FF車での雪道の走り方のポイントを徹底解説します!

北海道などのように雪が降る地域に住んでいる人であれば雪道の運転も慣れているでしょうが、そうじゃない人にとっては雪道の運転は怖いと感じる人も多いのではないでしょうか?

中でも前輪駆動であるFF車で雪道を運転する場合、どんな点に注意するべきなのでしょうか?4WDであれば安全なのでしょうか?

ff車での雪道の走り方のポイントを詳しく説明します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしでベッドをどのように配置したら良いのかわからない

実家での生活を飛び出して、一人暮らしの新しい生活を始める時に大切なのが、自分の拠点となる部屋のレイア...

韓国料理が辛い理由からわかる、辛い料理を好む傾向と習慣とは

韓国料理が辛い理由には、古くからの歴史があり、それには日本との関わりが見えてきます。では、ど...

傘の固定グッズ!100均にある様々なタイプの傘立てをご紹介

傘の固定グッズを探している方!100均にも様々な傘の固定グッズがありますよ。また本来は杖や掃...

猫は自分が可愛いことを自覚している?猫の可愛い行動とその理由

猫の可愛い行動に毎日メロメロにされている飼い主さんもいるのではないでしょうか。まるで自覚しているかの...

鉄のやかんにさびが発生!錆を取る方法と日常のお手入れのポイント

鉄のやかんを使用していると、さびが発生してしまうことがあります。せっかく購入したのにさびてしまうと、...

住民票の転出届は提出期限が決まっている?その詳細を解説します

引越しが決まると、荷物のことで頭がいっぱいで住民票の転出届の手続きのことが後回しになってしまうという...

豚骨スープの作り方!圧力鍋を使えば家庭でもお店の味

豚骨スープや豚骨ラーメンはお店で食べるものと思っている方が多いと思います。何時間も煮込み時間が必...

カメラの電池を入れっぱなしにするのはNG?バッテリー管理方法

カメラを使用してない時、バッテリー電池を入れっぱなしにして保管している人もいるのではないでしょうか。...

身長171cmの標準体重は何kg?男性は見た目の体型にも注意

年齢を重ねていくと体重が気になる男性も増えていくでしょう。日本人の男性の平均身長は約171cmと言わ...

うずらの飼育は屋外でも可能?飼育方法や注意点について

うずらの飼育を考えている方、鶏の様に屋外での飼育は可能かどうか?飼育する際には気になるポイントですよ...

テレビをコーナーにレイアウトする場合のメリットや選び方

家族が集まるリビングにテレビは欠かせないでしょう。テレビはお部屋のどの位置に設置していますか?...

マニキュア後のトップコート!ベストタイミングをご紹介

マニキュアを長持ちさせたり、キレイに見せるためのトップコート!使用している方もたくさんいらっしゃいま...

台所の排水口のイヤな臭いの対処法!悪臭を消す掃除方法

台所の洗い物をしていると、なんだかイヤな臭いがする…。そんな経験はありませんか?毎日使うシンクは、油...

金魚の稚魚の生存率はどのくらい?稚魚の育て方のコツ

金魚が卵を産んで孵化し、やがて小さな稚魚となって元気に泳ぎだしますが、すべてが無事に育つとは限りませ...

ベースとギター、どっちを選ぶ?初心者は特徴を理解しましょう

友達とバンドを組もうとする場合、ほとんどの人がベースとギターどっちにするか迷うのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

FF車で雪道を運転する場合は走り方に注意!

FF車は前輪駆動

カーブのときにお尻を振りやすいので気をつけましょう。

FF車はFR車に比べて、一度すべったらコントロールをするのが難しいのでゆっくり曲がることが一番です。

カーブですべらないようにゆっくり曲がるには、スピードを落としましょう。また、ハンドルを普段よりゆっくりとまわすように意識しましょう。

カーブの前では、減速しハンドルをゆっくりきりましょう。アクセルを踏む場合もゆっくりと踏み込みましょう。

カーブを曲がっている最中に、アクセルやブレーキの操作を極力しないですむように手前で十分に減速しておいてください。アクセルを踏み込むのは、車体が真っ直ぐになってからにしましょう。

まっすぐ走るときにはそれほど気にする必要はありませんが、カーブや曲がるときにはいつも以上に気をつけましょう。

普段の運転でハンドルを手早く切るクセがあったりアクセルを踏みこむのが早い人はとくに注意するといいですね。

雪道の走り方FF車の特徴を理解して運転しよう!

FF車は直進安定性がすぐれている

ついつい直線でスピードを出してしまうかもしれません。しかし、雪道では十分な車間距離が必要です。

FF車は「進むけれど、雪道では曲がりにくい車」というのを覚えておきましょう。

雪道で安全な運転をするには「急」のつく動作をしないことです。

急発進、急加速、急ブレーキ、急ハンドルをしなければスリップすることもありません。
また、雪道といっても滑りにくいものと滑りやすいものがあるのを知っていますか?

一番滑りやすいのは水分を含んだ雪となり水っぽい雪が積もっていたり、溶けてきている雪道を走るときにはさらに注意しましょう。

運転をする前には、バッテリーが弱っていないかチェックしましょう。冬はバッテリーがあがりやすい季節です。エンジンがかかりにくくなっていたりう何年もバッテリーを交換していない場合は、バッテリーのチェックをしましょう。

雪道を運転するときには、ゆとりを持ったスケジュールを立て路面状況を確認することが大切です。あまりにもひどい雪のときには運転をしない勇気も大切です。

FF車の雪道の走り方のポイントは「スタッドレスタイヤ」!

FF車で雪道を運転するときに必要なこと

  • スタッドレスタイヤを装備、タイヤチェーンも準備しておこう
  • スタッドレスタイヤは4輪全てに装備してください
  • タイヤチェーンを装着するときは前タイヤ
  • カーブや交差点でハンドルを切っている時にはブレーキもアクセルも踏まない
  • カーブ、交差点に入る前には減速
  • ゆっくりとしたハンドル操作
  • 上り坂では止まらなくてすむように車間距離を取る
  • 深い積雪路には入らない

チェーンを装着するときには、駆動輪につけましょう。FF車は前の2本です。チェーンは4本に巻きつける必要はありません。

雪道を運転するときには、とにかく慎重になるといいでしょう。「凍っているかもしれない」「滑るかもしれない」「止まれないかもしれない」「信号が変わるかもしれない」「前の車が減速するかもしれない」と、予測することが大切です。

速度を落とすことや、前方と同じく後方にも注意するなどしましょう。

雪道の種類によっても走り方を変えよう!

雪道と言っても、色々な雪質があります。

新雪は、雪が積もったばかりの道路になります。歩道や側溝との境界線が見えづらくなっているので左寄りに走りすぎてしまうと、溝がタイヤにハマってしまったり畑などに侵入してしまいます。

風が強い日は雪が舞うので視界が極端に悪いです。ホワイトアウトでは、前のクルマすら見えません。他のクルマが走行した跡を見たり、どこまでか道路なのか道のはじにある棒(スノーポール)を目安にしましょう。

スノーポールは、道の幅やカーブを知らせたり除雪の目安となるものです。

圧雪は車が通行することで雪が踏み固められた状態の道です。氷のようにツルツルに滑ることもあり交差点付近の圧雪は、アイスバーンに近い状態になります。

アイスバーンは、積もった雪が解けて、再び凍った状態を言います。スタッドレスタイヤを履いていても滑るので注意が必要です。

アスファルトが見えた状態の「ブラックアイスバーン」と呼ばれる状況は一見すると道路が濡れているように見える道路です。雪道の中でも一番気をつけなくてはいけない道路と言えるでしょう。

4WDでも雪道は絶対安心とは限らない!

雪道に適しているのは、4WD(四輪駆動車)

前にエンジンがあり、前輪と後輪を同時に駆動させる事が可能な4WDは、駆動力を4つに分散して伝える事が出来るので雪道の運転に適しています。

4WDにスタッドレスタイヤを装着すれば、シャーベット状の雪でも、スリップしにくいという特徴があります。

しかし、ツルツルのアイスバーンでは4WD(四輪駆動車)でもスリップします。

雪道を運転するときには、どんな車であっても慎重に運転しましょう。

4WD(四輪駆動車)であっても、道路わきに転落します。スピードを出し、それを制御できなければとうぜんの結果でしょう。

冬道、雪道はスピードを出していなくとも事故が起きるほど危険な道路です。ちょっとした過信やあせりから事故は起きてしまいます。

時間に余裕を持ち、スピードを出しすぎないことで事故を防ぐことができるでしょう。