キッズ向け簡単に作れて可愛らしいヘアゴムの作り方

お子様用のヘアゴムはいろいろと可愛いものがあって、幼稚園や保育園に毎日違うものを付けていきたいと言うお子様もいると思います。
いくつあっても困らないキッズ用のヘアゴムですが、身近な材料を使ってハンドメイドしてみませんか?
そこで、簡単に作れて可愛らしいキッズ用のヘアゴムの作り方をご紹介します。

ママが作ったヘアゴムは、きっとお子様にとっても特別なものになると思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

絵が描けない!スランプの原因とスランプからの脱出方法を解説

イラストを描く専門の学校に通っている人の中には、自分の納得のいく絵を描くことができず、スランプに陥っ...

大学の卒業式のスーツ選び!男子学生に人気のスーツのタイプ

大学の卒業式で男子学生が着ていくのは、多くの方がスーツです。しかし、スーツを着慣れていないと...

粗品タオルの使い道で節約もリメイクも簡単に楽しむコツとは

粗品でもらうタオルの使い道に悩む人も多いのではないでしょうか。毎年何かと頂き物でもらう粗品の...

換気扇からの異音の対処法!トイレの換気扇で考えられる原因

トイレに設置してある換気扇からいつもと違う異音がしてきたら、どうしたらよいのでしょうか。音がうる...

一人暮らしが寂しい!社会人の一人暮らしが寂しい時の対処法

社会人になって初めての一人暮らしをしている人の中には、一人暮らしを寂しいと感じている人もいるのではな...

洗濯ものを部屋干しする時のコツをアレコレ色々とご紹介!

洗濯ものの干し方には、人それぞれのセオリーを感じませんか?太陽の下で、カラッカラに干したい人...

チューリップの球根を植える時期は?キレイな花を咲かせる方法

チューリップは、一度花を咲かせた後も上手に球根を保管する事で、翌年もまた花を咲かせることが出来ます。...

定期預金の引き出しを本人以外が行うには?引き出し方法と注意点

定期預金の引き出しは原則として名義人本人しか行えません。ただ、親が認知症で手続きができない、ある...

ハンドメイドのパーツの仕入れは安いところがベストとは限らない

ハンドメイドのパーツの仕入れはどこでしたらいいのか迷ってしまいますよね。一番、気になることと言えば安...

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素...

夫婦はベッドを別にするのがおすすめ?夫婦の寝室事情

夫婦は同じベッドで寝るのが当たり前。結婚する前はそんなイメージを持っていた方が多いはずです。...

新生児のお風呂はドキドキ!入れ方や必要なものを紹介します

産院で新生児をお風呂に入れてくれるところも多いですね。退院して自宅で入れるとなると、うまく入...

インコの保温&保湿には湯たんぽ!使い方や注意点を徹底解説

インコの体温は人間よりも高いため、冬の寒い時期や体調が悪そうな時には保温してあげることが大切になりま...

小学校から義務教育化された英語!発音をしっかり学ぶ重要性

英語が2018年4月から小学校でも義務教育化となりました。グローバル化が進む中、確かに英語を学ぶ...

ミルクの温度が熱いときに素早く冷ます方法と上手な与え方

ミルクの温度が熱いときは赤ちゃんが飲みやすい温度に冷まさなければなりません。しかし、育児にまだ慣れて...

スポンサーリンク

小さなリボンが可愛らしいキッズヘアゴムの作り方

まずはじめに紹介するのは、女の子が大好きな「リボン」のヘアゴムです。
他のモチーフに比べると、比較的簡単に作れるのがリボン。いろいろな作り方がありますが、今回は布を使って作る方法を紹介します。
布の大きさを変えれば、リボンの大きさも自由自在に変えることができますよ。

【用意するもの】

  • ミシン
  • 端布(3cm×6cm程度)
  • 接着芯(端布と同じサイズにカットする)
  • アイロン
  • 針糸
  • ヘアゴム

作り方

  1. 布に接着芯を貼ります。接着芯は薄手のもので十分です。
  2. 布の端と端を合わせて裏表で輪っか状にし、アイロンで押さえて折り目を付けます。片方の端を数mm折り込んでから合わせれば、ほつれてきません。
  3. 上下をミシンで縫い付け、布を合わせた中央からひっくり返して表向きにします。
  4. 真ん中を糸で縛って、リボンの形を整えます。
  5. ヘアゴムにつければ完成です。

接着芯を使うことで、立体的でふっくらしたリボンが出来上がります。
簡単に出来るので、色違い、柄違いでいくつか作っておけば、ローテーションして使うことができますね。

キッズにおすすめ、フェルトで作るお花モチーフのヘアゴムの作り方

女の子が好きなのはリボンだけではありませんよね。「お花」もまた、女の子が大好きなモチーフの1つ。次に、フェルトを使ったお花のヘアゴムの作り方を紹介します。

【用意するもの】

  • 厚手のフェルト(花用、葉っぱ用)
  • ボンド
  • ハサミ
  • キリ
  • ヘアゴム

作り方

  1. フェルトは、1.5cm程度の幅で、好きな長さにカットします。長いほど大きな花になります。
  2. ハサミでフェルトに切り込みを入れます。5mm間隔がおすすめ。
  3. ボンドを付けて、フェルトを巻けば花の部分が完成です。
  4. 好きな葉の形に緑のフェルトをカットし、ゴムを通す穴を開けます。
  5. 葉っぱにゴムを通したら、花を葉に縫い付けて、完成です。

黄色いフェルトを使えばタンポポになりますし、色を変えればマリーゴールドやポンポンマムのようにも見えますね。

ハサミが扱えるお子さんとなら、一緒にヘアゴム作りを楽しむこともできます。
「何色にする?」などと相談しながら、一緒に作っても良いですね。

くるみボタンを使ったキッズヘアゴムの作り方

くるみボタンはご存知ですか?

丸い土台の表面を布で包むボタンのことで、カバーボタンとも言います。
好きな柄の布で包んだり、刺繍、レースなどでデコレーションした布を使ったりできるので、オリジナル性の高いボタンが作れます。

くるみボタンは、キッズヘアゴムの定番

くるみボタンを作るためのキットは100均で安く手に入れることができ、使う布も端布などの余った布を使えるので準備費用がかからず、誰でも簡単に挑戦することが可能です。

いろいろなサイズのくるみボタンがあるので、ボタンの真ん中にキャラクターの顔が入るようなデザインにしたり、敢えてずらしておしゃれにしたりと、同じ布を使っていろいろなデザインに仕上げることも出来ますよ。

作り方

くるみボタンの土台に布をかぶせて、キットにセットしたら、付属の部品を使って垂直に押し込むだけ。
少し力は入りますが、布がピタッとくっついて、初心者でも失敗が少ないのが嬉しいです。
包みボタンが出来たら、ボタン裏の金具にゴムを通せば完成です。

簡単な手順で作ることができるので、子供と相談しながら、一緒にハンドメイトを楽しむこともできそうです。

毛糸でふんわり、簡単ヘアゴムの作り方

毛糸を使った手作りのヘアゴムも可愛いですよ。縛り方によって、いろいろな形が楽しめます。お子さんと一緒に作ることもできますよ。

【用意するもの】

  • 毛糸
  • タコ糸
  • 好きな装飾パーツ(ビーズなど)
  • ボンド
  • 厚紙またはダンボール
  • はさみ

作り方

  1. 細く切った厚紙やダンボールを台紙にして、毛糸を巻き付けます。
  2. 10回をワンセットにして、その上に10回、更に10回と3重に巻きましょう。
  3. 台紙から毛糸を外し、両端の輪になっている部分を毛糸で結び、結び目をボンドで留めます。
  4. 中央をタコ糸でキツく縛って、ひょうたんのような形にしたら、基本パーツの完成です。

基本パーツをそのまま使えば「リボン」になります

タコ糸の上からビーズやリボンで中央を結べば完成です。

基本パーツを2つ組み合わせて、中央にビーズを乗せれば、「お花」の形に大変身。
ぷっくりとした4つの花びらが可愛いです。リボンやお花の他にも、いろいろな形が楽しめます。
タコ糸を縛る位置や、毛糸を巻く回数、毛糸を巻く強さ等によってバリエーションも豊富になります。
想像力をフルに使って、いろいろな形のヘアゴムを作ってみて下さい。

レースのリボンでちょっと大人っぽく

入園式、卒園式、ピアノの発表会など、いつもよりも少し大人っぽい印象のヘアゴムを用意したいというときには、「レース」がぴったりです。

レースは100均でも手に入りますし、お気に入りのリネン素材のものを用意しても良いでしょう。
ただリボン結びするだけでは芸がないので、ひと手間加えて、おしゃれで大人っぽいヘアゴムに仕上げていきます。

【用意するもの】

  1. レース
  2. はさみ
  3. ヘアゴム

作り方

  1. レースを好きな長さにカットし、輪にして縫いつけたら、中央を縛って蝶の形を作ります。
  2. 蝶の大きさに合わせて、リボンから垂れるレース部分を作ります。長さは好みの長さにして下さい。
  3. 1と2を中央で合わせて持ち、真ん中に、レースを巻いて縫い付けて留めます。
  4.  ゴムを3のレースの中に通して縫い付けたら完成です。

好きな大きさ、長さのリボンが出来上がるので、シーンに合わせたヘアゴムが作れます

市販のものを購入すると高くつきますが、手作りすればほんの数百円で完成させることが可能です。

子どもが喜ぶ可愛いヘアゴム。いろいろな手法で、子どもに喜ばれるものを用意したいですね。