アクセルとブレーキどっちか分からなくなる踏み間違いの危険性

アクセルとブレーキは普段ならどっちを踏むべきかすぐに判断つくものですが、よくニュースで踏み間違い事故があるように、とっさにどっちか分からなくなることがあります。

アクセルとブレーキどっちか分からなくなるのはなぜなのでしょうか。踏み間違いが起こる要因、対策は?

特に高齢者は注意が必要です。アクセルとブレーキの位置を常に確認しながら、安全運転を心掛けましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部活を引退する先輩に渡す色紙デザインを凝ったものにしたい

先輩と後輩が一緒になって毎日部活を楽しく過ごしていても、いつかは先輩が引退してしまう時が来てしまいま...

卓球のダブルスのややこしいルールをわかりやすく説明します

卓球の試合を子どもと一緒にテレビで見ている時「ルールがわかればもっとおもしろいのに。」と感じる時はあ...

大学生の一人暮らしの仕送り方法!節約やお金の管理のポイント

大学生の一人暮らしの仕送り方法については悩む親御さんも多いのでしょうか。あまり過保護にするのも良くな...

ザリガニを飼育する時は砂なしでもいいの?飼育方法について

ザリガニの飼育方法をご存知ですか?子供が飼育したくてもわからなくて、持ち帰ってきたザリガニを「返して...

郵便局の配達時間の午前中指定について時間や早く受け取る対処法

郵便局の配達時間を午前中に指定した場合、時間は何時くらいになるのでしょうか?配達時間の午前中のおおよ...

手芸のレクに簡単に作れる作品!高齢者向けおすすめ作品

高齢者向けのレクリエーションで手芸を楽しむこともあります。そんな時におすすめの簡単に完成する手芸をご...

デニム生地は水通しが必要?水通しの必要性とやり方

洋服やバッグを作るときなどは、水通しをしたほうが良いと聞いたことはありませんか?デニムも水通しをした...

本の湿気による歪みを改善するコツと長持ちさせるための注意点

本の湿気による歪みは元に戻すことができるのでしょうか?本は紙でできているので、気がつくと湿気によって...

ペンケースの中身を必要最低限の物にすると成績アップに繋がる

あなたが愛用しているペンケースの中身を今すぐ見てみましょう。ゴチャついていませんか?頭がいい学生...

5歳児にオススメな遊びや発達の特徴と成長ポイントについて

子供が5歳児となると、言動や行動も活発になり大人の言っていることもだいぶ理解できるようになり、一通り...

うさぎが抱っこを嫌がる原因とは?神経質なうさぎの習性を知る

うさぎが抱っこを嫌がる最大の理由は『捕まる』と感じるからです。飼い主さんとうさちゃんの信頼関...

プラチナの指輪が傷つきやすい理由と傷から守るための対処法

プラチナの指輪は傷つきやすいのは知っていますか?つい指輪を付けたまま仕事中に重い荷物を持ってしまった...

自転車は歩道走行も右側走行も禁止!その理由について解説します

自転車に普段乗っていない人は、ルールが変わったことに気づいていないのではないでしょうか。ルー...

犬の去勢手術後のトイレ失敗に悩む飼い主へアドバイスと注意点

犬の去勢手術後のトイレ失敗。今まで問題なくトイレができていた犬でも、去勢手術をきっかけにトイレを...

石にペイントするならどんな絵の具?石の塗り方

石にペイントをするときにはどのような絵の具が向いているのでしょうか?おすすめはアクリル絵の具ですが、...

スポンサーリンク

アクセルとブレーキどっちか分からなくなるのはなぜなのか

地方に住んでいる場合は車はなくてはならない交通手段なります。しかし近年アクセとブレーキの踏み間違いによる事故が多く発生していることを知っていますか?

踏み間違えてお店に突っ込む、立体駐車場から落ちてしまうなどのケースがあるのです。踏み間違えてしまった時はパニック状態になるので、踏んでいるのはブレーキだと思い込みアクセルを踏んでいることが多く、思い切り踏んでしまい大事故になるのです。

ブレーキとアクセルの踏み間違いが起きる原因は「ブレーキを踏むつもりがアクセルを踏んでしまった」ということです。マニュアル車の場合は停まっている状態から車を発進させる時には、クラッチ操作というのをしないと上手に発進することが出来ません。この操作を間違えるとエンストするので、もしブレーキをアクセルと間違えて踏み込んでしまってもエンストするようになっているので事故が起きにくいのです。踏み間違えによる事故が多いのはオートマ車に多いです。

アクセルとブレーキどっちか分からなくなる踏み間違いが起こる要因とは

スーパーやコンビニなどの駐車場に車を駐車するときどのように停めていますか?駐車スペースにバックで停める場合、バックミラーやルームミラー、カーナビのバックモニターや目視をしながら車を停めると思います。

車を駐車している最中に人が通るとブレーキを踏みますが、ブレーキペダルを見ているわけではないので、もしかするとアクセルを踏んでしまうこともあるのです。実際に70歳以上の高齢者は、道路以外の場所でバックをしている最中に踏み間違えることが多いのです。
感覚で操作することのリスクを高齢者ほど自覚していることが多いです。いつも走っている道とは違う駐車場では、自分の足の位置を確認してから操作することが大切なのです。しかし毎回確認をして操作をするのは面倒という人が多いと思いますが、注意をして運転することが未然に事故を伏せぐことになります。日頃から駐車場などで車を停める場合はアクセルとブレーキを目で確認してから駐車場に車を停めるようにしましょう。

瞬時にどっちか分からなくなるアクセルとブレーキ、踏み間違いを防ぐには?

アクセルとブレーキの踏み間違えないために大切なことは、正しい姿勢で運転することです。正しい姿勢を意識することで、アクセルとブレーキのペダルの場所をしっかりと認識出来ます。そして運転する時は携帯電話の電源を切ったり、マナーモードにすることもポイントです。

運転している時に携帯電話を使うのは交通違反になります。運転している時に突然電話がなると驚いてしまい注意力がなくなってしまうので、車の運転をする時は出来るだけ電源をオフにするか、マナーモードにするようにしましょう。

近年多くなった車ですが、衝突被害軽減ブレーキが掲載されている車を選ぶのも1つの方法です。急にアクセルを踏み込むことによる衝突のリスクを回避するために警告音で注意してくれる機能がついているのです。リクスを回避するための機能なので、踏み間違えの対策としては万全ではないです。車を運転している人が安全運転をするように心がけることが大切です。

アクセルとブレーキは必ず右や左などどっちかに決まっているものなの?

公道を走るためには国土交通省の定める、道路運送車両の保安基準に適合した自動車であることが前提です。この保安基準の中にアクセルは右、ブレーキは真ん中、クラッチは左と記載してあるとそのようなレイアウトになっているとわかります。

しかし保安基準にはそのような記載はないのです。操作装置は、ハンドルの中心から500mmの範囲内で、運転者が定位置から容易に操作できることと記載してあるです。この範囲内に収まっていれば、左足でアクセルとブレーキの操作をする車でも、保安基準を満たすことが出来るのです。

法令に上記のようなことが書いてあるのは、アクセルやブレーキの操作が必ずしも足で行われるとは限らないからです。例えば体の不自由な人でも運転が出来るように改造してある車の中には、ハンドル操作だけではなく、アクセルやブレーキの操作を手で行える車もあるのです。だから法令でペダルのいちを決めてしまうと、このような車が法令違反になってしまうので細かく定めていないのです。

アクセルを右足、ブレーキを左足など両足運転の危険性

車の運転を両足で運転している人いませんか?便利な両足運転ですが事故につながります。その理由は急ブレーキが必要な時にパニックになり、アクセルも一緒に踏んでしまう可能性があります。そしてカーブで左足がブレーキに乗っていると踏ん張れないし、体が不安定になります。また左足をいつもブレーキペダルの上に置いていると、少しだけブレーキが効いている状態になるのです。

人は年を取ると誰でも判断力が悪くなります。すぐに判断することが難しくなるので、時間差が出て遅れが出たり、予想もしないことが置きてしまうとパニックに陥ります。そして頭では理解していても身体が思うようについていくことが出来ず時間がかかるのです。年齢を重ねれば重ねるぼど出やすくなるのです。

両足運転をしている場合は危険リスクが高くなります。高齢になるととっさに判断することが難しくなるので、両足運転をしている場合は危険なのでやめましょう。