服の枚数の平均や必要平均枚数と簡単に減らす方法や着回しのコツ

服の枚数の平均について、特に女性の場合は必要以上に服を持っている人もいるでしょう。では、持っていても問題のない服の枚数とはどれくらいなのでしょうか?
服をあまり持ちすぎていると収納スペースの確保が難しくなり片付けられません。

そこで、服の平均枚数や必要枚数について、服の枚数を減らしたいときに簡単にできる方法や服の枚数の容量を守るための着回しのコツなどお伝えしていきましょう。

これで、持っている服が多すぎて収納できずに困っている人も必要の枚数を見直すことができ、簡単に服を減らすこともできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トマトをレンジに入れたら破裂する場合が。破裂しない方法とは

電子レンジで温めると破裂してしまう食べ物と言って思いつくのは、卵やウインナーでしょうか。お弁...

漂白剤で黄ばみがキレイになる?シーツの黄ばみを落とす方法

シーツの黄ばみ汚れに頭を悩ませている人もいますよね。シーツの黄ばみ汚れは、漂白剤を使えばキレイにする...

豆腐の消費期限を1日でも過ぎたらアウトです!

豆腐には消費期限や賞味期限の表記があります。賞味期限の場合、1日くらいなら過ぎても問題ないとは思...

アイロンスチームの穴から出てきた白い粉の正体と掃除方法

アイロンを使用していると、スチームの穴から白い粉が。せっかく綺麗にお洗濯をしたのに、白い粉が衣類に付...

気軽にハンドメイド!小物なら余った布で作る事ができます

ハンドメイドをする方は、はぎれがどんどん溜まっていきませんか?小さな布でも、可愛くてお気に入りだった...

フェルトで手作りしたお守りで彼を応援!作り方のポイント

受験を控えた彼には、神社で購入するお守りではなく、フェルトで手作りしたお守りをプレゼントしてはいかが...

洗剤と柔軟剤の違い!洗剤や柔軟剤の効果を考えて上手に選ぶ方法

洗剤と柔軟剤の違いについてあまりよくわからないという人もいますよね。どちらもお洗濯をする時に使用する...

テーブルの上のものを収納するための引き出しを後付けしてみよう

インテリア雑誌のようにリビングのテーブルの上はきれいにしておきたいと思ってはいても、なんでも置いてし...

スライムを洗濯糊とコンタクト洗浄液で作る場合の注意点について

スライム作りには洗濯糊とホウ酸かホウ砂が必要となりますが、コンタクト洗浄液がホウ酸やホウ砂の代用とし...

No Image

洗濯機の柔軟剤を入れるところの仕組みとは?柔軟剤の使い方

洗濯機に柔軟剤を入れるタイミングとは?柔軟剤の仕組みはどのようになっているのでしょうか?なん...

エアコンの暖房が効かない原因と対処法!温かい部屋にする方法

部屋の温度が低くて部屋を温めたいのに、エアコンの暖房が効かないことに頭を悩ませている人もいるのではな...

高校生の恋愛事情・受験生は恋愛NG?受験と恋を両立させる方法

これから大学受験を控えている高校生の中には、恋人がいる・もしくはこれから恋人を作りたいと思っている人...

自転車にイヤホンをしたまま乗って事故になるケースは急増!

自転車は通学や通勤や日々の生活に欠かせないという人もいるでしょう。その一方で自転車による事故...

No Image

岩塩を入れて使うソルトミルの使い方と特徴!岩塩で生活に彩りを

日常の生活に岩塩を取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょうか。岩塩はそのまま使うこ...

車のシートにジュースをこぼした時の対処法!まずは応急処置を

車のシートにうっかりジュースをこぼしてしまうことってありますよね。そんな時、汚れてしまったシートをキ...

スポンサーリンク

持っている服の枚数が平均以上の人は見直すべき

オシャレが好きな人が頭を悩ませるのは、収納のスペースではないでしょうか。洋服が好きだとシーズンごとに数着増えていきますよね。
しかも、たいていの場合は服が好きなあまり、捨てない傾向がありますからひたすら増えていくということになります。

さらに、春夏秋冬に合わせて洋服をそろえていることも多いですよね。そうなると、かなりの数を所持しているはずです。

洋服が好きな人の平均所持数は、150~200着以上

年齢によってはひたすら増え続けて500着近くなっているなんて方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、そんなにたくさんの服を把握して着回すことが、果たして出来ているのでしょうか?

存在を覚えていられない洋服は、無いのも同然です。自分が着回せる服の数があなたの適正量です。
それを超えているなら、減らすべきでしょう。

女性が持っていても問題のない服の平均枚数とは

服が好きな女性が、服を捨てなくてはいけない時。それは、収納スペースが失くなった時ですよね。

普段はあまり捨てる機会がないので、どれくらい減らせば良いのか迷ってしまうことも多いのではありませんか?
そこで気になるのが、他の女性が持っている服の枚数です。
こういう時、たいてい「平均」が気になるものですが、正確な数は残念ながらわかりません。

一般的な女性の適正量は100着程

1シーズンに25着

上着を1~3着とするなら、上下それぞれ12~14着です。とは言え適正量は人によって違いますよね。25着を把握して気回せる自信がないなら、更に減らすべきでしょう。

繰り返しますが、存在を覚えていられない洋服は、無いのも同然なのです。

服の枚数が平均より少なくなりすぎないように注意しましょう

洋服を減らす時に注意して欲しいのが、やりすぎてしまうことです。

「服を減らしてお気に入りだけにしよう!」と意気込んで処分を始めると、1シーズン10着だけになってしまったなんて事もあり得ます。

服を処分する時には、シーズンごとの服の枚数を決めてから行うこと

一週間、毎日上下違う服を着るとすると、上下それぞれ7着必要になります。合わせて14着です。

上下を入れ替えて着るとしたら、49パターンの服装を楽しめることになります

1ヶ月毎日別のコーディネートを楽しめる枚数では無いでしょうか。上着は1~2着で考えると、1シーズン15~16着となります。

これくらいを最低ライン、最高でも1シーズン25着を目安に処分していくと良いでしょう。

服の枚数を減らしたいときに簡単にできる方法

洋服を減らすのは、服が好きな人程難しいですよね。
先程もご紹介したように、残す枚数を目安に選別するのがおすすめです。

洋服を各シーズンごとに分けたら、以下の2つを基準に選別していきましょう。

  • 好きor嫌い
  • よく着るorあまり着ない

もう好きでは無いもの、今の自分には似合わない服は捨てる

また、あまり着ないものも捨てましょう。着ない物は、洋服としての役目を果たしていません。
スペースに余裕がある時には良いですが、そうでないなら残念ですが処分したほうが良いでしょう。

残すべきなのは、好きでよく着ている服

それほど好きでなくてもよく着ている服も残しましょう。それは、あなたが着回ししやすい服ということです。ただし、どんなに好きでもすでにくたびれているなら、それは手放す時です。
その洋服と同じくらい好きになれる1着を新しく探すと良いでしょう。

好きでよく着ている服や着回ししやすい服を選んでもまだ多い場合

その中でコーディネートしてみて、使いやすい服を残すと良いです。

反対に枚数が少なくなってしまったのなら、新しい1着を受け入れられるスペースが空いたということです。
残す服と着回ししやすく、自分好みの1着を探しにいきましょう!

服の枚数の容量を守るための着回しのコツ

ここまで話を聞いて、「25着だけなんて足りない!」と思った方も多いのではありませんか?
シンプルライフを目指しているならともかく、「私は洋服が大好き!」という皆さんですから、25着では足りないというのも納得できます。

ですが、収納スペースは限られていますよね。

2~3シーズン着回せる服を揃える事

1シーズン上下合わせて25着が目安ですが、半数を2シーズン使える服にすれば、各シーズンの持てる服の枚数が増えますよね。

ジーンズなどは真夏は暑いですが、秋~春までの3シーズンは使えます。

薄手の長袖シャツなども同じく3シーズン使えます

春と秋はこういった長いシーズン使えるものに、小物や上着をプラスしてコーディネートをすれば、夏や冬の服を増やすことが出来ますよね。

目立つ色や柄物の洋服は少なめにするというのもポイント

単独で楽しむ洋服を減らして、着回ししやすい服を多めに揃えるとコーディネートの幅も広がります。

工夫次第で100着以内の洋服でも十分にオシャレを楽しむことが出来きます。
まずは、あまり着ていない服を捨てることから始めてみてくださいね。