1時間の睡眠で起きる方法と短時間睡眠について紹介します!

1時間の睡眠で起きる方法が知りたい!
あと1時間しか寝れないけど、もし寝過ごしてしまうと大変な事になってしまう!
なんて人もいるのではないでしょうか?

1時間の睡眠で起きる方法を紹介します!

また、短時間睡眠の最適時間についてや、3時間睡眠で期待できる効果について、そして短時間の睡眠でもスッキリ起きる方法などまとめてみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トイプードルのカットの頻度や事前に知っておきたいポイント

トイプードルのカットの頻度はその家庭によっても違いますが、トイプードルはあまり長い間カットに行かない...

マニキュアの簡単な塗り方とは?キレイに見せるコツを教えます

自分でマニキュアを塗っても、ムラになってしまったりはみ出して失敗してしまうことってありますよね。...

イランイランのアロマの特徴とブレンドする場合の注意点について

イランイランは甘い香りが印象的で人気ですが、その効果やブレンドする場合はどんなアロマと相性が良いのか...

ホットプレートで焼肉をした時の油対策!油を気にせず焼き肉を

ホットプレートを使用して自宅で焼肉をする人もいるのではないでしょうか。この時に気になるのが「油」です...

No Image

ボールペンのインクが分離してしまう原因と対処法

いざボールペンを使おうと思ったのにインクが出ないことありますよね。インクはたくさん入っているはずなの...

真鍮の指輪についたサビを取る方法と予防策について解説します

真鍮の指輪はとても人気がありますが、どうしてもサビてしまうのでお手入れが大変だと言われていますよね。...

子供が朝ごはんを食べないという悩みを解決します!

子供が朝ごはんを食べない、食べても遅くてイライラしてしまう・・・。そんな悩みを抱えていませんか?...

プラスチック製品に貼ったシールの剥がし方!剥がす方法と注意点

小さなお子様がいるご家庭では、貼ってほしくない場所に子供がシールを貼ってしまったという経験がある方も...

ハムスターが鳴き声をギーとあげるはナゼ?鳴き声でわかる感情

ハムスターが鳴き声をギーとあげる時、どんな感情を持っているのでしょうか?ハムスターが低い鳴き...

ペンケースの中身をおしゃれに!今どき女子高生のトレンド

春から高校生!まずはペンケースの中身をおしゃれにしませんか?「ペンケースの中身をおしゃれにする必...

黒を使った部屋はお洒落!全部真っ黒よりもポイントを抑えて

黒を貴重とした部屋は、お洒落だと思いますね。床・壁・天井・家具などすべてが黒で統一されている...

色の種類【紫】が好きな男性の特徴と心理・相性・恋愛傾向を解説

紫色が好きな男性に、片思いをしている女性もいるのではないでしょうか。好きな色の種類によって、...

バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたい...

クロアリ羽アリの駆除方法!自宅でできる駆除方法とは

クロアリや羽アリが家に大量発生すると、見てて気持ち悪いしすぐにでも駆除したいものです。クロア...

電話でアンケートをしてくるのは怪しい!見極め方法と対処方法

怪しいと思うアンケートの電話がかかってきたときにはどうしたらいいのでしょうか?何もしていない...

スポンサーリンク

寝過ごしたら大変!1時間の睡眠で起きる方法を教えて!

1時間の睡眠で寝過ごさずに起きるにはアラームのスヌーズ

スヌーズとは寝坊防止のため何分間隔で繰り返すアラームがなります。
数分おきに設定しておけば、嫌でも目覚めてしまいますね。

目覚ましの音を大きく設定し、目覚まし時計が布団の中から手を伸ばしてすぐ止められる位置では止めて、すぐまた眠りへとなってしまわないように遠くの位置におくといいでしょう。

寝過ごし防止には親に起こしてもらう

実家暮らしならではですね。
ですが、2~3度起こしてもあまりにも起きなければ親もほおっしまう可能性も。
他に同居の兄弟や、祖父母などにお願いしておくのも手ですね。

電気はつけたまま眠る

睡眠時は部屋を暗くすると睡眠の質もあがるといわれていますが、つけたままにして寝るのも対策かもしれません。
しかし、睡眠が浅く疲れやすかったりしてしまいます。

カーテンを開けておく

朝方に太陽が昇れば自然光が部屋に入っていきます。
それを利用して目覚めやすくなります。

1時間ぐらいの睡眠は少ない!4時間半の睡眠で目覚めよく起きるのが良い

睡眠時間の不足、睡眠の質が良くないと疲れやすく、日々の生活にも支障をきたす事があります。

短時間の睡眠で快適に日々を送る方法として、まず睡眠の質を向上させることです。
短時間睡眠でどうやって?と思いませんか?
最小限の最適な睡眠時間、そして起床時間を把握しておけば睡眠の質は上げられます。

短時間睡眠の場合、最適な睡眠時間は4時間半となります。
本来、理想の睡眠時間は8時間と言われていますが忙しいとなかなか取れませんよね。

この4時間半という時間で、目覚めや寝つきを良くすると言われています。

あくまでも4時間半とされていて、3時間以下だと睡眠不足に入り、仕事のミスやパソコン業務、車の運転に支障をきたすと結論づられています。

日々効率よく最適な生活を送るには4時間半が最も良いのです。

1時間半の睡眠で起きるなど、短時間睡眠法について!

もともとの睡眠時間は8時間が理想ですが、学者や研究者により9時間、10時間睡眠がいいと言ってみたり、いったい何時間が最も最適なのか、混乱してしまいますよね。

最近注目おかれているのが短時間睡眠法です。
1分、15分、90分に分けられています。

睡眠は夜だけのものではなく、昼間の睡眠もあります。

仕事のお昼休憩の合間に15分寝るのが良いとされ、脳が本格的な睡眠に入る前がだいたい寝はじめから15分です。
その前に起きると、スムーズに仕事にとるかかることができるそうです。

15分も時間がない場合は1分でもかまわないそうです。
この場合は睡眠とはいえないかもしれません、頭が働かないとき仕事の手を止め1分目をつぶだけで脳が休まります。

90分の場合は休日にお昼寝することをお勧めします。
90分はレム睡眠(体を休める睡眠)とノンレム睡眠(脳を休める睡眠)の1サイクルになりますので、心身ともにすっきり感があじわえるそうです。

3時間睡眠って知っていますか?その効果を紹介!

前述では3時間睡眠は睡眠不足にあたると言いましたが、効果もあります。
一週間、8時間睡眠する人と比べると差は大きく出ますが、3時間睡眠だからこそできる事。

  • レム睡眠
    4時間寝てレム睡眠時に起きるよりはレム睡眠時に起きる方が眠りが浅く目覚めやすくなります。
  • 生活の規則性
    3時間睡眠をする人はだいたい起床時間が一定しています。
    そうすることにより1日を生活サイクルが作られ、充実した日々を送れます。
  • 成功する確率
    仕事や勉強に専念している人は勉強をする時間が大切です。
    他の人よりも仕事や勉強に時間を費やす事ができます。
    そのため成功率は自然とあがります。
  • 自由時間
    睡眠時間が少ない分、自分の時間が増え、時間を有効に使えます。

このようなメリットがあります。
3時間睡眠は徐々に慣れていけば、自分の中でサイクルができます。
最初から無理はやめましょう。

なにか夢や目標がある人にとっては有効な睡眠時間かもしれませんね。

短時間の睡眠でもスッキリ起きるにはどうしたらいいの?

短時間睡眠でもスッキリ目覚めたい方は、質の良い睡眠をとることを心がけましょう。

  • 脳のセロトニンを増量
  • メラトニホルモンの十分な分泌
  • 睡眠のリズムを使いこなす

この三つが重なれば質の良い睡眠がとれます。

セトロニンを増やすには適度な運動が必要です。
その運動も一定のリズムがあるような、水泳、自転車こぎ、ジョギングがいいとされています。

なかなか、日々の生活に運動を取り入れられない人が多くいるのは承知の上ですので、
あくまでも心がけるようにしていけば少なからず良質の睡眠はとれるでしょう。

「噛む」という動作もセロトニン増量につながります。
ガムやスルメなど噛むのもいいいですね。

また、大豆食品、乳製品、バナナなどの摂取も効果が得られますよ。

日光に浴びセロトニンは睡眠ホルモンのメラトニンの分泌量も減るので、目が覚めやすいとも言われています。