グッピーの稚魚の隔離期間の目安と稚魚を元気に育てるコツ

グッピーの稚魚が元気に育つために、稚魚が大きくなるまで隔離することがありますが、その隔離期間に悩むことがあります。
いつまでも狭い水槽で隔離するわけにもいかないですし、目安になるものがあれば知っておきたいものです。
では、稚魚をいつまで隔離しておくといいのでしょうか。隔離期間の目安とは?
目安はあくまでも目安なので、稚魚の成長を見極めて隔離をやめるといいでしょう。
グッピーは繁殖しやすいので、増えすぎて困ってしまうこともあります。
増えすぎてしまった場合の対処法もありますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイ...

化粧を簡単自然に!?やり方次第でナチュラルは作れる!

まるで化粧をしていないようなナチュラルなメイクは、やり方次第で簡単にできちゃいます。では、ま...

鳥が電線に大量にとまる理由と対策は?根本的な解決は困難かも

ものすごい大量の鳥が電線にとまっている光景、一度は目にしたことあるのではないでしょうか。一匹で見...

鉄瓶の使用方法!南部鉄器の鉄瓶の正しいお手入れ方法を解説

南部鉄器の鉄瓶を購入して使用する時は、使用し始める前にお手入れをする必要があります。また、使用してい...

グラスやコップの収納術!使いやすさを目的にした収納方法

グラスやコップの収納に困っていませんか?気が付くと意外と増えているのがグラスやコップ。普段使うも...

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

似顔絵の描き方を知りたい。デフォルメのコツは

似顔絵を描く時の描き方は2パターンあります。写真のようにリアルに描くパターンと、コミカルなタッチ...

色の種類【紫】が好きな男性の特徴と心理・相性・恋愛傾向を解説

紫色が好きな男性に、片思いをしている女性もいるのではないでしょうか。好きな色の種類によって、...

フッ素加工のフライパンの手入れ方法で長持ちさせるコツを紹介

フッ素加工のフライパンは手入れの仕方に気をつけないと使えなくなってしまうことがあります。焦げ付かずに...

主婦と無職の違い!専業主婦は家族を支える役割を担っています

専業主婦として家族のために家事や育児を頑張っている人の中には、自分が「無職」だと言われて心が傷ついて...

プラチナの指輪が傷つきやすい理由と傷から守るための対処法

プラチナの指輪は傷つきやすいのは知っていますか?つい指輪を付けたまま仕事中に重い荷物を持ってしまった...

手洗いの時の柔軟剤を入れるタイミングとすすぐ必要性について

大事な衣服を手洗いで洗濯する場合、気になるのは「柔軟剤」を入れるタイミングなどですよね。洗濯...

文鳥の換羽期にプラスしたい栄養素と飼い主ができるサポート

文鳥が換羽期を迎えると、いつもよりも栄養が必要になります。文鳥の換羽期にはどのような栄養素が必要にな...

100均のペンケースのアレンジ術を紹介。簡単なデコり方や作り方

みなさんはどんなペンケースを使っていますか?100均のペンケースはプチプラなのに可愛い、使いやす...

缶詰のフルーツは冷凍するとこんなに美味しい!果物簡単スイーツ

缶詰の果物は一年中食べられて、価格も安定していますよね。缶詰の果物はお弁当に入れるという方が...

スポンサーリンク

グッピーの稚魚の隔離期間、目安は親の半分の大きさになるまで

ペットも飼っていると、繁殖して、親と子供も引き離さなくては行けない期間、隔離期間、が訪れます。人気なグッピーを子供が欲しいから飼っている保護者の方々、いつ位までグッピーの親と子供を話しておけば良いのか、詳しい情報を知りたいですよね。目安となるのは、稚魚の体の大きさ。小さい内は、まだ親とは一緒には出来ない

まず、どうして親と稚魚を離して成長させなくては行けないのか、その理由をみていきましょう。その理由ですが、親が小さくて動くものには攻撃してしまうのです。それが、自分の子供であっても攻撃してしまうので、稚魚がある程度の大きさになる迄は、離して成長させて行きます。

稚魚の体の大きさが15-20、親の半分の大きさが目安

では、どの位の大きさになると、親が稚魚を攻撃しないのか。それは、上記のサイズに成長する位がベストになります。その位になると、親が稚魚を攻撃しないので、一緒に生活することが出来ます。ただ、隠れ家がある場合は、上記より小さなサイズでも共存は可能かもしれません。

グッピーの稚魚は、隔離期間に親魚に食べられてしまう可能性もあるので注意

子供や家族が好きで、グッピーを飼っているけれど、どうして稚魚が産まれた後、親と別々に育てなくちゃ行けないのか?隔離期間はどうして必要なのか、ふと疑問に思いませんか?

そのふとした疑問の答えですが、あなたにとって意外なものかもしれません。オスが自分の子供(稚魚)を食べてしまうので、稚魚を別の容器で育てて、成長させる必要があるのです。

親が稚魚を食べてしまうなんて、人の目から見たら、意外だと思います。ですが、グッピーではその様な親と子供の強い傾向があるので、産まれた後は、オスから引き離す為にも、稚魚(子供)は稚魚で別の容器で育て上げます。

ある統計では、稚魚(子供)の半分が親に食べられてしまう様です。それでは、飼っている意味がありませんよね。飼い主としては、稚魚を親グッピーを守るという意味で、別の容器で成長させて上げるのです。

グッピーの稚魚の隔離期間、生存率をあげて元気に育てるコツ

グッピーの親と稚魚の隔離期間に稚魚が元気よく成長できるコツがあります。それ程難しいポイントではなく、誰でも実行出来ることです。ここで紹介して行くので、是非実行して、稚魚の生存率を上げて行って下さい。

糞をよくとって、水を綺麗に保つ

稚魚も生き物ですので、餌を食べては、糞をします。けれど、その糞をそのままにしておいたら、衛生上よくありません。水質も落ちてしまいます。糞が気になったら、こまめに取って上げて、衛生を保つようにして下さい。それで、稚魚の健康が保たれます。

稚魚はまだ小さいので、スポンジフィルターを利用する

この時期に吸水ポンプを使用すると、その勢いに対抗出来る力がまだ無いので、吸水ポンプに取り込まれてしまいます。この時期は、吸水ポンプを使用せずに、スポンジフィルターを使用します。

餌を上げて元気に育てる

食欲も旺盛な時期です。餌もまめに、出来れば一日5回程度あげて、体力をつけて上げましょう。

グッピーが増えすぎないために、あえて稚魚を同じ水槽で育てるのも方法のひとつ

中には、家族が好きでグッピーを飼っているけれど、増えすぎて逆に「どうしようかな?」と悩んでいる飼い主さんもいますよね。増えすぎた。では、逆に隔離期間を設けないというのも、グッピーの稚魚の数のコントロールをすることが出来ます。

増えすぎなら、隔離期間無しで稚魚の数をコントロールする

隔離期間を設けるというのは、稚魚の数を増やすという意味でもされる行為になります。でも、逆に稚魚が増えすぎなのであれば、隔離期間無しで、親と稚魚を同じ水槽で飼うのも、稚魚の数をコントロールして行けます。増えすぎであれば、隔離期間無しも有りだと思います。

メスとオスを別々の容器で飼う

他に稚魚の数をコントロール出来る方法としては、メスとオスを別々の水槽で飼うことをお勧めします。交尾出来ないので、その分稚魚が産まれなくて済みます。ただ、今度はあまり増えすぎない事で悩む事も考えられます。

グッピーの稚魚が増えすぎたからといって川に放流するのはやめよう

グッピーの隔離期間もきちんと設けて、稚魚の数も増えて来た時点で、「まずい、増えすぎてしまった」。そんな状況に陥ってしまった時、あなたは次にどんな行動に出ますか?
稚魚の数が増えすぎた時、お友達に上げたり、ペットショップに譲ることが出来ます。対応しているショップもあるので、「このグッピーの数どうしよう」と思っているのなら、そういった対処法もあります。

最も悪い対処法は、いくら数が多すぎるからと言って、稚魚を川に流してしまう事です。もし、その事を少しでも頭で考えているのなら、絶対に辞めましょう。

地域によっては、かなり重い刑が用意されている

あなたは軽い気持ちでいるかもしれませんが、グッピーを川に流す事で、かなり重い罪に罰せられる地域もあります。そんな事を考えるより、飼い主として、最後までグッピーを飼う責任を全うしましょう。

また、稚魚の数をコントロールする方法も取得するべきだと思います。それ程難しい方法ではありません。問題に対する正しい手段を実行して行きましょう。

どうしてグッピーの稚魚と 隔離期間を設けなくてはいけないのか、その理由について上記では説明してきました。納得しましたか?隔離期間を設ける事は、逆に稚魚が増えすぎる要因にもなります。注意しながら、稚魚を育てて行って下さいね。