身長171cmの標準体重は何kg?男性は見た目の体型にも注意

年齢を重ねていくと体重が気になる男性も増えていくでしょう。日本人の男性の平均身長は約171cmと言われていますが、自分の体重は標準体重や理想体重とかけ離れているのかいろいろ気になるのではないでしょうか。

しかし、体重ばかりを気にするのはあまり体にも良くはありません。外見ばかりではなく体脂肪率や筋肉量など体の中身の方が大切です。

今回は身長171cmの男性の標準体重や理想の体型について説明します。標準体重の数値だけではなく、体脂肪率にも注意しましょう。

理想の体型に戻るためにトレーニングジムで実践できる効率的なトレーニング方法をお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓の防寒対策!自分でできるDIYで窓の冷気をシャットアウト

窓から冷気が入り込んできて、なかなか家の中が温まらない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか...

習字の下敷きの洗い方は?素材によって違う下敷きのお手入れ方法

習字の下敷きが汚れてしまったら、洗ってキレイにしたいと思いますよね。でも、どんなふうに洗うのが正しい...

ボールペンのインクの落とし方!服についたボールペンの落とし方

うっかりしてボールペンのインクを服につけてしまうこともあります。ペン先をしまわずにそのまま胸ポケット...

窓の目隠シールは100均でも購入可能!貼り方や剥がし方のコツ

窓の目隠シールを、外からの視線対策として使用している方も少なくはないのでは?少し値が張るイメージの目...

バレエの先生はみんな厳しい?厳しくするのはあなたの為

バレエの先生は厳しいものなのでしょうか?今日も柔軟で子供が泣いてしまいました…。子供にとっても親...

服に付いてしまったペンキの取り方!早めの対処がおすすめ

うっかり服に付いてしまったペンキは、普通に洗濯をしてもシミは落ちませんよね。服にペンキが付いてしまっ...

会社の椅子にはダニがいる可能性が。駆除する方法とやり方

太ももの後ろの辺りがかゆい、よくみると噛まれたような小さな跡がある場合、それはダニの仕業かもしれませ...

タッパーをレンジで加熱するときはふたを外して加熱しよう

タッパーをお弁当箱代わりにしている人もいるのではないでしょうか。お弁当を食べるときに、レンジでタッパ...

2DKに4人家族で暮らす収納ルール!スペースの上手な活用術

4人家族で2DKに住む方も多くいますが、やはり手狭に感じてしまいますよね。子供が大きくなってくるとい...

テレビをコーナーにレイアウトする場合のメリットや選び方

家族が集まるリビングにテレビは欠かせないでしょう。テレビはお部屋のどの位置に設置していますか?...

脂肪と筋肉の重さは違う?違うのは重さでなく体積

脂肪と筋肉では重さが違う?そんな話を耳にしたことはありませんか?しかし、重さに違いがあるわけではあり...

No Image

岩塩を入れて使うソルトミルの使い方と特徴!岩塩で生活に彩りを

日常の生活に岩塩を取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょうか。岩塩はそのまま使うこ...

初七日のお供えにお団子を準備する理由と簡単お団子レシピ

初七日のお供えでお団子を準備する家庭もあれば、果物やお菓子だけお供えする家庭もああります。宗...

インコのケージを手作りするコツや方法とカバーも作る効果

インコのケージを手作りできたら、より自分好みでインコにも合わせたケージを作ることができます。インコの...

ストレートのボブをアレンジするならこんな髪型

女の子らしくて可愛いストレートのボブは人気のある髪型のひとつですよね。そのままでも充分可愛らしい...

スポンサーリンク

171cmの男性の標準体重と筋肉量の関係について

最近は食の文化が変わりつつり欧米化した食が進みつつあります。塩分、脂質の高い食べ物を食べたり目にする事が多くなってきています。そのような食事好む男性は健康状態や体型が気になっている方もいるのではないでしょうか?

理想的な体重の標準体重はどのように算出するのでしょうか?

標準体重とは統計上平均的な体重のことで身長とBMIからできています。

BMIとはよく耳にしますがボディ・マス・インディックスと呼ばれています。

 

ここでは身長171センチの場合で計算してみましょう。

1.71×1.71×22(平均BMI)=64.3キログラムとなります。なので理想体重は身長171センチの場合は64.3キログラムとなります。少し重めの設定のような気がしますね。

なぜ少し重めの設定なのでしょうか?
筋肉と脂肪が同じ大きさでも脂肪よりも筋肉のほうが質量が大きいため筋肉のほうが重くなります。見た目も筋肉質の人のほうがぎゅっと詰まっているようで重く見えます。その反対に脂肪のほうが多い人は軽い印象を与えます。このことから算出した標準体重は筋肉量を一定にし設定されているといえます。ある程度の筋肉量が必要といえますね。

では体脂肪率はどのくらいが理想なのでしょうか?
今回171cmの男性で64.3キログラムだと標準は体脂肪率15%が理想的です。これからトレーニングをされる方や今の状態を知りたい方は目安にしてみてください。

体重を気にするよりも、男性は見た目の体型が重要です

体重を気にしすぎてトレーニングをしたり、食べ物を見直しダイエットをしてもやりすぎは禁物です。いくら筋肉質が好まれるといってどんどんトレーニングに費やしで筋肉を増大させるといっても簡単ではないですしほどほどに太っているなと感じたら脂肪を落としながら筋肉をつけたり、もう少したくましくと思ったら筋肉を鍛え太くするトレーニングを行うと良いでしょう。

何事も突き詰めすぎず見た目を意識し健康的な体型作りをしましょう。
適度なトレーニングをしている人はストレス耐性が強い傾向にあります。色々な場所や、シーンでストレスを受けやすい現代社会では運動をしているとメンタルにも良い影響を受けるのですね。そして運動をして体系がしっかりしている人は自己管理ができているとみられ、太っている人はもう少し自己管理をしたほうがとみられてしまいます。適度な運動で自己管理を理想体重に近づきストレスにも打ちかてるメンタルの強い人を目指しましょう。

日本人の男性の年代別平均体重と身長について

自分の体重はどのくらいなのか?平均なのか?気になりますね。どのように算出するといいのでしょう?算出方法は標準BMI22、25以上は肥満としています。

算出方法 BMI指数=体重(キログラム)÷身長(メートル)×身長(メートル)です。

色々気になってくる30代前半体重68.4キログラム、身長172センチメートルの人の平均体重を算出するとBMI23.1 標準体重65.2キログラムとなります。

BMI値でみると男性は30歳を過ぎたあたりから徐々に体重が増え始め中高年層になるともっとも太り気味になってくるようです。早めに生活習慣病なども考えて食生活や適度の運動を心がけて健康な体作りをしたいですね。

食事制限の際は何も食べずにいるのは効果的ではありません、空腹を満たしながらも食べる種類を考え栄養も取っていくことは重要です。
また運動も平行して行いどのような運動が自分に敵しているのか、また運動の種類なども考えて行うと良いでしょう。筋肉量を気にする人も多いと思いますがダイエットに効果的なのはジョギングやウォーキング等の有酸素運動です。最近よく見かける円になって筋肉トレーニングや有酸素運動交互に一定時間で順におこなうというトレーニングは同じ志をもった仲間と一緒にできるのであきらめず続けられる傾向があります。

身長171cmの男性の理想の体型の数値を出す計算方法を教えます

男性の理想体型は国や食文化によって違いますが、現代の日本ではどのような体型が理想なのでしょうか?

細かく知りたいところですね。今までは理想体重でしたがサイズ的にはどのような方法で算出するのでしょう?

男性の理想のWHRは0.9 WHRはWAIST、HIP、RATIOの略でウエスト÷ヒップであらわされます。胴回り、ヒップラインのことです。

ウエスト77センチ ヒップ85センチの場合は77÷85=0.9なので理想の体型となるでしょう。女性の場合は0.7が理想の数値になります。
この数値が1.0を超えている場合はヒップよりもおなかが出ているということになります。

またSHR SHOULDER TO HIP RATIOという肩まわり÷ヒップであらわされる上半身の理想体型を算出する計算式もあります。
肩まわりが115センチ ヒップが88センチならば115÷88=1.3なので理想数値の1.3になります。このSHRは女性の算出方法はないです。肩まわりは女性はあまり気にしないということなのでしょうか?

色々な算出方法で自分の理想の数値が出るとそれに向かって目標がもて、やる気につながりますね。

体型が気になってきた身長171cmの男性に正しい筋トレ方法を教えます

色々知った上でどのようなトレーニングを行うと良いのでしょうか?色々なマシンがそろったトレーニングに通うと部位別に鍛えられるマシンがあります。トレーナーの方がついてしっかりと教えてくれるトレーニングジムも今は多くなってきたのではないでしょうか?筋肉をつけたいのであれば筋肉について基礎的なことを知って効率的に筋トレを行っていきたいですね。

鍛えたい部分やこの筋肉にはこのトレーニングが有効としった上でトレーニングには呼吸も必要です。やたらと数をこなすだけではなかなか効果が得られないことが多いでしょう。まず筋トレを始める前にストレッチを行い体を温めていきましょう。筋肉にスイッチをいれるのに有効なことです。

筋トレ前のストレッチは体を大きく動かすストレッチがよいでしょう。筋トレは重量の高いメニューから低い重量のメニューにしていくとよいでしょう。大きな筋肉のあとに小さな筋肉を動かすことも大切です。行う際には適した呼吸があります。呼吸はトレーニングには重要な役割があります。力が加わるときに吐き、戻ってくるときにすうのが基本で力が加わるときに息を吐くと体幹が固定されて力が入りやすくなるということです。呼吸によって結果に倍くらいの差が生じます。
呼吸も意識して効率的なトレーニングを行いましょう。