グッピーの稚魚の隔離期間の目安と稚魚を元気に育てるコツ

グッピーの稚魚が元気に育つために、稚魚が大きくなるまで隔離することがありますが、その隔離期間に悩むことがあります。
いつまでも狭い水槽で隔離するわけにもいかないですし、目安になるものがあれば知っておきたいものです。
では、稚魚をいつまで隔離しておくといいのでしょうか。隔離期間の目安とは?
目安はあくまでも目安なので、稚魚の成長を見極めて隔離をやめるといいでしょう。
グッピーは繁殖しやすいので、増えすぎて困ってしまうこともあります。
増えすぎてしまった場合の対処法もありますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

きゅうりを使った副菜でもう1品!簡単中華風レシピ

食卓にあと一品欲しい時など、きゅうりを使った副菜はいかがですか?おかずにもなりますし、お酒の...

タッパーをレンジで加熱するときはふたを外して加熱しよう

タッパーをお弁当箱代わりにしている人もいるのではないでしょうか。お弁当を食べるときに、レンジでタッパ...

スカートが短い時の対処法とスカート丈のアレコレ

一目ぼれして買ったスカートやワンピースが、思っていたよりも短いときって皆さんどうしていますか?...

水彩画を描くときは水張りを!水張りに必要なものと方法を解説

水彩画を描いたことがある人の中には、絵が完成した後の用紙がよれてしまった経験がある人もいるのではない...

生クリームを使った後冷蔵庫に入れ忘れたら捨てるしかないのか

生クリームを使ったあと、うっかりして冷蔵庫に入れ忘れた経験ありませんか?すっかり常温に戻って...

受験が怖いなら高校受験の不安を解消するコツや効率的な勉強法

受験生にとって高校受験というのは、不安な気持ちで怖いと感じることもあるでしょう。では、そんな...

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなけれ...

飼い猫が危険だらけの外の世界へ脱走!その理由や防止策について

室内で飼育している飼い猫が注意していても窓や玄関を開けた瞬間に脱走してしまい探し回ったという経験はあ...

食器用洗剤を使わない食器の洗い方。洗剤なしでもピカピカに

普段の食器洗いは、食器用洗剤を使って洗っている方がほとんどだと思います。しかし、食器用洗剤は必ずしも...

漂白剤で黄ばみがキレイになる?シーツの黄ばみを落とす方法

シーツの黄ばみ汚れに頭を悩ませている人もいますよね。シーツの黄ばみ汚れは、漂白剤を使えばキレイにする...

トイレのコンセントの位置は失敗しないようにしっかり考えよう!

日本のトイレといえば温水洗浄便座が当たり前のようになってきていますが、使用するためにはコンセントが必...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

水彩で背景を描きたい時の描き方!水の量を調節するのがポイント

水彩で背景を上手く描きたい!そんなあなたに、描き方のポイントについて詳しくご説明します。水彩は段...

食器って洗った後に拭く?拭かない?食器洗いアレコレについて

食器って洗った後に拭く?それとも拭かないで自然乾燥させる?生乾きのフキンは雑菌が繁殖しや...

中学生の勉強机のレイアウトのポイントと置いてはいけないモノ

小学生時代とは違い中学生になると勉強の内容も濃くなり、今までの勉強の仕方や勉強机のままというワケには...

スポンサーリンク

グッピーの稚魚の隔離期間、目安は親の半分の大きさになるまで

ペットも飼っていると、繁殖して、親と子供も引き離さなくては行けない期間、隔離期間、が訪れます。人気なグッピーを子供が欲しいから飼っている保護者の方々、いつ位までグッピーの親と子供を話しておけば良いのか、詳しい情報を知りたいですよね。目安となるのは、稚魚の体の大きさ。小さい内は、まだ親とは一緒には出来ない

まず、どうして親と稚魚を離して成長させなくては行けないのか、その理由をみていきましょう。その理由ですが、親が小さくて動くものには攻撃してしまうのです。それが、自分の子供であっても攻撃してしまうので、稚魚がある程度の大きさになる迄は、離して成長させて行きます。

稚魚の体の大きさが15-20、親の半分の大きさが目安

では、どの位の大きさになると、親が稚魚を攻撃しないのか。それは、上記のサイズに成長する位がベストになります。その位になると、親が稚魚を攻撃しないので、一緒に生活することが出来ます。ただ、隠れ家がある場合は、上記より小さなサイズでも共存は可能かもしれません。

グッピーの稚魚は、隔離期間に親魚に食べられてしまう可能性もあるので注意

子供や家族が好きで、グッピーを飼っているけれど、どうして稚魚が産まれた後、親と別々に育てなくちゃ行けないのか?隔離期間はどうして必要なのか、ふと疑問に思いませんか?

そのふとした疑問の答えですが、あなたにとって意外なものかもしれません。オスが自分の子供(稚魚)を食べてしまうので、稚魚を別の容器で育てて、成長させる必要があるのです。

親が稚魚を食べてしまうなんて、人の目から見たら、意外だと思います。ですが、グッピーではその様な親と子供の強い傾向があるので、産まれた後は、オスから引き離す為にも、稚魚(子供)は稚魚で別の容器で育て上げます。

ある統計では、稚魚(子供)の半分が親に食べられてしまう様です。それでは、飼っている意味がありませんよね。飼い主としては、稚魚を親グッピーを守るという意味で、別の容器で成長させて上げるのです。

グッピーの稚魚の隔離期間、生存率をあげて元気に育てるコツ

グッピーの親と稚魚の隔離期間に稚魚が元気よく成長できるコツがあります。それ程難しいポイントではなく、誰でも実行出来ることです。ここで紹介して行くので、是非実行して、稚魚の生存率を上げて行って下さい。

糞をよくとって、水を綺麗に保つ

稚魚も生き物ですので、餌を食べては、糞をします。けれど、その糞をそのままにしておいたら、衛生上よくありません。水質も落ちてしまいます。糞が気になったら、こまめに取って上げて、衛生を保つようにして下さい。それで、稚魚の健康が保たれます。

稚魚はまだ小さいので、スポンジフィルターを利用する

この時期に吸水ポンプを使用すると、その勢いに対抗出来る力がまだ無いので、吸水ポンプに取り込まれてしまいます。この時期は、吸水ポンプを使用せずに、スポンジフィルターを使用します。

餌を上げて元気に育てる

食欲も旺盛な時期です。餌もまめに、出来れば一日5回程度あげて、体力をつけて上げましょう。

グッピーが増えすぎないために、あえて稚魚を同じ水槽で育てるのも方法のひとつ

中には、家族が好きでグッピーを飼っているけれど、増えすぎて逆に「どうしようかな?」と悩んでいる飼い主さんもいますよね。増えすぎた。では、逆に隔離期間を設けないというのも、グッピーの稚魚の数のコントロールをすることが出来ます。

増えすぎなら、隔離期間無しで稚魚の数をコントロールする

隔離期間を設けるというのは、稚魚の数を増やすという意味でもされる行為になります。でも、逆に稚魚が増えすぎなのであれば、隔離期間無しで、親と稚魚を同じ水槽で飼うのも、稚魚の数をコントロールして行けます。増えすぎであれば、隔離期間無しも有りだと思います。

メスとオスを別々の容器で飼う

他に稚魚の数をコントロール出来る方法としては、メスとオスを別々の水槽で飼うことをお勧めします。交尾出来ないので、その分稚魚が産まれなくて済みます。ただ、今度はあまり増えすぎない事で悩む事も考えられます。

グッピーの稚魚が増えすぎたからといって川に放流するのはやめよう

グッピーの隔離期間もきちんと設けて、稚魚の数も増えて来た時点で、「まずい、増えすぎてしまった」。そんな状況に陥ってしまった時、あなたは次にどんな行動に出ますか?
稚魚の数が増えすぎた時、お友達に上げたり、ペットショップに譲ることが出来ます。対応しているショップもあるので、「このグッピーの数どうしよう」と思っているのなら、そういった対処法もあります。

最も悪い対処法は、いくら数が多すぎるからと言って、稚魚を川に流してしまう事です。もし、その事を少しでも頭で考えているのなら、絶対に辞めましょう。

地域によっては、かなり重い刑が用意されている

あなたは軽い気持ちでいるかもしれませんが、グッピーを川に流す事で、かなり重い罪に罰せられる地域もあります。そんな事を考えるより、飼い主として、最後までグッピーを飼う責任を全うしましょう。

また、稚魚の数をコントロールする方法も取得するべきだと思います。それ程難しい方法ではありません。問題に対する正しい手段を実行して行きましょう。

どうしてグッピーの稚魚と 隔離期間を設けなくてはいけないのか、その理由について上記では説明してきました。納得しましたか?隔離期間を設ける事は、逆に稚魚が増えすぎる要因にもなります。注意しながら、稚魚を育てて行って下さいね。