服の枚数の平均や必要平均枚数と簡単に減らす方法や着回しのコツ

服の枚数の平均について、特に女性の場合は必要以上に服を持っている人もいるでしょう。では、持っていても問題のない服の枚数とはどれくらいなのでしょうか?
服をあまり持ちすぎていると収納スペースの確保が難しくなり片付けられません。

そこで、服の平均枚数や必要枚数について、服の枚数を減らしたいときに簡単にできる方法や服の枚数の容量を守るための着回しのコツなどお伝えしていきましょう。

これで、持っている服が多すぎて収納できずに困っている人も必要の枚数を見直すことができ、簡単に服を減らすこともできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャベツを変色で黄色くさせないコツや保存方法と切り方の秘訣とは

キャベツを長く保存しているとだんだん黄色く変色していきますよね。では、キャベツが黄色に変色す...

ペーパーナプキンを使った簡単基本のデコパージュのやり方

ネットや雑誌などでデコパージュというのを見たことがあると思います。いろいろなものに、好きな柄を印刷し...

ウサギのオス同士で仲良くなる方法とは?うさぎの飼い方

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はあるのでしょうか?なわばり意識の強いウサギを多頭飼いするときにはど...

ゴミ箱のおしゃれな収納アイデア~手軽なDIYと簡単カバー方法

お部屋をおしゃれなインテリアにしても、気になるのが生活感丸出しのゴミ箱です。お客様の目のつか...

食洗機と手洗いを併用してしまうのは清潔好きな日本人だから

自宅に食洗機があっても、食洗機だけに頼らず、手洗いと併用しているご家庭も多いのではないでしょうか?...

バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたい...

告白のセリフは「好きです」小学女子におすすめの告白方法

今好きな男の子がいる小学女子の皆さんの中には、卒業などで好きな男の子と離れ離れになってしまう人もいる...

大学の新入生ガイダンスの服装は?服装とメイクのポイントを解説

大学の新入生ガイダンスに参加するとき、一体どんな服装で出席すればいいのか分からない人もいるのではない...

猫の鼻水は赤ちゃん用吸引器で吸い取り可能!ただし無理は禁物

猫が鼻水を垂らしている時、どうにか吸引して楽にさせてあげたいと思うものです。そんな時便利でおすす...

風呂のドアのパッキン交換を自分でする方法と劣化させないコツ

風呂のドアのパッキン交換は、自分ですることができますよ。風呂のドアの劣化が気になったら、早め...

文鳥の換羽期にプラスしたい栄養素と飼い主ができるサポート

文鳥が換羽期を迎えると、いつもよりも栄養が必要になります。文鳥の換羽期にはどのような栄養素が必要にな...

似顔絵の描き方を知りたい。デフォルメのコツは

似顔絵を描く時の描き方は2パターンあります。写真のようにリアルに描くパターンと、コミカルなタッチ...

大学の卒業式の親服装は何がいい?親の服装選びとマナーを解説

お子さんが無事に大学を卒業することになり、一安心だと思っているお母さんもいるのではないでしょうか。...

辛子明太子を冷凍保存から解凍するコツや方法とは

辛子明太子を特売でたくさん購入したときなんかは、冷凍保存するのがオススメです。では、冷凍保存...

ピアスが入らない時に上手に入れるコツと注意点・穴の確認方法

ピアスを入れようと思っても、なかなか入らないこともありますよね。無理に入れると痛みを感じる場合もあり...

スポンサーリンク

持っている服の枚数が平均以上の人は見直すべき

オシャレが好きな人が頭を悩ませるのは、収納のスペースではないでしょうか。洋服が好きだとシーズンごとに数着増えていきますよね。
しかも、たいていの場合は服が好きなあまり、捨てない傾向がありますからひたすら増えていくということになります。

さらに、春夏秋冬に合わせて洋服をそろえていることも多いですよね。そうなると、かなりの数を所持しているはずです。

洋服が好きな人の平均所持数は、150~200着以上

年齢によってはひたすら増え続けて500着近くなっているなんて方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、そんなにたくさんの服を把握して着回すことが、果たして出来ているのでしょうか?

存在を覚えていられない洋服は、無いのも同然です。自分が着回せる服の数があなたの適正量です。
それを超えているなら、減らすべきでしょう。

女性が持っていても問題のない服の平均枚数とは

服が好きな女性が、服を捨てなくてはいけない時。それは、収納スペースが失くなった時ですよね。

普段はあまり捨てる機会がないので、どれくらい減らせば良いのか迷ってしまうことも多いのではありませんか?
そこで気になるのが、他の女性が持っている服の枚数です。
こういう時、たいてい「平均」が気になるものですが、正確な数は残念ながらわかりません。

一般的な女性の適正量は100着程

1シーズンに25着

上着を1~3着とするなら、上下それぞれ12~14着です。とは言え適正量は人によって違いますよね。25着を把握して気回せる自信がないなら、更に減らすべきでしょう。

繰り返しますが、存在を覚えていられない洋服は、無いのも同然なのです。

服の枚数が平均より少なくなりすぎないように注意しましょう

洋服を減らす時に注意して欲しいのが、やりすぎてしまうことです。

「服を減らしてお気に入りだけにしよう!」と意気込んで処分を始めると、1シーズン10着だけになってしまったなんて事もあり得ます。

服を処分する時には、シーズンごとの服の枚数を決めてから行うこと

一週間、毎日上下違う服を着るとすると、上下それぞれ7着必要になります。合わせて14着です。

上下を入れ替えて着るとしたら、49パターンの服装を楽しめることになります

1ヶ月毎日別のコーディネートを楽しめる枚数では無いでしょうか。上着は1~2着で考えると、1シーズン15~16着となります。

これくらいを最低ライン、最高でも1シーズン25着を目安に処分していくと良いでしょう。

服の枚数を減らしたいときに簡単にできる方法

洋服を減らすのは、服が好きな人程難しいですよね。
先程もご紹介したように、残す枚数を目安に選別するのがおすすめです。

洋服を各シーズンごとに分けたら、以下の2つを基準に選別していきましょう。

  • 好きor嫌い
  • よく着るorあまり着ない

もう好きでは無いもの、今の自分には似合わない服は捨てる

また、あまり着ないものも捨てましょう。着ない物は、洋服としての役目を果たしていません。
スペースに余裕がある時には良いですが、そうでないなら残念ですが処分したほうが良いでしょう。

残すべきなのは、好きでよく着ている服

それほど好きでなくてもよく着ている服も残しましょう。それは、あなたが着回ししやすい服ということです。ただし、どんなに好きでもすでにくたびれているなら、それは手放す時です。
その洋服と同じくらい好きになれる1着を新しく探すと良いでしょう。

好きでよく着ている服や着回ししやすい服を選んでもまだ多い場合

その中でコーディネートしてみて、使いやすい服を残すと良いです。

反対に枚数が少なくなってしまったのなら、新しい1着を受け入れられるスペースが空いたということです。
残す服と着回ししやすく、自分好みの1着を探しにいきましょう!

服の枚数の容量を守るための着回しのコツ

ここまで話を聞いて、「25着だけなんて足りない!」と思った方も多いのではありませんか?
シンプルライフを目指しているならともかく、「私は洋服が大好き!」という皆さんですから、25着では足りないというのも納得できます。

ですが、収納スペースは限られていますよね。

2~3シーズン着回せる服を揃える事

1シーズン上下合わせて25着が目安ですが、半数を2シーズン使える服にすれば、各シーズンの持てる服の枚数が増えますよね。

ジーンズなどは真夏は暑いですが、秋~春までの3シーズンは使えます。

薄手の長袖シャツなども同じく3シーズン使えます

春と秋はこういった長いシーズン使えるものに、小物や上着をプラスしてコーディネートをすれば、夏や冬の服を増やすことが出来ますよね。

目立つ色や柄物の洋服は少なめにするというのもポイント

単独で楽しむ洋服を減らして、着回ししやすい服を多めに揃えるとコーディネートの幅も広がります。

工夫次第で100着以内の洋服でも十分にオシャレを楽しむことが出来きます。
まずは、あまり着ていない服を捨てることから始めてみてくださいね。