テレビの中継に時間差が生じる理由!ラジオはテレビより早い

テレビの中継を見ていると、放送中の音声に時間差が生じていることもあります。特に、国際中継では、時間差が生じている場面をよく見かけるものです。

では、この現象が起きる理由は一体何なのでしょうか。

ここでは、テレビの国際中継で時間差が生じる理由や生放送の仕組み・テレビとラジオの関係についてお伝えします。

私達が毎日見ているテレビには、意外な裏事情があるのです。

テレビ中継の雑学について知って、ちょっとした知識を自慢してみるのも面白いですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウサギのオス同士で仲良くなる方法とは?うさぎの飼い方

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はあるのでしょうか?なわばり意識の強いウサギを多頭飼いするときにはど...

傘の固定グッズ!100均にある様々なタイプの傘立てをご紹介

傘の固定グッズを探している方!100均にも様々な傘の固定グッズがありますよ。また本来は杖や掃...

教育実習後のプレゼントにメダルを作るコツや渡すときの注意点

教育実習最終日に子供たちに何かプレゼントをしたいなら、折り紙で作ったメダルがオススメです。で...

バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたい...

セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ...

チューリップの球根を植える時期は?キレイな花を咲かせる方法

チューリップは、一度花を咲かせた後も上手に球根を保管する事で、翌年もまた花を咲かせることが出来ます。...

太ももの裏側についたお肉を落としたい!痩せ方をご紹介

膝下はそうでもないのに、太ももの裏側のお肉がなかなか落ちない・・・。太ももの裏側にについてしまったお...

クロアリ羽アリの駆除方法!自宅でできる駆除方法とは

クロアリや羽アリが家に大量発生すると、見てて気持ち悪いしすぐにでも駆除したいものです。クロア...

セラミックのフライパンは正しく使えば危険ではありません

「セラミックのフライパンは焦げないからいいよ。」と友達から聞いても、本当に焦げ付くことはないのか、危...

まな板を削り直ししたい時の方法は?日頃のメンテナンスも重要

木のまな板をずっと使い続けていると、カビが生えたり黒ずんでしまうことがあります。素材が木なので、削り...

電気のつけっぱなしに効果的な対策方法とは?さっそくトライ!

どんなに注意してもトイレやリビングが電気つけっぱなし、そんなことで毎日イライラするのもイヤですよね。...

犬の鳴き声で判断!高い声で鳴く時の犬の気持ちを解説

犬の鳴き声には種類があり、高い声で鳴くことがあります。高い声といっても、キュンキュン、キャンキャ...

【赤ちゃんの手づかみ食べ】離乳食中期の赤ちゃんの食事について

離乳食中期になると、自分の手で食事を口に運びたがる赤ちゃんも出てきます。洋服やテーブルが汚れてしまう...

干支の置物。風水的に飾る場所は決まってる?気になる疑問解決!

干支の置物。風水的にもその年の干支を飾ると良いと言われていますよね。そこで、縁起物である干支...

アクセルとブレーキどっちか分からなくなる踏み間違いの危険性

アクセルとブレーキは普段ならどっちを踏むべきかすぐに判断つくものですが、よくニュースで踏み間違い事故...

スポンサーリンク

テレビの国際中継で時間差が生まれる理由

最近では、テレビの普及率も1人1台の家庭もあるほど大きなものとなっていますよね。
テレビ大好き!な人が多い現代では、テレビに対しての素朴な疑問は常にあると思います。
そんな素朴な疑問の一つでもある「時差」について今回は詳しく紹介していきたいと思います。

ニュース中継で映像と音声に時間差が起こる理由

スタジオと現地取材班との中継のやり取りでスタジオから質問を投げかけた時、かなり返事が遅くなってから返ってくるなんて映像を見たことがあると思います。
これは、中継しているところが遠ければ遠いほど時差があるようにも思いますよね?
これの理由として言えるのは「映像と音声が別々に発信されている」というところです。基本的に映像は「衛星」を利用し、音声は「地上の光ファイバー」を使っているためと言われているのです。
簡単に説明すると、映像と音声は別々に発信されているため時間差が生まれて届いているという事なのです。

テレビの国際中継は衛生を利用することで時間差が生じる

国際中継をする時に映像に「衛星」を取り入れている事で、時差が生まれているというのは上記でも簡単に説明しましたよね。

そもそも、音源だけの場合だと国際中継だとしても地上の光ファイバーを使用して届くため遅いという感覚にはなりません。
ただし、映像が届くと別です。
映像と音声はセットのことがほとんどのため、伝達手段が違うところからも時間差という問題が生じてしまうのです。

そう考えると、使用する人が減少している「ラジオ」を使うと、ズレがなく光ファイバーで音声のみ届くという事になるのですね。

テレビの生放送中継にも時間差がある

次には、ちょっとした驚きを紹介したいと思います。
テレビを見ていると特別番組などで、よく「LIVE」と表示されている映像を見かけませんか?
ご存知の通り、LIVEの意味は生中継という意味で事前に録画していた映像を流しているわけではないですよ…という事をアピールしていますよね。
ここからが驚きです。
実は、この「生中継」ですが、本当の正確な生中継ではないのです。
「え?どういう意味?」と思いますよね。
ここから詳しく紹介していきたいと思います。

生中継は若干の時間差が存在している。

テレビ業界では、語ってはいけない事柄や言ってはいけない用語も制限されているため、いくら生中継でもそこはしっかり対応しなくてはいけないのです。
ですので、放送禁止用語を生中継で語ってしまった場合に備えて5秒から10秒程度消す余裕をもって生中継を送っているというわけなのです。
まあ5秒位なら「生中継」と言っても良いようにも思いますが、厳密に言うと「生中継」ではないという結論に達するようです。

テレビの中継よりもラジオの放送の方が早い

上記でもチラッと紹介しましたが、やはりテレビよりもラジオの方が伝達速度は早いため、同時に同じチャンネルをつけた場合ラジオの方がより早く進んでいるのがわかるでしょう。
とはいっても、何十分も何時間も早く伝えているわけではありません。
そんなに早くラジオが対応できるのならもっと現代社会にもラジオは普及しているはずです。残念ながらこちらも何秒か早いという程度に収まってしまっています。

ただし、スポーツ中継などの場合は、野球だとホームランをいち早く確認できるのでラジオの方がオススメかもしれませんね。
最近の車だとカーナビが当たり前ですので、映像で野球を見ることも可能ですが昭和後期の車だとカセットラジオ付属のオーディオ機械が主流でしたのでよく野球が車のラジオから流れてきていた事を記憶しています。
映像が無いことで物足りなさも感じましたが、今考えると映像がないからこそ臨場感を感じられる存在だったのかもしれませんね。

デシタルテレビ中継の時間差で時報が廃止

ブラウン管テレビからデジタルテレビへと変化をとげ、テレビ業界でも時報がなくなりました。
かつて某TV局で12時には必ず毎日時報を映像として届けていたのですが、テレビのデジタル化が始まり、こちらも時間差の影響から何秒かズレて正確な時間を伝える事ができなくなったため、廃止という結果に至ったのです。

そう考えると、時代は常に進化しているにも関わらずやはりそれだけでは対応しきれないという自然の原理も抱えておりメリットだけでは無いという事がわかりますよね。
勿論最近ではもうブラウン管テレビを利用している人の姿がほぼ見かけなくなりましたので、差を比べようにも難しい環境とも言えますが、昔は昔の良さがあったという事が言えるのだと思います。
そのためなのか、昭和の古き良き時代をこよなく愛している人はまだまだたくさん居て、手動でダイヤルを回すタイプのテレビをコレクションとしている人も少なくありません。
便利だから…といって何者にでも変わっていってしまう現代ですが、大切なのはその基盤が根底にはあったという事です。
何事も原点があったわけですから、最新の機器を取り入れることも必要ではありますが、昔の良さも思い出し使えるものは使う、大切にするという事は忘れずにいたいものですよね。