2人暮らしにおすすめの部屋の広さは?お部屋選びの注意点

同棲を考えているカップルや、結婚が決まったカップルなど、新たに2人暮らしを考える時に悩むのが、お部屋選びについてです。

部屋の数や、それぞれの部屋の広さ、家賃、職場までの距離など、2人で意見が分かれることもあると思います。

2人暮らしにおすすめの部屋の広さや、それぞれのメリット・デメリットなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

社交ダンスの競技会に初心者が出場する場合の条件を徹底解説

社交ダンスを始めるとどんどん楽しくなってきて、競技会に出場してみたいという人もいるでしょう。...

柔軟剤の匂いを消す方法とは?アイデアをご紹介します

柔軟剤の種類も増え、自分好みの匂いがするものを探すことも楽しいですよね。でも、柔軟剤を入れす...

グルーガン【100均】の基本の使い方と上手に使うコツ

グルーガンは100均でも取り扱いがあり、ハンドメイドなどで使ってみたいと思っている方も多いと思います...

水筒のプラスチック部分の臭いの原因と臭い取りの方法

水筒を毎日使用していると、プラスチック部分の臭いが気になってくることがあります。水筒は直接口に付...

ミニトマトの葉っぱが白い原因と対策・うどんこ病とハモグリバエ

家庭菜園で育てているミニトマトの葉っぱ白いとき、一体何が原因で白くなってしまったのかわからないことも...

炭酸が飲めないのは痛いから!喉や口の中が痛くなるワケと飲み方

炭酸飲料と言えば、あのシュワシュワとした爽快感と喉越しがいいですよね!スッキリしたい時や、暑...

プラスチックへの塗装が剥がれる原因とおすすめの下処理

プラスチックに塗装をすると、塗装をした当初は、しっかりとキレイに塗装がされていると感じますが。使用を...

旦那のゲームにストレス!ゲーム依存から脱出させる方法

家にいればすぐにスマホ片手にゲームばかりする旦那・・・少しは家のことを手伝ってよ!とストレスも溜まり...

子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫の注意点!

子猫の育て方を知っていますか?生後4ヶ月の子猫はどのようなことに注意しながら育てていけばいいのでしょ...

立体ケーキの作り方【初心者でも簡単】バースデーやお祝いにぜひ

立体ケーキの作り方はとても難しくて、初心者には作ることができないと諦めがちですよね。でも、今...

筋トレとストレッチの違いとは?筋トレ前後に効果的な方法を紹介

筋トレとストレッチにはどんな違いがあるのでしょうか?ストレッチをするのは筋トレをする前?それとも筋ト...

プラチナの指輪が傷つきやすい理由と傷から守るための対処法

プラチナの指輪は傷つきやすいのは知っていますか?つい指輪を付けたまま仕事中に重い荷物を持ってしまった...

子育てはイライラとの戦い!怒鳴るのはダメだけど…

子育てはイライラの連続!『怒りの感情が湧いて出たら、深呼吸して』なんていうアドバイス、よーく...

中学生の勉強机のレイアウトのポイントと置いてはいけないモノ

小学生時代とは違い中学生になると勉強の内容も濃くなり、今までの勉強の仕方や勉強机のままというワケには...

窓の防音対策にシートは効果あり?シートの特徴を紹介

窓に防音対策のシートを貼るときにはどんなものを選べばいいのでしょうか?しっかりと防音できるシートとで...

スポンサーリンク

カップルに人気!2人暮らしの部屋の広さはどれくらい必要?

カップルに聞いた一番人気の間取りは、1LDK、広さは40㎡という結果が出ています。

1LDKというと、リビング、キッチンのほかに、部屋は1つという間取りなので、カップルで暮らすには、お互いの部屋がないですよね。
部屋の数は少ないですが、その分をリビングでくつろいだり、生活空間を楽しみたいという考えのカップルが多いということでしょう。

続いては2DK、広さは30㎡、そして2LDK、広さは50㎡が人気のようです。

やはり、お互いの部屋は確保しておきたいと考えるカップルは、2部屋はほしいと考えるのでしょう。

住む場所によって、家賃も変わってきますので、部屋選びの際は、どこかで妥協は必要になってきますね。

2人暮らしの部屋の広さ…。2DKのメリット

2人暮らしで間取り2DKに住む際のメリット

2DKの間取りとは、2部屋の他に、ダイニングキッチンが6~10帖未満の間取りのことを指します。

カップルで2DKの部屋に住む場合は、お互いの部屋が確保できるので、一人の時間を十分に楽しむことができますし、もし喧嘩をしてしまっても、自分の部屋にこもれるので相手と顔を合わさなくて済みます。

大好きな相手でも、一緒に暮らし始めると、暮らす前は気にもならなかったところが気になったり、嫌なところが目につくことが多くなるのはよくあることです。
ちょっとしたことで喧嘩になったとしても、自分の部屋があれば、少し頭を冷やすこともできるので、仲直りの時間も早いということもありますね。

また、生活時間帯がそれぞれ違う場合も、相手を起こさずに外出できます。

2部屋の間取りで2Kというものもありますが、この場合はキッチンが狭いので2人でくつろぐ共有のスペースは、どちらかの部屋に行くという方法しかありません。

逆に部屋数が少ない1LDKや1DKの場合は、2人分の荷物を収納する場所を確保するのが大変ということを聞きます。

2部屋あれば、各自の荷物は自分の部屋で収納すればいいので、荷物を管理しやすいというメリットもあります。

そして、2LDKの間取りより、2DKの方が家賃が安いことが多いということもポイントです。

2人暮らしで1LDKを選ぶなら部屋の広さも注意

ラブラブなカップルは、自分たちの部屋なんかなくても平気!と1LDKを選ぶこともあるでしょう。

1LDKの間取りは、2人の距離が常に近くなる間取りです。

一緒にテレビをみたりくつろげるリビングと、寝室さえあれば良いというカップルであれば、家賃も2LDKよりは抑えることができるので、おすすめな間取りです。

ただし、間取りに気を取られてばかりではいけません。

1LDKでの間取りでは、広さも重要なポイントになってきます。

たまに、1LDKの物件であっても部屋は狭く、布団1枚敷いたらいっぱいというところもあります。

2人暮らしで、1LDKを選ぶときには、広さは40㎡は欲しいところです。

よく、部屋の中に階段があるメゾネットの物件の場合、階段の面積も含めて平米数が計算されるので、書いてある広さより、実際は少し狭く感じることもあります。

部屋の内覧が出来るのであれば、必ず実際に内覧して広さを確認しましょう。

その物件でもいえることですが、部屋に何もない状態で見る広さと、実際に家具を配置したときの広さは違ってきますので、どんな家具を置くのかなど、イメージしてみると良いでしょう。

知ってますか?LDKとDKの違い

LDKとDKの違いは、どこにあるかご存知ですか?

まず頭文字から説明しますと、

「L」…リビング(居間)
「D」…ダイニング(食堂)
「K」…キッチン(台所)

をそれぞれ意味しています。

そして、「LDK」はリビングとダイニングとキッチンがひとつになった部屋のこと。
「DK」はダイニングとキッチンがひとつになった部屋のことを指します。

なので、2DKだったら、リビングを除いたダイニングとキッチンの部屋の他に部屋が2つある間取りのことを言います。

DKの間取りであっても、実はテレビがあったりテーブルセットがあったりと、リビングの役割も備わっている間取りもあり、実際、法律でも「LDK」と「DK」を区別する決まりはないのですが、一般的に個室以外の部屋が8畳以上であれば「LDK」、8畳未満なら「DK」と区別しているということです。

部屋数が少なくても近くにこんな施設があれば便利

カップルでの部屋探しで、間取りを1LDKにするか2DKにするか悩むこともあると思います。

各自の部屋を持つか持たないかという問題は、特にお互い考えが違ってくるとなかなか決まりませんよね。

自分の部屋がなかったら、一人になりたいときに困るという考えがあるのなら、それは家の中に限らずとも、探せばたくさんあります。

例えば、公園や図書館など、どこにでもありますし、一人になりたいときでも、リラックスしたいときなどでもおすすめです。

またカフェや喫茶店に行くという方法もあります。

自分のお気に入りのカフェを探して、ゆっくりコーヒー飲んで読書したり、パソコンで仕事することもできますよね。

そして、2人暮らしを始めると、今までやっていた家事が倍くらいになるので、負担が増えたりして疲れてしまうこともあるかと思います。

そんな時は、近所のコンビニやレストラン、パン屋さんなど、おいしいお店を探しておいて、たまには、家事もひと休みしてリフレッシュすることも良いのではないでしょうか。