バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたいと考える人も多いのではないでしょうか。茶色に変色してしまったバラの花びらを見るのは、なんとも寂しいものです。

ここでは、バラの切り花を長く楽しむ方法についてお伝えします。切り花を生ける前の準備や、花が枯れてしまう原因を知って、長く花を楽しめるようにしましょう。

花を長く楽しむコツが分かれば、上手にバラを生けて部屋に飾ることができます。美しいバラの花をなるべく長く咲かせられるように、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学校から義務教育化された英語!発音をしっかり学ぶ重要性

英語が2018年4月から小学校でも義務教育化となりました。グローバル化が進む中、確かに英語を学ぶ...

豚肉を柔らかくする方法で玉ねぎを使うコツや下処理のポイント

豚肉を柔らかくする方法ですりおろした玉ねぎに漬け込むという方法をご存知でしょうか。玉ねぎで豚...

友達と絶縁すると後悔する?絶縁すべき相手の特徴について

友達と絶縁をしたら後悔をしてしまう?仲が良いからこそ許せなかったり、感情をむき出しにしてしまうことっ...

トマトの栽培で必要な仮支柱と本支柱の立て方や支柱選び

家庭菜園のなかでも育てやすく、収穫が楽しみなのがトマトですね。トマトを栽培する時に必要なのが支え...

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

プラバンの作り方!電子レンジでも作れる場合があります

プラバンを作る場合、多くの方が使用しているのがトースターです。しかし電子レンジはあるけど、トースター...

100均グッズで手作りインテリアを作ろう。色々なアイディア

100均の小物たちがおしゃれなインテリアになります。そのまま飾っても素敵な商品はたくさんあり...

バレエの発表会の衣装代はどのくらい?衣装代の相場について

バレエの発表会の衣装代はどのくらいかかるものなのでしょうか?一着の金額はだいたいこのくらいなので、踊...

泡カラーのコツ!髪をムラなく上手に染める方法

泡タイプのヘアカラーは泡状のまま使うことができるため、垂れることなく自分で塗りやすいと人気があります...

アパートへ引っ越し!挨拶はしない方が安心なパターンもあり

アパートへ引っ越しをして、作業が一段落したら、次は周りのお部屋に挨拶周りというのが一般的なイメージで...

発泡スチロールの箱をタダでもらう方法と臭いの除去方法

発泡スチロールの箱はお店に行けば販売していますが、タダでもらう方法はあるのでしょうか。発泡スチロ...

告別式での弔辞の言葉…孫が読む場合の文章の書き方とは

告別式で親族代表として孫が挨拶を行うケースが増えてきています。でも、そんな大役を任せられてもどんなこ...

ガラスの曇り止めに効く裏技!お風呂場の曇りもこれでさようなら

お風呂場のガラスは曇りやすいですが、身近なもので曇り止めができる裏技があるって知っていますか?特...

海の遠泳の泳ぎ方、クロールや平泳ぎのコツと注意点

海で遠泳をする場合、おそらくクロールか平泳ぎの泳ぎ方にすると思いますが、プールとは違う海での遠泳のた...

窓の防音対策にシートは効果あり?シートの特徴を紹介

窓に防音対策のシートを貼るときにはどんなものを選べばいいのでしょうか?しっかりと防音できるシートとで...

スポンサーリンク

バラの花びらが茶色に変色するのを予防!バラの切り花を長持ちさせるための準備

バラの切り花を購入したりプレゼントで頂いたときには、出来るだけ長く美しいバラを楽しみたいものです。
しかし一体、美しいバラを出来るだけ長く楽しむためにはどうしたらいいのか?と考える人も多いことでしょう。
そこで、美しいバラを出来るだけ長く楽しむ方法についてお伝えしていきます。

バラを花瓶に活けための準備

美しいバラを長く楽しむために適しているバラを飾る場所についてお伝えしていきます。

清潔な花瓶を用意

しばらく花瓶を使わないでしまっておいているときには、花瓶の中にホコリやゴミが入っていることがあります。
また、普段から花瓶を使っていたとしても、花瓶の中に汚れがついていたり雑菌が繁殖していたりする場合があります。
花瓶が清潔ではないものにバラを飾ってしまうと、バラは元気を失い枯れやすくなってしまいます。
そのため花瓶を使用する前後には、洗剤などを用いて花瓶をキレイに洗いましょう。そして、清潔な花瓶を使ってバラを活けるようにしましょう。

清潔な花瓶を用意することが出来たら、バラの切り花をすぐに活けることを心がけましょう。

花は水があることによって美しく咲いていることが出来る

そのため、なるべく早く水に浸けてあげることを意識します。

清潔な花瓶にバラを活けることが出来たら、次はバラを飾る場所についてです。

バラは風通しが良くて直射日光の当たらない場所に飾る

そしてバラを飾る場所の温度は寒すぎず暑すぎず、程よい温かさのある場所に飾ることによって美しいバラを長く楽しむことができます。

バラの花びらが茶色に変色!切り花が枯れる原因

バラの花びらが茶色に変色してしまったり、切り花がすぐに枯れてしまうことには原因があります。

花瓶の水を替えないとバラは枯れる

花瓶の水は交換をして、新鮮なお水を入れておくようにしましょう。

水もずっと放置したままでは腐ってしまう

花にとって水は、生きるために必要なもの。花は水を吸い上げることによって、咲き続けることができます。
腐った水には、雑菌などが繁殖しています
雑菌が繁殖した水を吸い上げていると、花は次第に水を吸い上げることが出来なくなってしまいます。
花が水不足になってしまいますし、雑菌がどんどん繁殖していくので花にも雑菌が付着して腐食を進めます。もしも花が水不足のために元気がないと感じたときには水揚げをしてみましょう。

バラの花びらを茶色に変色させたくない!長持ちさせるには水不足を解消

バラの花が水を吸い上げる力が弱くなってしまって元気がないときには、水揚げをしてあげましょう。

水揚げとは、バラの茎の切り口をハサミなどで整えること

再びバラが元気に水を吸い上げることが出来るようにするための方法です。それでは、水揚げの方法について詳しく説明をしていきます。

バラの花を水揚げするために必要な道具は、水を入れた容器とハサミがあれば行うことが出来ます。
まずは、バラの茎部分を水を入れた容器の中につけます。水の中に茎を入れた状態で、ハサミを使って茎部分を斜めに切ります。
そうして、バラを水の入った花瓶に戻してあげれば、バラはまた水を元気に吸い上げることが出来るようになります。

バラの花びらを枯らさずに長く楽しむ裏技

バラの花びらを枯らすことなく、長く楽しむポイントについてお伝えしていきました。
しかし、裏技のような方法でも、バラの花びらを枯らさずに長く楽しむ方法があります。

バラの花瓶の水に漂白剤を入れる

漂白剤を入れることによって、菌の繁殖を抑えてくれる効果があります。菌が繁殖してしまうと、花は元気に咲くことが出来なくなってしまいます。

菌が繁殖することによって、すぐに枯れてしまう原因にもなります

漂白剤を入れることによって、そんな菌の繁殖を抑えることが出来るので、花は元気に咲くことが出来るのです。

この裏技のような方法も併用してバラを手入れしていくことによって、より長く美しいバラを楽しむことが出来ます。
試してみてください。

バラの花を長く楽しむコツ

バラの花を長く楽しむコツは、清潔な状態を保つことと水揚げをすることにあります。
バラを活ける花瓶の清潔さや、花瓶の中の水の清潔さ、バラを飾る環境の清潔さなど、清潔な状態を保ってあげることによって、美しい繊細なバラを長く楽しむことが出来ます。
また、バラの元気がないと感じるときには水揚げをしてあげるようにしましょう。
美しいバラをずっと咲き続けさせることが出来れば良いですが、バラも生きているのでいつかは枯れてしまう時がきます。
しかし、バラの手入れ方法によって長く咲かせることは出来ます。バラを長く楽しめるように、しっかりと手入れをしてあげましょう。