レモンオイルは万能!ギターのための使い方について説明します

楽器店に販売されているレモンオイルですが、どのように使っていいのかよくわからない人も多いといいます。

ギターのどの部分に使えば良いのでしょうか?使う場合に注意することとは?

万能なレモンオイルの正しい使い方を理解して、ギターのメンテナンスをしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

黒のコートに付くほこりやゴミの取り方とほこりを予防する方法

黒いコートは、どうしても、ゴミやほこりが目立ってしまいがちです。せっかくの新しいコートも、ほこり...

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

ミニトマトの葉っぱが白い原因と対策・うどんこ病とハモグリバエ

家庭菜園で育てているミニトマトの葉っぱ白いとき、一体何が原因で白くなってしまったのかわからないことも...

No Image

インコのおやつを手作り!手作りする時のポイントと作り方を解説

インコのおやつを手作りしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ですが、今まで作ったこ...

前髪を止めるのは男性でもアリ。簡単に止める方法と前髪の作り方

前髪が長い男性はどうしていますか。メンズでも前髪は大事なポイント。なかなか決まらないこともありま...

簿記三級取得は決して無意味じゃない!就職や転職での活かし方

簿記三級は二級に比べるとそれほど難しくないため、比較的取りやすい資格といえます。よく「履歴書に簿...

ピアノの和音は指先の力加減、音のバランスが重要なポイント

子供が弾くピアノの和音について「指先の力を加えてしっかり弾きなさい」と言っている方も多いのではないで...

ストレートのボブをアレンジするならこんな髪型

女の子らしくて可愛いストレートのボブは人気のある髪型のひとつですよね。そのままでも充分可愛らしい...

電車でスマホを見られるのを防止するには?オススメ防止方法

あなたのスマホ、覗き見されているかもしれませんよ・・。電車内では見るつもりがなくともスマホの画面が目...

車は回転数を下げれば燃費が良くなる?燃費を上げる運転方法

車の燃費は回転数で違ってくる?車の燃費をよくするには、どのような運転をこころがけたらいいのでしょうか...

高校生の勉強やる気アップ術!これで勉強する意欲が高まるはず

受験前の高校生でも、勉強のやる気がどうしても出ない、意欲がわかないと悩んでしまうこともあるでしょう。...

自分の名前は好き?嫌い?名前が嫌いでも好きになることは大切

「自分の名前は好きですか?嫌いですか?」こんな風に聞かれた時、あなたは一体何と答えるでしょうか。...

辛子明太子を冷凍保存から解凍するコツや方法とは

辛子明太子を特売でたくさん購入したときなんかは、冷凍保存するのがオススメです。では、冷凍保存...

ハムスターの暑さ対策!氷や保冷剤を使った温度の下げ方

ハムスターは他のペットほど手が掛からず、一人暮らしでも飼いやすいペットです。しかし、ハムスタ...

スマホアプリで女性が恋愛ゲームの彼に恋愛感情を持つ理由

恋愛シミュレーションゲームは、昔は一部の男子がパソコンで楽しむという世界でした。しかし、今はスマ...

スポンサーリンク

レモンオイルのギターへの効果的な使い方とは?

レモンオイルのギターへの効果的な使い方とは、どのようなものなのでしょうか?

レモンオイルは主に指板の汚れを取ったり、乾燥を防ぐために使われるものですが、より効果を得ようとしてビチャビチャにつけてしまうと、油分で余計に汚れてしまいます。
直接指板にかけず、布に数滴垂らして薄く塗り拡げるように使いましょう。

また、塗りたての時は、拭き取ってもそれほど汚れが取れないと思いますが、10分から15分ほどすると、汚れが浮いてきます。
ですので、レモンオイルを塗ってから、少し時間を置いてもう一度拭くようにしましょう。

この時に使う布は、使い古した布など、専用に使っても構わないものにしましょう。
ティッシュやキッチンペーパーでも構いませんが、パーツや木目などに繊維が入り込まないようにしましょう。
使う頻度としましては、弦を交換する時など、月に1回や年に1~2回程度で大丈夫です。

ギターへのレモンオイルの使い方で注意することは?

ギターへのレモンオイルの使い方で注意することはどういった事なのでしょうか?

まず、レモンオイルで汚れを取る際は、レモンオイルを塗ってから15分置いて、汚れを浮かせてから拭き取るようにしましょう。
「それなら長時間置けば、それだけ汚れが取れるかも」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、何時間も置いておくと、オイルが乾いてしまい、返って汚れが固まってしまいます。
ですので、すぐにとは行かなくても、1時間以内には拭き取るようにしましょう

また、レモンオイルが一度布に付いてしまうと、匂いを取ることは困難です。
着古したTシャツや拭き取り用のウエスなど、オイルケア専門にしても構わない布を使うようにしましょう。

他にも、レモンオイルは、ギターの種類によっては不向きな場合もあります。
レモンオイルのパッケージや説明書を読んで確認したり、楽器店の店員さんに確認するようにしましょう。

レモンオイルの使い方を理解して、冬のギターの指板の乾燥を防ごう

日本の冬は湿度が低く、肌だけではなく、木も乾燥してきます。
レモンオイルの使い方を理解して、冬のギターの指板の乾燥を防ぎましょう。

神経質に毎日塗るのはやりすぎですが、月に一度など適度にレモンオイルを塗って、指板の保湿に役立てましょう。
正しく効果的なメンテナンスを行えば、指板のゆがみや、ひび割れを防ぐことも出来ます。

冬にレモンオイルを塗ったほうが良いのは理解できたかと思いますが、それでは夏の場合はどうなのでしょうか?

夏は冬と比べて、湿度が高いため、保湿はあまり考える必要はないと言えます。
ですので、夏にレモンオイルを使う場合は、保湿としてではなく、汚れ落としとして使うのが良いでしょう。
ですので、ベタつかないように、少量でサッと拭く程度で充分です。

ギターの塗装の種類によってはレモンオイルの使い方に注意しよう

ギターをメンテナンスするために使われるのがレモンオイルですが、他にもクリーナーには種類があります。

  • オレンジオイル
  • シリコンワックス
  • カルナバワックス
  • 石油系ワックス

通常のギターであれば、自分好みのオイルやワックスを使っても大丈夫ですが、セラック塗装のギターの場合は注意しなくてはいけません。
特に、カルナバワックス以外のオイルやワックスを使うと、セラック塗装のギターを劣化させてしまいます。
ちなみにセラック塗装とは、ラックカイガラムシの分泌液を原料として作られた塗料を使った工法のものです。
非常に繊細な工法のため、オイルやワックスの種類に気をつけることはもちろんですが、汗がついた時もすぐに拭き取るなど、細かい気配りが必要となってきます。

レモンオイルとオレンジオイルの違いとは?

レモンオイルとオレンジオイルの違いとは、どのようなものなのでしょうか?

どちらも柑橘系のものを原料としてるため、それほど差はないようです。
しかし、レモンオイルと比べてオレンジオイルは揮発性が低く、粘度が高いため、保湿効果があるため、保湿目的でしようするのに向いているそうです。
対してレモンオイルは、揮発性が高く粘度が低いため、汚れ落としとしての効果が高いそうです。

とは言うものの、「オレンジオイルだと汚れが落ちない」とか「レモンオイルだと乾燥してしまう」と言うことはありませんので、ご安心ください。
自分のギターにレモンオイルやオレンジオイルを使用しても問題なければ、どちらを買っても大丈夫です。
買う時は、自分のギターの事だけではなく、保管したりメンテナンスをする環境や、レモンオイルやオレンジオイルの匂いを比べるなどを考えて購入するのが良いのではないでしょうか。

また、レモンオイルとオレンジオイルにこだわらなくても、それ以外のオイルやワックスもありますから、自分に合ったものを選びましょう。