ハムスターの砂場用容器の選び方!100均アイテムでも代用可能

ハムスターの砂遊びで必要な砂場の容器ですが、市販されている物を使って失敗してしまうこともあります。
砂場用の容器なのに、飼っているハムスターには小さすぎたり、あるいは容器から砂がこぼれやすいものだったりするのです。
そこで、ハムスターの砂場用の容器の選び方についてご紹介します。
わざわざ市販されている物を買わなくても、身近にあるものや100均アイテムでも代用できます。ぜひオリジナルの砂場を作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガソリンに引火する条件温度は何度?ガソリンは引火点が低い!

ガソリンスタンドなどで「火気厳禁」という表示を目にしたことがある人もいますよね。ガソリンに引火してし...

素敵な大学生は部屋もおしゃれ?良い部屋の作り方

春から大学生となり、部屋を借りて一人暮らしを始めたという人は数多くいるでしょう。しかし、その中で...

服のイヤな臭いは熱湯を使って簡単に解消!イヤな臭いの取り方

服やタオルを洗濯したのに、乾いてくると気になるイヤ~な臭い。特にジメジメした季節や部屋干しをした...

引き戸のレールの掃除方法!ホコリを取り除いて快適な滑りに

お家の引き戸が重くなってきたと感じることはありませんか?以前はもっと軽い力で動かせたのに、レールの滑...

猫の鼻水は赤ちゃん用吸引器で吸い取り可能!ただし無理は禁物

猫が鼻水を垂らしている時、どうにか吸引して楽にさせてあげたいと思うものです。そんな時便利でおすす...

ピアノの中古の相場とは?中古ピアノを買うときのポイント

中古ピアノの相場はどのくらいなのでしょうか?新品のピアノとはどのくらいの差があるのか気になりますよね...

野良猫の親子を捕獲するには?保護した後の対応とは

野良猫の親子が庭に住み着いてしまったときなど、野良猫を捕獲したいときはどうしたらいいのでしょうか?...

毎月、貯金してますか?40代は子どもの進学と老後が心配。

毎月、どのくらいの金額を貯金へ回すことができていますか?40代は、子どもの進学と、自分たちの...

洗剤と柔軟剤の違い!洗剤や柔軟剤の効果を考えて上手に選ぶ方法

洗剤と柔軟剤の違いについてあまりよくわからないという人もいますよね。どちらもお洗濯をする時に使用する...

No Image

相撲チケットが取れないことも!チケットを確実に入手する方法

相撲チケットが取れないってことあるの?と甘くみていると、希望日が既に売り切れでチケットが取れなかった...

猫が後ろ足を触られると嫌がる理由を理解して上手に付き合おう

猫を飼い始めるとどうしてもいろいろなところを触りたくなってしまいますが、実は後ろ足を触られることを猫...

靴下が脱げるのが片方だけの理由や脱げない靴下選びと対処法とは

靴下が靴の中で脱げる、しかも何故か片方だけ脱げるということにお悩みの人もいるでしょう。靴下が...

ハムスターのお散歩はいつからできるの?お散歩の注意点とコツ

ハムスターをゲージから出してお散歩をさせたい場合、月齢的にいつからOKなのか知りたいものです。...

アルカリ電池とマンガン電池の違いと使い分け・使用上の注意点

電池を購入しようと思った時、アルカリ電池とマンガン電池のどちらを購入すればいいのか悩んだ経験がある人...

日本の国技であるスポーツとは?まず国技の定義について考えよう

日本の国技ってどのスポーツなんだろう?って考えることってありますよね。相撲?それとも柔道?空...

スポンサーリンク

ハムスターの砂場用の容器の選び方

砂浴びの習性のあるハムスターには砂場用の容器を用意する必要があります。容器には色々な種類があり大きさやデザインなど、ハムスターにあうものを用意しましょう。

容器のサイズ

砂浴びの容器の中では砂浴びだけではなく砂を掘ったりまた単独ではなく数匹で入って遊ぶ場合があります。狭すぎると十分に砂を浴びたり、遊ぶことができないときがあるの飼っている数やハムスターの大きさを考慮して大きさ深のあるものを選びましょう。

容器の材質

ハムスターの砂遊び容器はプラスチック素材のものが多く見受けられます。たまに砂の中でトイレをしてしまうハムスターもいるようで洗える素材を選ぶと良いでしょう。プラスチックはにおいがついてしまいそうと思う方は比較的においのつきにくいガラスの容器も良いでしょう。また屋根がついているタイプや取り付けることのできるタイプもありますがどのタイプでも透明だと中で砂浴びの様子が見れるので楽しいです。

ハムスターの砂場容器は100均アイテムでも代用できる

砂浴びが大好きなハムスター、砂浴びをしている様子をみると可愛くて癒されますよね。手軽に砂浴び容器を用意できないか紹介します。

市販の砂浴び容器は砂が回りに飛び散らなくて砂が減ることがないような設計だったり、もし飛び散ってしまったとしても少量の砂を入れるタイプで小さい作りなのでこぼれだす砂も少ないという考えられたものがあります。

そのような部分を考えて手軽に100均で探してみましょう。

100均で選ぶ砂場に使える容器

ふたがついているプラスチック容器

深めの容器で砂飛び散り防止、ふたはハムスターが入れる位の大きさだけを切ってさらに砂が飛び出るとのないようにしましょう。

ガラスの保存ビン

砂を入れてハムスターが自力で出てこられる深さの保存ビンを用意しましょう。色がついているタイプや、柄が入っていたり、凹凸のある素敵なビンがたくさんある上、においが染み込みにくい素材なのでお手入れも楽ですね。

小鉢

今は可愛い柄の小鉢がありますよね。柄もそうですが色ガラスでできた小鉢だと入り口も広くハムスターが大いに砂浴びできそうです。

ハムスターの砂場は大きめのプラスチック容器があれば手作り可能

飼っているハムスターのサイズにあわない、砂が散らばってしまう、ケージの中に入らないなど市販品では使いづらい場合は手作りしてみましょう。大きなプラスチック容器でハムスターの砂場になるようなものはどんなものがあるでしょう。

大きめの透明容器

しっかり洗い流して、ふたの部分を入り口にしたり、砂が出てこないような深さの側面部分を切って出入り口にしたり、上の部分に穴をあけスロープから登れるよう遊びも取り入れた作りにしてみたり素材が加工しやすいので色んな形にできそうですね。ハムスターが入るとき切り口で怪我の内容、滑らかにしておきましょう。

透明な虫かごも砂場に最適

今は色々なサイズの虫かごがありますね小さめのサイズのものでもハムスターには十分砂浴びを楽しめるサイズではないでしょうか?虫かごの上の入り口部分をはずしてしまってそこに到達するまでの足場を作れば砂の飛び散りの心配も軽減できるタイプの砂浴び容器ができます。

ハムスターに砂場は必要?砂場を用意する理由

ハムスターはなぜ砂浴びをするのでしょうか?私は何気なくペットショップで見ていたときは砂浴びの習性を知らずに見ていました。なぜ用意するのか調べていきましょう。

ハムスターは乾燥地帯に生息していて乾いた砂で砂浴びするのが大好き

暑い季節には砂の中のひんやり涼しい場所で体温調節するのに最適です。夏の暑い時は掘って体がすっぽり埋めるくらいの深さの砂を用意すると涼しくすごすことができるでしょう。

ハムスターはきれい好きで砂浴びをすることで体をきれいに保っています

なので人間でいうお風呂のようなもので体についた雑菌や汚れなどを砂浴びをしてきれいに落としています。小さいハムスターをお風呂に入れることは注意が必要なうえ体温調節の心配、おぼれてしまう心配があるので水中ではなく、砂浴びによってきれいを保っていれば安心してすごすことができますね。

砂浴びの際に砂を掘って遊んでいることで爪とぎの効果があります

小さすぎて切ることが困難なハムスターの爪なので摩擦によって伸びすぎない効果があります。

多頭飼いの場合

砂の中であそんだり、ストレスを発散させたりの場所に使ったりします。

ハムスターの砂浴びは好きな時間に気まぐれに行っているように見えます。ハムスターは砂浴びをすることで体をきれいにしています。体を清潔に保つには大事な行動です。
ハムスターは種類、性格、大きさなどによって砂浴びの時間等の決まりはありません。いつでもハムスターのタイミングで砂浴びできるような状況を作ってあげましょう。

砂場に入れる砂の量と交換の目安

ハムスターの砂の量と、交換頻度の方法

ハムスターの砂には種類があり砂浴びようのお風呂の砂とトイレ用の砂があります。お風呂用の砂は無臭性が無くさらさらタイプです。トイレ砂は排泄物を吸収し固める効果があります。そのように分けて設置していても砂浴びようの砂でトイレをしてしまったりもあるようです。砂浴びによって体の汚れ、雑菌を落としたいのに汚れている砂では衛生的に良くなかったり、またそれが原因で砂浴びをしなくなってしまったりもあります。

砂の汚れ具合をみましょう。

砂がぬれていたり、排泄物で汚れていたらすぐに交換しましょう。

トイレと砂浴び用のお砂が両方用意されている場合はあまり粗相はないですが砂浴び用の砂の袋に書いているのは1週間から10日ほどで交換とあります。のでそのくらいをめやすにして入れ替えましょう。

その際の砂の量は少ないと十分なストレス発散にならなかったり砂浴びを楽しくできなくなったり、多すぎるとどんどん掘っていきハムスターが埋まってしまったり、容器から砂が飛び散ったりで衛生面に影響が出るので、飼っているハムスターのサイズや性格、遊び方などに合った砂の量を考えて見ましょう。