香剤はいろいろな種類がありますが、少し匂いが強いと感じる方もいると思います。人工的な芳香...

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなけれ...

迷惑電話の撃退方法!かかってきた迷惑電話はこの方法で撃退!

迷惑電話がかかってくると本当に気分が悪くなりますよね。忙しいときや外出の前など、時間に余裕がない時に...

家賃の振込手数料を安くする方法を発見!安く済ませるコツ

家賃の振込手数料がもったいないと感じたことありませんか?1回の手数料が数百円でも、塵も積もれば・...

瞳が茶色でも黒髪にしたい!瞳の色からオススメな髪色がわかる

瞳が茶色い人は黒髪が似合わないと言われるように、瞳の色によって似合う髪色が判断することができるそうで...

スカートが短い時の対処法とスカート丈のアレコレ

一目ぼれして買ったスカートやワンピースが、思っていたよりも短いときって皆さんどうしていますか?...

スポンサーリンク

大学生の一人暮らしでオススメな仕送り方法とは

離れた場所で一人暮らしをする子供に、手数料をかけずに仕送りする方法をいくつかご紹介します。

大学生への仕送り方法

代理人カードを作る

金融機関によって発行の手間や手数料がかかりますが、代理人カードを作って子供に持たせます。入金も出金もキャッシュカードでできるので、通帳は親が持つことも、子供が持つことも可能です。

インターネットバンキングを使う

現在は色々なインターネットバンキングがあります。同一銀行間であれば手数料が無料のインターネットバンキングを選んで口座を作ります。

一人暮らしの大学生への仕送り方法は全国共通の銀行が便利

さて、手数料をかけずに子供に仕送りをする方法をいくつかご紹介しました。インターネットバンキングはインターネットを使用できる環境があればどこでも使用することができますが、キャッシュカードを利用する場合には、ATMが必要です。子供の住む地域に、該当する金融機関のATMが無い!という事にならないように、事前に調べておきましょう。全国共通の銀行を選んで口座を作るとよいでしょう。

大学生が一人暮らしから自立の準備ができる仕送り方法にしましょう

大学生は、社会人になる前の準備期間です。社会人になってから経済的に自立できるように、お給料の範囲内で生活できるようにする練習を、大学生のうちにさせてあげましょう。
そのためには、子供が自分で、毎月生活をするのにかかっている諸費用を把握できるようにしましょう。具体的には、子供名義で作った金融機関の口座を、親からの仕送りを給料に見立てて、全て自分で管理させます。主な費用は、家賃、光熱費、食費、通信費、交通費、ノートなどの消耗品、交際費などです。その他、部活やサークル活動をしている場合は、その費用。
それらのうちで、口座引き落としにできる費用は口座引き落としにします。できるだけ、通帳に記入されるようにすると、各費用を把握しやすくなります。
また、子供のお金の使用状況を親が把握しておけるようにすると良いでしょう。その場合通帳が一冊しかないと子供か親のどちらかしか持つことができないので、インターネットバンキングにすると便利です。

大学生の仕送り額の平均と仕送り額を決めるポイント

大学生の一ヶ月の仕送りの平均金額は、次のようなデータがあります。

  • 国公立大学生 約7.5万円
  • 私立大学生 約13万円

私立大学生の仕送り金額は国公立大学生の仕送り金額の2倍近くにもなります。この一番の要因は、学費の違いにあるようです。私立大学の年間の学費は、国公立大学の年間の学費の2倍程度になる大学が多いようです。学費が高い分、仕送り金額も高くなるようです。
各家庭で子供への仕送り額を決めるときに重要な要素を考えてみましょう。

大学生の学費

子供への仕送り額を決めるのに、一番外せないのは大学の学費です。

家賃などの必要経費

大学に寮があって寮に入る場合と、一人暮らしをする場合でも大きく違ってきます。家賃、光熱費、食費など、生活に必要な経費を見積もってみましょう。

家庭全体の収入

家庭全体の収入がいくらあるかによっても、子供に仕送りできる金額は制限されてきます。家庭全体の収入にある程度余裕がある場合は、子供があるバイトをしないで学業に打ち込めるように充分な仕送りをするのもよいでしょう。また反対に、どうしても仕送り額が充分でない場合は、子供があるバイトをして補う事も大切です。子供のアルバイトに関しては、社会勉強にもなるのでさせた方が良いと考える場合もあり、各家庭により考えが異なります。子供の性格を考慮し、親子で話し合って決めると良いでしょう。

状況に応じて見直しをしながらお金の管理をしましょう

子供への仕送りは充分してあげたいけれど、なかなか難しい家庭は多いと思います。

一人暮らしで節約できる部分は節約を促しましょう

学費や家賃は節約のしようがない、節約しやすい部分は、食費と光熱費、交際費

食費はできるだけ外食を控え、完全な自炊ができなくても、ご飯を炊くだけでもかなりの節約になります。健康面を考えても、食事はできるだけ自分で作るのが好ましいです。外食やお惣菜ではどうしても野菜の摂取が少なくなりがちなので、野菜たっぷりの味噌汁を作るというのもお勧めです。ご飯を炊いて、野菜たっぷりの味噌汁を作るだけで、食費の節約にも健康作りにも役立ちます。
一人暮らしでは、お風呂よりもシャワーの方が光熱費は安く済みます。しかし、お風呂にじっくりと浸かるのは身体にもよいので、節約によって得られる金額と失われる利点は考慮してみましょう。

子供の大学生活で重要となるお金の管理

  • 仕送りの手数料がかからないようにする(子供住む地域にある金融機関を選ぶ)。
  • インターネットバンキングにしたり、通帳は親が持って、使途がわかるようにする。
  • お金の使用状況を簡単に把握できるように、家賃などの必要経費をできるだけ口座引き落としにする。