2人暮らしにおすすめの部屋の広さは?お部屋選びの注意点

同棲を考えているカップルや、結婚が決まったカップルなど、新たに2人暮らしを考える時に悩むのが、お部屋選びについてです。

部屋の数や、それぞれの部屋の広さ、家賃、職場までの距離など、2人で意見が分かれることもあると思います。

2人暮らしにおすすめの部屋の広さや、それぞれのメリット・デメリットなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダンベルを使った背中の鍛え方とより効果を出すためのポイント

胸の筋肉だけではなく、背中の筋肉もある人を見るとかっこいいって思いますよね。でも、自分もそう...

ストレートのボブをアレンジするならこんな髪型

女の子らしくて可愛いストレートのボブは人気のある髪型のひとつですよね。そのままでも充分可愛らしい...

旦那が無職になったらもう保育園は通えないのか

認可保育園に通うには、夫婦共働きが条件となっているのが一般的です。そんな時、もし旦那が突然無...

【テニスラケットの選び方】初心者には黄金スペックがおすすめ

テレビでテニスの試合を観ていると「自分もやってみたい。」と思う人も多いでしょう。自分もかっこよくショ...

水筒のお茶がまずくなる原因は?水筒のお茶を美味しく飲む方法

エコや節約のために、マイ水筒にお茶を入れて持参している人もいますよね。でも、水筒に入れたお茶は時間が...

ギターとピアノ、始めるならどっちがいいのか論争を考える

趣味で楽器を始めたいと考えた場合、ギターとピアノのどっちがいいのか…という論争があります。教...

前髪を止めるのは男性でもアリ。簡単に止める方法と前髪の作り方

前髪が長い男性はどうしていますか。メンズでも前髪は大事なポイント。なかなか決まらないこともありま...

チケット取引で手渡しは危険が少ない?手渡しする際の注意点

人気アーティストのライブチケット。チケット売買によって運良く入手出来た後は受け渡しになりますが、...

友達から絶縁された理由!気持ちの整理の仕方について

友達から連絡が途絶えてしまったら心配になりますよね。しかし度々連絡をしても、返事が来ない場合は、もし...

ステンレスのシンクについた傷を目立たなくする方法を教えます

ステンレスのシンクにいつの間にかついてしまった傷。毎日使う場所だから仕方ないとはいえ、できれば傷を消...

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法

社会人になって初めて実家を離れて一人暮らしを始める人の中には、最初のうちは一人の時間を楽しんでいても...

腹筋運動を日常動作で。簡単な姿勢で眠っている筋肉を呼び覚ます

腹筋を鍛えるための知識があれば、キツイ『上体起こし』以外の運動でスッキリしたお腹周りを手に入れること...

100均グッズで手作りインテリアを作ろう。色々なアイディア

100均の小物たちがおしゃれなインテリアになります。そのまま飾っても素敵な商品はたくさんあり...

友人への出産祝いに現金を渡す場合の相場と渡し方のマナー

親しい友人に赤ちゃんが誕生した場合には、『出産祝い』を渡す方が多いと思います。出産祝いにどんなものを...

かさばる編み物の道具はどうやって収納?見せる収納と隠す収納

編み物の道具は長さがあったり、数を必要としたりなど、意外と収納に困ってしまいます。袋にひとま...

スポンサーリンク

カップルに人気!2人暮らしの部屋の広さはどれくらい必要?

カップルに聞いた一番人気の間取りは、1LDK、広さは40㎡という結果が出ています。

1LDKというと、リビング、キッチンのほかに、部屋は1つという間取りなので、カップルで暮らすには、お互いの部屋がないですよね。
部屋の数は少ないですが、その分をリビングでくつろいだり、生活空間を楽しみたいという考えのカップルが多いということでしょう。

続いては2DK、広さは30㎡、そして2LDK、広さは50㎡が人気のようです。

やはり、お互いの部屋は確保しておきたいと考えるカップルは、2部屋はほしいと考えるのでしょう。

住む場所によって、家賃も変わってきますので、部屋選びの際は、どこかで妥協は必要になってきますね。

2人暮らしの部屋の広さ…。2DKのメリット

2人暮らしで間取り2DKに住む際のメリット

2DKの間取りとは、2部屋の他に、ダイニングキッチンが6~10帖未満の間取りのことを指します。

カップルで2DKの部屋に住む場合は、お互いの部屋が確保できるので、一人の時間を十分に楽しむことができますし、もし喧嘩をしてしまっても、自分の部屋にこもれるので相手と顔を合わさなくて済みます。

大好きな相手でも、一緒に暮らし始めると、暮らす前は気にもならなかったところが気になったり、嫌なところが目につくことが多くなるのはよくあることです。
ちょっとしたことで喧嘩になったとしても、自分の部屋があれば、少し頭を冷やすこともできるので、仲直りの時間も早いということもありますね。

また、生活時間帯がそれぞれ違う場合も、相手を起こさずに外出できます。

2部屋の間取りで2Kというものもありますが、この場合はキッチンが狭いので2人でくつろぐ共有のスペースは、どちらかの部屋に行くという方法しかありません。

逆に部屋数が少ない1LDKや1DKの場合は、2人分の荷物を収納する場所を確保するのが大変ということを聞きます。

2部屋あれば、各自の荷物は自分の部屋で収納すればいいので、荷物を管理しやすいというメリットもあります。

そして、2LDKの間取りより、2DKの方が家賃が安いことが多いということもポイントです。

2人暮らしで1LDKを選ぶなら部屋の広さも注意

ラブラブなカップルは、自分たちの部屋なんかなくても平気!と1LDKを選ぶこともあるでしょう。

1LDKの間取りは、2人の距離が常に近くなる間取りです。

一緒にテレビをみたりくつろげるリビングと、寝室さえあれば良いというカップルであれば、家賃も2LDKよりは抑えることができるので、おすすめな間取りです。

ただし、間取りに気を取られてばかりではいけません。

1LDKでの間取りでは、広さも重要なポイントになってきます。

たまに、1LDKの物件であっても部屋は狭く、布団1枚敷いたらいっぱいというところもあります。

2人暮らしで、1LDKを選ぶときには、広さは40㎡は欲しいところです。

よく、部屋の中に階段があるメゾネットの物件の場合、階段の面積も含めて平米数が計算されるので、書いてある広さより、実際は少し狭く感じることもあります。

部屋の内覧が出来るのであれば、必ず実際に内覧して広さを確認しましょう。

その物件でもいえることですが、部屋に何もない状態で見る広さと、実際に家具を配置したときの広さは違ってきますので、どんな家具を置くのかなど、イメージしてみると良いでしょう。

知ってますか?LDKとDKの違い

LDKとDKの違いは、どこにあるかご存知ですか?

まず頭文字から説明しますと、

「L」…リビング(居間)
「D」…ダイニング(食堂)
「K」…キッチン(台所)

をそれぞれ意味しています。

そして、「LDK」はリビングとダイニングとキッチンがひとつになった部屋のこと。
「DK」はダイニングとキッチンがひとつになった部屋のことを指します。

なので、2DKだったら、リビングを除いたダイニングとキッチンの部屋の他に部屋が2つある間取りのことを言います。

DKの間取りであっても、実はテレビがあったりテーブルセットがあったりと、リビングの役割も備わっている間取りもあり、実際、法律でも「LDK」と「DK」を区別する決まりはないのですが、一般的に個室以外の部屋が8畳以上であれば「LDK」、8畳未満なら「DK」と区別しているということです。

部屋数が少なくても近くにこんな施設があれば便利

カップルでの部屋探しで、間取りを1LDKにするか2DKにするか悩むこともあると思います。

各自の部屋を持つか持たないかという問題は、特にお互い考えが違ってくるとなかなか決まりませんよね。

自分の部屋がなかったら、一人になりたいときに困るという考えがあるのなら、それは家の中に限らずとも、探せばたくさんあります。

例えば、公園や図書館など、どこにでもありますし、一人になりたいときでも、リラックスしたいときなどでもおすすめです。

またカフェや喫茶店に行くという方法もあります。

自分のお気に入りのカフェを探して、ゆっくりコーヒー飲んで読書したり、パソコンで仕事することもできますよね。

そして、2人暮らしを始めると、今までやっていた家事が倍くらいになるので、負担が増えたりして疲れてしまうこともあるかと思います。

そんな時は、近所のコンビニやレストラン、パン屋さんなど、おいしいお店を探しておいて、たまには、家事もひと休みしてリフレッシュすることも良いのではないでしょうか。