グッピーの稚魚の隔離期間の目安と稚魚を元気に育てるコツ

グッピーの稚魚が元気に育つために、稚魚が大きくなるまで隔離することがありますが、その隔離期間に悩むことがあります。
いつまでも狭い水槽で隔離するわけにもいかないですし、目安になるものがあれば知っておきたいものです。
では、稚魚をいつまで隔離しておくといいのでしょうか。隔離期間の目安とは?
目安はあくまでも目安なので、稚魚の成長を見極めて隔離をやめるといいでしょう。
グッピーは繁殖しやすいので、増えすぎて困ってしまうこともあります。
増えすぎてしまった場合の対処法もありますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツとは

スカートのウエストがきついときは、ゴムを伸ばす方法を試してみてくださいね!では、スカートのき...

日本の田舎は怖いイメージがあるって本当?

日本における田舎は「夜は真っ暗」、「人間が閉鎖的」なんていう怖いイメージを持っていませんか?それ...

韓国の人が初対面でも年齢を聞くことの意味と韓国のマナーとは

韓国の人と会った時に、初対面でも年齢を聞かれることがあります。初対面でいきなり年齢を聞くのは...

滑り止めマットを活用した可愛い手作りマットの作り方

玄関や室内に使うマットですが、100均などで販売されている滑り止めマットを使って手作りしてみませんか...

歌い手グッズを部屋に飾ろう!アイデア満載見た目重視の飾り方

好きな歌い手のライブに行くと、グッズをついつい買いすぎてしまいませんか?そして買いすぎたグッズは、ど...

新生児のお風呂はドキドキ!入れ方や必要なものを紹介します

産院で新生児をお風呂に入れてくれるところも多いですね。退院して自宅で入れるとなると、うまく入...

革靴のシワがかっこいい!綺麗な履きジワの付け方と革靴の選び方

革靴にできる履きジワが綺麗につくとかっこいいと思いませんか?なんだか味のある一足になった!そんな風に...

婿養子のメリット・デメリットと『婿入り』と『婿養子』の違い

婿養子にはメリットとデメリットがあります。『婿入り』と『婿養子』は違います。昔話などで聞...

メダカの飼育は100均で揃う!飼育に役立つ100均グッズ

メダカの飼育を考えている方!必要なグッズや、メダカ飼育に役立つグッズはほぼ100均で揃えることができ...

韓国料理が辛い理由からわかる、辛い料理を好む傾向と習慣とは

韓国料理が辛い理由には、古くからの歴史があり、それには日本との関わりが見えてきます。では、ど...

ストレートのボブをアレンジするならこんな髪型

女の子らしくて可愛いストレートのボブは人気のある髪型のひとつですよね。そのままでも充分可愛らしい...

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。アイプチでした二重が不自...

チケット取引で手渡しは危険が少ない?手渡しする際の注意点

人気アーティストのライブチケット。チケット売買によって運良く入手出来た後は受け渡しになりますが、...

ガラスの曇り止めに効く裏技!お風呂場の曇りもこれでさようなら

お風呂場のガラスは曇りやすいですが、身近なもので曇り止めができる裏技があるって知っていますか?特...

車が雪道でスリップしないための運転方法と対処法について解説!

車で雪道を運転することになったら、一番心配なことは「スリップ」ですよね。スリップしないために...

スポンサーリンク

グッピーの稚魚の隔離期間、目安は親の半分の大きさになるまで

ペットも飼っていると、繁殖して、親と子供も引き離さなくては行けない期間、隔離期間、が訪れます。人気なグッピーを子供が欲しいから飼っている保護者の方々、いつ位までグッピーの親と子供を話しておけば良いのか、詳しい情報を知りたいですよね。目安となるのは、稚魚の体の大きさ。小さい内は、まだ親とは一緒には出来ない

まず、どうして親と稚魚を離して成長させなくては行けないのか、その理由をみていきましょう。その理由ですが、親が小さくて動くものには攻撃してしまうのです。それが、自分の子供であっても攻撃してしまうので、稚魚がある程度の大きさになる迄は、離して成長させて行きます。

稚魚の体の大きさが15-20、親の半分の大きさが目安

では、どの位の大きさになると、親が稚魚を攻撃しないのか。それは、上記のサイズに成長する位がベストになります。その位になると、親が稚魚を攻撃しないので、一緒に生活することが出来ます。ただ、隠れ家がある場合は、上記より小さなサイズでも共存は可能かもしれません。

グッピーの稚魚は、隔離期間に親魚に食べられてしまう可能性もあるので注意

子供や家族が好きで、グッピーを飼っているけれど、どうして稚魚が産まれた後、親と別々に育てなくちゃ行けないのか?隔離期間はどうして必要なのか、ふと疑問に思いませんか?

そのふとした疑問の答えですが、あなたにとって意外なものかもしれません。オスが自分の子供(稚魚)を食べてしまうので、稚魚を別の容器で育てて、成長させる必要があるのです。

親が稚魚を食べてしまうなんて、人の目から見たら、意外だと思います。ですが、グッピーではその様な親と子供の強い傾向があるので、産まれた後は、オスから引き離す為にも、稚魚(子供)は稚魚で別の容器で育て上げます。

ある統計では、稚魚(子供)の半分が親に食べられてしまう様です。それでは、飼っている意味がありませんよね。飼い主としては、稚魚を親グッピーを守るという意味で、別の容器で成長させて上げるのです。

グッピーの稚魚の隔離期間、生存率をあげて元気に育てるコツ

グッピーの親と稚魚の隔離期間に稚魚が元気よく成長できるコツがあります。それ程難しいポイントではなく、誰でも実行出来ることです。ここで紹介して行くので、是非実行して、稚魚の生存率を上げて行って下さい。

糞をよくとって、水を綺麗に保つ

稚魚も生き物ですので、餌を食べては、糞をします。けれど、その糞をそのままにしておいたら、衛生上よくありません。水質も落ちてしまいます。糞が気になったら、こまめに取って上げて、衛生を保つようにして下さい。それで、稚魚の健康が保たれます。

稚魚はまだ小さいので、スポンジフィルターを利用する

この時期に吸水ポンプを使用すると、その勢いに対抗出来る力がまだ無いので、吸水ポンプに取り込まれてしまいます。この時期は、吸水ポンプを使用せずに、スポンジフィルターを使用します。

餌を上げて元気に育てる

食欲も旺盛な時期です。餌もまめに、出来れば一日5回程度あげて、体力をつけて上げましょう。

グッピーが増えすぎないために、あえて稚魚を同じ水槽で育てるのも方法のひとつ

中には、家族が好きでグッピーを飼っているけれど、増えすぎて逆に「どうしようかな?」と悩んでいる飼い主さんもいますよね。増えすぎた。では、逆に隔離期間を設けないというのも、グッピーの稚魚の数のコントロールをすることが出来ます。

増えすぎなら、隔離期間無しで稚魚の数をコントロールする

隔離期間を設けるというのは、稚魚の数を増やすという意味でもされる行為になります。でも、逆に稚魚が増えすぎなのであれば、隔離期間無しで、親と稚魚を同じ水槽で飼うのも、稚魚の数をコントロールして行けます。増えすぎであれば、隔離期間無しも有りだと思います。

メスとオスを別々の容器で飼う

他に稚魚の数をコントロール出来る方法としては、メスとオスを別々の水槽で飼うことをお勧めします。交尾出来ないので、その分稚魚が産まれなくて済みます。ただ、今度はあまり増えすぎない事で悩む事も考えられます。

グッピーの稚魚が増えすぎたからといって川に放流するのはやめよう

グッピーの隔離期間もきちんと設けて、稚魚の数も増えて来た時点で、「まずい、増えすぎてしまった」。そんな状況に陥ってしまった時、あなたは次にどんな行動に出ますか?
稚魚の数が増えすぎた時、お友達に上げたり、ペットショップに譲ることが出来ます。対応しているショップもあるので、「このグッピーの数どうしよう」と思っているのなら、そういった対処法もあります。

最も悪い対処法は、いくら数が多すぎるからと言って、稚魚を川に流してしまう事です。もし、その事を少しでも頭で考えているのなら、絶対に辞めましょう。

地域によっては、かなり重い刑が用意されている

あなたは軽い気持ちでいるかもしれませんが、グッピーを川に流す事で、かなり重い罪に罰せられる地域もあります。そんな事を考えるより、飼い主として、最後までグッピーを飼う責任を全うしましょう。

また、稚魚の数をコントロールする方法も取得するべきだと思います。それ程難しい方法ではありません。問題に対する正しい手段を実行して行きましょう。

どうしてグッピーの稚魚と 隔離期間を設けなくてはいけないのか、その理由について上記では説明してきました。納得しましたか?隔離期間を設ける事は、逆に稚魚が増えすぎる要因にもなります。注意しながら、稚魚を育てて行って下さいね。