NO IMAGE

ボールペンのインクが分離してしまう原因と対処法

いざボールペンを使おうと思ったのにインクが出ないことありますよね。インクはたくさん入っているはずなのに!と芯をよく見てみるとインクが分離していることも。

インクの分離は空気が入ってしまった証拠です。分離してしまうとインクが分断されてて出てこなくなり、文字を書くことができません。

そこで一度分離してしまったボールペンを元に戻す方法、もう一度インクが出てくる方法をご紹介いたします。

その他のボールペンのインクトラブルについても、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車の塗装が剥がれたときの影響と自分でもできる対処法

自転車の塗装が剥がれることは自転車を愛用していると時々直面していまいます。お気に入りの自転車の塗装が...

子育てはイライラとの戦い!怒鳴るのはダメだけど…

子育てはイライラの連続!『怒りの感情が湧いて出たら、深呼吸して』なんていうアドバイス、よーく...

告別式での弔辞の言葉…孫が読む場合の文章の書き方とは

告別式で親族代表として孫が挨拶を行うケースが増えてきています。でも、そんな大役を任せられてもどんなこ...

大学の卒業式の親服装は何がいい?親の服装選びとマナーを解説

お子さんが無事に大学を卒業することになり、一安心だと思っているお母さんもいるのではないでしょうか。...

水彩画を描くときは水張りを!水張りに必要なものと方法を解説

水彩画を描いたことがある人の中には、絵が完成した後の用紙がよれてしまった経験がある人もいるのではない...

真鍮の指輪についたサビを取る方法と予防策について解説します

真鍮の指輪はとても人気がありますが、どうしてもサビてしまうのでお手入れが大変だと言われていますよね。...

毎日続ける英語の勉強。アプリを利用すれば毎日続けられます

毎日続けなければ、英語は上達しません。筋トレや、ストレッチ、ダイエットと同じですね。習慣化し...

ハムスターのトイレは100均で活用できるがポイントがあります

ハムスターのトイレを100均で選ぶこともできますが、どんな物でもいいわけではありません。ハムスタ...

ストッキングの掃除に活用してピカピカ快適な住まいに

ストッキングって伝線したり穴が開いたりすると使えないと思っていませんか?しかし、そんな破れた...

マニキュアのトップコートが乾く時間を短縮させるコツと注意点

マニキュアはトップコートの乾く時間を待てば完成します。しかし、セルフネイルをしていると完全に乾く前に...

ハムスターの砂場用容器の選び方!100均アイテムでも代用可能

ハムスターの砂遊びで必要な砂場の容器ですが、市販されている物を使って失敗してしまうこともあります。...

自転車にイヤホンをしたまま乗って事故になるケースは急増!

自転車は通学や通勤や日々の生活に欠かせないという人もいるでしょう。その一方で自転車による事故...

新生児のお風呂はドキドキ!入れ方や必要なものを紹介します

産院で新生児をお風呂に入れてくれるところも多いですね。退院して自宅で入れるとなると、うまく入...

インコのケージを手作りするコツや方法とカバーも作る効果

インコのケージを手作りできたら、より自分好みでインコにも合わせたケージを作ることができます。インコの...

夫婦二人なら食費は2万でやっていける!その方法を教えます

子供が生まれるとお金もかかるから、夫婦二人のうちに少しでも食費は抑えておきたいですよね。そこ...

スポンサーリンク

ボールペンがインク切れ?インクが分離していることが原因の場合

ボールペンを使って文字を書こうとしたときに、ボールペンのインクが出てこなくて文字が書くことが出来ない。
インクが切れてしまったのだなと思いボールペンのインクを見てみるとまだたっぷりとある状態だった。
このようにボールペンの芯の部分にインクがたっぷりとある状態にも関わらず、何故文字を書いてもインクが出てこないのかと不思議に思った経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

まずは芯のペン先の方を見てみてください

インクが途中で途切れてしまってはいませんか?
このようにインクが途中で途切れてしまっているときには、ペンで文字を書いたとしてもインクは出てくること出来ない状態です。
そのため途切れてしまったインクをペン先の方まで持ってきて、インクが出る状態にしてあげなければペンを使っても文字を書くことは出来ません。

簡単、遠心力を利用することによって元に戻すことが出来る

遠心力を利用してインクを戻す方法には色々ありますが、簡単に出来るのはペンの後ろの部分に糸や紐などをきっちりとくくり、ぐるぐるとペンを回す方法です。
そうすることによって、芯の中で途切れてしまったインクを元の状態に戻すことができます。
ぐるぐると勢いよくペンを回すので、ペンが飛んでいってしまわないようにしっかりと糸や紐でくくりましょう。

なぜボールペンのインクが分離したのか、その理由について

なぜボールペンのインクが分離してしまったのかというと、ボールペンの芯の中に空気が入ってしまったことが考えられます。
しかし、どうしてボールペンの芯の中に空気が入ってしまうのでしょうか?

ボールペンの使い方によって空気が入ってしまうことがある

ボールペンのペン先を下に向けて文字を書いている分には、芯の中に空気が入ることはありません。
しかし、ボールペンの先を横や上に向けた状態で文字を書いてしまうと、芯の中に空気が入り込んでしまいます。

寝転んで文字を書いたり、壁に貼ってある紙に文字を書く場面などでは注意が必要

また、ボールペンの使い方の他にも、芯の中に空気が入ってしまうことがあります。

振動によってペンの芯の中に空気が入ってしまうこと

ボールペンを使っていなかったとしても、ボールペンに振動が加わることによって、ボールペンの先にあるボールが回転することによって空気が芯の中に入り込んでしまうことがあるのです。しっかりとペンのフタをすることや、ペン先が出たままになっていないか注意しましょう。

ボールペンのインクが分離以外で出ない場合

ボールペンのインクが出てこない原因は、インクが分離してしまった以外にも考えられます。
ボールペンを使用していると、紙の上などに付着したホコリなどの汚れをボールペンで拾ってしまうことがあります。
少し程度であれば問題はないですが、ボールペンを使い続けていってだんだんと汚れがボールペンのペン先の部分に蓄積されていくと、汚れが詰まった状態になります。
汚れが詰まった状態になってしまうと、詰まった汚れが邪魔をしてペン先からインクが出なくなったり出辛い状態になってしまいます。

適度にペン先についた汚れをとってあげる必要がある

ペン先についてしまった汚れをとるのは簡単で、ティッシュなどを使ってペン先を拭いてあげるだけでキレイにすることが出来ます。
ペンからインクが出なくなってしまったときや、インクが出辛いと感じたときには、ペン先を掃除するだけでも解消される場合があるので試してみましょう。

ボールペンのインクの古さが出ない原因の事も

ボールペンのインクが出なくなってしまうときに考えられる原因は他にもあります。それは、使用しているボールペンのインクが古い場合です。
ボールペンのインクが古くなってしまった場合には、インクが出難くなってしまいます。
そのためインクが古くなってしまったためにボールペンが使えない場合には、インクを新しいものに交換する必要があります。
しかし、自分の使用しているボールペンのインクが古いのか新しいのかいまいち見分け方が分からないという人もいるでしょう。

自分の使用しているボールペンの芯の部分を見てみましょう

芯の部分に、製造年月日が印字されているはずです。
ボールペンのインクは、製造年月日からだいたい3年経ってしまうと書きにくくなることがあります。
そのため、製造年月日から3年以上経過しているものに関してはインクを交換するようにしましょう。

ボールペンのインクが分離している時は漏れにも注意

もしも、ボールペンのインクが分離しているのを見つけた場合には、インク漏れに注意しましょう。
ボールペンの芯の中に空気が入ってしまうとインクが逆流しやすくなっています。
持ち歩く際には振動も加わってしまうため、インク漏れがしやすい状態になっています。

ボールペンのインクが分離していることを見つけたとき

ボールペンを持ち歩いたりせずにインクの分離を直しましょう。

ボールペンのインクが出ないからといって、すぐに捨ててしまう前にボールペンの芯の部分を見てみましょう。
インクの分離は意外と簡単に直せることが出来るので、試してみましょう。