バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたいと考える人も多いのではないでしょうか。茶色に変色してしまったバラの花びらを見るのは、なんとも寂しいものです。

ここでは、バラの切り花を長く楽しむ方法についてお伝えします。切り花を生ける前の準備や、花が枯れてしまう原因を知って、長く花を楽しめるようにしましょう。

花を長く楽しむコツが分かれば、上手にバラを生けて部屋に飾ることができます。美しいバラの花をなるべく長く咲かせられるように、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トマトの栽培で必要な仮支柱と本支柱の立て方や支柱選び

家庭菜園のなかでも育てやすく、収穫が楽しみなのがトマトですね。トマトを栽培する時に必要なのが支え...

干支の置物を処分することはできる?自分で・神社で処分する方法

毎年その年の干支の置物を飾っているご家庭もありますよね。一年の縁起物として飾っていても、次の...

ガリのお寿司の使い方!ガリ本来の役割と知って得する通の使い方

お寿司を食べに行くと、必ずガリが置いてありますよね。普段なんとなく食べてしまうガリですが、ガリ本...

新生児のお風呂はドキドキ!入れ方や必要なものを紹介します

産院で新生児をお風呂に入れてくれるところも多いですね。退院して自宅で入れるとなると、うまく入...

入院中お見舞いに来ないで欲しい理由と来て欲しくないときの対策

入院中にはお見舞いに来ないで欲しいと正直思っていませんか?例えば、女性の場合は入院中は化粧も...

デイサービスの体操が楽しいと感じてもらう為に出来ること

デイサービスでは体を動かして体操をしますが、楽しい時間にしたいものですね。体操には、自立に向...

浴室の折戸の掃除方法!汚れやすい原因と掃除の手順

浴室の掃除というと、バスタブの汚れや床の汚れ、また曇りやすい鏡の掃除も欠かせません。そこでついつ...

通帳をなくした!悪用される可能性は?通帳を無くした時の対処法

いつもしまってあるはずの場所に通帳がない!通帳をなくした!突然こんな状況になったら焦りますよね。特に...

合皮は劣化すると剥がれる!理由や寿命と気をつけたい保管方法

合皮は劣化により剥がれることがあります。お気に入りの合皮のバッグが剥がれてきていたら、それがそのバッ...

換気扇からの異音の対処法!トイレの換気扇で考えられる原因

トイレに設置してある換気扇からいつもと違う異音がしてきたら、どうしたらよいのでしょうか。音がうる...

アルミのフライパンがくっつく原因とはアルミフライパンの使い方

アルミのフライパンはくっつくから、なかなか手が出せないという人が多いのではないでしょうか?ア...

タッパーをレンジで加熱するときはふたを外して加熱しよう

タッパーをお弁当箱代わりにしている人もいるのではないでしょうか。お弁当を食べるときに、レンジでタッパ...

ハムスターの砂場用容器の選び方!100均アイテムでも代用可能

ハムスターの砂遊びで必要な砂場の容器ですが、市販されている物を使って失敗してしまうこともあります。...

自転車を宅配で送りたい!宅配の方法を紹介します!

引っ越しすることが決まったら、荷造りが大変ですね!お気にいりの自転車はどうしよう!?持ってい...

プラスチックへの塗装が剥がれる原因とおすすめの下処理

プラスチックに塗装をすると、塗装をした当初は、しっかりとキレイに塗装がされていると感じますが。使用を...

スポンサーリンク

バラの花びらが茶色に変色するのを予防!バラの切り花を長持ちさせるための準備

バラの切り花を購入したりプレゼントで頂いたときには、出来るだけ長く美しいバラを楽しみたいものです。
しかし一体、美しいバラを出来るだけ長く楽しむためにはどうしたらいいのか?と考える人も多いことでしょう。
そこで、美しいバラを出来るだけ長く楽しむ方法についてお伝えしていきます。

バラを花瓶に活けための準備

美しいバラを長く楽しむために適しているバラを飾る場所についてお伝えしていきます。

清潔な花瓶を用意

しばらく花瓶を使わないでしまっておいているときには、花瓶の中にホコリやゴミが入っていることがあります。
また、普段から花瓶を使っていたとしても、花瓶の中に汚れがついていたり雑菌が繁殖していたりする場合があります。
花瓶が清潔ではないものにバラを飾ってしまうと、バラは元気を失い枯れやすくなってしまいます。
そのため花瓶を使用する前後には、洗剤などを用いて花瓶をキレイに洗いましょう。そして、清潔な花瓶を使ってバラを活けるようにしましょう。

清潔な花瓶を用意することが出来たら、バラの切り花をすぐに活けることを心がけましょう。

花は水があることによって美しく咲いていることが出来る

そのため、なるべく早く水に浸けてあげることを意識します。

清潔な花瓶にバラを活けることが出来たら、次はバラを飾る場所についてです。

バラは風通しが良くて直射日光の当たらない場所に飾る

そしてバラを飾る場所の温度は寒すぎず暑すぎず、程よい温かさのある場所に飾ることによって美しいバラを長く楽しむことができます。

バラの花びらが茶色に変色!切り花が枯れる原因

バラの花びらが茶色に変色してしまったり、切り花がすぐに枯れてしまうことには原因があります。

花瓶の水を替えないとバラは枯れる

花瓶の水は交換をして、新鮮なお水を入れておくようにしましょう。

水もずっと放置したままでは腐ってしまう

花にとって水は、生きるために必要なもの。花は水を吸い上げることによって、咲き続けることができます。
腐った水には、雑菌などが繁殖しています
雑菌が繁殖した水を吸い上げていると、花は次第に水を吸い上げることが出来なくなってしまいます。
花が水不足になってしまいますし、雑菌がどんどん繁殖していくので花にも雑菌が付着して腐食を進めます。もしも花が水不足のために元気がないと感じたときには水揚げをしてみましょう。

バラの花びらを茶色に変色させたくない!長持ちさせるには水不足を解消

バラの花が水を吸い上げる力が弱くなってしまって元気がないときには、水揚げをしてあげましょう。

水揚げとは、バラの茎の切り口をハサミなどで整えること

再びバラが元気に水を吸い上げることが出来るようにするための方法です。それでは、水揚げの方法について詳しく説明をしていきます。

バラの花を水揚げするために必要な道具は、水を入れた容器とハサミがあれば行うことが出来ます。
まずは、バラの茎部分を水を入れた容器の中につけます。水の中に茎を入れた状態で、ハサミを使って茎部分を斜めに切ります。
そうして、バラを水の入った花瓶に戻してあげれば、バラはまた水を元気に吸い上げることが出来るようになります。

バラの花びらを枯らさずに長く楽しむ裏技

バラの花びらを枯らすことなく、長く楽しむポイントについてお伝えしていきました。
しかし、裏技のような方法でも、バラの花びらを枯らさずに長く楽しむ方法があります。

バラの花瓶の水に漂白剤を入れる

漂白剤を入れることによって、菌の繁殖を抑えてくれる効果があります。菌が繁殖してしまうと、花は元気に咲くことが出来なくなってしまいます。

菌が繁殖することによって、すぐに枯れてしまう原因にもなります

漂白剤を入れることによって、そんな菌の繁殖を抑えることが出来るので、花は元気に咲くことが出来るのです。

この裏技のような方法も併用してバラを手入れしていくことによって、より長く美しいバラを楽しむことが出来ます。
試してみてください。

バラの花を長く楽しむコツ

バラの花を長く楽しむコツは、清潔な状態を保つことと水揚げをすることにあります。
バラを活ける花瓶の清潔さや、花瓶の中の水の清潔さ、バラを飾る環境の清潔さなど、清潔な状態を保ってあげることによって、美しい繊細なバラを長く楽しむことが出来ます。
また、バラの元気がないと感じるときには水揚げをしてあげるようにしましょう。
美しいバラをずっと咲き続けさせることが出来れば良いですが、バラも生きているのでいつかは枯れてしまう時がきます。
しかし、バラの手入れ方法によって長く咲かせることは出来ます。バラを長く楽しめるように、しっかりと手入れをしてあげましょう。