NO IMAGE

名前にカタカナが多かった昔。人気があった名前とその理由

おばあちゃんやご年配の女性の名前を見ると、カタカナだけの名前が多いと思いませんか?
なぜ昔の女性の名前にはカタカナの名前が多かったのでしょう。

小学校で習うのは最初にひらがな、次にカタカナを習い、漢字という順番で習っていきますね。普段使うのも漢字やひらがなが多いでしょう。

ですが昔はひらがなよりもカタカナの方が重んじられていたといいます。
古い書籍などでカタカナが使用されているのをよく見かけるでしょう。

ここでは昔の年代と女性によく使われていた名前を紹介します。
また子という漢字が付く女の子の名前が多かった時代もあります。その由来とは。

最近は古いとされていた名前をつけるケースも増えているようですので紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【フォークの使い方】サラダを食べる時に美しく見せるためには

サラダを食べる時、お箸で食べるのが一番ラクだと思ってはいるものの、フランス料理のコースの中で出てくる...

UVレジンに使える100均で揃う手軽な材料と可愛いパーツ

UVレジンを使ったアクセサリーをハンドメイドで作る方も多いですが、いろいろと材料を揃えると、ある程度...

スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツとは

スカートのウエストがきついときは、ゴムを伸ばす方法を試してみてくださいね!では、スカートのき...

受験が怖いなら高校受験の不安を解消するコツや効率的な勉強法

受験生にとって高校受験というのは、不安な気持ちで怖いと感じることもあるでしょう。では、そんな...

強い地震だと家具は飛ぶ!日頃から地震に備えるしか方法はない

地震で家具が飛ぶって信じられますか?でもこれは本当です。地震によって家具が倒れるのは理解できるか...

テレビの中継に時間差が生じる理由!ラジオはテレビより早い

テレビの中継を見ていると、放送中の音声に時間差が生じていることもあります。特に、国際中継では、時間差...

トマトをレンジに入れたら破裂する場合が。破裂しない方法とは

電子レンジで温めると破裂してしまう食べ物と言って思いつくのは、卵やウインナーでしょうか。お弁...

鉄のやかんの手入れ方法!使い始めと使用後の正しいお手入れ方法

鉄のやかんを購入し、これから長く使って行きたいと考えている人の中には、正しいお手入れの方法を知りたい...

グルーガン【100均】の基本の使い方と上手に使うコツ

グルーガンは100均でも取り扱いがあり、ハンドメイドなどで使ってみたいと思っている方も多いと思います...

カッターの替刃の替え方は?刃を折るのが怖い人へアドバイス

カッターの替刃、その替え方に困っていませんか?カッターは替刃全体を交換しなくても、切れ味の悪い刃...

グルーガンの使い方とは?造花をキレイに付けるポイント

グルーガンで造花を取り付けるときにはどのような使い方をすればキレイに仕上げることができるのでしょうか...

親の介護は兄弟で役割分担。もめない為に話し合っておくポイント

親の介護は突然必要になる場合があります。兄弟がいる場合は親の介護はどうしたら良いのでしょうか...

シルバーアクセサリーの黒ずみはサビじゃない。落とす方法とは

時間が経ったシルバーのアクセサリーが黒ずんでいる、サビのように見えるけれどにサビなのでしょうか。...

アパートトラブルで多い騒音問題。足音の対策について

アパートに住んでいると、足音に対して苦情を言われたり、逆に足音に悩まされることもありますよね。...

服の名前を消す方法と取れないときの対処法や注意点とは

子供におさがりでもらった服に名前が書いているとき、それを消す方法はあるのでしょうか?では、服...

スポンサーリンク

昔はひらがなよりもカタカナが多く使われていた

名前も時代により、変化しています。昔はこうだったのに、今はこんな形に変化している。流行っている名前もあると思いますが、昔はカタカナの名前がよく使われていました。

どうして昔はひらがなよりカタカナの名前が多かったのか。

それはその当時にどういった教育がなされたかに左右されます。文章は、ひらがな、カタカナ、漢字や英語、などを使って自分が言いたい事を表現します。本や新聞など、文章を書く時、どれを重視して使うのか、その決定権は教育にあり、教育の分野でどれを強調するか、それで名前もひらがなが重視されるのか、カタカナが重視されるのか、影響を受けています。

昔、カタカナの名前が多かったのは、教育上、ひらがなよりカタカナの方が重視されていた証拠です。時代も変わり、教育も変化し、今ではひらがなの方が名前に多く使用されています。

名前にひらがなが多く使われるのか、それともカタカナが多く使われるのか、教育がどれを重視するかによって、異なってきます。

昔の名前はカタカナが多い。昔に人気があった名前

昔の名前には、ひらがなよりカタカナが多く見られます。昔はこんな名前がよく使われていたんだと昔の名前を見ると、懐かしく、興味深い物があります。

あなたのおばあちゃんの名前、親戚の名前を辿っていくと、きっと「ハル」など今では漢字で「春」と書いた方が一般的かなと思われる名前があります。

その他にもキヨなど、当時では女性には付けられたいた名前が今では、なんだか珍しい名前に思えます。今では女の子であっても、男の子であっても、芸能人の子供が付ける名前を一文字とって子供に付けたりします。昔のカタカナの名前を聞くと、「これが昔よく使われた名前なんだな」と懐かしむと思います。

トミやセツというカタカナの名前も使用されていました。時代劇なんかをみると、その様な昔ながらの名前にもよく触れる事ができます。

昔よく売られていたお菓子と同じで、昔よく使われていたカタカナの名前を聞くと、懐かしさが私たちの心に訪れます。

昔の人の名前にカタカナが多い理由

昔の女性の名前には、カタカナをよく見かけます。

男性の名前にはちゃんと漢字が使用されているのに、女性の名前はカタカナで違和感を覚えるかもしれません。

昔の女性の名前にカタカナが使用されている理由ですが、残念ながら、当時は教育レベルが女性の方が衰えていて、男性は漢字を読むことができるけれど、女性はカタカナしか読めない、そんな背景があります。

女性は漢字を読めないからその分、カタカナを使用していて、それが名前でも表現されています。

悲しい事に教育のレベルの差により、男性には漢字、女性にはカタカナと振り分けられていました。今の時代では考えられない事かもしれませんが、当時は、それが常識だったのでしょう。

今は女の子の名前にも普通に漢字を使用します。昔は男性には高い教養を教え、女性にはレベルの低い物で対応していたので、その様な違いが生まれたのです。教育に差があったんですね。

昔の名前に子がついた理由

昔の流行りの名前になるのでしょうか。女の子の名前には、良く名前の部分に「子」が付きます。礼子、結子など例を上げたらきりがありません。

名前に「子」がつくと、女性らしいイメージがあります。また、気品があるイメージもあります。この子供の名前に「子」を付けるというのは、ご両親からお子さんへの期待、女性らしさ、気品さを表しています。私の子供には将来、この様な子供になって欲しいという親から子供への期待を「子」という漢字を使用する事により、名前に表しています。

また、別の漢字と組み合わせる事により、「子」以外の漢字の良い意味に一生満たされるという願いも込められています。

例えば希子でしたら、一生、希望を持てる子供という前向きな意味になります。これも親から子供へ、どんな人生を送って欲しいのか、幸せを願う表れだと思います。

名前にはそれぞれ意味があります。両親からのお子さんへの期待や幸運を示しています。

名前に子がつく今どきな名前

今の30代や40代の方々の名前に「子」がつく名前、よく見かけます。職場でも、漢字が違っても読み方が一緒の同僚が居たりして、面白い場所に出会います。

今でも、お子さんに「子」がつく名前を付けます。しかも、女の子ではなく、男の子にも「子」という名前は今、付けるんです。

例えば、子樹という名前。読み方は「しき」なのですが、子という漢字が使われています。他にも「津子磨」という男の子の名前もあり、読み方は「つしま」になります。

どうして男の子にも名前に「子」という漢字を使用するのか、理由はよくわかりません。でも、最近になって男の子の名前に「子」という漢字が使われるも何か親から子供への特別な希望が示されているかもしれません。

昔の名前に、カタカナが使用されていました。その理由を上記の記事で説明しました。参考にはなりましたか?昔の女性の名前にカタカナが使われている理由に、当時の教育がどういった形だったかも関係してきます。それが、男性の名前には漢字が使用されていて、女性にはカタカナが使われていた事でわかります。今は、より自由なので、男の子の名前にも「子」という漢字が使用されています。