NO IMAGE

ボールペンのインクが分離してしまう原因と対処法

いざボールペンを使おうと思ったのにインクが出ないことありますよね。インクはたくさん入っているはずなのに!と芯をよく見てみるとインクが分離していることも。

インクの分離は空気が入ってしまった証拠です。分離してしまうとインクが分断されてて出てこなくなり、文字を書くことができません。

そこで一度分離してしまったボールペンを元に戻す方法、もう一度インクが出てくる方法をご紹介いたします。

その他のボールペンのインクトラブルについても、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

6畳の寝室に4人家族で寝る方法!ベッドと布団両方をご紹介

お子さんが小さいうちは、親子で1つの寝室を使用する方が多いのではないでしょうか。寝室が広ければ問題は...

生地を水通しする方法!水通しが必要な素材と水通しが必要な理由

生地を水通しする方法について知りたいという人もいますよね!手芸などに使う生地は、素材によっては水通し...

夏はリップが溶ける?その温度と溶けたリップの復活方法を解説

夏の暑い時期だと、化粧ポーチやポケットに入れておいたリップが溶けることもありますよね。そこで...

水彩で背景を描きたい時の描き方!水の量を調節するのがポイント

水彩で背景を上手く描きたい!そんなあなたに、描き方のポイントについて詳しくご説明します。水彩は段...

住民票の転出届は提出期限が決まっている?その詳細を解説します

引越しが決まると、荷物のことで頭がいっぱいで住民票の転出届の手続きのことが後回しになってしまうという...

ハムスターの暑さ対策!氷や保冷剤を使った温度の下げ方

ハムスターは他のペットほど手が掛からず、一人暮らしでも飼いやすいペットです。しかし、ハムスタ...

犬の鳴き声で判断!高い声で鳴く時の犬の気持ちを解説

犬の鳴き声には種類があり、高い声で鳴くことがあります。高い声といっても、キュンキュン、キャンキャ...

飲食店でピアスがNGだったら絆創膏で目立たなく出来る方法とは

せっかく空けたファーストピアス!数日後に飲食店のバイトが決まったけれどピアスがNGらしい・・・。...

アメリカの会社の休みはどのくらい?日本との違い

アメリカの会社は日本と比べて休みが多い?それとも少ないのでしょうか?イメージとしては日本よりも働く時...

鉄のフライパンのメリット・デメリット!鉄のフライパンの魅力

鉄フライパンを購入しようか悩んでいる人の中には、鉄のフライパンにはどんなメリットがあるのか知りたい人...

100均のペンケースのアレンジ術を紹介。簡単なデコり方や作り方

みなさんはどんなペンケースを使っていますか?100均のペンケースはプチプラなのに可愛い、使いやす...

アイロンスチームの穴から出てきた白い粉の正体と掃除方法

アイロンを使用していると、スチームの穴から白い粉が。せっかく綺麗にお洗濯をしたのに、白い粉が衣類に付...

お風呂の椅子の水垢対策でオススメな掃除法や予防するコツ

お風呂の椅子っていつの間にか頑固な水垢がこびりついている!なんてことはありますよね。では、そ...

バーベキューのご飯を鍋でも美味しく焚くには浸す時間がカギ

バーベキューの時にご飯を焚く場合は、鍋で焚くこともあると思いますが、鍋でご飯を焚くのは難しいと思って...

ハムスターのトイレは100均で活用できるがポイントがあります

ハムスターのトイレを100均で選ぶこともできますが、どんな物でもいいわけではありません。ハムスタ...

スポンサーリンク

ボールペンがインク切れ?インクが分離していることが原因の場合

ボールペンを使って文字を書こうとしたときに、ボールペンのインクが出てこなくて文字が書くことが出来ない。
インクが切れてしまったのだなと思いボールペンのインクを見てみるとまだたっぷりとある状態だった。
このようにボールペンの芯の部分にインクがたっぷりとある状態にも関わらず、何故文字を書いてもインクが出てこないのかと不思議に思った経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

まずは芯のペン先の方を見てみてください

インクが途中で途切れてしまってはいませんか?
このようにインクが途中で途切れてしまっているときには、ペンで文字を書いたとしてもインクは出てくること出来ない状態です。
そのため途切れてしまったインクをペン先の方まで持ってきて、インクが出る状態にしてあげなければペンを使っても文字を書くことは出来ません。

簡単、遠心力を利用することによって元に戻すことが出来る

遠心力を利用してインクを戻す方法には色々ありますが、簡単に出来るのはペンの後ろの部分に糸や紐などをきっちりとくくり、ぐるぐるとペンを回す方法です。
そうすることによって、芯の中で途切れてしまったインクを元の状態に戻すことができます。
ぐるぐると勢いよくペンを回すので、ペンが飛んでいってしまわないようにしっかりと糸や紐でくくりましょう。

なぜボールペンのインクが分離したのか、その理由について

なぜボールペンのインクが分離してしまったのかというと、ボールペンの芯の中に空気が入ってしまったことが考えられます。
しかし、どうしてボールペンの芯の中に空気が入ってしまうのでしょうか?

ボールペンの使い方によって空気が入ってしまうことがある

ボールペンのペン先を下に向けて文字を書いている分には、芯の中に空気が入ることはありません。
しかし、ボールペンの先を横や上に向けた状態で文字を書いてしまうと、芯の中に空気が入り込んでしまいます。

寝転んで文字を書いたり、壁に貼ってある紙に文字を書く場面などでは注意が必要

また、ボールペンの使い方の他にも、芯の中に空気が入ってしまうことがあります。

振動によってペンの芯の中に空気が入ってしまうこと

ボールペンを使っていなかったとしても、ボールペンに振動が加わることによって、ボールペンの先にあるボールが回転することによって空気が芯の中に入り込んでしまうことがあるのです。しっかりとペンのフタをすることや、ペン先が出たままになっていないか注意しましょう。

ボールペンのインクが分離以外で出ない場合

ボールペンのインクが出てこない原因は、インクが分離してしまった以外にも考えられます。
ボールペンを使用していると、紙の上などに付着したホコリなどの汚れをボールペンで拾ってしまうことがあります。
少し程度であれば問題はないですが、ボールペンを使い続けていってだんだんと汚れがボールペンのペン先の部分に蓄積されていくと、汚れが詰まった状態になります。
汚れが詰まった状態になってしまうと、詰まった汚れが邪魔をしてペン先からインクが出なくなったり出辛い状態になってしまいます。

適度にペン先についた汚れをとってあげる必要がある

ペン先についてしまった汚れをとるのは簡単で、ティッシュなどを使ってペン先を拭いてあげるだけでキレイにすることが出来ます。
ペンからインクが出なくなってしまったときや、インクが出辛いと感じたときには、ペン先を掃除するだけでも解消される場合があるので試してみましょう。

ボールペンのインクの古さが出ない原因の事も

ボールペンのインクが出なくなってしまうときに考えられる原因は他にもあります。それは、使用しているボールペンのインクが古い場合です。
ボールペンのインクが古くなってしまった場合には、インクが出難くなってしまいます。
そのためインクが古くなってしまったためにボールペンが使えない場合には、インクを新しいものに交換する必要があります。
しかし、自分の使用しているボールペンのインクが古いのか新しいのかいまいち見分け方が分からないという人もいるでしょう。

自分の使用しているボールペンの芯の部分を見てみましょう

芯の部分に、製造年月日が印字されているはずです。
ボールペンのインクは、製造年月日からだいたい3年経ってしまうと書きにくくなることがあります。
そのため、製造年月日から3年以上経過しているものに関してはインクを交換するようにしましょう。

ボールペンのインクが分離している時は漏れにも注意

もしも、ボールペンのインクが分離しているのを見つけた場合には、インク漏れに注意しましょう。
ボールペンの芯の中に空気が入ってしまうとインクが逆流しやすくなっています。
持ち歩く際には振動も加わってしまうため、インク漏れがしやすい状態になっています。

ボールペンのインクが分離していることを見つけたとき

ボールペンを持ち歩いたりせずにインクの分離を直しましょう。

ボールペンのインクが出ないからといって、すぐに捨ててしまう前にボールペンの芯の部分を見てみましょう。
インクの分離は意外と簡単に直せることが出来るので、試してみましょう。