かさばる編み物の道具はどうやって収納?見せる収納と隠す収納

編み物の道具は長さがあったり、数を必要としたりなど、意外と収納に困ってしまいます。

袋にひとまとめにしていると、いざ使いたい!という時に一苦労することも。

そこでひと目でわかる編み物道具の収納方法、見せて収納をする方法や、100均グッズを使った収納方法など、また毛糸の収納方法についてもご紹介をいたします。

編み物道具が溜まってしまっている方は、思い立った今、収納方法を参考にして片付けをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

雑誌の付録がコスメポーチだった!これは買うしかない

一昔前は雑誌の付録といえば、子供向けの紙細工が出来るものが当たり前でしたが、今では付録にカバンやリッ...

猫を網戸から脱走させないために!要注意なポイントと脱走対策

猫を飼っている方が心配なのは、猫の脱走です。好奇心旺盛な猫は、スキがあらばと脱走の機会を狙っ...

アクリル絵の具の特徴!100均の絵の具を使った使い方アイデア

アクリル絵の具という絵の具にはどのような特徴があるのでしょうか?小学生の頃に使っていた絵の具は水彩絵...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

ベースとギター、どっちを選ぶ?初心者は特徴を理解しましょう

友達とバンドを組もうとする場合、ほとんどの人がベースとギターどっちにするか迷うのではないでしょうか。...

ピカソの作品の中でも特に有名な絵画の特徴について解説します

世界的に有名なピカソですが、名前は知っていてもどんな作品を描いたのか、また有名な作品にはどんなものが...

冷やし中華を弁当に入れてもくっつかない秘策を教えます

食欲が落ちる夏のお弁当には麺類を入れたいですよね。中でも冷やし中華をお弁当に入れたい人も多い...

キッズ向け簡単に作れて可愛らしいヘアゴムの作り方

お子様用のヘアゴムはいろいろと可愛いものがあって、幼稚園や保育園に毎日違うものを付けていきたいと言う...

二人暮らしの食費はいくら?共働きの食費は意外と高い

共働きの夫婦二人の家庭のほうが子どもがいる家庭よりも食費が高い!?二人暮らしだからといってついつい外...

アイロンのかけ方【基本】必要な道具や注意点、コツを紹介

アイロンのかけ方、知っているようで知らないことたくさんあります。私は、どんな生地にでも高温ア...

窓の防音対策にシートは効果あり?シートの特徴を紹介

窓に防音対策のシートを貼るときにはどんなものを選べばいいのでしょうか?しっかりと防音できるシートとで...

切った髪の毛が刺さるのはなぜかの疑問にお答え!ナルホドな回答

美容室で髪を切った後に、切ったと思われる髪の毛が手や皮膚などに刺さっていたことってありませんか?...

クッキーは賞味期限切れ後2ヶ月たっても食べれるかどうかを調査

賞味期限切れのお菓子でも多少過ぎたくらいなら食べても問題ない、と考えていませんか?特にクッキ...

似顔絵の描き方を知りたい。デフォルメのコツは

似顔絵を描く時の描き方は2パターンあります。写真のようにリアルに描くパターンと、コミカルなタッチ...

通帳をなくした!悪用される可能性は?通帳を無くした時の対処法

いつもしまってあるはずの場所に通帳がない!通帳をなくした!突然こんな状況になったら焦りますよね。特に...

スポンサーリンク

インテリアにも合う!編み物の道具を見せて収納する方法

編み物につかう道具には、棒針やかぎ針、そして縫い目を数えるクリップやほつれ止め、縄編み用の針や棒針のキャップ、毛糸用の針などたくさんの小物類もあります。

編み物の道具は意外と収納に困るものが多い

棒針やかぎ針は細長く似ている形ですが微妙にサイズが違いますし、特に棒針は長いという点がとても収納ではネックになります。
縫い目を数えるクリップや棒針のキャップは小さく数があります。

面倒で一箇所にまとめて入れてしまうと、いざ使いたい時にとても苦労することになります。

そこでおすすめなのが、趣味である編み物の道具をインテリアのように見せて収納する方法です。

棒針や鍵針は便などに入れて立てて収納するのがおすすめ

ほつれ止めや縄編み用の針も立てておくと使い時にすぐ取り出すことが出来ます

ハサミなどはアンティークなデザインのものを使うようにすれれば、とても絵になりますよ。
ワイヤーのカゴなどにまとめたら、思いのほか可愛くまとまると思います。

ただし、縫い目を数えるクリップや棒針のキャップはカラフルな事も多いので、可愛いケースなどに入れてしまう方が良いかもしれませんね。

100均グッズを使った編み物道具を収納する方法

編み物の道具は意外とたくさんの種類があって、その多くが細々としたものですよね。

細々とした物の収納は100均グッズを活用

毛糸用の針

ピルケースのような小さなケースが、保管するのにおすすめです。

磁石にくっつくのをご存知ですか?
マグネッットテープをケースの中に貼ると、針をくっつけて保管できるので失くすこともなく安心して収納できますよ。

かぎ針

タッパーや粘土ケースもおすすめです。粘土などの用途はあまり気にせずに、サイズとデザインで選ぶと良いでしょう。

棒針やかぎ針をビシッと収納したい時

1~2本ずつ入るように専用のケースを作るのもおすすめです。

100均の布やフェルトで作っても良いですし、イチから作るのが面倒だという方なら、ジッパー付きのファイル袋がおすすめです。
ジッパー部分を切り取って、縦に何本か縫うだけで棒針やかぎ針をサイズごとに収納できる袋を作ることが出来ますよ。

ポリ塩化ビニルで出来ているので、切りっぱなしでも問題なく固さもあるので、とても使いやすくおすすめです。

かさばる編み物道具や毛糸は収納ボックスを使用して収納を

編み物にはこれまでご紹介したような道具の他にも収納にこまるものがあります。

「毛糸」の収納

編み物を楽しむほどに増えていくのが毛糸ですよね。
半端に残ってしまった毛糸や、使わなかった毛糸、これから使いたい毛糸など、どんどん出てきます。

毛糸こそ、袋に詰め込んで放置している方が多いのではないでしょうか?

毛糸収納に袋はとても便利ですが、中に何が入っているのかわかりにくいのが残念なところ。
実は持っているのに似たような色の毛糸を買ってしまったなんてことも、よくある話ですよね。

毛糸は、透明なケースがおすすめ

中身が見えるので、何があるのか一目瞭然です。

毛糸はかさばるので詰めてしまいがちですが、それは透明ケースの意味が無くなってしまうので、あまりおすすめできません。

毛糸は秋冬・春夏とざっくりでも良いですし、たくさんあるならウール、コットンなど素材ことに分けておくのも良いでしょう。
透明で高さの低いケースに、仕分けして、重ねずに収納することです。「こんな毛糸欲しいな。」と思った時に、手持ちの毛糸をすぐに確認できるようにしましょう。

編み物をしている最中の道具や毛糸の収納方法について

編み物の道具の収納で困ってしまうのは、普段の保管だけではありませんよね。

編み物は1時間で仕上がる作品のありますが、大きなものだと何日も何週間もかかってしまうこともあります。
スキマ時間で楽しんでいるならなおさらです。

編み物をしている最中の道具や毛糸は、まとめて一つのケースに入れてしまいましょう

カゴの様に取っ手ついているものだと、取り出しやすいのでおすすめです。

蓋付きのケースにすると中身が見えないので、リビングに出しっぱなしにすることも可能

時間のある時にちょっと編み物をして、家事をして、待ち時間にまた編んで…。
そんな時にも編みかけの道具をまとめておけば、そのケースを持ってくるだけ始められますし、片付けもポンッと入れるだけですから散らからなくて良いですよね。

作業中のカゴの中には、編んでいる時に使う小物なども必要な分だけ入れておくと、とても便利です。

編み物初心者の方におすすめの収納方法

編み物をこれからはじめるなら、収納ケースつきの道具を買うのもおすすめです。

冒頭ご紹介したように、編み物には意外とたくさんの小物類が必要になります。

棒針を楽しみたいなら、様々な小物がセットになっていて、収納ケースがついているものはとてもおすすめ

100均でサイズの合うケースを探す手間もいりませんし、セットなので割安な場合も多いですよね。

ネットショップなどで探すといろいろなセットを見つけることが出来ます。
販売店によってセット内容が異なるので、比較して見ると良いでしょう。

棒針や小物すべてがセットになっているものもありますが、小物類だけ、棒針だけ、かぎ針だけとセットもあります。

また、道具を購入する時には使いやすさは重視するのがおすすめです。
特に長時間使うことになる棒針や鍵針は手に馴染むもの方が疲れにくくおすすめですよ。