バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたいと考える人も多いのではないでしょうか。茶色に変色してしまったバラの花びらを見るのは、なんとも寂しいものです。

ここでは、バラの切り花を長く楽しむ方法についてお伝えします。切り花を生ける前の準備や、花が枯れてしまう原因を知って、長く花を楽しめるようにしましょう。

花を長く楽しむコツが分かれば、上手にバラを生けて部屋に飾ることができます。美しいバラの花をなるべく長く咲かせられるように、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

可愛いスマホケースの手帳型が簡単に手作りできる方法

スマホケースは手帳型を使っていますか?落としてもスマホが壊れにくく、また持った時に手の馴染みも良いの...

ハムスターの好物かぼちゃ!そのあげかたについて

ハムスターは野菜が大好き!かぼちゃも好きな野菜のひとつです。ただかぼちゃは硬いですし、そのあげかたに...

家庭菜園の大葉が硬い!硬くなる原因と対策・大葉の上手な育て方

家庭菜園で栽培している大葉の葉が硬いというお悩みを抱えている人もいますよね。大葉の葉が硬くなってしま...

香典袋には夫婦どちらの名前を書く?入れる金額についても解説

夫婦で葬儀に出席するとなると、香典袋は連名で書くのか、それとも夫の名前だけでいいのか、金額はどうした...

入籍後に結婚式を挙げたカップルの友人代表スピーチのコツ

入籍後に結婚式を挙げるカップルは多いですが、入籍後しばらく経ってから結婚式を挙げるカップルもたくさん...

似顔絵の描き方を知りたい。デフォルメのコツは

似顔絵を描く時の描き方は2パターンあります。写真のようにリアルに描くパターンと、コミカルなタッチ...

浴室の折戸の掃除方法!汚れやすい原因と掃除の手順

浴室の掃除というと、バスタブの汚れや床の汚れ、また曇りやすい鏡の掃除も欠かせません。そこでついつ...

大学を退学後に選べる進路!再入学・就職・専門学校について解説

大学を中退した後に自分のこれからの進路について考えてみた時、大学に再入学するか就職するかという選択肢...

靴下が脱げるのが片方だけの理由や脱げない靴下選びと対処法とは

靴下が靴の中で脱げる、しかも何故か片方だけ脱げるということにお悩みの人もいるでしょう。靴下が...

服に付いてしまったペンキの取り方!早めの対処がおすすめ

うっかり服に付いてしまったペンキは、普通に洗濯をしてもシミは落ちませんよね。服にペンキが付いてしまっ...

電話でアンケートをしてくるのは怪しい!見極め方法と対処方法

怪しいと思うアンケートの電話がかかってきたときにはどうしたらいいのでしょうか?何もしていない...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

ダンスの振り付けが覚えられない人必見!振り付けを覚えるコツ

ダンスの振り付けがどうしても覚えられない!周りが軽快なステップを踏んでいるのに、なぜこんなにも自分は...

一人暮らしの不安や寂しい気持ちで胸が潰れそうな人、読んで!

一人暮らしの不安や寂しいを抱えていると、本当に胸が潰れますよね?今まで、夜帰って電気がついて...

プラスチック製品に貼ったシールの剥がし方!剥がす方法と注意点

小さなお子様がいるご家庭では、貼ってほしくない場所に子供がシールを貼ってしまったという経験がある方も...

スポンサーリンク

バラの花びらが茶色に変色するのを予防!バラの切り花を長持ちさせるための準備

バラの切り花を購入したりプレゼントで頂いたときには、出来るだけ長く美しいバラを楽しみたいものです。
しかし一体、美しいバラを出来るだけ長く楽しむためにはどうしたらいいのか?と考える人も多いことでしょう。
そこで、美しいバラを出来るだけ長く楽しむ方法についてお伝えしていきます。

バラを花瓶に活けための準備

美しいバラを長く楽しむために適しているバラを飾る場所についてお伝えしていきます。

清潔な花瓶を用意

しばらく花瓶を使わないでしまっておいているときには、花瓶の中にホコリやゴミが入っていることがあります。
また、普段から花瓶を使っていたとしても、花瓶の中に汚れがついていたり雑菌が繁殖していたりする場合があります。
花瓶が清潔ではないものにバラを飾ってしまうと、バラは元気を失い枯れやすくなってしまいます。
そのため花瓶を使用する前後には、洗剤などを用いて花瓶をキレイに洗いましょう。そして、清潔な花瓶を使ってバラを活けるようにしましょう。

清潔な花瓶を用意することが出来たら、バラの切り花をすぐに活けることを心がけましょう。

花は水があることによって美しく咲いていることが出来る

そのため、なるべく早く水に浸けてあげることを意識します。

清潔な花瓶にバラを活けることが出来たら、次はバラを飾る場所についてです。

バラは風通しが良くて直射日光の当たらない場所に飾る

そしてバラを飾る場所の温度は寒すぎず暑すぎず、程よい温かさのある場所に飾ることによって美しいバラを長く楽しむことができます。

バラの花びらが茶色に変色!切り花が枯れる原因

バラの花びらが茶色に変色してしまったり、切り花がすぐに枯れてしまうことには原因があります。

花瓶の水を替えないとバラは枯れる

花瓶の水は交換をして、新鮮なお水を入れておくようにしましょう。

水もずっと放置したままでは腐ってしまう

花にとって水は、生きるために必要なもの。花は水を吸い上げることによって、咲き続けることができます。
腐った水には、雑菌などが繁殖しています
雑菌が繁殖した水を吸い上げていると、花は次第に水を吸い上げることが出来なくなってしまいます。
花が水不足になってしまいますし、雑菌がどんどん繁殖していくので花にも雑菌が付着して腐食を進めます。もしも花が水不足のために元気がないと感じたときには水揚げをしてみましょう。

バラの花びらを茶色に変色させたくない!長持ちさせるには水不足を解消

バラの花が水を吸い上げる力が弱くなってしまって元気がないときには、水揚げをしてあげましょう。

水揚げとは、バラの茎の切り口をハサミなどで整えること

再びバラが元気に水を吸い上げることが出来るようにするための方法です。それでは、水揚げの方法について詳しく説明をしていきます。

バラの花を水揚げするために必要な道具は、水を入れた容器とハサミがあれば行うことが出来ます。
まずは、バラの茎部分を水を入れた容器の中につけます。水の中に茎を入れた状態で、ハサミを使って茎部分を斜めに切ります。
そうして、バラを水の入った花瓶に戻してあげれば、バラはまた水を元気に吸い上げることが出来るようになります。

バラの花びらを枯らさずに長く楽しむ裏技

バラの花びらを枯らすことなく、長く楽しむポイントについてお伝えしていきました。
しかし、裏技のような方法でも、バラの花びらを枯らさずに長く楽しむ方法があります。

バラの花瓶の水に漂白剤を入れる

漂白剤を入れることによって、菌の繁殖を抑えてくれる効果があります。菌が繁殖してしまうと、花は元気に咲くことが出来なくなってしまいます。

菌が繁殖することによって、すぐに枯れてしまう原因にもなります

漂白剤を入れることによって、そんな菌の繁殖を抑えることが出来るので、花は元気に咲くことが出来るのです。

この裏技のような方法も併用してバラを手入れしていくことによって、より長く美しいバラを楽しむことが出来ます。
試してみてください。

バラの花を長く楽しむコツ

バラの花を長く楽しむコツは、清潔な状態を保つことと水揚げをすることにあります。
バラを活ける花瓶の清潔さや、花瓶の中の水の清潔さ、バラを飾る環境の清潔さなど、清潔な状態を保ってあげることによって、美しい繊細なバラを長く楽しむことが出来ます。
また、バラの元気がないと感じるときには水揚げをしてあげるようにしましょう。
美しいバラをずっと咲き続けさせることが出来れば良いですが、バラも生きているのでいつかは枯れてしまう時がきます。
しかし、バラの手入れ方法によって長く咲かせることは出来ます。バラを長く楽しめるように、しっかりと手入れをしてあげましょう。