ベースとギター、どっちを選ぶ?初心者は特徴を理解しましょう

友達とバンドを組もうとする場合、ほとんどの人がベースとギターどっちにするか迷うのではないでしょうか。

そこで今回は、ベースとギターの特徴や難易度について初心者向けに説明します。正直どっちが簡単とは言えません。それぞれの特徴を理解して、自分に向いている方を選ぶようにしましょう。

また、自宅で練習する場合は、防音対策をしっかりとする必要があります。その方法についてもご紹介しますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マスクをしていてもメガネが曇らない方法にはどんなものがあるのか

日本の1年を通して見てみると、冬や風邪やインフルエンザ、春は花粉症と、1年の半分をマスクで過ごしてい...

ダンスの振り付けが覚えられない人必見!振り付けを覚えるコツ

ダンスの振り付けがどうしても覚えられない!周りが軽快なステップを踏んでいるのに、なぜこんなにも自分は...

ハンドメイドのパーツの仕入れは安いところがベストとは限らない

ハンドメイドのパーツの仕入れはどこでしたらいいのか迷ってしまいますよね。一番、気になることと言えば安...

スカートが短い時の対処法とスカート丈のアレコレ

一目ぼれして買ったスカートやワンピースが、思っていたよりも短いときって皆さんどうしていますか?...

1時間の睡眠で起きる方法と短時間睡眠について紹介します!

1時間の睡眠で起きる方法が知りたい!あと1時間しか寝れないけど、もし寝過ごしてしまうと大変な事に...

塾の先生がイケメンで好きになってしまった時の対処法

塾の先生がイケメンで周りの同級生よりも大人に見える、好きになる気持ちもわかります。ただ、塾の先生...

合皮は劣化すると剥がれる!理由や寿命と気をつけたい保管方法

合皮は劣化により剥がれることがあります。お気に入りの合皮のバッグが剥がれてきていたら、それがそのバッ...

ジャージを洗濯したらほこりが!洗濯物のほこりの原因と対処法

ジャージを洗濯したとき、洗い終わったジャージにほこりがついていたという経験がある人もいますよね。せっ...

腕を細くしたい!二の腕痩せにおすすめの筋トレを実践してみよう

二の腕についてしまった脂肪、どうにかしてすっきり痩せたいと思っている女性はたくさんいるのではないでし...

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素...

顔が太るのは女性だけではない!男性も小顔を目指そう!

女性だけではなく、顔が太ると悩んでいる男性も増えているといいますが、その原因は女性と同じなのでしょう...

腹筋運動を日常動作で。簡単な姿勢で眠っている筋肉を呼び覚ます

腹筋を鍛えるための知識があれば、キツイ『上体起こし』以外の運動でスッキリしたお腹周りを手に入れること...

ホットプレートを使った美味しい餃子の焼き方と餃子の変わり種

ホームパーティーや仲の良い友達を招いてのパーティーに、餃子パーティーはいかがですか?みんなで...

紙粘土の色付けはペンでもOK?紙粘土の色付け方法について

紙粘土の色付けにはどのようなものがあるでしょうか、真っ先に思い浮かぶのは絵具ですが、ペンを使っても色...

100均アイテムで工作作り!おしゃれで簡単工作の作り方を紹介

100均にあるアイテムを使えば、手軽におしゃれで簡単な工作作りを楽しむことができます。自分で使うアイ...

スポンサーリンク

ベースとギター、どっちが自分に向いているのか特徴を理解しましょう

バンドを始めようと考えたとき、ベースとギターで迷う人は本当に多いです。
初心者のうちはそれぞれの特徴や、自分の向き不向きもわからないので、決断する材料も少なく余計に難しいです。

まずは、ベースとギターのそれぞれの特徴を理解し、違いについての知識を広げましょう。

ベースの特徴

  • 弦の数が4本
  • 弦が太いので、演奏する音が低い
  • 比較的演奏方法が単純
  • より高いリズム感が必要
  • 演奏人口が多くないので、希少な存在

ギターの特徴

  • 弦の数が6本
  • ベースより弦が細いので、演奏する音が高い
  • 演奏方法が多彩
  • ベースより本体が小さい
  • バンドだけではなく、一人でも演奏を楽しむことが出来る

ベースとギター、どっちが簡単とはいえません

それぞれの特徴について触れましたが、ではどっちが簡単に演奏することが出来るのでしょうか。

結論から言うと、それぞれ難しいポイントが違うので、こっちが簡単と言い切ることは出来ません。
人によってもギターのテクニックの方が難しく感じる場合もあれば、ベースの正確なリズム感の方が大変だと感じる場合もあります。

ベースはバンドとして音楽を奏でるときの土台となる部分です。
正確性が求められるので、音を外したりリズムが合っていないと目立ちます。

一方ギターは弦の数が多く、複数の弦を同時に使って演奏することもあるので、複雑な動きが多くなります。
複数の弦を扱いながら速弾きするテクニックや、表現力も求められます。

技術的な部分はギターの方が複雑かもしれませんが、ベースはバンドをまとめる正確性も必要なので、どっちが習得しやすいと思うかという個人的な見解が結果になってくると思います。

ベースとギター、どっちにするか迷ったら、自分の手を見て決めましょう

それぞれの違いがなんとなくわかってきましたがそれでもどっちか悩む、という方は自分の手を見て決める参考にしてみるといいでしょう。

ベースとギター、それぞれに向いている手の形

爪の形

爪は人によって形が異なります。
真っ直ぐに伸びている人や、指の肉に沿うようにカーブして伸びている人。

普段はあまり気にしていないかもしれませんが、爪の形によってギターの向き不向きがわかります。

ギターに向いている爪は、真っ直ぐに伸びている形の手です。ギターは細い弦を、ときには複数同時に押さえなければなりません。
爪がカーブしていると、弦を押さえて速弾きなど演奏することが難しいと思います。爪がカーブしている人は、弦の太いベースの方が向いているでしょう。

指の長さ

指が短めの人は出来ないことはありませんが、指の長い人に比べるとギターもベースも演奏することが大変に感じる場面が多くなるでしょう。

ギターは指全体で弦を押さえる必要がありますし、ベースはギターよりも本体が大きく、端から端の弦まで指を目一杯に広げなくてはいけません。

指の短さを動きでカバーすることは出来ますが、長時間演奏していると無理な動きが影響して疲れを感じやすくなると思います。

ギターが弾ける人はベースも弾けるというウワサの真偽について

あまり知識のない初心者からすると、同じ弦楽器ならどっちか弾けたら両方弾けるのでは?という疑問が浮かび上がります。
一体この真偽はどうなのでしょう。

ギターを演奏している人の感覚からすると、一応ベースで音を出すことは出来るがベーシストのような演奏はやはりハードルが高いそうです。

ベースとギターは音の配置が同じなので、音を出すことはそう難しくはないようです。
しかし音を出すことと演奏するということは、別物ですね。

見た目は似ているベースとギターですが、本体のサイズ感の違いや弦の太さの違いなどがあるので、実際にギターを弾き慣れている人がベースに持ち替えると、その感覚の違いに戸惑うようです。

楽器そのものの違いだけではなく、やはり絶対的なリズム感という壁も立ちはだかります。
ベースとギターでは、そもそものリズムの捉え方が違うので、技術面だけではなく感性の差も表れるようです。

ベースやギターを自宅で練習する時には防音対策をしっかりとしましょう

ベースとギターは同じ弦楽器であっても、それぞれ求められる内容や魅力は違うのですね。

ただ共通して言えることは、練習をするときには周囲の迷惑にならないように、防音対策をしっかり行う必要があるということです。

好きなタイミングで練習が出来るとなると自宅がベストですが、楽器を演奏するほどの防音対策がなされていないことがほとんどです。
近隣の迷惑にならないために、しっかりと対策をしてから練習を始めましょう。

消音器やヘッドホンを使用すると、本来の音をかなり軽減することが出来ます。

自宅では騒音に注意して練習をして、たまには思い切り演奏したいという場合は自宅を飛び出して演奏してみるなど、場所の使い分けも一つの方法ですね。