グラタンを冷凍保存してお弁当のおかずに!レシピを紹介!

グラタンを冷凍保存してお弁当のおかずにできるの?
そんな、まだお弁当にグラタンを入れた事がないあなたも、さっそく作ってみませんか?
お弁当用に小分けにして冷凍保存しておくと、サッと使えて便利ですよ!

グラタンのレシピと、お弁当のおかずを冷凍保存するメリット、おかずで人気のハンバーグを冷凍する方法などもまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水彩画を描くときは水張りを!水張りに必要なものと方法を解説

水彩画を描いたことがある人の中には、絵が完成した後の用紙がよれてしまった経験がある人もいるのではない...

ポニーテールはこんなに簡単!ロングでもアレンジを加えよう

ロングヘアの人にとって、ポニーテールはよくする髪型の一つになっていることでしょう。でも、いつ...

服の名前シールの剥がし方を解説!家にある物で簡単に剥がす方法

服に付けている名前シールを綺麗に剥がして、お下がりとしてもう一度活用したいと考えているママもいるので...

クッキーは賞味期限切れ後2ヶ月たっても食べれるかどうかを調査

賞味期限切れのお菓子でも多少過ぎたくらいなら食べても問題ない、と考えていませんか?特にクッキ...

マニキュアの簡単な塗り方とは?キレイに見せるコツを教えます

自分でマニキュアを塗っても、ムラになってしまったりはみ出して失敗してしまうことってありますよね。...

IQの平均とは?日本人や世界の国々について徹底調査!

自分のIQがどのくらいなのかたとえ期待はしていなくても、平均よりも上なのか下なのか気になりますよね。...

卵と白菜、もやしがあればこの1品!忙しい主婦におすすめレシピ

もやしは価格も安定していて、主婦の味方ですよね。買い物に行った時には、必ず買い物カゴに入れる...

ウーパールーパーの赤ちゃんの育て方のコツや注意点について紹介

ウーパールーパーの赤ちゃんの育て方はコツを掴めば簡単です。はじめてウーパールーパーを飼育する場合はど...

入籍後に結婚式を挙げたカップルの友人代表スピーチのコツ

入籍後に結婚式を挙げるカップルは多いですが、入籍後しばらく経ってから結婚式を挙げるカップルもたくさん...

滑り止めマットを活用した可愛い手作りマットの作り方

玄関や室内に使うマットですが、100均などで販売されている滑り止めマットを使って手作りしてみませんか...

腕が太いことが悩みの女性へ!腕をカバーするファッションのコツ

腕が太いことが悩みだという女性は多くいます。夏になると、薄着のシーズンがやってきて夏らしい服装のおし...

大学の新入生ガイダンスの服装は?服装とメイクのポイントを解説

大学の新入生ガイダンスに参加するとき、一体どんな服装で出席すればいいのか分からない人もいるのではない...

ミニトマトの葉っぱが白い原因と対策・うどんこ病とハモグリバエ

家庭菜園で育てているミニトマトの葉っぱ白いとき、一体何が原因で白くなってしまったのかわからないことも...

豚骨スープの作り方!圧力鍋を使えば家庭でもお店の味

豚骨スープや豚骨ラーメンはお店で食べるものと思っている方が多いと思います。何時間も煮込み時間が必...

窓の目隠シールは100均でも購入可能!貼り方や剥がし方のコツ

窓の目隠シールを、外からの視線対策として使用している方も少なくはないのでは?少し値が張るイメージの目...

スポンサーリンク

お弁当用にグラタンを作って冷凍保存しませんか?レシピを紹介!

お弁当のおかずにいつも困っていませんか?
男性にもお子様にも人気のグラタンはいかがでしょうか?具材を替えれば、沢山のバリエーションを楽しめます。

材料はお好きな具材とホワイトソース、ビザチーズです。

具材には定番の玉ねぎを加えると、美味しくなるのでおすすめです。

他には鶏肉やマカロニ、シーフードもおすすめです。

ホワイトソースは手作りでも市販品でもOKです。

手作りのホワイトソースで簡単にグラタンを

同量くらいのバターと小麦粉をフライパンで炒めて、粉っぽさが無くなったら牛乳を少しずつ加えてのばします。
コンソメを少量加えて味をととのえます。

分量はバターと小麦粉を30gに対して、牛乳1カップくらいが目安ですが、火加減などによりかたさが変わるので、好みのかたさまでのばせばOKです。

では、玉ねぎとお好きな具材をフライパンで炒めて、火が通ったらホワイトソースを加えます。

塩コショウで調味して、器に盛りピザ用チーズをのせます。

トースターで焼いてチーズに焼き目がついたら完成です。

お弁当にも使えるグラタンを冷凍保存しよう!冷凍方法はコレ!

グラタンは小分けして冷凍保存しておくと、弁当や晩御飯のおかずなどに大変便利です。

グラタンの冷凍方法

オーブンで焼く前と焼いた後どちらでも冷凍が可能です。

食べる直前に焼き上げた方がチーズがとろけて美味しいですし、先に焼いておいてレンジで温めるだけのほうが時間はかかりません。

どちらも途中までは同じ作り方です。
具材にはしっかりと火を通しておく方がよいでしょう。

焼く前に冷凍する時のポイントは解凍しやすいように出来るだけ薄く盛り付けることです。

チーズやパン粉などは盛り付けても、盛り付けなくても、どちらでも良いです。

盛り付けた器に空気が入らないようにラップをして、密封できる袋に入れて冷凍します。
密封する時にも出来るだけ空気を抜きましょう。

焼いたグラタンも同じです。

焼き終わったら荒熱をとってラップをして、同じく密封できる袋に入れて冷凍します。

金属トレーの上で冷凍すると早く冷凍できるのでおすすめです。

グラタンなど園児にも人気なお弁当のおかずを冷凍保存!メリットとは!

冷凍保存のおかずがおすすめな理由

まずは経済的なメリットです。
市販品は金額の割りに数が少ないですし、添加物なども気になります。

その点、自作すれば安く済むうえに家庭の味を楽しんでもらえます。

家庭の味を楽しめるのも、自作冷凍おかずのメリットと言えるでしょう。

また、夏場などは気温が高くお弁当が腐らないか心配になりますよね。

きちんと保温してくれる幼稚園などは心配が少ないのかもしれませんが、私の子供の通う幼稚園ではバッグに入ったままです。
また、遠足のときなどはずっと外にあるので特に心配になります。

お弁当に半解凍のおかずを入れておけば、保冷材の役割も果たしてくれるので安心です。

冷凍おかずのメリットは、おなかが減ったらすぐに食べられることも揚げられます。
育ち盛りのお子さんがいたら、夕方前に「おなか減った~」となりませんか?
そんな時に、米と冷凍おかずがあれば、とりあえず夕食まで持たすこと出来ます。

もちろん、夕食の一品としてお使いいただくのも大変便利です。
惣菜だと手抜きだと思われがちですが、自作の冷凍おかずならそんな心配もいりません。

お弁当のおかずにいかがですか?彩りも良く、冷凍保存もできますよ!

いんげんとにんじんの胡麻和え

材料

  • にんじん
  • いんげん
  • すり胡麻 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 醤油 大さじ1/2

作り方

  1. にんじんといんげんを食べやすい一口サイズに切る。
  2. 鍋にお湯を沸かして、切ったにんじんといんげんを順番に湯でます。
  3. すり胡麻、砂糖、醤油を混ぜておきます。
  4. 茹で上がったにんじんとインゲンは、キッチンペーパーなどを使って水気をしっかり切って、混ぜた調味料で和えます。

冷凍する時には小分けにしてラップをかけて、密封できる袋などに入れて冷凍しましょう。

彩もよく、野菜もお弁当のおかずで食べられるのでとてもおすすめです。

ハンバーグはお弁当のおかずに!冷凍方法2つ紹介!

ハンバーグは大人も子供も大好きなメニューの一つですよね。
濃い目の味付けにすればご飯もしっかり進みます!
また、ソースで色々とバリエーションが広がりますので、晩御飯のおかず用としてもおすすめです。

ハンバーグを冷凍保存するには、焼く前に冷凍する方法と、焼いてから冷凍する方法があります。

小さく焼いて冷凍しておけば、お弁当を作る時には時短になって大助かりです。

また、焼かずに冷凍しておけば、普通に焼くだけではなく、解凍してから中にチーズを入れたり、ゆで卵をくるんだりと、晩御飯のおかずにも大活躍です。

どちらも、いつものハンバーグの材料で大丈夫ですが、焼かずに冷凍する場合には玉ねぎや他の野菜には火を通してからの方がよいでしょう。

冷凍のまま焼いたときの、野菜の生焼けを防げます。

お弁当に使う予定の時は少し注意が必要です。

ハンバーグのタネは熱に弱く、すぐに変色します。
その為、ハンバーグのタネのボウルを氷水につけながら作業することをおすすめします。
また、手の雑菌などが入らないように素手ではなくビニール袋などを使用する方が望ましいでしょう。

自作する冷凍保存食は全て自己責任となります。
楽しいお弁当タイムが悲劇とならないように、細心の注意を払って作ることを心がけましょう。