お茶の煮出しはやかんで!美味しく作る方法と選び方のポイント

お茶を煮出して作ると香ばしい香りがして、とても美味しいですよね。

では、お茶はやかんで煮出した方がいいのでしょうか?やかんを使った美味しいお茶の煮出し方とは?

また、やかんでお茶を煮出すなら、やかんの洗いやすさは重要ポイントになりますよ!

そこで、やかんで美味しいお茶を煮出す方法とやかんの選び方のポイントなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

革靴のシワがかっこいい!綺麗な履きジワの付け方と革靴の選び方

革靴にできる履きジワが綺麗につくとかっこいいと思いませんか?なんだか味のある一足になった!そんな風に...

高校の合格祝いにおすすめのプレゼント!相場や贈るタイミングも

高校の合格祝いに何をプレゼントしたらよいのかわからないという方も多いと思います。高校生くらいにな...

教育実習後のプレゼントにメダルを作るコツや渡すときの注意点

教育実習最終日に子供たちに何かプレゼントをしたいなら、折り紙で作ったメダルがオススメです。で...

部屋の模様替えは机のDIYで!簡単な机の作り方をご紹介

使いにくい机や、部屋の雰囲気に合わない机をどうにかしたいと思ってはいませんか?特に机は、部屋の雰囲気...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

鳥が電線に大量にとまる理由と対策は?根本的な解決は困難かも

ものすごい大量の鳥が電線にとまっている光景、一度は目にしたことあるのではないでしょうか。一匹で見...

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

出先で取りたい!今あるもので出来る商品タグの取り方

購入したものをすぐに使いたい時、商品タグの取り方に困りませんか?力いっぱい引きちぎる方法もありますが...

退職を伝えた後、職場に居づらい時の対処法と気持の持方について

退職を伝えた後、職場に居づらい。立つ鳥はあとを濁しません。辞めるのですから、有給休暇を取りき...

金魚の稚魚の生存率はどのくらい?稚魚の育て方のコツ

金魚が卵を産んで孵化し、やがて小さな稚魚となって元気に泳ぎだしますが、すべてが無事に育つとは限りませ...

夜になっても気温が下がらない時に試したい睡眠対策

最近の日本の夏の暑さは異常です。夜になっても気温が下がらないことも多く、寝苦しい夜をどう過ごすかが問...

コミケ初心者が冬コミに参加するときに知っておきたい基礎知識

初めて冬のコミケに参加しようと思っているコミケ初心者の中には、当日の服装や持ち物などをどのようにすれ...

滑り止めマットを活用した可愛い手作りマットの作り方

玄関や室内に使うマットですが、100均などで販売されている滑り止めマットを使って手作りしてみませんか...

家の蜘蛛は縁起が良い?朝と夜の蜘蛛・蜘蛛にまつわる縁起の話

蜘蛛にまつわる縁起の話について聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。家に蜘蛛を発見した...

ヒキガエルのオタマジャクシを飼育してみよう!その方法とは

山の中でヒキガエルのオタマジャクシを見つけると、自分で飼ってみたくなりますよね。でも、実際に...

スポンサーリンク

お茶はやかんで煮出した方がいいの?

冬は温かいお茶が特に美味しく感じる季節ですね。夏も暖かいお茶を飲むことで、クーラーで冷えた身体を内側から温めることができます。温かいお茶が喉を滑り降りていく感覚はほっとして、穏やかな気持ちになることができますね。

やかんで煮出すことの効果とは

そんな温かいお茶ですが、丁寧にやかんで煮出すことによって更に美味しくなることをご存知でしょうか。やかんで煮出すことで、お茶の香ばしさが際立ちます。

同じ煮出し方法で、お鍋で煮出すという方法もありますが、やっぱり煮出してすぐに湯飲みに注げるのがやかんの良いところです。

やかんを漢字で書くと薬缶ですし、もともとは薬草を煮出すのに使われていた道具なのでしょう。薬缶でお茶を煮出すことはやかん本来の用途に沿っているといえます。

ただ、お茶の灰汁や茶渋がやかんについてしまい、全て綺麗に洗うのは構造上難しいため、お茶の煮出し専用のやかんを用意した方が良いみたいです。

本格的!やかんで煮出した美味しいお茶の作り方

ではやかんで美味しくお茶を煮出す方法を詳しくご紹介しましょう。

本格的な味わいになります。もうティーバッグをポットに入れて作るお茶では満足できなくなるかも?今回は麦茶でご説明します。

本格的!やかんで煮出した美味しいお茶の作り方(丸粒麦茶)

  1. やかんに1Lの水を注ぎ、沸かします。
  2. 沸騰したら丸粒麦茶を15g入れ、5~10分煮出します。
  3. 火を止めて粗熱を取り、布巾で濾しながらピッチャーに注ぎます。
  4. 冷蔵庫で冷やしても、あついまま飲んでも美味しい麦茶の完成です。

本格的!やかんで煮出した美味しいお茶の作り方(ティーバッグ)

  1. やかんに1Lの水を注ぎ、沸かします。
  2. 沸騰したら麦茶パックを1袋(10g)入れ、5分煮出します。
  3. 火を止めて更に5分街、麦茶パックを取り出します。
  4. 冷蔵庫で冷やしても、熱いまま飲んでも美味しい麦茶の完成です。

美味しいお茶の作り方は?やかんで煮出したときの注意点は?

美味しいお茶の作り方は大きく分けて3つ

それぞれの作り方をご説明していきます。3つとも、本格的にこだわればいつもと一味違う美味しさになるので、試してみてくださいね。今回も麦茶を例にご紹介します。

煮出しのお茶

  1. やかんに水を入れ、火にかけます。
  2. 沸騰したら麦茶パックを入れ、5分くらい煮出します。
  3. 火を止めそのまま1時間待ちます。
  4. 1時間後、麦茶パックを取り出して水を張った桶にやかんごと浸して粗熱をとります。夏は桶に張る水に氷や保冷剤を入れるのがおすすめです。
  5. 冷めたらピッチャーに注ぎ冷蔵庫で冷やしましょう。

お湯出しのお茶

  1. やかんに水を入れ、火にかけます。
  2. 沸騰したら火を止め、麦茶パックを入れて1時間待ちます。
  3. 1時間後、麦茶パックを取り出して、ピッチャーに注ぎ冷蔵庫で冷やしましょう。

水出しのお茶

  1. 底の浅い容器に麦茶パックを入れ、麦茶が浸る程度にお湯をかけて1分間蒸らします。
  2. ピッチャーに別に水を注ぎ、そこに蒸らした麦茶パックを入れます。
  3. 冷蔵庫で1時間冷やします。
  4. 1時間後、麦茶パックを取り出しましょう。

どの作り方でも、衛生面には十分に気をつけましょう。もっとも衛生面で安心なのは煮出し方法ですが、完成した後に麦茶パックを入れっぱなしにするのはよくありません。

1時間ほどで麦茶パックを取り出し、冷蔵庫で冷やす場合も4日以内に飲みきるようにしましょう。

やかんでお茶を煮出すなら、洗いやすさは重要ポイント!

やかんにお茶の灰汁や茶渋がつくと洗うのが大変

同じお茶しか煮出さない専用のやかんにするならかまわないでしょうが、その日の気分や体調、季節によっても飲みたいお茶は変わります。その茶葉ごとにやかんを用意するわけにもいきませんよね。

やっぱり、お茶の煮出し用にやかんを買うなら洗いやすさを第一に考えた方が得策といえるでしょう。

1番おすすめなのは、広口やかんです。やかんの注ぎ口が広いので、注ぎ口の奥までスポンジやブラシが届きます。ここについた茶渋は取るのが体言なので、注ぎ口の細いおしゃれなやかんだとすぐに茶渋がこびりついて頑固な汚れになってしまいます。

また、アルミ製のやかんは軽くて扱いやすいですが、アルミが溶け出したりはげたりするのが心配という人もいますね。その場合はステンレスのやかんを選ぶと安心です。

やかんを使わずケトルを使ってお茶を沸かす方法

今の時代はお湯を沸かすといえば電気ケトル

ご自宅にやかんがないというご家庭も多いのではないでしょうか。

そこで、電気ケトルを使ったお茶の沸かし方をご紹介します。電気ケトルだとお湯がすぐに沸くので手軽で簡単にお茶が作れるのが利点ですね。

電気ケトルでお茶を沸かすときに絶対に必要なのが耐熱性の麦茶ポットです。プラスチック性のピッチャーや普通のガラスポットだと熱で割れてしまう可能性が高いので絶対に使わないようにしましょう。

電気ケトルを使ってお茶を沸かす方法

  1. 電気ケトルに水を注ぎ、スイッチを入れます。
  2. この間に耐熱性の麦茶ポットに麦茶パックを入れておきましょう。
  3. お湯が沸いたらポットにお湯を注ぎ、好みの濃さになったら菜箸などで麦茶パックを取り出します。
  4. 粗熱を取ったら冷蔵庫で冷やしましょう。