ハムスターは種類が豊富!中でも特に人気が高いキンクマの魅力

ハムスターはペットとして人気の小動物です。そのハムスターの種類の中でもキンクマハムスターは初心者にも飼い易いと言われています。

もともとゴールデンハムスターを改良されて産まれたので、野生には存在しないのです。そして見た目もゴールデンハムスターにそっくりなところがあります。

とても人懐こく可愛らしいキンクマハムスターの特徴や飼育方法についてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

日本の宅配ピザが高いと言われるのはなぜ?その理由を徹底調査

宅配ピザはいつでも好きな時に頼めるし、何より出来たてが届くので美味しいですよね。でも、気になるの...

トイレの手洗い器を綺麗に掃除!手洗器の水垢とサビの掃除方法

トイレの手洗い器の汚れが気になり、掃除をしなくてはと思っている人もいるのではないでしょうか。トイレの...

アルカリ電池とマンガン電池の違いと使い分け・使用上の注意点

電池を購入しようと思った時、アルカリ電池とマンガン電池のどちらを購入すればいいのか悩んだ経験がある人...

紫やオレンジと相性が良い色を理解して、コーデに活かしましょう

紫やオレンジのように派手な色の服を着てみたいと思っても、どんな色と合うのか、コーデはどうしたらいいの...

猫のスプレーとは何?どんな臭い?猫のスプレーの悪臭対策

猫を飼っている人の中には、猫のスプレーの臭いに悩まされているという飼い主さんもいますよね。猫の縄張り...

名前の読み方だけを変更したい場合の手続き方法を教えます

名前が間違われやすいなどの理由で、読み方だけを変更したいという人が増えていると言います。改名...

ハムスターのメスはオスよりも凶暴?性格の違いについて

ハムスターのメスはオスよりも凶暴なのでしょうか?ハムスターのメスが凶暴と言われるのは、子どもを守るた...

自己顕示欲と承認欲求の違い!人間心理を理解して人生を豊かに

自己顕示欲と承認欲求の違いは一体何なのか知りたい人おいるのではないでしょうか。人からの評価が...

デイサービスでの体操にボールを使う種目を加えてみよう

デイサービスを利用する高齢者には、怪我なく体操を楽しんでもらいたいですよね。そこでおすすめな...

バレエで男性へのお礼の仕方についてゲストへの上手な気遣い

バレエでは男性ゲストにお礼をしなければなりません。はじめて発表会で男性ダンサーと一緒に踊るのであれば...

フェイクグリーン壁掛けの作り方とポイント!癒やし空間を作ろう

フェイクグリーンの壁掛けが欲しいけど、作り方が難しそう…と思っていませんか?そんなことはありませ...

子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫の注意点!

子猫の育て方を知っていますか?生後4ヶ月の子猫はどのようなことに注意しながら育てていけばいいのでしょ...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

衣類の臭いを煮沸で効果的に取るコツと効果や注意したいポイント

気になる衣類の生乾きなどの臭いは煮沸によって効果的に取ることができます。ただし、衣類の臭いを...

バラの花びらを利用!ドライフラワー・ポプリ・ローズバスの方法

バラの花束をもらって心から感動したという女性は、そのバラをいつまでも楽しみたい、枯らしてしまうだけで...

スポンサーリンク

ハムスターの種類について! キンクマはどんなハムスター?

キンクマハムスターはゴールデンハムスターを改良して誕生した種類のため、他のハムスターとは違い原産地もなく野生には生存していません。

外見もゴールデンハムスターに似ており、体重は雄が85~130グラムで雌が95~150グラムと雌のほうが若干大柄になっています。

キンクマという名前の由来は「キン」はゴールデンハムスターの金色、「クマ」は顔が熊に似ていると言った理由から名づけられたという噂です。元々が同じ種類なのでゴールデンハムスターとキンクマハムスターの交配は可能です。

飼育している上で気をつけたい病気には「脱毛」「下痢」「胃炎」などが上げられます。
ストレスを強く感じることで体調を崩していまうので健康に育てていくために、キンクマの過ごしやすい適切な環境を作るよう心がけましょう。

また平均寿命は2~3年と短いので、最後まで愛情を持って可愛がってあげましょう。

ゴールデンハムスターの種類のキンクマの魅力

キンクマの良いところは性格が穏やかなところも魅力の一つです。とても大人しく人に懐きやすく飼い主に甘えてみたり、手のひらに乗せる事も出来る子が多いので、コミニュケーションが取れるので、一緒に暮らしているととても楽しいです。

また小さな体をしていますが、なかなか賢いところもあり、トイレの場所もちゃんと覚えてくれるでしょう。

トイレを覚える速度は固体によってバラバラで、すぐに覚える子もいれば少し時間がかかってしまう子もいます。

どちらにも共通して言える事は、何かをしつけたい時にたとえ飼い主の思うようにならなくても、大きな声を出したり強く叱ったりしてはいけないという事です。

ハムスターにとっては何が理由で叱られたのかを理解する事は難しく、ただ単純に飼い主に対して怖いという印象を持ってしまうのです。

怖い思いをしてしまう事で、懐きにくくなってしまうので失敗したとしても無言で片付けるようにしましょう。

ゴールデンハムスターの種類のキンクマは単独飼育で飼うことが向いている

1匹では寂しそうだからもう1匹飼育しようかな?という思いが浮かぶかも知れませんが、キンクマハムスターは単独飼育が一番向いています。

その理由は、とても縄張り意識が強く警戒心も旺盛だからです。そんなキンクマのケージ内にもう1匹現れてしまった時には狭いケージですから、当然テリトリーを侵されたと思い強いストレスを感じてしまう事でしょう。

ハムスター同士で喧嘩をしてしまい怪我につながる恐れもありますので、多頭飼育はしないほうが良いのです。

飼育数を増やしたいときはケージをもう一つケージを用意しましょう。

またケージも適切な大きさのものを選びましょう。キンクマは若干ゴールデンハムスターよりも体が大きいです。

動き回りますので大きめのケージでなければいけません。

またキンクマハムスターを購入する時は、昼間の寝ている時間帯ではなく夕方の行動を始める時間帯に見に行くと状態がわかりやすいと思います。

元気に動き回り毛並みが良く健康そうな子を選ぶと、長い期間一緒に過ごす事が出来るでしょう。

ハムスターは種類が豊富!その中でも人気なのがキンクマハムスター

ハムスターには種類が豊富で、体の大きさも性格も種類によってかなり違いがあるものです。ジャンガリアンハムスターなどの小型のハムスターに比べるとキンクマハムスターはとてもどっしりと大きく感じるかも知れませんね。

種類が豊富なハムスターですが実際にペットショップにいるのは、飼育しやすい種類を置いていますので3~4種類と限られていると思います。

その中で特に定番なのがゴールデンハムスターやキンクマハムスター、ジャンガリアンハムスターなどではないでしょうか。

またキンクマハムスターはゴールデンハムスターを改良して生まれた種類ですが、キンクマのほかにも同じくゴールデンハムスターをベースに改良され生まれた、違う色合いのハムスターがいます。

例えば「クロクマ」「ダルメシアン」「ロングヘアー」「ノーマル」などとカラーの種類があるので、見つかったときはレアかも知れません。

ぜひ探してみて下さい。

キンクマハムスターのケージは何にする?脱走しない工夫が必要

キンクマハムスターを飼育する時はケージが必要になるわけですが、そのケージの種類もいくつかあります。

例えば「金網ケージ」「プラスチック製ケージ」「ガラス製のケージ」などがあることでしょう。

金網ケージはハムスターのケージの定番で、風通しも良さそうなイメージですが実際には足を挟んでしまい怪我をしたり、上まで登って行ったけれど転落してしまったり、またケージを噛んでボロボロにしてしまったりと、個人的にはあまりハムスターには向かないのだと感じています。

ハムスターはあの小さな足が万が一怪我などで、神経に傷がついたり切れてしまった場合にはそのまま壊死してしまうそうです。そうならないよう、安全に過ごせるケージを用意したいものですね。

個人的に一番お勧めなのはガラス製の水槽型ケージです。脱走しないように蓋をしまうがケージ内が蒸れないようメッシュや網目の蓋を取り付けるようにしましょう。