ハムスターは種類が豊富!中でも特に人気が高いキンクマの魅力

ハムスターはペットとして人気の小動物です。そのハムスターの種類の中でもキンクマハムスターは初心者にも飼い易いと言われています。

もともとゴールデンハムスターを改良されて産まれたので、野生には存在しないのです。そして見た目もゴールデンハムスターにそっくりなところがあります。

とても人懐こく可愛らしいキンクマハムスターの特徴や飼育方法についてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミニチュアピンシャーは抜け毛がすごい?犬の抜け毛について

ミニチュアピンシャーは抜け毛がすごい?犬の抜け毛は犬種によっても大きく違いあります。その鍵を...

合皮は劣化すると剥がれる!理由や寿命と気をつけたい保管方法

合皮は劣化により剥がれることがあります。お気に入りの合皮のバッグが剥がれてきていたら、それがそのバッ...

寝かしつけの方法を伝授!生後3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけ

寝かしつけの方法を知りたい!新生児の頃は、ミルクや母乳を飲めば寝てくれたのに、生後3ヶ月にも...

コンセントの増設をしたいときは?賃貸の場合はまず相談

賃貸だけれど、コンセントの増設をしたいと思ったときにはまず大家さんや管理会社に相談してみましょう。...

No Image

カレーのじゃがいもが固いのを防ぐには?美味しいカレーの作り方

カレーのじゃがいもだけがなんだか固い。そんな失敗をしてしまうときってありますよね。いつもと同...

ペーパーナプキンを使った簡単基本のデコパージュのやり方

ネットや雑誌などでデコパージュというのを見たことがあると思います。いろいろなものに、好きな柄を印刷し...

圧縮袋は掃除機の使い方に注意!正しい使い方とメリット

圧縮袋は掃除機での吸引が必要な使い方のものと、掃除機不要でも使えるものがあります。圧縮袋を使...

簡単お菓子の作り方!材料は少ないけれど本格スイーツが作れます

お菓子作りは少ない材料でもできますよ!冷蔵庫にあるものでも簡単に美味しいお菓子が出来ちゃいま...

猫を旅行に出かける場合は預ける?留守番させる?ポイントはコレ

愛猫を旅行に出かける場合預けることを考えている人も多くいるはずです。猫などのペットは預けられることは...

高校生の勉強やる気アップ術!これで勉強する意欲が高まるはず

受験前の高校生でも、勉強のやる気がどうしても出ない、意欲がわかないと悩んでしまうこともあるでしょう。...

敷布団の正しい洗濯方法を知って偏りを予防!敷布団の洗濯方法

敷布団を洗濯して、偏りが出てしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。自分で洗濯をすることがで...

暇つぶしの方法を厳選してご紹介!外や家での暇つぶし方法

今日は予定もないし暇だなと言う時ありませんか?家にいるのももったいないし、とりあえずは外へ行って...

お歳暮といえばカニ!北海道のお歳暮を贈る時期など紹介します!

お歳暮といえばカニ!北海道から送られてくるお歳暮で人気なのはカニではないでしょうか?北海道の...

シンクのおすすめ水切りカゴ!100均で揃う使い勝手の良いモノ

狭いキッチンは、洗い場のシンクも作業スペースも狭く、水切りはなるべくコンパクトなタイプを選びたいと思...

25万の手取りで生活。4人家族のやりくり方法を紹介します

4人家族で手取りが25万円。どのようにやりくりをしたらいいのでしょうか?毎月、ギリギリ…とため息ばか...

スポンサーリンク

ハムスターの種類について! キンクマはどんなハムスター?

キンクマハムスターはゴールデンハムスターを改良して誕生した種類のため、他のハムスターとは違い原産地もなく野生には生存していません。

外見もゴールデンハムスターに似ており、体重は雄が85~130グラムで雌が95~150グラムと雌のほうが若干大柄になっています。

キンクマという名前の由来は「キン」はゴールデンハムスターの金色、「クマ」は顔が熊に似ていると言った理由から名づけられたという噂です。元々が同じ種類なのでゴールデンハムスターとキンクマハムスターの交配は可能です。

飼育している上で気をつけたい病気には「脱毛」「下痢」「胃炎」などが上げられます。
ストレスを強く感じることで体調を崩していまうので健康に育てていくために、キンクマの過ごしやすい適切な環境を作るよう心がけましょう。

また平均寿命は2~3年と短いので、最後まで愛情を持って可愛がってあげましょう。

ゴールデンハムスターの種類のキンクマの魅力

キンクマの良いところは性格が穏やかなところも魅力の一つです。とても大人しく人に懐きやすく飼い主に甘えてみたり、手のひらに乗せる事も出来る子が多いので、コミニュケーションが取れるので、一緒に暮らしているととても楽しいです。

また小さな体をしていますが、なかなか賢いところもあり、トイレの場所もちゃんと覚えてくれるでしょう。

トイレを覚える速度は固体によってバラバラで、すぐに覚える子もいれば少し時間がかかってしまう子もいます。

どちらにも共通して言える事は、何かをしつけたい時にたとえ飼い主の思うようにならなくても、大きな声を出したり強く叱ったりしてはいけないという事です。

ハムスターにとっては何が理由で叱られたのかを理解する事は難しく、ただ単純に飼い主に対して怖いという印象を持ってしまうのです。

怖い思いをしてしまう事で、懐きにくくなってしまうので失敗したとしても無言で片付けるようにしましょう。

ゴールデンハムスターの種類のキンクマは単独飼育で飼うことが向いている

1匹では寂しそうだからもう1匹飼育しようかな?という思いが浮かぶかも知れませんが、キンクマハムスターは単独飼育が一番向いています。

その理由は、とても縄張り意識が強く警戒心も旺盛だからです。そんなキンクマのケージ内にもう1匹現れてしまった時には狭いケージですから、当然テリトリーを侵されたと思い強いストレスを感じてしまう事でしょう。

ハムスター同士で喧嘩をしてしまい怪我につながる恐れもありますので、多頭飼育はしないほうが良いのです。

飼育数を増やしたいときはケージをもう一つケージを用意しましょう。

またケージも適切な大きさのものを選びましょう。キンクマは若干ゴールデンハムスターよりも体が大きいです。

動き回りますので大きめのケージでなければいけません。

またキンクマハムスターを購入する時は、昼間の寝ている時間帯ではなく夕方の行動を始める時間帯に見に行くと状態がわかりやすいと思います。

元気に動き回り毛並みが良く健康そうな子を選ぶと、長い期間一緒に過ごす事が出来るでしょう。

ハムスターは種類が豊富!その中でも人気なのがキンクマハムスター

ハムスターには種類が豊富で、体の大きさも性格も種類によってかなり違いがあるものです。ジャンガリアンハムスターなどの小型のハムスターに比べるとキンクマハムスターはとてもどっしりと大きく感じるかも知れませんね。

種類が豊富なハムスターですが実際にペットショップにいるのは、飼育しやすい種類を置いていますので3~4種類と限られていると思います。

その中で特に定番なのがゴールデンハムスターやキンクマハムスター、ジャンガリアンハムスターなどではないでしょうか。

またキンクマハムスターはゴールデンハムスターを改良して生まれた種類ですが、キンクマのほかにも同じくゴールデンハムスターをベースに改良され生まれた、違う色合いのハムスターがいます。

例えば「クロクマ」「ダルメシアン」「ロングヘアー」「ノーマル」などとカラーの種類があるので、見つかったときはレアかも知れません。

ぜひ探してみて下さい。

キンクマハムスターのケージは何にする?脱走しない工夫が必要

キンクマハムスターを飼育する時はケージが必要になるわけですが、そのケージの種類もいくつかあります。

例えば「金網ケージ」「プラスチック製ケージ」「ガラス製のケージ」などがあることでしょう。

金網ケージはハムスターのケージの定番で、風通しも良さそうなイメージですが実際には足を挟んでしまい怪我をしたり、上まで登って行ったけれど転落してしまったり、またケージを噛んでボロボロにしてしまったりと、個人的にはあまりハムスターには向かないのだと感じています。

ハムスターはあの小さな足が万が一怪我などで、神経に傷がついたり切れてしまった場合にはそのまま壊死してしまうそうです。そうならないよう、安全に過ごせるケージを用意したいものですね。

個人的に一番お勧めなのはガラス製の水槽型ケージです。脱走しないように蓋をしまうがケージ内が蒸れないようメッシュや網目の蓋を取り付けるようにしましょう。