大学生の一人暮らしの仕送り方法!節約やお金の管理のポイント

大学生の一人暮らしの仕送り方法については悩む親御さんも多いのでしょうか。あまり過保護にするのも良くないし、学費や家賃なども大きいのでできるだけ節約もしたいものです。

そこで、一人暮らしの大学生への仕送り方法について、手数料がかからないオススメ方法や本人の自立に繋がる仕送り方法のコツ、仕送り額の平均と仕送り額を決めるポイントや考えるべきお金の管理などお伝えしていきましょう。

これで、これから大学生の子供が一人暮らしをするときにもスムーズに仕送りすることができ、仕送りをするときのスタンスやお金の管理のポイントがわかります。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヒキガエルのオタマジャクシを飼育してみよう!その方法とは

山の中でヒキガエルのオタマジャクシを見つけると、自分で飼ってみたくなりますよね。でも、実際に...

食洗機用洗剤がない時の代用品になるものは?使用上の注意点も

食洗機を使いたいのに食洗機用洗剤がない!そんなことありませんか?何か代用品があれば…と思いますが...

チケット取引で手渡しは危険が少ない?手渡しする際の注意点

人気アーティストのライブチケット。チケット売買によって運良く入手出来た後は受け渡しになりますが、...

目の種類にはどんな形がある?それぞれの特徴とメイク方法

目にはどのような形や種類があるのでしょうか?同じようにメイクをしているのに、濃く見えてしまったりメイ...

洗濯物の臭い取りはセスキにお任せ!そのやり方を説明します

100均でも販売されている「セスキ(セスキ炭酸ソーダ)」。いろいろな汚れを落とせると話題になっていま...

右利きと左利きはいつ決まるのでしょうか?利き手について

子供の右利きと左利きはいつ決まるのか、親はドキドキしてしまいますよね。左手をよく使ってたら、左利きな...

顔が大きいとショートボブは似合わない?ショートボブの似合う人

顔が大きい人はショートボブが似合わないのでしょうか?女性らしさも兼ね備えているショートボブに挑戦した...

アイロンのかけ方【基本】必要な道具や注意点、コツを紹介

アイロンのかけ方、知っているようで知らないことたくさんあります。私は、どんな生地にでも高温ア...

「人間が怖い」と思われるような小説を書きたい

小説にはさまざまなジャンルがありますが、人間の恐怖にスポットを当てたものでも表現はいくつもあります。...

サウナとお風呂ではどちらの順番が先?おすすめの組み合わせ

サウナが大好きという方も多いと思いますが、サウナとお風呂ではどちらの順番が先なのか気になったことあり...

黒の浴衣にはどんなネイルが合う?おすすめデザインを大特集!

花火大会に行くとなると、やっぱり浴衣を着たくなりますよね。もし浴衣を着るなら、ネイルも夏らし...

どんな服がいいの?レディースファッションで悩む30代女性へ

「手持ちの服が似合わない」「30代に似合うレディースファッションって?」こういった悩み、皆さんも...

カッターの替刃の替え方は?刃を折るのが怖い人へアドバイス

カッターの替刃、その替え方に困っていませんか?カッターは替刃全体を交換しなくても、切れ味の悪い刃...

ピカソの作品の中でも特に有名な絵画の特徴について解説します

世界的に有名なピカソですが、名前は知っていてもどんな作品を描いたのか、また有名な作品にはどんなものが...

トイレの換気扇の掃除を簡単にする方法といつも清潔に保つコツ

トイレの換気扇の掃除をしないとホコリがたまって、トイレの中に臭いや湿気がこもるようになります。普段の...

スポンサーリンク

大学生の一人暮らしでオススメな仕送り方法とは

離れた場所で一人暮らしをする子供に、手数料をかけずに仕送りする方法をいくつかご紹介します。

大学生への仕送り方法

代理人カードを作る

金融機関によって発行の手間や手数料がかかりますが、代理人カードを作って子供に持たせます。入金も出金もキャッシュカードでできるので、通帳は親が持つことも、子供が持つことも可能です。

インターネットバンキングを使う

現在は色々なインターネットバンキングがあります。同一銀行間であれば手数料が無料のインターネットバンキングを選んで口座を作ります。

一人暮らしの大学生への仕送り方法は全国共通の銀行が便利

さて、手数料をかけずに子供に仕送りをする方法をいくつかご紹介しました。インターネットバンキングはインターネットを使用できる環境があればどこでも使用することができますが、キャッシュカードを利用する場合には、ATMが必要です。子供の住む地域に、該当する金融機関のATMが無い!という事にならないように、事前に調べておきましょう。全国共通の銀行を選んで口座を作るとよいでしょう。

大学生が一人暮らしから自立の準備ができる仕送り方法にしましょう

大学生は、社会人になる前の準備期間です。社会人になってから経済的に自立できるように、お給料の範囲内で生活できるようにする練習を、大学生のうちにさせてあげましょう。
そのためには、子供が自分で、毎月生活をするのにかかっている諸費用を把握できるようにしましょう。具体的には、子供名義で作った金融機関の口座を、親からの仕送りを給料に見立てて、全て自分で管理させます。主な費用は、家賃、光熱費、食費、通信費、交通費、ノートなどの消耗品、交際費などです。その他、部活やサークル活動をしている場合は、その費用。
それらのうちで、口座引き落としにできる費用は口座引き落としにします。できるだけ、通帳に記入されるようにすると、各費用を把握しやすくなります。
また、子供のお金の使用状況を親が把握しておけるようにすると良いでしょう。その場合通帳が一冊しかないと子供か親のどちらかしか持つことができないので、インターネットバンキングにすると便利です。

大学生の仕送り額の平均と仕送り額を決めるポイント

大学生の一ヶ月の仕送りの平均金額は、次のようなデータがあります。

  • 国公立大学生 約7.5万円
  • 私立大学生 約13万円

私立大学生の仕送り金額は国公立大学生の仕送り金額の2倍近くにもなります。この一番の要因は、学費の違いにあるようです。私立大学の年間の学費は、国公立大学の年間の学費の2倍程度になる大学が多いようです。学費が高い分、仕送り金額も高くなるようです。
各家庭で子供への仕送り額を決めるときに重要な要素を考えてみましょう。

大学生の学費

子供への仕送り額を決めるのに、一番外せないのは大学の学費です。

家賃などの必要経費

大学に寮があって寮に入る場合と、一人暮らしをする場合でも大きく違ってきます。家賃、光熱費、食費など、生活に必要な経費を見積もってみましょう。

家庭全体の収入

家庭全体の収入がいくらあるかによっても、子供に仕送りできる金額は制限されてきます。家庭全体の収入にある程度余裕がある場合は、子供があるバイトをしないで学業に打ち込めるように充分な仕送りをするのもよいでしょう。また反対に、どうしても仕送り額が充分でない場合は、子供があるバイトをして補う事も大切です。子供のアルバイトに関しては、社会勉強にもなるのでさせた方が良いと考える場合もあり、各家庭により考えが異なります。子供の性格を考慮し、親子で話し合って決めると良いでしょう。

状況に応じて見直しをしながらお金の管理をしましょう

子供への仕送りは充分してあげたいけれど、なかなか難しい家庭は多いと思います。

一人暮らしで節約できる部分は節約を促しましょう

学費や家賃は節約のしようがない、節約しやすい部分は、食費と光熱費、交際費

食費はできるだけ外食を控え、完全な自炊ができなくても、ご飯を炊くだけでもかなりの節約になります。健康面を考えても、食事はできるだけ自分で作るのが好ましいです。外食やお惣菜ではどうしても野菜の摂取が少なくなりがちなので、野菜たっぷりの味噌汁を作るというのもお勧めです。ご飯を炊いて、野菜たっぷりの味噌汁を作るだけで、食費の節約にも健康作りにも役立ちます。
一人暮らしでは、お風呂よりもシャワーの方が光熱費は安く済みます。しかし、お風呂にじっくりと浸かるのは身体にもよいので、節約によって得られる金額と失われる利点は考慮してみましょう。

子供の大学生活で重要となるお金の管理

  • 仕送りの手数料がかからないようにする(子供住む地域にある金融機関を選ぶ)。
  • インターネットバンキングにしたり、通帳は親が持って、使途がわかるようにする。
  • お金の使用状況を簡単に把握できるように、家賃などの必要経費をできるだけ口座引き落としにする。