一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法

社会人になって初めて実家を離れて一人暮らしを始める人の中には、最初のうちは一人の時間を楽しんでいても、だんだん寂しいと感じてきて実家に帰りたいとまで思う人も少なくありません。

しかし、仕事している以上簡単に帰ることはできず、ストレスを抱えてしまう場合もあります。

そこで今回は、一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法をご紹介します。まずは気分転換をしてみましょう。

また、泣いてしまうくらい寂しいと感じるのであれば、思い切ってその気持ちを家族や友人にぶつけてみましょう。

一人で抱えることはありません。思い切って一度実家に帰ってみてもよいのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

服についた刺繍がほつれた場合の対処法と洗濯時の注意点

お気に入りの服の刺繍がほつれが出ると、はさみを使ってなんとか止めようと考える人も多いのではないでしょ...

ステンレスに付いた茶渋の落とし方。用途別の洗剤選びと手順

お子さんの通園や通学、職場へのマイボトル持参などでステンレスの水筒にお茶を入れて持ち運ぶ機会は多いで...

2DKに4人家族で暮らす収納ルール!スペースの上手な活用術

4人家族で2DKに住む方も多くいますが、やはり手狭に感じてしまいますよね。子供が大きくなってくるとい...

インコのケージカバーの特徴や作り方を紹介します

インコのケージにはカバーをつけたほうがいいのでしょうか?必ずしも必要というわけではありませんが、イン...

ダンベルを使った背中の鍛え方とより効果を出すためのポイント

胸の筋肉だけではなく、背中の筋肉もある人を見るとかっこいいって思いますよね。でも、自分もそう...

FFで雪道走行!スタッドレスタイヤの装着をして安全運転を

元々雪がたくさん降る雪国に住んでいる人であれば、雪が降るシーズンになるとタイヤ交換をして降雪や凍結路...

100均グッズで手作りインテリアを作ろう。色々なアイディア

100均の小物たちがおしゃれなインテリアになります。そのまま飾っても素敵な商品はたくさんあり...

【アウトドア料理】子供に人気のレシピと美味しいデザート

家族で行くアウトドアは、みんなで料理をしたりバーベキューをしたり、釣りをしたり、水遊びをしたり、子供...

FF車での雪道の走り方のポイントを徹底解説します!

北海道などのように雪が降る地域に住んでいる人であれば雪道の運転も慣れているでしょうが、そうじゃない人...

指の臭いが取れない場合は、レモンや重曹や家にある物が活躍!

料理をした後の指が臭い・・・いつまで経ってもニオイが取れないということがありますね。魚を調理...

うさぎの牧草入れを手作りで♪100均商品を使って悩みを解消

うさぎの牧草入れを手作りしてみませんか?うさぎによって性格や体格が違いますので、牧草をばらまいて...

高速の合流はもうこわくない!失敗しないためのコツを教えます

免許を取得したばかりの人や高速道路を走り慣れていない人は、合流することに苦手意識を持ってしまいますよ...

チケット取引で手渡しは危険が少ない?手渡しする際の注意点

人気アーティストのライブチケット。チケット売買によって運良く入手出来た後は受け渡しになりますが、...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

シンクのスポンジラックは撤去すると掃除がしやすい

シンクのスポンジラックを撤去すると、掃除がしやすくなりラックのヌメヌメから解放されます!とは...

スポンサーリンク

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと思った時にまずやること

一人暮らしに寂しさを感じて、実家に帰りたくなってしまうこともありますが、簡単に帰ることが出来ない人も多いでしょう。そんな時は、寂しさを紛らわすことをしましょう。

すぐに会える距離に友達や知り合いがいるなら、その人と会いましょう。誰かと会って話をするだけでも寂しさを紛らわすことが出来ます。その人と共通の趣味があるなら、ただ会って話すだけでなく、一緒に趣味に没頭するのもお勧めです。

地方から都会に出てきて一人暮らしをしているなら、同じように地方出身者と話をすると、寂しさを共有出来ますし、そこから新たな発見をすることがあるかもしれません。

近くに友達や知り合いがいない場合は、電話で友達と話すのも良いですが、余計寂しい気持ちが大きくなってしまう可能性もあるので、習い事やサークルに参加して知り合いを増やすところから始めてみてはいかがでしょうか。

没頭出来ることがあれば、その時間は寂しさを忘れられますし、知り合いも増えて一石二鳥です。

一人暮らしが寂しいと感じたら、考え方を変えてみましょう

一人暮らしが寂しいと感じた時に気分を紛らわせる方法は、友達や知り合いと会う以外に、趣味の事をしたりDVDを見たりする方法があります。気分転換になって前向きに考えられるようになれば、一人暮らしを楽しんで充実した日々を過ごせるようになるでしょう。

しかし、その時間が終わるとまたすぐに寂しい気持ちがすぐに復活してしまって、一時しのぎにしかならない人もいます。そんな時は無理やり他の事をするのではなく、思考を巡らせてみましょう。

一人暮らしが寂しいと感じている人は、一人暮らし=寂しいというネガティブな思考にとらわれている状況

すぐには無理かもしれませんが、少しでも違う考え方が出来るように考えてみましょう。

例えば、あなたは一人暮らしをしたから、一人でいることの寂しさを知れたということになります。孤独を知れたということは、他者と関わることの大切さや、家族や友達と過ごす時間がかけがえのないものだと気付けるのではないでしょうか。

よく一人暮らしをして親のありがたみに気付いたという人がいますが、それも一人暮らしをしなければ感じることが無かったことかもしれません。

このように、一人暮らしを経験したから感じることが出来た事は、財産となり人として成長することが出来ます。分かっていたつもりでも、実際に経験することで行動が変わることは多いです。

ポジティブに捉えるようにしてみましょう。

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと毎日泣いてしまう人のための対処法

毎日泣いてしまうくらい寂しいと感じている人は、我慢のし過ぎかもしれません。近くに友達やプライベートな話が出来る知り合いがいない場合は、誰にも甘えることが出来ずに自分の中に溜め込んでしまうことがあります。溜め込みすぎて、辛くなって涙が出てしまうのです。

例え一人暮らしを続けなければいけない状況だとしても、寂しいという気持ちは隠さなくても良いのです。自分の中で溜め込んだ気持ちを正直に吐き出すことは大切です。

話す相手は家族でも友達でも良いです。自分の気持ちを言う方法は、電話でもメールでも何でも良いです。話しながら泣いてしまっても大丈夫です。

もしも、弱みを見せるのが嫌だったり、心配されてしまうことが嫌なら、まずは冗談っぽい言い方でも良いです。とにかく、自分の中に溜め込んだ気持ちを少しでも吐き出しましょう。

また、実家に帰るときは長期休暇の時じゃないとダメという決まりはありません。本当に泣くほど寂しいのなら、お金がかかっても滞在時間が短くても、思い切って一度実家に帰るのもお勧めです。実家に帰って思いっきり甘えてみると、また前向きに頑張ろうと思えることもあります。

一人暮らしの寂しさは、体を動かすことで紛らわせましょう

実家に帰ることもままならず、一人暮らしが寂しい場合は、体を動かすのがお勧めです。

もしも、引っ越して間もない場合やこれまで近所を散策したことが無いのなら、散歩をしたりランニングしてみましょう。歩いたり走ったり、自転車に乗ると前に進む動きをするために、気分転換にも良いとされています。近所を散策すると今まで気づかなかった新しい発見があるかもしれません。

近所を大体把握している人や友達と予定が合わない人は、気になっていたけど入った事のなかったお店に入ったり、おひとり様に挑戦するなど、今までと少し違うことをするのがお勧めです。

おひとり様に慣れて、お気に入りのお店が見つかったら、常連に慣れるくらい通い詰めるも良いでしょう。常連同士仲良くなって知り合いが増えるかもしれません。

天気の悪い日は、家の中で体を動かしましょう。模様替えをしたり、しっかり目に掃除をしましょう。気分転換になりますし、部屋も綺麗になります。仕事で忙しいと家の中が荒れやすいですが、すっきりと掃除された部屋は居心地が良いものです。

新しいメニューやかなり手の込んだ料理に挑戦するのもお勧めです。料理は動きとしては少ないですが、没頭しやすいので気分転換になりやすいです。平日の自分を助けるために、作り置きのおかずを沢山作っても良いでしょう。

仕事を辞めて実家に帰りたいと思った場合の対処法

どうしても一人暮らしの寂しい気持ちが抑えきれず、辛くてもう仕事を辞めて実家に帰りたいと思うこともあると思いますが、衝動的に行動するのはやめましょう。

仕事を辞めて実家に帰ることは簡単ですが、そこで生活していけるのか、後悔しないかどうかは別問題です。例え、一人暮らしが無くほど寂しいとしても、1年後にはあの時帰らなくて良かったと思う状況に変わっている可能性もあります。

仕事を辞めて帰ろうか迷う時は、すぐに結論を出さずに時間をかけてよく考えましょう。目標ややりたいことを整理して、現実を良く見てください。

帰ったら地元で働くことになりますので、地元の求人情報を確認して、自分のやりたい仕事があるのかどうか確認しましょう。1度の検索だけで大丈夫と結論付けず、ある程度求人の動きもみるのがお勧めです。求人情報を見て給与や休みのチェックだけでなく、将来性を考えられるかどうかも考えましょう。

また、実際に辞める前に休みを取ってゆっくりしてみましょう。休みを取ったら気持ちが変わることもあります。

そして、実家に帰るなら家族への相談も必要です。自分が家を出た後に実家の状況が変わっていることもあります。