服の枚数の平均や必要平均枚数と簡単に減らす方法や着回しのコツ

服の枚数の平均について、特に女性の場合は必要以上に服を持っている人もいるでしょう。では、持っていても問題のない服の枚数とはどれくらいなのでしょうか?
服をあまり持ちすぎていると収納スペースの確保が難しくなり片付けられません。

そこで、服の平均枚数や必要枚数について、服の枚数を減らしたいときに簡単にできる方法や服の枚数の容量を守るための着回しのコツなどお伝えしていきましょう。

これで、持っている服が多すぎて収納できずに困っている人も必要の枚数を見直すことができ、簡単に服を減らすこともできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コットンシャツのしわ予防に効果的な洗濯方法と干し方

綿100%のシャツは着心地も良く、どんな方のクローゼットにも入っているアイテムだと思います。...

クレープの生地が余った時のオススメ保存方法とコツ

お菓子作りやオシャレな朝食にもオススメなクレープ。クレープの生地があまってしまった時は、冷蔵...

ハムスターの好物かぼちゃ!そのあげかたについて

ハムスターは野菜が大好き!かぼちゃも好きな野菜のひとつです。ただかぼちゃは硬いですし、そのあげかたに...

キッズ向け簡単に作れて可愛らしいヘアゴムの作り方

お子様用のヘアゴムはいろいろと可愛いものがあって、幼稚園や保育園に毎日違うものを付けていきたいと言う...

食事のバランスを本格的に考えるなら資格を取りましょう

人間は健康が一番とは言いますが、そのためには食事のバランスを考えることも大切です。食事に関するさ...

服の毛玉を取る方法!洋服を傷めないで簡単にキレイにする

お気に入りのニットや毎日着ているコート、気付くと毛玉になっていることがありますよね。特に袖の部分...

朝ごはんはトースト&卵という人のためにアレンジ方法を教えます

仕事に行く前の時間がない時でも、朝ごはんはちゃんと食べたいですよね。でも、いつもトーストと卵...

机のDIY方法!カラーボックスを使って簡単に作る子供の机

机を自分で作るのは、DIY初心者にとっては、かなり難易度の高い作業です。1から全てを作るとなると、か...

プラスチックへの塗装が剥がれる原因とおすすめの下処理

プラスチックに塗装をすると、塗装をした当初は、しっかりとキレイに塗装がされていると感じますが。使用を...

油性のニスの落とし方!木・手・服・ハケについたニスの落とし方

油性のニスがついてしまった時、どのようにして落とせば良いのかわからずに落とし方が知りたい人もいますよ...

子供の髪型をツーブロックにしたい!切り方やポイントを紹介

子供の髪型をツーブロックにするときには、どんな準備をしておけばいいのでしょうか?また、切り方とは?...

紫やオレンジと相性が良い色を理解して、コーデに活かしましょう

紫やオレンジのように派手な色の服を着てみたいと思っても、どんな色と合うのか、コーデはどうしたらいいの...

知ってる?コンビニのコーヒーについてる蓋の理由や由来

コンビニコーヒーについてくる蓋、飲みやすいと感じる?それとも邪魔だと感じますか?なかには、な...

マニキュアの簡単な塗り方とは?キレイに見せるコツを教えます

自分でマニキュアを塗っても、ムラになってしまったりはみ出して失敗してしまうことってありますよね。...

家で写真をプリントするのは、気軽だけど意外に高い

デジカメのようなデータ方式ではなく、フィルムを使った写真撮影が当たり前だった時は、お店に行って現像し...

スポンサーリンク

持っている服の枚数が平均以上の人は見直すべき

オシャレが好きな人が頭を悩ませるのは、収納のスペースではないでしょうか。洋服が好きだとシーズンごとに数着増えていきますよね。
しかも、たいていの場合は服が好きなあまり、捨てない傾向がありますからひたすら増えていくということになります。

さらに、春夏秋冬に合わせて洋服をそろえていることも多いですよね。そうなると、かなりの数を所持しているはずです。

洋服が好きな人の平均所持数は、150~200着以上

年齢によってはひたすら増え続けて500着近くなっているなんて方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、そんなにたくさんの服を把握して着回すことが、果たして出来ているのでしょうか?

存在を覚えていられない洋服は、無いのも同然です。自分が着回せる服の数があなたの適正量です。
それを超えているなら、減らすべきでしょう。

女性が持っていても問題のない服の平均枚数とは

服が好きな女性が、服を捨てなくてはいけない時。それは、収納スペースが失くなった時ですよね。

普段はあまり捨てる機会がないので、どれくらい減らせば良いのか迷ってしまうことも多いのではありませんか?
そこで気になるのが、他の女性が持っている服の枚数です。
こういう時、たいてい「平均」が気になるものですが、正確な数は残念ながらわかりません。

一般的な女性の適正量は100着程

1シーズンに25着

上着を1~3着とするなら、上下それぞれ12~14着です。とは言え適正量は人によって違いますよね。25着を把握して気回せる自信がないなら、更に減らすべきでしょう。

繰り返しますが、存在を覚えていられない洋服は、無いのも同然なのです。

服の枚数が平均より少なくなりすぎないように注意しましょう

洋服を減らす時に注意して欲しいのが、やりすぎてしまうことです。

「服を減らしてお気に入りだけにしよう!」と意気込んで処分を始めると、1シーズン10着だけになってしまったなんて事もあり得ます。

服を処分する時には、シーズンごとの服の枚数を決めてから行うこと

一週間、毎日上下違う服を着るとすると、上下それぞれ7着必要になります。合わせて14着です。

上下を入れ替えて着るとしたら、49パターンの服装を楽しめることになります

1ヶ月毎日別のコーディネートを楽しめる枚数では無いでしょうか。上着は1~2着で考えると、1シーズン15~16着となります。

これくらいを最低ライン、最高でも1シーズン25着を目安に処分していくと良いでしょう。

服の枚数を減らしたいときに簡単にできる方法

洋服を減らすのは、服が好きな人程難しいですよね。
先程もご紹介したように、残す枚数を目安に選別するのがおすすめです。

洋服を各シーズンごとに分けたら、以下の2つを基準に選別していきましょう。

  • 好きor嫌い
  • よく着るorあまり着ない

もう好きでは無いもの、今の自分には似合わない服は捨てる

また、あまり着ないものも捨てましょう。着ない物は、洋服としての役目を果たしていません。
スペースに余裕がある時には良いですが、そうでないなら残念ですが処分したほうが良いでしょう。

残すべきなのは、好きでよく着ている服

それほど好きでなくてもよく着ている服も残しましょう。それは、あなたが着回ししやすい服ということです。ただし、どんなに好きでもすでにくたびれているなら、それは手放す時です。
その洋服と同じくらい好きになれる1着を新しく探すと良いでしょう。

好きでよく着ている服や着回ししやすい服を選んでもまだ多い場合

その中でコーディネートしてみて、使いやすい服を残すと良いです。

反対に枚数が少なくなってしまったのなら、新しい1着を受け入れられるスペースが空いたということです。
残す服と着回ししやすく、自分好みの1着を探しにいきましょう!

服の枚数の容量を守るための着回しのコツ

ここまで話を聞いて、「25着だけなんて足りない!」と思った方も多いのではありませんか?
シンプルライフを目指しているならともかく、「私は洋服が大好き!」という皆さんですから、25着では足りないというのも納得できます。

ですが、収納スペースは限られていますよね。

2~3シーズン着回せる服を揃える事

1シーズン上下合わせて25着が目安ですが、半数を2シーズン使える服にすれば、各シーズンの持てる服の枚数が増えますよね。

ジーンズなどは真夏は暑いですが、秋~春までの3シーズンは使えます。

薄手の長袖シャツなども同じく3シーズン使えます

春と秋はこういった長いシーズン使えるものに、小物や上着をプラスしてコーディネートをすれば、夏や冬の服を増やすことが出来ますよね。

目立つ色や柄物の洋服は少なめにするというのもポイント

単独で楽しむ洋服を減らして、着回ししやすい服を多めに揃えるとコーディネートの幅も広がります。

工夫次第で100着以内の洋服でも十分にオシャレを楽しむことが出来きます。
まずは、あまり着ていない服を捨てることから始めてみてくださいね。