料理のセンスを磨くためにできることやセンスが光る盛り付けのコツ

料理のセンスを磨くには、いろんな料理を作ってみたり、いろんなお店に足を運んでみることも大切ですよね。

料理のセンスを磨きたいなら、できることからどんどんはじめていきましょう。

料理上手な女性には特徴があります。また、そのセンスが光るのは盛り付け方にもあるんです。

そこで、料理のセンスを磨くためにできることやセンスが光る盛り付けのコツなどについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

大学の新入生ガイダンスの服装は?服装とメイクのポイントを解説

大学の新入生ガイダンスに参加するとき、一体どんな服装で出席すればいいのか分からない人もいるのではない...

子供の文房具を収納するコツとアイデア!子供目線で上手に収納

子供の文房具を上手に収納する方法はないかと頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。最...

タッパーをレンジで加熱するときはふたを外して加熱しよう

タッパーをお弁当箱代わりにしている人もいるのではないでしょうか。お弁当を食べるときに、レンジでタッパ...

黒のストッキングがまだらになるのはナゼ?対処方法を紹介

黒のストッキングを履くとまだらになってしまうのはナゼ?なんだかだらしなく見えてしまうストッキングのム...

生地を水通しする方法!水通しが必要な素材と水通しが必要な理由

生地を水通しする方法について知りたいという人もいますよね!手芸などに使う生地は、素材によっては水通し...

100均のペンケースのアレンジ術を紹介。簡単なデコり方や作り方

みなさんはどんなペンケースを使っていますか?100均のペンケースはプチプラなのに可愛い、使いやす...

小学生のノートのプリントの貼り方とコツについて解説します

小学校の授業でもらうプリント。ノートに挟んたままにしている子供が多いといいます。しかし、プリント...

プラスチックに塗装!ポイントはスプレー前の下準備にあり

プラスチックに塗装したいと思ったら、そのままスプレー塗料を吹きかけても良いのでしょうか。答え...

身長171cmの標準体重は何kg?男性は見た目の体型にも注意

年齢を重ねていくと体重が気になる男性も増えていくでしょう。日本人の男性の平均身長は約171cmと言わ...

猫を網戸から脱走させないために!要注意なポイントと脱走対策

猫を飼っている方が心配なのは、猫の脱走です。好奇心旺盛な猫は、スキがあらばと脱走の機会を狙っ...

あなたの家は大丈夫?和室に布団を敷くときのカビ対策!

家の広さによって眠る時にはベッドか布団を敷いて眠るか、みなさんそれぞれに違いがありますが、和室に布団...

ブリーチ後の黒染めをセルフでしない方が良い理由を解説します

ブリーチしたものの、就活などの理由で黒髪に戻したいと思った時に一番に思いつくのは「セルフでの黒染め」...

ピアノの和音は指先の力加減、音のバランスが重要なポイント

子供が弾くピアノの和音について「指先の力を加えてしっかり弾きなさい」と言っている方も多いのではないで...

川エビのミナミヌマエビの飼育方法!必要な飼育環境と特徴

川エビのミナミヌマエビは単体でも育てられますし、他の魚と一緒に混泳させたいという場合にも人気です。...

スポンサーリンク

料理のセンスを磨くためにやるべきこと

料理は見た目も重要

いくら美味しい料理でも、見た目が残念な感じだったら食べたい気持ちが半減してしまいます。

料理にはセンスが必要と言われていますが、どうしたらこのような料理のセンスを磨けるでしょうか。

センスを磨く1番身近で簡単な方法、料理のレシピ本を熟読する

料理のレシピ本は、書店に行くと和洋中様々な種類の本が並んでいます。

本の中身を見ると、どれも美味しそう!自分も作ってみたい!と思うような料理ばかりです。

視覚的に料理を美味しく見せることによって、本を見る人の料理を作る意欲を高めているのです。

料理を入れる食器や、食材の彩り、そしてテーブルへのお皿の配置の仕方など、レシピ本には料理のレシピ以外にも、料理のセンスを磨くのにぴったりな写真がたくさん載っています。

レシピを覚えるだけではなく、こうした見方もきっとあなたの役に立つはずです。

レシピ本を見ているうちに、この食材をこんな風に使ったらどうだろう、この料理にはこの食器を使いたいなど、具体的自分でもイメージがわいてきたら、確実に料理のセンスが磨かれていると言っても良いでしょう。

料理のセンスを磨くには、美味しい物を食べることが大切

料理のセンスが良い人は「食べることが好き」

美味しい物を食べるためには、自らリサーチしてお店に出向いたり、美味しい店を食べ歩いている人がとても多いのです。

テレビなどで見かける芸能人の中にも料理が得意の人がいますが、彼らは料理を作ることはもちろん、美味しいものを食べることが大好きという人が多いですよね。(もちろん、中には食べる専門の人もいますが…)。

このような人達は、美味しいものを見つけたら、その料理からヒントやインスピレーションを受けて、自分でも味を再現したり、アレンジすることを楽しんでいるのです。

自分で美味しい物を作るということは、過去に美味しい物に出会っていなければ作ることは不可能です。

人によって味覚が違うので、他の人と味の感じ方が違う、いわゆる味音痴と言われる方も、残念ながら万人に美味しいと言われる料理を作ることは難しいでしょう。

材料は間違っていないのに、美味しい料理が作れないという人は、もしかしたら手順に問題があるのかもしれません。

出汁の取り方が違っていたり、材料の鮮度が良くないということも、美味しい料理を作れない原因です。

センスを磨くには、料理下手な人のありがち行動から学ぼう!

料理にはその人の性格が出る

この性格が顕著に出るのが、料理を作る上での作業工程です。

料理レシピ本を見ると、「弱火でコトコト煮ましょう」とか「強火でサッと炒めます」など、具体的に何分火にかけるのかなどは書かれていません。

大雑把な性格の人や、せっかちな人は、「コトコト煮る」ということを自分なりに解釈して他の人よりも早く火から下ろしてしまったり、逆に慎重な人や生真面目な人は煮込み時間が長すぎて具材が煮崩れてしまうということもあります。

個人個人の料理経験によっても差はありますが、このように自分の性格によって作り方が合う料理や合わない料理があるということを知るということも、料理をする上で大切です。

中華料理など、時間勝負の料理であればせっかちな人には最適な料理ですし、和食などの時間をじっくりかけて作る料理には生真面目な人がぴったりな料理と言えます。

何かひとつでも自分の得意料理を見つけて、美味しく作れるようになると、料理自体が楽しくなり、他の料理も作れるようになるでしょう。

男性が料理のセンスがあると思う女性の特徴とは

男性から見て、料理が上手い、料理のセンスがあると思う女性はどのような特徴があるでしょうか。

「冷蔵庫にある材料でパパっと料理が作れる」とセンスを感じる

料理本を見て、何を作ろうかな?と考えるのではなく、今ある材料から料理を作ることができる女性は、男性から見ても手際がよく、魅力的に映るのですね。

材料の組み合わせや、作り方が自分で分かっているということは、ある程度料理の経験がないと出来ません。

料理の手際の良し悪しも、経験がものを言う

材料をいちいち計量せずに、目分量で入れる人も料理のセンスがある人と言えます。

多くの母親の料理が大体これに当たると思いますが、長年の料理の経験からどの調味料をどれだけ入れれば味が決まるということが分かっているということが言えます。

時間をかけずに、ある材料で美味しい料理を作ることができる女性を目指したいですね。

センスが光る上手な料理の盛り付けのコツ

料理を引き立てる食器選びのポイント

料理の盛り付ける器は、その料理の美味しさや見た目を左右するとても大事なものです。
料理に合わせた色や、素材の器を選ぶことも、センスが光る料理になるコツです。

もっとも使い勝手の良い器は、食材の色を際立たせてくれる白の食器です。

どんな色の料理も素敵に盛り付けることができるので、数点持っていると重宝します。

自分が気に入っているお店の料理の盛り付けを参考にしてみるのもおすすめです。

例えば、おしゃれなカフェのワンプレートランチを自宅で取り入れてみるというのはいかがでしょう。

大きめのお皿に、小鉢やレンゲなども使い、料理を色どり豊かに配置すると、簡単におうちカフェが出来ます。

普段と器の使い方を変えるだけで、気分が変わるというのは料理ならではの面白さではないでしょうか。

料理を盛り付ける時には、「高さ」を意識するというのも大切です。

平坦に盛り付けるより、例えばサラダを山のように高く盛り付けることでより立体的になり、美味しそうに見えます。