服の枚数の平均や必要平均枚数と簡単に減らす方法や着回しのコツ

服の枚数の平均について、特に女性の場合は必要以上に服を持っている人もいるでしょう。では、持っていても問題のない服の枚数とはどれくらいなのでしょうか?
服をあまり持ちすぎていると収納スペースの確保が難しくなり片付けられません。

そこで、服の平均枚数や必要枚数について、服の枚数を減らしたいときに簡単にできる方法や服の枚数の容量を守るための着回しのコツなどお伝えしていきましょう。

これで、持っている服が多すぎて収納できずに困っている人も必要の枚数を見直すことができ、簡単に服を減らすこともできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピアノの中古の相場とは?中古ピアノを買うときのポイント

中古ピアノの相場はどのくらいなのでしょうか?新品のピアノとはどのくらいの差があるのか気になりますよね...

警察官の結婚年齢が早いと言われる理由、警察官との結婚について

晩婚化が進む中で、警察官の結婚する年齢は比較的早いと言われます。それには、どのような理由があ...

ペンケースの中身をおしゃれに!今どき女子高生のトレンド

春から高校生!まずはペンケースの中身をおしゃれにしませんか?「ペンケースの中身をおしゃれにする必...

漂白剤で黄ばみがキレイになる?シーツの黄ばみを落とす方法

シーツの黄ばみ汚れに頭を悩ませている人もいますよね。シーツの黄ばみ汚れは、漂白剤を使えばキレイにする...

犬用のフローリングでも滑らない靴下の作り方アイデア

犬用の靴下は市販のものでもいろいろなものがありますが、自分で作ることもできます。そこで、自分でも簡単...

2人暮らしにおすすめの部屋の広さは?お部屋選びの注意点

同棲を考えているカップルや、結婚が決まったカップルなど、新たに2人暮らしを考える時に悩むのが、お部屋...

インコの保温&保湿には湯たんぽ!使い方や注意点を徹底解説

インコの体温は人間よりも高いため、冬の寒い時期や体調が悪そうな時には保温してあげることが大切になりま...

浴室の折戸の掃除方法!汚れやすい原因と掃除の手順

浴室の掃除というと、バスタブの汚れや床の汚れ、また曇りやすい鏡の掃除も欠かせません。そこでついつ...

ガラスの曇り止めに効く裏技!お風呂場の曇りもこれでさようなら

お風呂場のガラスは曇りやすいですが、身近なもので曇り止めができる裏技があるって知っていますか?特...

小学生のノートのプリントの貼り方とコツについて解説します

小学校の授業でもらうプリント。ノートに挟んたままにしている子供が多いといいます。しかし、プリント...

2DKに4人家族で暮らす収納ルール!スペースの上手な活用術

4人家族で2DKに住む方も多くいますが、やはり手狭に感じてしまいますよね。子供が大きくなってくるとい...

定期預金の引き出しを本人以外が行うには?引き出し方法と注意点

定期預金の引き出しは原則として名義人本人しか行えません。ただ、親が認知症で手続きができない、ある...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

二人暮らしの食費はいくら?共働きの食費は意外と高い

共働きの夫婦二人の家庭のほうが子どもがいる家庭よりも食費が高い!?二人暮らしだからといってついつい外...

猫が網戸を開ける!大切な猫が逃げる前にしっかり対策をしよう

猫が自分で網戸を開けてしまうことに、頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。暑い時は窓を開けてい...

スポンサーリンク

持っている服の枚数が平均以上の人は見直すべき

オシャレが好きな人が頭を悩ませるのは、収納のスペースではないでしょうか。洋服が好きだとシーズンごとに数着増えていきますよね。
しかも、たいていの場合は服が好きなあまり、捨てない傾向がありますからひたすら増えていくということになります。

さらに、春夏秋冬に合わせて洋服をそろえていることも多いですよね。そうなると、かなりの数を所持しているはずです。

洋服が好きな人の平均所持数は、150~200着以上

年齢によってはひたすら増え続けて500着近くなっているなんて方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、そんなにたくさんの服を把握して着回すことが、果たして出来ているのでしょうか?

存在を覚えていられない洋服は、無いのも同然です。自分が着回せる服の数があなたの適正量です。
それを超えているなら、減らすべきでしょう。

女性が持っていても問題のない服の平均枚数とは

服が好きな女性が、服を捨てなくてはいけない時。それは、収納スペースが失くなった時ですよね。

普段はあまり捨てる機会がないので、どれくらい減らせば良いのか迷ってしまうことも多いのではありませんか?
そこで気になるのが、他の女性が持っている服の枚数です。
こういう時、たいてい「平均」が気になるものですが、正確な数は残念ながらわかりません。

一般的な女性の適正量は100着程

1シーズンに25着

上着を1~3着とするなら、上下それぞれ12~14着です。とは言え適正量は人によって違いますよね。25着を把握して気回せる自信がないなら、更に減らすべきでしょう。

繰り返しますが、存在を覚えていられない洋服は、無いのも同然なのです。

服の枚数が平均より少なくなりすぎないように注意しましょう

洋服を減らす時に注意して欲しいのが、やりすぎてしまうことです。

「服を減らしてお気に入りだけにしよう!」と意気込んで処分を始めると、1シーズン10着だけになってしまったなんて事もあり得ます。

服を処分する時には、シーズンごとの服の枚数を決めてから行うこと

一週間、毎日上下違う服を着るとすると、上下それぞれ7着必要になります。合わせて14着です。

上下を入れ替えて着るとしたら、49パターンの服装を楽しめることになります

1ヶ月毎日別のコーディネートを楽しめる枚数では無いでしょうか。上着は1~2着で考えると、1シーズン15~16着となります。

これくらいを最低ライン、最高でも1シーズン25着を目安に処分していくと良いでしょう。

服の枚数を減らしたいときに簡単にできる方法

洋服を減らすのは、服が好きな人程難しいですよね。
先程もご紹介したように、残す枚数を目安に選別するのがおすすめです。

洋服を各シーズンごとに分けたら、以下の2つを基準に選別していきましょう。

  • 好きor嫌い
  • よく着るorあまり着ない

もう好きでは無いもの、今の自分には似合わない服は捨てる

また、あまり着ないものも捨てましょう。着ない物は、洋服としての役目を果たしていません。
スペースに余裕がある時には良いですが、そうでないなら残念ですが処分したほうが良いでしょう。

残すべきなのは、好きでよく着ている服

それほど好きでなくてもよく着ている服も残しましょう。それは、あなたが着回ししやすい服ということです。ただし、どんなに好きでもすでにくたびれているなら、それは手放す時です。
その洋服と同じくらい好きになれる1着を新しく探すと良いでしょう。

好きでよく着ている服や着回ししやすい服を選んでもまだ多い場合

その中でコーディネートしてみて、使いやすい服を残すと良いです。

反対に枚数が少なくなってしまったのなら、新しい1着を受け入れられるスペースが空いたということです。
残す服と着回ししやすく、自分好みの1着を探しにいきましょう!

服の枚数の容量を守るための着回しのコツ

ここまで話を聞いて、「25着だけなんて足りない!」と思った方も多いのではありませんか?
シンプルライフを目指しているならともかく、「私は洋服が大好き!」という皆さんですから、25着では足りないというのも納得できます。

ですが、収納スペースは限られていますよね。

2~3シーズン着回せる服を揃える事

1シーズン上下合わせて25着が目安ですが、半数を2シーズン使える服にすれば、各シーズンの持てる服の枚数が増えますよね。

ジーンズなどは真夏は暑いですが、秋~春までの3シーズンは使えます。

薄手の長袖シャツなども同じく3シーズン使えます

春と秋はこういった長いシーズン使えるものに、小物や上着をプラスしてコーディネートをすれば、夏や冬の服を増やすことが出来ますよね。

目立つ色や柄物の洋服は少なめにするというのもポイント

単独で楽しむ洋服を減らして、着回ししやすい服を多めに揃えるとコーディネートの幅も広がります。

工夫次第で100着以内の洋服でも十分にオシャレを楽しむことが出来きます。
まずは、あまり着ていない服を捨てることから始めてみてくださいね。