100均で揃う小学校低学年向けの簡単工作【夏休みの自由研究】

お子様の夏休みの工作や自由研究。低学年のお子様の場合には、何を作ろうか悩む方も多いと思います。低学年の場合には簡単に作れて達成感を味わえる工作がおすすめです。
そこで、簡単に作れて、お子様と一緒に作る楽しさも味わえる工作をご紹介します。
夏らしさを出したいという時には、貝などをポイントに使うと、より夏っぽさを感じられます。
材料は100均などで揃う手軽なものを使いました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卓球初心者のコツはラリーをつなぐ練習で楽しみながら上達できる

卓球初心者でもコツを覚えると、ラリーも続くようになり卓球が楽しくなります。卓球が楽しくなるポイントと...

友達がゲーム目的で家に入り浸る!子供の友達との付き合い方

お子さんのお友達が、ゲーム目的で家に入り浸っている日々が続くと、そのことが原因で段々ストレスが溜まっ...

車はガソリンメーターランプが光ってから何キロ走れる?目安とは

車のガソリンメーターのランプが光った、点滅したときには後どのくらい走ることができるのでしょうか?ひと...

ハムスターのかじり木は割り箸でも代用できるが避けた方が無難

ハムスターのかじり木の代用で割り箸は使えるの?と思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。...

接着剤の剥がし方。指についても慌てない剥がし方と使える物とは

接着剤を使っていて、うっかり手についてしまったという経験はありますよね。また指と指がくっついて焦...

家賃の振込手数料を安くする方法を発見!安く済ませるコツ

家賃の振込手数料がもったいないと感じたことありませんか?1回の手数料が数百円でも、塵も積もれば・...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

筋トレとストレッチの違いとは?筋トレ前後に効果的な方法を紹介

筋トレとストレッチにはどんな違いがあるのでしょうか?ストレッチをするのは筋トレをする前?それとも筋ト...

部活を引退する先輩に渡す色紙デザインを凝ったものにしたい

先輩と後輩が一緒になって毎日部活を楽しく過ごしていても、いつかは先輩が引退してしまう時が来てしまいま...

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

管理栄養士の勉強方法【社会人編】働きながらできる効率的なコツ

管理栄養士になるためにはどんな勉強方法がいいのでしょうか?社会人で働きながら管理栄養士を目指すならオ...

プラスチックへの塗装が剥がれる原因とおすすめの下処理

プラスチックに塗装をすると、塗装をした当初は、しっかりとキレイに塗装がされていると感じますが。使用を...

洗剤と柔軟剤の違い!洗剤や柔軟剤の効果を考えて上手に選ぶ方法

洗剤と柔軟剤の違いについてあまりよくわからないという人もいますよね。どちらもお洗濯をする時に使用する...

【室内犬】散歩でしかトイレをしない理由は?犬のしつけについて

室内犬として飼育しているワンちゃんが散歩でしかトイレをしなくなってしまうということもあります。それま...

テトラの外部フィルターの掃除手順と掃除が必要なタイミング

テトラはキラキラとした体がキレイで人気の魚です。水槽に外部フィルターを設置している場合には、定期的な...

スポンサーリンク

夏休みの自由研究に100均の紙粘土を使った工作

夏休みの宿題と言えば自由研究。

自由研究は、研究発表か工作かを選べる

お子さまが低学年の場合には作品を選ぶことが多いですよね。
作品も絵や手芸、工作などから選ぶことができますが、低学年のお子さまなら工作を選ばれる方が多いのではないでしょうか。

夏休みの宿題ということを考えると、「低学年のお子さまが一人で出来る工作」でなくてはいけませんよね。

おすすめな、紙粘土

紙粘土は100均でも売られていますから手軽に入手することが出来ますし、幼稚園や小学校でも粘土を扱う機会があるので、扱い方の説明もほとんど必要ありません。

しかし、手放しで「はい、どうぞ。」と渡すと、素晴らしく個性的な作品が出来上がってしまうかもしれません。
作る前には、「作るもの」と「テーマ」を子供と一緒に決めてからお子さまに任せると、「やり直し」といった残念な結果にならずに済みますよ。

紙粘土はいろいろな作品が作れますが、おすすめなのはペン立てです。空き瓶に紙粘土を貼り付けて、色を塗ったり、ビーズなどの小物で飾ります。

キャンプで拾った貝殻や葉っぱなどを使うと、夏休みらしい工作に仕上げることが出来ますよ。
出来上がったペン立てを使う度に、思い出が蘇る素敵な作品になるはずです。

涼し気なジェルキャンドルに夏らしさをプラス

手軽に材料を100均で揃えて夏休みの工作を作りたいなら、キャンドルもおすすめです。

キャンドルと言ってもいわゆる「ろうそく」ではなく、ガラス容器の中を飾ってジェルを流し込んで作るキャンドルです。

工作、ジェルキャンドルの作り方

  • ガラス容器
  • ジェルワックス
  • キャンドルウィック(ろうそくの芯)
  • お好みの飾り
  • 鍋など(ジェルワックスを溶かすための容器)

ジェルワックスは温めて溶かしてから使うので、鍋などの容器が必要になります。注ぎ口のついている片手鍋なら、鍋のままでも注ぎやすくおすすめですよ。

ガラス容器の中には、一番始めにキャンドルウィックをセットします。
割る前の割り箸の間に芯を挟んで容器の縁にかけ、キャンドルウィックを吊るすように固定すると、芯の曲がっていない綺麗な仕上がりになりますよ。

ガラス容器の中の飾りを選ぶ時の注意点

火を灯して楽しむ予定なら、引火しないように燃えない物だけを使うようにしましょう。
ガラス容器の中をイメージ通りに飾ったら、最後にそーっとと溶かしたジェルワックスを流し込み、冷やし固めたら完成です。
芯が長い場合には、切って調整してください。

ジェルキャンドルは、シリコン型などに流しいれて作ることも出来ますから、そちらも試していてくださいね。

夏休みの作品、夏っぽい感じに仕上げる

ガラス容器の底にカラーサンドを敷きつめ、拾ったガラス石や貝殻などで飾るのがおすすめです。
青いジェルワックスを湯煎で溶かして流し入れれば、海っぽい作品の完成です。

夏休み出掛けた動物園や遊園地などを再現して、ジオラマっぽくしてみるのも面白いのでおすすめですよ。
火をつけずに見て楽しむだけであれば、中には何を入れてもOKです。

夏休みの工作におすすめ、夏らしさを感じる写真立て

夏休みにはお出かけする人も多いですよね。楽しい思い出を作品の一部にしてみませんか?

海に出かけるなら貝殻やガラス石、山に出かけるなら小枝や葉っぱ、木の実などを持ち帰ってきましょう。
それらを使って写真立てを作れば、思い出の写真と思い出の品をあわせた工作を作ることできます。

水族館や動物園にでかけた人は残念ながら持ち帰ってくることは叶いませんが、でかけた時の思い出を工作に活かす事は出来るはずです。

100均には動物などのフィギュアやステンシルなども売られています

アイデア次第で様々な使い方ができますよ。

また、手芸コーナーにはリボンやビーズ、スパンコールなどの小物や造花、ネイルコーナーのラメやラインストーンなどもあり、女の子用の材料としてはもちろんですが、水の表現などにも使いやすい素材です。

思い出とは関係なく、自分の好きなものだけで飾っても良いですし、中に入れる写真にあわせてデザインするのも楽しいですよ。

夏休みの工作に100均の材料で作るランプシェード

夏休みの工作で、他の人とはちょっと違った作品を作りたいなら、ランプシェードはいかがでしょうか?

必要な材料はすべて100均でそろう

使うのは、風船、習字用の半紙、木工用ボンド、刷毛、ろうそく型ランプです。他には絵の具などの飾り用の材料を用意しましょう。

  1. 膨らませた風船に、水で溶いたボンドを使って半紙をちぎって貼っていきます。
  2. 結び目の周りを残して、何度か重ねて貼っていきます。薄いと強度がでないので注意してくださいね。
  3. 重ねて貼り終えたら、しっかりと乾燥させます。
  4. 乾燥後は、風船を割って取り出し、入り口は丸く切り揃えます。マスキングテープなどで補強すると安心ですよ。
  5. 最後は絵を書いたり、手型をつけてみたり、シールなどを貼ったりして、飾りましょう。

完成したランプシェードをろうそく型のランプに被せれば完成です。自立しないようなら、画用紙などを細く切って輪にしたものにのせると良いですよ。

お化けをイメージして作れば、ハロウィンでも活躍しそうですね。

100均のスイーツパーツを使った美味しそうなケーキ

最後は、ママも作りたくなってしまうかもしれない、可愛いケーキづくりをご紹介しましょう。
ケーキと言っても工作ですから、食べることは出来ませんよ。ですが、本物みたいに美味しそうに作ることが出来ます。

使うのは100均に売っているスイーツデコ用の素材

小さなチョコのかけらやドーナツにクッキー、いちごなどのベリー類、オレンジやバナナ、キウイなどのフルーツ、生クリーム用のボンドなど、たくさんの素材が売られていますよ。
見ているだけでも、楽しく可愛いものばかりです。

100均にはスイーツデコ用のパフェ容器などもありますが、ケーキを作るならペットボトルのキャップを土台に使うのがおすすめです。

ペットボトルのキャップを飾り付けて可愛いケーキに

出来上がったケーキの裏に磁石をつけたら、マグネットして使うことも出来ますよ。

夏休みの工作は、子供の年齢にあわせてできるだけ一人で挑戦できるものを選びたいですよね。
今回ご紹介したものは、手軽に揃えられる材料で作り方も簡単でアレンジのきくものばかりなのでとてもおすすめです。