オリーブの栽培は寒冷地でも可能?栽培できる地域と栽培の方法

オリーブを栽培しようと思っている人や実際に栽培している人の中には、寒冷地でも栽培することが可能なのか知りたいという人もいますよね。

オリーブの栽培は寒冷地でもすることができるのでしょうか。越冬をすることは可能なの?

そこで今回は、寒冷地でもオリーブの栽培ができるのかどうかと、オリーブを育てる時のポイントについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

うさぎが抱っこを嫌がる原因とは?神経質なうさぎの習性を知る

うさぎが抱っこを嫌がる最大の理由は『捕まる』と感じるからです。飼い主さんとうさちゃんの信頼関...

猫用の消臭スプレーを手作りしてみませんか。安全で簡単な方法

猫がいる家で気になるのが、マーキングやトイレの臭いですね。臭いを消そうと消臭スプレーを使うと思い...

ペットボトルの再利用は不衛生?再利用の危険性と再利用方法

飲み物を飲み終わって空になったペットボトルを再利用することはできないかと考えている人もいるのではない...

ミルクの温度が熱いときに素早く冷ます方法と上手な与え方

ミルクの温度が熱いときは赤ちゃんが飲みやすい温度に冷まさなければなりません。しかし、育児にまだ慣れて...

石にペイントするならどんな絵の具?石の塗り方

石にペイントをするときにはどのような絵の具が向いているのでしょうか?おすすめはアクリル絵の具ですが、...

テーブルの上のものを収納するための引き出しを後付けしてみよう

インテリア雑誌のようにリビングのテーブルの上はきれいにしておきたいと思ってはいても、なんでも置いてし...

可愛いスマホケースの手帳型が簡単に手作りできる方法

スマホケースは手帳型を使っていますか?落としてもスマホが壊れにくく、また持った時に手の馴染みも良いの...

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

高校生になったら勉強法を見直そう!毎日の勉強とそのポイント

高校生は中学時代と同じような勉強法ではダメです。ただ数学の公式を覚えたり暗記だけをしていては、毎...

犬が靴下を履いたら歩き方がぎこちない様子と靴下のメリット

犬に洋服を着用させてお散歩をしている姿は良く見かけますが、犬に靴下を履かせている姿をみたことはあるで...

電話でアンケートをしてくるのは怪しい!見極め方法と対処方法

怪しいと思うアンケートの電話がかかってきたときにはどうしたらいいのでしょうか?何もしていない...

肉じゃがを翌日のお弁当に使おう!ただし夏の場合は要注意!

夕食に作った肉じゃがを翌日のお弁当に入れると、味がさらに染み込んでいておいしいですよね。しか...

トマトの栽培で必要な仮支柱と本支柱の立て方や支柱選び

家庭菜園のなかでも育てやすく、収穫が楽しみなのがトマトですね。トマトを栽培する時に必要なのが支え...

お風呂の椅子の水垢対策でオススメな掃除法や予防するコツ

お風呂の椅子っていつの間にか頑固な水垢がこびりついている!なんてことはありますよね。では、そ...

猫の写真 なぜへたくそにしか撮せないのか?上手く撮るコツとは

猫の写真を撮すにはちょっとしたコツが必要となります。猫ちゃんはかわいいのに、レンズに収まるそ...

スポンサーリンク

オリーブの栽培は寒冷地でもできます

オリーブというと暖かい地方で育つ植物というイメージがあります。しかしオリーブは比較的寒さにも強い植物なので、マイナスになる地域で無ければ育てることが可能です。

では冬場にマイナス10度を超えるような寒冷地だと、どうなのか?というと、やはり外で育てるのではなく、鉢植えで育てて寒さが厳しい時期は室内で管理するのが、良い方法です。

ちなみにオリーブを育てている方は、やはり実をつけたいと考えるのが一般的でしょう。オリーブ栽培の醍醐味とも言えますよね。

しかしオリーブは同じ品種の花粉だと実をつけにくい性質があります。その為、実をつけたいのなら、違う品種を別の鉢で育てる必要があります。

オリーブは日当たりを好むので、寒冷地で育てる場合も日当たりの良い場所に鉢植えを置くこと、また水はけの良い土を使用してください。

寒冷地でのオリーブ栽培・冬は休眠期

寒冷地で冬場の寒さがマイナスになるような地域ではオリーブの栽培は向いていない。鉢植えにして寒い時期はお家で育てるようにお話をしましたが、オリーブは冬場の寒さが実や花をつけるために必要となるので、ある程度の寒さも無ければいけないのが難しい点です。

ではどのくらいの温度だと、オリーブは冬場の休眠期に入るのか。気になるところですよね。

オリーブが休眠に適した冬場の温度は0度くらいで、マイナス5度位までは耐えることが出来ます。オリーブの実を付けたいのなら、寒冷地で室内に入れた場合もこの程度の温度がある場所に置いておくのが適温といえます。

また先述したように日当たりがよく、水はけの良い土を好むオリーブなので水やりは土の表面が乾いたら行ってください。これは冬場の休眠期でも同じです。土がいつまでも乾かなくジメジメした環境では根腐れを起こしてしまうので、家の中でも注意をしましょう。

寒冷地でも栽培できるオリーブの時期ごとの成長

他の植物と同じようにオリーブも春の季節に新芽を伸ばします。寒冷地で育てる場合、冬場は鉢植えを家の中に置いていると思いますが、日中の温度が上がってくる時期は、夜の間だけ家の中に入れるようにして春を迎えてくださいね。

オリーブの実つきに重要な花芽ですが、花芽は新しく伸びた部分には出来ませんので、木の形が変わらないよう、大きくなりすぎないように今年伸びた部分は切り落として構いません。

さらに暖かくなる5~6月には花が咲き始めます。花が咲いたら受粉を行いましょう。先述したようにオリーブは違う品種のほうが受粉しやすくなりますが、その種類によっては自分の木に花粉でも受粉しやすいものがあります。オリーブの木を置く場所が限られてしまうような場合は、このような品種のものを選んでも良いでしょう。

受粉がしっかりと行われた後は、夏場に実をつけ始めます。春に剪定をしたときのように、実がついてきた場合も育ちの良いものだけを残して、その他のものは実を取り除く作業を行いましょう。

オリーブは越冬できる!冬囲いの方法

春から夏にかけてのオリーブの成長について、お話をしてきましたが、冬場にマイナスを下回らない地域では実を収穫し終えた11月には冬囲いをして、越冬にそなえます。

冬囲いをしやすくするためにも、今年伸びた部分の枝や葉っぱは取り除いておくと良いですよ。

冬囲いの方法ですが、オリーブの木も他の木と変わらずに冬囲いをして構いません。

まずは支柱を立て、木の周りに3本三角形になるように竹竿を刺し、支柱に合わせ紐でくくります。

くくる場所はオリーブの木の先端になるようにしてくださいね。支柱と周りを囲う竿を固定したら、後は下から上へと順番に紐を巻いて行きます。

さらにわらやシートなどで、オリーブの木を囲って紐でくくっても良いですよ。冬囲いは雪対策の他にも風や病害虫対策にもなります。

寒い地方では、11月をすぎるとよく見かける光景ですよね。

オリーブの栽培をしてみよう!育て方について

オリーブについていろいろと紹介をしてきましたが、寒冷地でも温暖な地域で栽培されるオリーブを育てることが出来る事がわかりましたね。

ではいよいよ、オリーブの栽培となった時、どのような点に注意をして育てるのが良いのかをお話していきます。

まずオリーブ選びですが、オリーブにも種類がありますので受粉方法なども含めて、育てやすいものを選ぶことが基本です。

オリーブを選んだら、植え付けです。時期は休眠期を避けること、この一点のみです。植え付けには寒冷地なら鉢に植え付けを行いますが、購入したときの鉢よりも1~2回り大きなものを用意しましょう。

オリーブにあった水はけの良い土を用意して、鉢底石の上に重ねてオリーブの木を固定していきます。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをして、日当たりがよく風通しの良い場所に置いてください。土がいつまでも乾かないような環境に置いたり、土が乾かないうちに水を与えると根腐れを起こすので注意をしてくださいね。