グッピーの稚魚の隔離期間の目安と稚魚を元気に育てるコツ

グッピーの稚魚が元気に育つために、稚魚が大きくなるまで隔離することがありますが、その隔離期間に悩むことがあります。
いつまでも狭い水槽で隔離するわけにもいかないですし、目安になるものがあれば知っておきたいものです。
では、稚魚をいつまで隔離しておくといいのでしょうか。隔離期間の目安とは?
目安はあくまでも目安なので、稚魚の成長を見極めて隔離をやめるといいでしょう。
グッピーは繁殖しやすいので、増えすぎて困ってしまうこともあります。
増えすぎてしまった場合の対処法もありますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

室内の湿度は何%が理想なの?過ごしやすい湿度とは

室内はどのくらいの湿度が理想なのでしょうか?季節によって、理想的な湿度は違ってくるようです。快適な湿...

可愛い動物園で見た珍しい生き物!ペットとして飼育可能な動物

犬や猫などのペットは多くの方が飼っていますが、中には可愛いけど珍しい動物を飼っている方もいます。動物...

コンセントの増設をしたいときは?賃貸の場合はまず相談

賃貸だけれど、コンセントの増設をしたいと思ったときにはまず大家さんや管理会社に相談してみましょう。...

太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイ...

きゅうりを使った副菜でもう1品!簡単中華風レシピ

食卓にあと一品欲しい時など、きゅうりを使った副菜はいかがですか?おかずにもなりますし、お酒の...

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法

社会人になって初めて実家を離れて一人暮らしを始める人の中には、最初のうちは一人の時間を楽しんでいても...

朝に音楽を聴いたら癒しの効果があるって本当?

世の中の人達の中には、朝、眠い目をこすりながら起き、半ば寝ているような状態で出勤したり、登校している...

玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってく...

トイレの便器についたがんこな尿石を簡単に落とす方法を教えます

トイレの便器についた尿石ってなかなか落ちないもの。それが長い間放置しておいたものだとなおさらですよね...

小学校の先生へ心をこめたメッセージカードを贈りましょう

小学校を卒業する時、お世話になった先生にメッセージカードを贈りたいと思っても、どんなことを書いていい...

布巾の除菌は電子レンジで速攻完了!布巾とスポンジの除菌方法

布巾の除菌はいつもどのようにしていますか?除菌の必要性はわかっていても、つい面倒で後回しにしてしまう...

マンガや小説のキャラの名前の付け方を知りたい

マンガや小説が好きな人は、それが高じて自分なりのオリジナルストーリーを考えたりしますよね。その時...

入籍後に結婚式を挙げたカップルの友人代表スピーチのコツ

入籍後に結婚式を挙げるカップルは多いですが、入籍後しばらく経ってから結婚式を挙げるカップルもたくさん...

包丁の研ぎ方について!ステンレス包丁は砥石にも注意が必要

ステンレス包丁を使用している方は少なくはありませんよね。価格が安いことからステンレス包丁は使い捨てな...

野良猫を保護したときはシャンプーの前に動物病院へ行くのが安心

近所にいる野良猫を保護したときは、猫の体が汚れていることから、先にシャンプーをしたくなりますよね。で...

スポンサーリンク

グッピーの稚魚の隔離期間、目安は親の半分の大きさになるまで

ペットも飼っていると、繁殖して、親と子供も引き離さなくては行けない期間、隔離期間、が訪れます。人気なグッピーを子供が欲しいから飼っている保護者の方々、いつ位までグッピーの親と子供を話しておけば良いのか、詳しい情報を知りたいですよね。目安となるのは、稚魚の体の大きさ。小さい内は、まだ親とは一緒には出来ない

まず、どうして親と稚魚を離して成長させなくては行けないのか、その理由をみていきましょう。その理由ですが、親が小さくて動くものには攻撃してしまうのです。それが、自分の子供であっても攻撃してしまうので、稚魚がある程度の大きさになる迄は、離して成長させて行きます。

稚魚の体の大きさが15-20、親の半分の大きさが目安

では、どの位の大きさになると、親が稚魚を攻撃しないのか。それは、上記のサイズに成長する位がベストになります。その位になると、親が稚魚を攻撃しないので、一緒に生活することが出来ます。ただ、隠れ家がある場合は、上記より小さなサイズでも共存は可能かもしれません。

グッピーの稚魚は、隔離期間に親魚に食べられてしまう可能性もあるので注意

子供や家族が好きで、グッピーを飼っているけれど、どうして稚魚が産まれた後、親と別々に育てなくちゃ行けないのか?隔離期間はどうして必要なのか、ふと疑問に思いませんか?

そのふとした疑問の答えですが、あなたにとって意外なものかもしれません。オスが自分の子供(稚魚)を食べてしまうので、稚魚を別の容器で育てて、成長させる必要があるのです。

親が稚魚を食べてしまうなんて、人の目から見たら、意外だと思います。ですが、グッピーではその様な親と子供の強い傾向があるので、産まれた後は、オスから引き離す為にも、稚魚(子供)は稚魚で別の容器で育て上げます。

ある統計では、稚魚(子供)の半分が親に食べられてしまう様です。それでは、飼っている意味がありませんよね。飼い主としては、稚魚を親グッピーを守るという意味で、別の容器で成長させて上げるのです。

グッピーの稚魚の隔離期間、生存率をあげて元気に育てるコツ

グッピーの親と稚魚の隔離期間に稚魚が元気よく成長できるコツがあります。それ程難しいポイントではなく、誰でも実行出来ることです。ここで紹介して行くので、是非実行して、稚魚の生存率を上げて行って下さい。

糞をよくとって、水を綺麗に保つ

稚魚も生き物ですので、餌を食べては、糞をします。けれど、その糞をそのままにしておいたら、衛生上よくありません。水質も落ちてしまいます。糞が気になったら、こまめに取って上げて、衛生を保つようにして下さい。それで、稚魚の健康が保たれます。

稚魚はまだ小さいので、スポンジフィルターを利用する

この時期に吸水ポンプを使用すると、その勢いに対抗出来る力がまだ無いので、吸水ポンプに取り込まれてしまいます。この時期は、吸水ポンプを使用せずに、スポンジフィルターを使用します。

餌を上げて元気に育てる

食欲も旺盛な時期です。餌もまめに、出来れば一日5回程度あげて、体力をつけて上げましょう。

グッピーが増えすぎないために、あえて稚魚を同じ水槽で育てるのも方法のひとつ

中には、家族が好きでグッピーを飼っているけれど、増えすぎて逆に「どうしようかな?」と悩んでいる飼い主さんもいますよね。増えすぎた。では、逆に隔離期間を設けないというのも、グッピーの稚魚の数のコントロールをすることが出来ます。

増えすぎなら、隔離期間無しで稚魚の数をコントロールする

隔離期間を設けるというのは、稚魚の数を増やすという意味でもされる行為になります。でも、逆に稚魚が増えすぎなのであれば、隔離期間無しで、親と稚魚を同じ水槽で飼うのも、稚魚の数をコントロールして行けます。増えすぎであれば、隔離期間無しも有りだと思います。

メスとオスを別々の容器で飼う

他に稚魚の数をコントロール出来る方法としては、メスとオスを別々の水槽で飼うことをお勧めします。交尾出来ないので、その分稚魚が産まれなくて済みます。ただ、今度はあまり増えすぎない事で悩む事も考えられます。

グッピーの稚魚が増えすぎたからといって川に放流するのはやめよう

グッピーの隔離期間もきちんと設けて、稚魚の数も増えて来た時点で、「まずい、増えすぎてしまった」。そんな状況に陥ってしまった時、あなたは次にどんな行動に出ますか?
稚魚の数が増えすぎた時、お友達に上げたり、ペットショップに譲ることが出来ます。対応しているショップもあるので、「このグッピーの数どうしよう」と思っているのなら、そういった対処法もあります。

最も悪い対処法は、いくら数が多すぎるからと言って、稚魚を川に流してしまう事です。もし、その事を少しでも頭で考えているのなら、絶対に辞めましょう。

地域によっては、かなり重い刑が用意されている

あなたは軽い気持ちでいるかもしれませんが、グッピーを川に流す事で、かなり重い罪に罰せられる地域もあります。そんな事を考えるより、飼い主として、最後までグッピーを飼う責任を全うしましょう。

また、稚魚の数をコントロールする方法も取得するべきだと思います。それ程難しい方法ではありません。問題に対する正しい手段を実行して行きましょう。

どうしてグッピーの稚魚と 隔離期間を設けなくてはいけないのか、その理由について上記では説明してきました。納得しましたか?隔離期間を設ける事は、逆に稚魚が増えすぎる要因にもなります。注意しながら、稚魚を育てて行って下さいね。