2人暮らしにおすすめの部屋の広さは?お部屋選びの注意点

同棲を考えているカップルや、結婚が決まったカップルなど、新たに2人暮らしを考える時に悩むのが、お部屋選びについてです。

部屋の数や、それぞれの部屋の広さ、家賃、職場までの距離など、2人で意見が分かれることもあると思います。

2人暮らしにおすすめの部屋の広さや、それぞれのメリット・デメリットなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

うさぎのケージを手作り!気をつけたいコツや作り方のアイデア

うさぎのケージを手作りしたいという人も多いでしょう。ケージが手作りできれば、家の雰囲気に合わせて自分...

右利きと左利きはいつ決まるのでしょうか?利き手について

子供の右利きと左利きはいつ決まるのか、親はドキドキしてしまいますよね。左手をよく使ってたら、左利きな...

スカートの生地は何メートル必要?計算の方法を紹介します

スカートを作るときには生地を何メートル用意したらいいのでしょうか?お裁縫があまり得意ではないという人...

チャイナ服に合う髪型のやり方!自分でできるヘアアレンジ方法

チャイナ服は可愛らしさもありつつ、女性らしさもあり、一度は着てみたいドレスですよね。体のラインをキレ...

大学の卒業式のスーツ選び!男子学生に人気のスーツのタイプ

大学の卒業式で男子学生が着ていくのは、多くの方がスーツです。しかし、スーツを着慣れていないと...

高校の合格発表を聞いた時の親の正しい対応とNGな対応

高校の合格発表は、本人の子供と同じくらいに親も不安になるものです。受験当日に向けて親子で頑張ってきて...

前髪を止めるのは男性でもアリ。簡単に止める方法と前髪の作り方

前髪が長い男性はどうしていますか。メンズでも前髪は大事なポイント。なかなか決まらないこともありま...

シルバーアクセサリーの黒ずみはサビじゃない。落とす方法とは

時間が経ったシルバーのアクセサリーが黒ずんでいる、サビのように見えるけれどにサビなのでしょうか。...

見た目がそっくり?ブリ、カンパチ、ヒラマサの見分け方とは

ブリとカンパチ、ヒラマサを見比べたことありますか?どれも違う魚なのに、その見た目はそっくりなんです。...

麦茶を煮出したやかんを冷やす方法と正しい保存方法

夏の暑い時期に飲みたくなる麦茶。買うよりも手作りした方が節約になるため、やかんで麦茶を煮出して作...

5歳差の兄弟のメリット・デメリットをご紹介

5歳差の兄弟は、年が離れていて兄弟であまり同じ遊びが出来ないんじゃないかぁなんて思いますが、メリット...

UVレジンに使える100均で揃う手軽な材料と可愛いパーツ

UVレジンを使ったアクセサリーをハンドメイドで作る方も多いですが、いろいろと材料を揃えると、ある程度...

セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ...

料理のセンスを磨くためにできることやセンスが光る盛り付けのコツ

料理のセンスを磨くには、いろんな料理を作ってみたり、いろんなお店に足を運んでみることも大切ですよね。...

布を裁断するカッターの特徴や使い方・注意点を紹介します

布を裁断するロータリーカッターの使い勝手とは?布作品をよく作る人にとって必需品となるのは裁ちばさみで...

スポンサーリンク

カップルに人気!2人暮らしの部屋の広さはどれくらい必要?

カップルに聞いた一番人気の間取りは、1LDK、広さは40㎡という結果が出ています。

1LDKというと、リビング、キッチンのほかに、部屋は1つという間取りなので、カップルで暮らすには、お互いの部屋がないですよね。
部屋の数は少ないですが、その分をリビングでくつろいだり、生活空間を楽しみたいという考えのカップルが多いということでしょう。

続いては2DK、広さは30㎡、そして2LDK、広さは50㎡が人気のようです。

やはり、お互いの部屋は確保しておきたいと考えるカップルは、2部屋はほしいと考えるのでしょう。

住む場所によって、家賃も変わってきますので、部屋選びの際は、どこかで妥協は必要になってきますね。

2人暮らしの部屋の広さ…。2DKのメリット

2人暮らしで間取り2DKに住む際のメリット

2DKの間取りとは、2部屋の他に、ダイニングキッチンが6~10帖未満の間取りのことを指します。

カップルで2DKの部屋に住む場合は、お互いの部屋が確保できるので、一人の時間を十分に楽しむことができますし、もし喧嘩をしてしまっても、自分の部屋にこもれるので相手と顔を合わさなくて済みます。

大好きな相手でも、一緒に暮らし始めると、暮らす前は気にもならなかったところが気になったり、嫌なところが目につくことが多くなるのはよくあることです。
ちょっとしたことで喧嘩になったとしても、自分の部屋があれば、少し頭を冷やすこともできるので、仲直りの時間も早いということもありますね。

また、生活時間帯がそれぞれ違う場合も、相手を起こさずに外出できます。

2部屋の間取りで2Kというものもありますが、この場合はキッチンが狭いので2人でくつろぐ共有のスペースは、どちらかの部屋に行くという方法しかありません。

逆に部屋数が少ない1LDKや1DKの場合は、2人分の荷物を収納する場所を確保するのが大変ということを聞きます。

2部屋あれば、各自の荷物は自分の部屋で収納すればいいので、荷物を管理しやすいというメリットもあります。

そして、2LDKの間取りより、2DKの方が家賃が安いことが多いということもポイントです。

2人暮らしで1LDKを選ぶなら部屋の広さも注意

ラブラブなカップルは、自分たちの部屋なんかなくても平気!と1LDKを選ぶこともあるでしょう。

1LDKの間取りは、2人の距離が常に近くなる間取りです。

一緒にテレビをみたりくつろげるリビングと、寝室さえあれば良いというカップルであれば、家賃も2LDKよりは抑えることができるので、おすすめな間取りです。

ただし、間取りに気を取られてばかりではいけません。

1LDKでの間取りでは、広さも重要なポイントになってきます。

たまに、1LDKの物件であっても部屋は狭く、布団1枚敷いたらいっぱいというところもあります。

2人暮らしで、1LDKを選ぶときには、広さは40㎡は欲しいところです。

よく、部屋の中に階段があるメゾネットの物件の場合、階段の面積も含めて平米数が計算されるので、書いてある広さより、実際は少し狭く感じることもあります。

部屋の内覧が出来るのであれば、必ず実際に内覧して広さを確認しましょう。

その物件でもいえることですが、部屋に何もない状態で見る広さと、実際に家具を配置したときの広さは違ってきますので、どんな家具を置くのかなど、イメージしてみると良いでしょう。

知ってますか?LDKとDKの違い

LDKとDKの違いは、どこにあるかご存知ですか?

まず頭文字から説明しますと、

「L」…リビング(居間)
「D」…ダイニング(食堂)
「K」…キッチン(台所)

をそれぞれ意味しています。

そして、「LDK」はリビングとダイニングとキッチンがひとつになった部屋のこと。
「DK」はダイニングとキッチンがひとつになった部屋のことを指します。

なので、2DKだったら、リビングを除いたダイニングとキッチンの部屋の他に部屋が2つある間取りのことを言います。

DKの間取りであっても、実はテレビがあったりテーブルセットがあったりと、リビングの役割も備わっている間取りもあり、実際、法律でも「LDK」と「DK」を区別する決まりはないのですが、一般的に個室以外の部屋が8畳以上であれば「LDK」、8畳未満なら「DK」と区別しているということです。

部屋数が少なくても近くにこんな施設があれば便利

カップルでの部屋探しで、間取りを1LDKにするか2DKにするか悩むこともあると思います。

各自の部屋を持つか持たないかという問題は、特にお互い考えが違ってくるとなかなか決まりませんよね。

自分の部屋がなかったら、一人になりたいときに困るという考えがあるのなら、それは家の中に限らずとも、探せばたくさんあります。

例えば、公園や図書館など、どこにでもありますし、一人になりたいときでも、リラックスしたいときなどでもおすすめです。

またカフェや喫茶店に行くという方法もあります。

自分のお気に入りのカフェを探して、ゆっくりコーヒー飲んで読書したり、パソコンで仕事することもできますよね。

そして、2人暮らしを始めると、今までやっていた家事が倍くらいになるので、負担が増えたりして疲れてしまうこともあるかと思います。

そんな時は、近所のコンビニやレストラン、パン屋さんなど、おいしいお店を探しておいて、たまには、家事もひと休みしてリフレッシュすることも良いのではないでしょうか。