干支の置物を処分することはできる?自分で・神社で処分する方法

毎年その年の干支の置物を飾っているご家庭もありますよね。

一年の縁起物として飾っていても、次の干支になった時にどのように処分すれば良いのか分からないこともあるのではないでしょうか。

処分する方法がわからず、毎年干支の置物をしまって残している人もいることでしょう。
ここでは、干支の置物を処分する方法についてお伝えします。自分で処分する方法や、神社などで処分する事についてご紹介しますので、是非チェックしてみてください。

また、干支の置物が割れてしまった時の縁起と処分方法についてもご紹介します。こちらも併せて確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社の椅子にはダニがいる可能性が。駆除する方法とやり方

太ももの後ろの辺りがかゆい、よくみると噛まれたような小さな跡がある場合、それはダニの仕業かもしれませ...

スカートが短い時の対処法とスカート丈のアレコレ

一目ぼれして買ったスカートやワンピースが、思っていたよりも短いときって皆さんどうしていますか?...

ペーパーナプキンを使った簡単基本のデコパージュのやり方

ネットや雑誌などでデコパージュというのを見たことがあると思います。いろいろなものに、好きな柄を印刷し...

服の毛玉を取る方法!洋服を傷めないで簡単にキレイにする

お気に入りのニットや毎日着ているコート、気付くと毛玉になっていることがありますよね。特に袖の部分...

ミルクの温度が熱いときに素早く冷ます方法と上手な与え方

ミルクの温度が熱いときは赤ちゃんが飲みやすい温度に冷まさなければなりません。しかし、育児にまだ慣れて...

ハムスターのケージを衣装ケースで作る方法とポイント

ハムスターを飼育する場合はケージが必要ですが、衣装ケースでも代用できます。市販されているケー...

卓球のダブルスのややこしいルールをわかりやすく説明します

卓球の試合を子どもと一緒にテレビで見ている時「ルールがわかればもっとおもしろいのに。」と感じる時はあ...

紙粘土の色付けはペンでもOK?紙粘土の色付け方法について

紙粘土の色付けにはどのようなものがあるでしょうか、真っ先に思い浮かぶのは絵具ですが、ペンを使っても色...

春の飾りを手作り!自分で作る春の飾りでお部屋をコーディネート

春の飾りを手作りして、お部屋の中を飾りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。お誕生日やパーテ...

No Image

ズッキーニの栽培方法!受粉の方法と栽培する時の注意点を解説

家庭菜園でズッキーニを栽培している時、虫がいない時はどうやって受粉をさせたらいいか困りますよね。ズッ...

食洗機と手洗いを併用してしまうのは清潔好きな日本人だから

自宅に食洗機があっても、食洗機だけに頼らず、手洗いと併用しているご家庭も多いのではないでしょうか?...

キャベツを変色で黄色くさせないコツや保存方法と切り方の秘訣とは

キャベツを長く保存しているとだんだん黄色く変色していきますよね。では、キャベツが黄色に変色す...

手芸のレクに簡単に作れる作品!高齢者向けおすすめ作品

高齢者向けのレクリエーションで手芸を楽しむこともあります。そんな時におすすめの簡単に完成する手芸をご...

アパートの騒音問題!下の階がうるさい時の解決策と注意点

アパートの騒音問題は多く、下の階からの生活音や話し声、バタバタと子供が走り回る音に悩まされる人はたく...

大学を退学後に選べる進路!再入学・就職・専門学校について解説

大学を中退した後に自分のこれからの進路について考えてみた時、大学に再入学するか就職するかという選択肢...

スポンサーリンク

干支の置物は処分できる?処分することについて

年のはじめにその年の干支にまつわる置物を飾ることは、新年に年神様を向かえるための、古くからの習わしだという説もあります。古くから年末に大掃除をして年神様を招き入れる準備が整った証として、元旦に飾るものとされてきましたが、今では単に正月の縁起物として干支の置物を飾っているというご家庭が大半だと思います。

新年を迎えて新しい干支へ

古い干支の置物をどのように扱ったらよいのかわからず、結局そのまま何年分もしまいこんだままになっているという場合は、どこかのタイミングで処分したいと考えるのも当然でしょう。ですが、その縁起物という性質上、なんとなくそのままゴミとして処分することに対して、抵抗を感じてしまうという方も少なくないようです。

干支の置物は、古くなったものは処分してしまっても問題はない

また、これは意外かもしれませんが、飾り終わったあともキレイに保管しておくことで、再び同じ干支が巡ってきた年に飾ることも可能なのです。高価な飾りものであればなお、長く使うことができるのは嬉しいですね。

干支の置物はどこで処分する?置物の処分方法

古い干支の置物を処分する方法はいくつかあります。

干支の置物の処分方法

  • 家庭用のゴミとして
  • 神社に持ち込む

干支飾りには御札やお守りのように、神様が宿っているという考え方はありませんので、基本的には役目を終えたあとは、家庭用のゴミとして処分することが可能です。その際は使われている素材によって、各市町村ごとに決められたルールに沿って処分するようにしてください。

そのままゴミとして捨ててしまうのが気になる方へ

塩や酒で清めたリ、神社できちんとお祓いをしてもらったのち、処分してもらうという方法もあります。

いくらゴミとして処分することが可能だとはいえ、一年間飾っていた縁起物なのですから、やはりそのまま他のゴミと一緒にゴミ袋に放り込んだりせずに、きちんと感謝の気持ちを込めて、最後まで丁寧に扱うのが望ましいでしょう。

干支の置物を自分で処分する時の手順

干支の置物は、きちんとキレイな状態で保管さえできていれば、次に同じ干支が巡って来た時に再び飾ることが可能ですが、12支分を1セットと考えると、箱の大きさなどによっては、なかなかすべて取っておくことは難しい場合もありますよね。

やむを得ずゴミとして処分する場合

そのままゴミ袋に入れて捨てるのではなく、まずは感謝の気持ちを込めながら、水で洗って一年間のうちに溜まったホコリや汚れを洗い流してキレイにしましょう。洗ったあとは清潔なタオルなどでしっかりと拭きます。布製品など、素材によっては洗うことができませんので、その場合はキレイな布などでホコリを落としてあげます。

最後に、白い布や紙で置物を包んで処分します

ここまで手間はかけたくないけれど、なるべく手軽に処分したいという場合は、置物全体に塩や酒を振って清めたのち、置物に対してきちんと感謝の気持ちを述べてから処分するという方法もあります。そのままではかさばる陶器などは、細かく割ってから処分することも可能です。

干支の置物を神社で処分する時は玉串料を持参

普段から運気を上げるために風水を取り入れているというご家庭であれば、なおさら縁起物である干支の置物をゴミとして処分することに、少なからずとも抵抗があるという方もいらっしゃるかと思います。本来、風水学の観点から言えば、古い干支飾りも新しい年のラッキー方向に置いて、飾りっぱなしにしておいても問題ないと言われていますが、それだと家の中が干支の置物だらけになってしまいますよね。

古いものはゴミに出す以外の方法で処分したいと考えている場合

年明けに行われるどんど焼きのタイミングで預けることも可能ですが、それ以外の時期に処分する場合は、神社でお祓いをしてもらったのちに、処分してもらうという方法がオススメです。

人形などと同様に、神社に干支の置物のお焚き上げを依頼する場合は、玉串料を奉納します。金額に関しては、各神社によって異なりますので、事前に問い合わせておきましょう。

干支の置物が割れてしまった!縁起と処分方法

新年を向かえるにあたっての縁起物として飾られる干支の置物ですが、何かの拍子に落として割れてしまったり、一部だけ破損してしまうこともあるでしょう。日本においては古くから、「割れる=縁起が悪いこと」として捉えられる風習があることから、結婚祝いなどのお祝いごとにあたって、割れるもの(食器類や鏡など)を贈ることはタブーとされてきましたが、干支の置物が割れてしまうことに関しては、むしろ反対の意味合いがあるのだとか。

縁起物である干支の置物が割れてしまうと、なんとなく縁起が悪いと感じてしまい、なかなかポジティブには考えられませんよね。ですがそれを、ここから運気が上がっていくというサインだと捉えると、ただの縁起物ではなく、自分たちの代わりに悪い運気から守ってくれた、とてもありがたい存在だと思えるのではないでしょうか?

割れたり壊れてしまった干支飾り

さきほどご紹介した方法に沿って、白いタオルや紙に包んで、ゴミとして処分しても問題ありませんので、感謝の気持ちを込めつつ、ケガをしないように丁寧に包みましょう。

役目を終えた干支の置物を処分するのでしたら、無事に新しい年を迎えられたことに感謝をこめて、適切な方法で処分したいものですね。