バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたいと考える人も多いのではないでしょうか。茶色に変色してしまったバラの花びらを見るのは、なんとも寂しいものです。

ここでは、バラの切り花を長く楽しむ方法についてお伝えします。切り花を生ける前の準備や、花が枯れてしまう原因を知って、長く花を楽しめるようにしましょう。

花を長く楽しむコツが分かれば、上手にバラを生けて部屋に飾ることができます。美しいバラの花をなるべく長く咲かせられるように、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ポケットポーチの作り方!100均の材料を使った簡単な作り方

小学生や幼稚園の女子に人気のポケットポーチ。ポケットのない洋服のときでもハンカチやティッシュを持ち歩...

ピアスが入らない時に上手に入れるコツと注意点・穴の確認方法

ピアスを入れようと思っても、なかなか入らないこともありますよね。無理に入れると痛みを感じる場合もあり...

鏡と写真で全然違うのはなぜ?顔の印象の摩訶不思議

鏡と写真で印象が全然違うと思ったことありませんか?なぜそこまで鏡と写真で印象が全然違うのはな...

アルカリ電池とマンガン電池の違いと使い分け・使用上の注意点

電池を購入しようと思った時、アルカリ電池とマンガン電池のどちらを購入すればいいのか悩んだ経験がある人...

玄関のドアノブ交換をしてくれるのは?費用やかかる時間について

玄関のドアノブ交換が必要となったときには、どこに頼んだらいいのでしょうか?玄関は家の防犯に関わる場所...

警察官の結婚年齢が早いと言われる理由、警察官との結婚について

晩婚化が進む中で、警察官の結婚する年齢は比較的早いと言われます。それには、どのような理由があ...

ガス代は一人暮らしの冬の時期でいくらなのか調べてみました

一人暮らしをしていると、ガス代が高いなと思うことはありませんか?気温が下がる冬は特に感じますね。...

ピアノの中古の相場とは?中古ピアノを買うときのポイント

中古ピアノの相場はどのくらいなのでしょうか?新品のピアノとはどのくらいの差があるのか気になりますよね...

コンセントの増設をしたいときは?賃貸の場合はまず相談

賃貸だけれど、コンセントの増設をしたいと思ったときにはまず大家さんや管理会社に相談してみましょう。...

フェルトに刺繍するときにはどうしたらいい?下書き方法を紹介

フェルトに刺繍をする場合はどのように下書きをしたらいいのでしょうか?コットンなどと違って下書きをする...

テトラの外部フィルターの掃除手順と掃除が必要なタイミング

テトラはキラキラとした体がキレイで人気の魚です。水槽に外部フィルターを設置している場合には、定期的な...

うさぎをブラッシングしていたらハゲがあった!

ペットのうさぎをいつものようにブラッシングしていたらハゲを見つけることがあるかも知れません。「ブ...

玉ねぎの収穫時期・梅雨のときの収穫方法!濡れないように収穫を

玉ねぎの収穫時期を迎えたけど、梅雨時期で天気がいい日が少ないということもありますよね。玉ねぎを収穫す...

ちくわぶがおでんに入っていない関西おでん・地域別おでんの特徴

「ちくわぶ」というおでんの具材はご存知ですか?ちくわぶは関西のおでんには入っておらず、関東のおでんに...

オービスは昼間だと気づかないこともある?その光り方に注意

車を運転している人にとって厄介な「オービス」。事前に表示されているとはいえ、ついスピードを出してしま...

スポンサーリンク

バラの花びらが茶色に変色するのを予防!バラの切り花を長持ちさせるための準備

バラの切り花を購入したりプレゼントで頂いたときには、出来るだけ長く美しいバラを楽しみたいものです。
しかし一体、美しいバラを出来るだけ長く楽しむためにはどうしたらいいのか?と考える人も多いことでしょう。
そこで、美しいバラを出来るだけ長く楽しむ方法についてお伝えしていきます。

バラを花瓶に活けための準備

美しいバラを長く楽しむために適しているバラを飾る場所についてお伝えしていきます。

清潔な花瓶を用意

しばらく花瓶を使わないでしまっておいているときには、花瓶の中にホコリやゴミが入っていることがあります。
また、普段から花瓶を使っていたとしても、花瓶の中に汚れがついていたり雑菌が繁殖していたりする場合があります。
花瓶が清潔ではないものにバラを飾ってしまうと、バラは元気を失い枯れやすくなってしまいます。
そのため花瓶を使用する前後には、洗剤などを用いて花瓶をキレイに洗いましょう。そして、清潔な花瓶を使ってバラを活けるようにしましょう。

清潔な花瓶を用意することが出来たら、バラの切り花をすぐに活けることを心がけましょう。

花は水があることによって美しく咲いていることが出来る

そのため、なるべく早く水に浸けてあげることを意識します。

清潔な花瓶にバラを活けることが出来たら、次はバラを飾る場所についてです。

バラは風通しが良くて直射日光の当たらない場所に飾る

そしてバラを飾る場所の温度は寒すぎず暑すぎず、程よい温かさのある場所に飾ることによって美しいバラを長く楽しむことができます。

バラの花びらが茶色に変色!切り花が枯れる原因

バラの花びらが茶色に変色してしまったり、切り花がすぐに枯れてしまうことには原因があります。

花瓶の水を替えないとバラは枯れる

花瓶の水は交換をして、新鮮なお水を入れておくようにしましょう。

水もずっと放置したままでは腐ってしまう

花にとって水は、生きるために必要なもの。花は水を吸い上げることによって、咲き続けることができます。
腐った水には、雑菌などが繁殖しています
雑菌が繁殖した水を吸い上げていると、花は次第に水を吸い上げることが出来なくなってしまいます。
花が水不足になってしまいますし、雑菌がどんどん繁殖していくので花にも雑菌が付着して腐食を進めます。もしも花が水不足のために元気がないと感じたときには水揚げをしてみましょう。

バラの花びらを茶色に変色させたくない!長持ちさせるには水不足を解消

バラの花が水を吸い上げる力が弱くなってしまって元気がないときには、水揚げをしてあげましょう。

水揚げとは、バラの茎の切り口をハサミなどで整えること

再びバラが元気に水を吸い上げることが出来るようにするための方法です。それでは、水揚げの方法について詳しく説明をしていきます。

バラの花を水揚げするために必要な道具は、水を入れた容器とハサミがあれば行うことが出来ます。
まずは、バラの茎部分を水を入れた容器の中につけます。水の中に茎を入れた状態で、ハサミを使って茎部分を斜めに切ります。
そうして、バラを水の入った花瓶に戻してあげれば、バラはまた水を元気に吸い上げることが出来るようになります。

バラの花びらを枯らさずに長く楽しむ裏技

バラの花びらを枯らすことなく、長く楽しむポイントについてお伝えしていきました。
しかし、裏技のような方法でも、バラの花びらを枯らさずに長く楽しむ方法があります。

バラの花瓶の水に漂白剤を入れる

漂白剤を入れることによって、菌の繁殖を抑えてくれる効果があります。菌が繁殖してしまうと、花は元気に咲くことが出来なくなってしまいます。

菌が繁殖することによって、すぐに枯れてしまう原因にもなります

漂白剤を入れることによって、そんな菌の繁殖を抑えることが出来るので、花は元気に咲くことが出来るのです。

この裏技のような方法も併用してバラを手入れしていくことによって、より長く美しいバラを楽しむことが出来ます。
試してみてください。

バラの花を長く楽しむコツ

バラの花を長く楽しむコツは、清潔な状態を保つことと水揚げをすることにあります。
バラを活ける花瓶の清潔さや、花瓶の中の水の清潔さ、バラを飾る環境の清潔さなど、清潔な状態を保ってあげることによって、美しい繊細なバラを長く楽しむことが出来ます。
また、バラの元気がないと感じるときには水揚げをしてあげるようにしましょう。
美しいバラをずっと咲き続けさせることが出来れば良いですが、バラも生きているのでいつかは枯れてしまう時がきます。
しかし、バラの手入れ方法によって長く咲かせることは出来ます。バラを長く楽しめるように、しっかりと手入れをしてあげましょう。