NO IMAGE

名前にカタカナが多かった昔。人気があった名前とその理由

おばあちゃんやご年配の女性の名前を見ると、カタカナだけの名前が多いと思いませんか?
なぜ昔の女性の名前にはカタカナの名前が多かったのでしょう。

小学校で習うのは最初にひらがな、次にカタカナを習い、漢字という順番で習っていきますね。普段使うのも漢字やひらがなが多いでしょう。

ですが昔はひらがなよりもカタカナの方が重んじられていたといいます。
古い書籍などでカタカナが使用されているのをよく見かけるでしょう。

ここでは昔の年代と女性によく使われていた名前を紹介します。
また子という漢字が付く女の子の名前が多かった時代もあります。その由来とは。

最近は古いとされていた名前をつけるケースも増えているようですので紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

黒のストッキングがまだらになるのはナゼ?対処方法を紹介

黒のストッキングを履くとまだらになってしまうのはナゼ?なんだかだらしなく見えてしまうストッキングのム...

黒の浴衣にはどんなネイルが合う?おすすめデザインを大特集!

花火大会に行くとなると、やっぱり浴衣を着たくなりますよね。もし浴衣を着るなら、ネイルも夏らし...

フラのハンドモーションのコツ!美しく見せる上達のポイント

フラダンスのハンドモーションのコツは、意識するべきポイントを掴んで練習すれば初心者でも上達できます。...

防音性の高い部屋を探すには?賃貸物件を効率的に探すヒント

「子供が夜遅くまで部屋でピアノが弾けるように、防音性のある賃貸マンションを借りたい」という方も多いの...

ポケットポーチの作り方!100均の材料を使った簡単な作り方

小学生や幼稚園の女子に人気のポケットポーチ。ポケットのない洋服のときでもハンカチやティッシュを持ち歩...

ミニトマトの葉っぱが白い原因と対策・うどんこ病とハモグリバエ

家庭菜園で育てているミニトマトの葉っぱ白いとき、一体何が原因で白くなってしまったのかわからないことも...

車が雪道でスリップしないための運転方法と対処法について解説!

車で雪道を運転することになったら、一番心配なことは「スリップ」ですよね。スリップしないために...

ハンバーガーバンズの代用になるものは?バンズのレシピも紹介!

ハンバーガーを作りたい!でもバンズが売っていないこのような場合、なにか代用できるものはないかと考える...

簿記三級取得は決して無意味じゃない!就職や転職での活かし方

簿記三級は二級に比べるとそれほど難しくないため、比較的取りやすい資格といえます。よく「履歴書に簿...

肉じゃがを翌日のお弁当に使おう!ただし夏の場合は要注意!

夕食に作った肉じゃがを翌日のお弁当に入れると、味がさらに染み込んでいておいしいですよね。しか...

FF車での雪道の走り方のポイントを徹底解説します!

北海道などのように雪が降る地域に住んでいる人であれば雪道の運転も慣れているでしょうが、そうじゃない人...

勉強のやる気がでない、そんな時に試したいやる気が出る方法

学校の宿題やテスト勉強、日々の予習復習など勉強しなくてはいけないと頭では理解していても、いまいちやる...

定期預金の引き出しを本人以外が行うには?引き出し方法と注意点

定期預金の引き出しは原則として名義人本人しか行えません。ただ、親が認知症で手続きができない、ある...

ホットプレートで焼肉をした時の油対策!油を気にせず焼き肉を

ホットプレートを使用して自宅で焼肉をする人もいるのではないでしょうか。この時に気になるのが「油」です...

風呂のドアのパッキン交換を自分でする方法と劣化させないコツ

風呂のドアのパッキン交換は、自分ですることができますよ。風呂のドアの劣化が気になったら、早め...

スポンサーリンク

昔はひらがなよりもカタカナが多く使われていた

名前も時代により、変化しています。昔はこうだったのに、今はこんな形に変化している。流行っている名前もあると思いますが、昔はカタカナの名前がよく使われていました。

どうして昔はひらがなよりカタカナの名前が多かったのか。

それはその当時にどういった教育がなされたかに左右されます。文章は、ひらがな、カタカナ、漢字や英語、などを使って自分が言いたい事を表現します。本や新聞など、文章を書く時、どれを重視して使うのか、その決定権は教育にあり、教育の分野でどれを強調するか、それで名前もひらがなが重視されるのか、カタカナが重視されるのか、影響を受けています。

昔、カタカナの名前が多かったのは、教育上、ひらがなよりカタカナの方が重視されていた証拠です。時代も変わり、教育も変化し、今ではひらがなの方が名前に多く使用されています。

名前にひらがなが多く使われるのか、それともカタカナが多く使われるのか、教育がどれを重視するかによって、異なってきます。

昔の名前はカタカナが多い。昔に人気があった名前

昔の名前には、ひらがなよりカタカナが多く見られます。昔はこんな名前がよく使われていたんだと昔の名前を見ると、懐かしく、興味深い物があります。

あなたのおばあちゃんの名前、親戚の名前を辿っていくと、きっと「ハル」など今では漢字で「春」と書いた方が一般的かなと思われる名前があります。

その他にもキヨなど、当時では女性には付けられたいた名前が今では、なんだか珍しい名前に思えます。今では女の子であっても、男の子であっても、芸能人の子供が付ける名前を一文字とって子供に付けたりします。昔のカタカナの名前を聞くと、「これが昔よく使われた名前なんだな」と懐かしむと思います。

トミやセツというカタカナの名前も使用されていました。時代劇なんかをみると、その様な昔ながらの名前にもよく触れる事ができます。

昔よく売られていたお菓子と同じで、昔よく使われていたカタカナの名前を聞くと、懐かしさが私たちの心に訪れます。

昔の人の名前にカタカナが多い理由

昔の女性の名前には、カタカナをよく見かけます。

男性の名前にはちゃんと漢字が使用されているのに、女性の名前はカタカナで違和感を覚えるかもしれません。

昔の女性の名前にカタカナが使用されている理由ですが、残念ながら、当時は教育レベルが女性の方が衰えていて、男性は漢字を読むことができるけれど、女性はカタカナしか読めない、そんな背景があります。

女性は漢字を読めないからその分、カタカナを使用していて、それが名前でも表現されています。

悲しい事に教育のレベルの差により、男性には漢字、女性にはカタカナと振り分けられていました。今の時代では考えられない事かもしれませんが、当時は、それが常識だったのでしょう。

今は女の子の名前にも普通に漢字を使用します。昔は男性には高い教養を教え、女性にはレベルの低い物で対応していたので、その様な違いが生まれたのです。教育に差があったんですね。

昔の名前に子がついた理由

昔の流行りの名前になるのでしょうか。女の子の名前には、良く名前の部分に「子」が付きます。礼子、結子など例を上げたらきりがありません。

名前に「子」がつくと、女性らしいイメージがあります。また、気品があるイメージもあります。この子供の名前に「子」を付けるというのは、ご両親からお子さんへの期待、女性らしさ、気品さを表しています。私の子供には将来、この様な子供になって欲しいという親から子供への期待を「子」という漢字を使用する事により、名前に表しています。

また、別の漢字と組み合わせる事により、「子」以外の漢字の良い意味に一生満たされるという願いも込められています。

例えば希子でしたら、一生、希望を持てる子供という前向きな意味になります。これも親から子供へ、どんな人生を送って欲しいのか、幸せを願う表れだと思います。

名前にはそれぞれ意味があります。両親からのお子さんへの期待や幸運を示しています。

名前に子がつく今どきな名前

今の30代や40代の方々の名前に「子」がつく名前、よく見かけます。職場でも、漢字が違っても読み方が一緒の同僚が居たりして、面白い場所に出会います。

今でも、お子さんに「子」がつく名前を付けます。しかも、女の子ではなく、男の子にも「子」という名前は今、付けるんです。

例えば、子樹という名前。読み方は「しき」なのですが、子という漢字が使われています。他にも「津子磨」という男の子の名前もあり、読み方は「つしま」になります。

どうして男の子にも名前に「子」という漢字を使用するのか、理由はよくわかりません。でも、最近になって男の子の名前に「子」という漢字が使われるも何か親から子供への特別な希望が示されているかもしれません。

昔の名前に、カタカナが使用されていました。その理由を上記の記事で説明しました。参考にはなりましたか?昔の女性の名前にカタカナが使われている理由に、当時の教育がどういった形だったかも関係してきます。それが、男性の名前には漢字が使用されていて、女性にはカタカナが使われていた事でわかります。今は、より自由なので、男の子の名前にも「子」という漢字が使用されています。