スニーカーのゴムを買った時のように白くする方法を教えます

お気に入りのスニーカーを毎日のように履いていると、底のゴムのところが黄ばんできてしまいますよね。

なんとか買ったばかりの時のように白くすることはできないのでしょうか?自宅の洗濯機で洗うことも可能なのでしょうか?

スニーカーのゴムを白くする方法と洗濯機で洗う場合の注意点、そして汚れないための保管方法について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体を柔らかくする方法【短期間】柔軟性を手に入れる極意を伝授!

体を柔らかくする方法。しかも短期間で!痛みに耐えてギュウギュウ可動域を広げても、柔軟性を手に...

ダンスの振り付けが覚えられない人必見!振り付けを覚えるコツ

ダンスの振り付けがどうしても覚えられない!周りが軽快なステップを踏んでいるのに、なぜこんなにも自分は...

服をハンガーにかけて干すと伸びる。干すときのポイントとは

服をハンガーにかけて乾かすと伸びるのをどうにかしたい!しかし、逆さまにして洗濯バサミでとめても、服と...

一人暮らしの不安や寂しい気持ちで胸が潰れそうな人、読んで!

一人暮らしの不安や寂しいを抱えていると、本当に胸が潰れますよね?今まで、夜帰って電気がついて...

自転車の塗装が剥がれたときの影響と自分でもできる対処法

自転車の塗装が剥がれることは自転車を愛用していると時々直面していまいます。お気に入りの自転車の塗装が...

スライムの材料のホウ砂とは?スライムの作り方を紹介

スライムの材料に使われるホウ砂はどのように扱えばいいのでしょうか?子どもに人気なスライムですが、安全...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

気軽にハンドメイド!小物なら余った布で作る事ができます

ハンドメイドをする方は、はぎれがどんどん溜まっていきませんか?小さな布でも、可愛くてお気に入りだった...

ガソリンに引火する条件温度は何度?ガソリンは引火点が低い!

ガソリンスタンドなどで「火気厳禁」という表示を目にしたことがある人もいますよね。ガソリンに引火してし...

ガス代は一人暮らしの冬の時期でいくらなのか調べてみました

一人暮らしをしていると、ガス代が高いなと思うことはありませんか?気温が下がる冬は特に感じますね。...

迷惑電話の撃退方法!かかってきた迷惑電話はこの方法で撃退!

迷惑電話がかかってくると本当に気分が悪くなりますよね。忙しいときや外出の前など、時間に余裕がない時に...

洗濯ものを部屋干しする時のコツをアレコレ色々とご紹介!

洗濯ものの干し方には、人それぞれのセオリーを感じませんか?太陽の下で、カラッカラに干したい人...

入院中お見舞いに来ないで欲しい理由と来て欲しくないときの対策

入院中にはお見舞いに来ないで欲しいと正直思っていませんか?例えば、女性の場合は入院中は化粧も...

高校の卒業旅行は韓国がオススメ!事前にやるべきことや注意点

高校の卒業旅行に韓国に行くという学生が増えています。韓国なら日本からとても近く、時差もないので、学生...

香典袋には夫婦どちらの名前を書く?入れる金額についても解説

夫婦で葬儀に出席するとなると、香典袋は連名で書くのか、それとも夫の名前だけでいいのか、金額はどうした...

スポンサーリンク

スニーカーのゴムを白くする方法とは?汚れが軽い場合について

靴は履いていても履いていなくても、時間とともに色が変わってきたりする事があります。

友人はネットで購入した靴の底のゴム部分が、届いたときにはすでに変色していたと言っていた事がありました。

キレイなまま箱に入れて置いていただけでも、劣化していきます。

靴のゴムのところが、黄ばんでいるような変色がみられたら、それは、ゴムが劣化しているという事です。

箱の中やシューズボックスなどの中の、暗い場所で保管しているうちに、ゴムの中の酸化防止剤が変色してしまい、黄ばみの原因になるのです。

ゴムが黄色く変色した時の対処法

軽いものなら、普通の消しゴムで擦るだけでも黄ばみが落ちます。

もしも消しゴムでもキレイにならなかったら、メラニンスポンジで擦りましょう。メラミンスポンジで、ゴムの変色した部分を研磨し取ります。
スニーカーの布や皮の部分に当たらないように気をつけましょう。

消しゴムやメラミンスポンジでも表面がとれますが、それでもまだ気になるならメラニンスポンジなどのスポンジに、クレンザーを少しだけ足して優しく擦りましょう。
削りとる感じになるので少しずつ優しく気をつけながらやりましょう。

かなり汚れているスニーカーのゴムを白くするためには何を使えばいい?

ゴムの部分が汚れている場合

アルコールのスプレーを、布や皮などの、スニーカー本体部分にかからないように気をつけながら、スニーカーのゴムのところにだけにかけて、布やティッシュなどでふき取る事で白くなります。アルコールだけなので、ただふき取るだけで白くキレイになり、特に洗う必要もなく手軽にできます。

黄ばみは取れませんが、「汚れてしまったゴムの部分を白くしたい、でも洗うとなると痛む」という時に簡単に白くできます。

アルコールスプレーはお手軽な値段で売っていますし、キッチンやプラスチックなど使用方法が色々と便利で除菌もできるのでお勧めです。

重曹でもスニーカーのゴムを白くすることはできる?

重曹は、掃除など色々なところで役に立つので、家にあるという人もけっこう多いかと思います。

もしもアルコールスプレーはないけど、重曹ならあるという人は、重曹を使用して汚れを落としてみましょう。

重曹は細かい粒で、少し削るようなイメージですので、靴の裏の目立たないところで、できるだけ傷がつかないのか、使用したとしても、擦った跡がつかないかをチェックしてからにしましょう。

また、力の入れすぎにも注意しましょう。

重曹を使用したスニーカー汚れの落とし方

  1. 重曹に、水を少しずつ入れてペーストにする。
  2. ペースト状になったら、ペースト状の重曹を、ティッシュでもいいので少しずつつけて優しく汚れをふき取る。
  3. キレイになったらティッシュなどを水で濡らして、ペーストが残らないように拭く。

大切なスニーカーが汚れないように保管するためには?

スニーカーの置き場所も大切

スニーカーなどの靴にとって、高温多湿は大敵です。
風通しの良いところがおすすめですので、もしもご自宅のシューズボックスが、空気の流れの悪いところなら、シューズボックスに入れているだけで、どんどん劣化が進んでしまうかもしれません。

履く予定がしばらくないようなスニーカーは、シューズボックスが風通しがなければ、スニーカーが元々入っていた箱に入れて、風通しのいい場所に置いた方がいいでしょう。

特にドア式のシューズボックスだと空気が通らない造りのものが多いですので気をつけましょう。

また、普段からよく履いているスニーカーも除湿剤を中に入れたり、シューズボックスの中にも入れておきましょう。

また、普段よく履くスニーカーも、数足で交代で履けるようにしましょう。

スニーカーは洗濯機でも洗える?そのために注意することとは?

スニーカーを洗濯機で洗う事もできますが、注意がいくつか必要になります。

洗濯機にも靴にも悪影響を与える事がありますので気をつけましょう。

スニーカーを洗濯機で洗う場合

スニーカーの汚れをある程度は落としておく

靴の底の部分についている、小石やゴミなどがあれば落とします。
ほろっても取れないような泥汚れのようなものなどは、いらなくなったシューズブラシや捨ててもいい歯ブラシなどで落としておきましょう。

スニーカーの中敷を外しておく

中敷を敷いたまま洗ってしまうと、靴の中で洗いきれない所が出てしまったり、乾かす時にも乾きにくくなります。

中敷は外して両方洗いましょう。

スニーカー用クッションが入っているネットを使用する

洗濯ネットの中でも、傷をつけないためにクッションが入っているものがあります。

そのままはもちろん、普通のネットだと、スニーカーにも洗濯機にも悪影響を与える事に繋がってしまいます。

クッションがしっかりしている靴用のネットとしても市販されています。

スニーカーを洗う時は水を多めにする

水が多い事によって、傷を更に防いでくれます。

洗ったスニーカーは直射日光を避けて干す

風通しのいい、日陰で干すようにしましょう。