1時間の睡眠で起きる方法と短時間睡眠について紹介します!

1時間の睡眠で起きる方法が知りたい!
あと1時間しか寝れないけど、もし寝過ごしてしまうと大変な事になってしまう!
なんて人もいるのではないでしょうか?

1時間の睡眠で起きる方法を紹介します!

また、短時間睡眠の最適時間についてや、3時間睡眠で期待できる効果について、そして短時間の睡眠でもスッキリ起きる方法などまとめてみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野良猫を保護したときはシャンプーの前に動物病院へ行くのが安心

近所にいる野良猫を保護したときは、猫の体が汚れていることから、先にシャンプーをしたくなりますよね。で...

ペンケースの中身をかわいい感じにするための秘訣を教えます

高校生の必需品であるペンケース。種類や大きさなどいろいろありますが、ペンケースも中身もなるべくかわい...

自転車を宅配で送りたい!宅配の方法を紹介します!

引っ越しすることが決まったら、荷造りが大変ですね!お気にいりの自転車はどうしよう!?持ってい...

夏はリップが溶ける?その温度と溶けたリップの復活方法を解説

夏の暑い時期だと、化粧ポーチやポケットに入れておいたリップが溶けることもありますよね。そこで...

家賃の振込手数料を安くする方法を発見!安く済ませるコツ

家賃の振込手数料がもったいないと感じたことありませんか?1回の手数料が数百円でも、塵も積もれば・...

引き戸のレールの掃除方法!ホコリを取り除いて快適な滑りに

お家の引き戸が重くなってきたと感じることはありませんか?以前はもっと軽い力で動かせたのに、レールの滑...

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

【室内犬】散歩でしかトイレをしない理由は?犬のしつけについて

室内犬として飼育しているワンちゃんが散歩でしかトイレをしなくなってしまうということもあります。それま...

100均の材料で簡単DIY!初心者でも作れるかわいい小物

ネットや雑誌では主婦の方が作った可愛いDIYの作品をよく目にします。そんな可愛いくておしゃれな作品を...

トイレの換気扇の掃除を簡単にする方法といつも清潔に保つコツ

トイレの換気扇の掃除をしないとホコリがたまって、トイレの中に臭いや湿気がこもるようになります。普段の...

自転車の空気入れ方のコツ【ママチャリ】でも適正な空気圧を

自転車の空気入れ方って簡単なようでよくわかっていない人も多いのではないでしょうか?「ママチャ...

郵便局の配達時間の午前中指定について時間や早く受け取る対処法

郵便局の配達時間を午前中に指定した場合、時間は何時くらいになるのでしょうか?配達時間の午前中のおおよ...

出先で取りたい!今あるもので出来る商品タグの取り方

購入したものをすぐに使いたい時、商品タグの取り方に困りませんか?力いっぱい引きちぎる方法もありますが...

高校の合格祝いにおすすめのプレゼント!相場や贈るタイミングも

高校の合格祝いに何をプレゼントしたらよいのかわからないという方も多いと思います。高校生くらいにな...

No Image

ボールペンのインクが分離してしまう原因と対処法

いざボールペンを使おうと思ったのにインクが出ないことありますよね。インクはたくさん入っているはずなの...

スポンサーリンク

寝過ごしたら大変!1時間の睡眠で起きる方法を教えて!

1時間の睡眠で寝過ごさずに起きるにはアラームのスヌーズ

スヌーズとは寝坊防止のため何分間隔で繰り返すアラームがなります。
数分おきに設定しておけば、嫌でも目覚めてしまいますね。

目覚ましの音を大きく設定し、目覚まし時計が布団の中から手を伸ばしてすぐ止められる位置では止めて、すぐまた眠りへとなってしまわないように遠くの位置におくといいでしょう。

寝過ごし防止には親に起こしてもらう

実家暮らしならではですね。
ですが、2~3度起こしてもあまりにも起きなければ親もほおっしまう可能性も。
他に同居の兄弟や、祖父母などにお願いしておくのも手ですね。

電気はつけたまま眠る

睡眠時は部屋を暗くすると睡眠の質もあがるといわれていますが、つけたままにして寝るのも対策かもしれません。
しかし、睡眠が浅く疲れやすかったりしてしまいます。

カーテンを開けておく

朝方に太陽が昇れば自然光が部屋に入っていきます。
それを利用して目覚めやすくなります。

1時間ぐらいの睡眠は少ない!4時間半の睡眠で目覚めよく起きるのが良い

睡眠時間の不足、睡眠の質が良くないと疲れやすく、日々の生活にも支障をきたす事があります。

短時間の睡眠で快適に日々を送る方法として、まず睡眠の質を向上させることです。
短時間睡眠でどうやって?と思いませんか?
最小限の最適な睡眠時間、そして起床時間を把握しておけば睡眠の質は上げられます。

短時間睡眠の場合、最適な睡眠時間は4時間半となります。
本来、理想の睡眠時間は8時間と言われていますが忙しいとなかなか取れませんよね。

この4時間半という時間で、目覚めや寝つきを良くすると言われています。

あくまでも4時間半とされていて、3時間以下だと睡眠不足に入り、仕事のミスやパソコン業務、車の運転に支障をきたすと結論づられています。

日々効率よく最適な生活を送るには4時間半が最も良いのです。

1時間半の睡眠で起きるなど、短時間睡眠法について!

もともとの睡眠時間は8時間が理想ですが、学者や研究者により9時間、10時間睡眠がいいと言ってみたり、いったい何時間が最も最適なのか、混乱してしまいますよね。

最近注目おかれているのが短時間睡眠法です。
1分、15分、90分に分けられています。

睡眠は夜だけのものではなく、昼間の睡眠もあります。

仕事のお昼休憩の合間に15分寝るのが良いとされ、脳が本格的な睡眠に入る前がだいたい寝はじめから15分です。
その前に起きると、スムーズに仕事にとるかかることができるそうです。

15分も時間がない場合は1分でもかまわないそうです。
この場合は睡眠とはいえないかもしれません、頭が働かないとき仕事の手を止め1分目をつぶだけで脳が休まります。

90分の場合は休日にお昼寝することをお勧めします。
90分はレム睡眠(体を休める睡眠)とノンレム睡眠(脳を休める睡眠)の1サイクルになりますので、心身ともにすっきり感があじわえるそうです。

3時間睡眠って知っていますか?その効果を紹介!

前述では3時間睡眠は睡眠不足にあたると言いましたが、効果もあります。
一週間、8時間睡眠する人と比べると差は大きく出ますが、3時間睡眠だからこそできる事。

  • レム睡眠
    4時間寝てレム睡眠時に起きるよりはレム睡眠時に起きる方が眠りが浅く目覚めやすくなります。
  • 生活の規則性
    3時間睡眠をする人はだいたい起床時間が一定しています。
    そうすることにより1日を生活サイクルが作られ、充実した日々を送れます。
  • 成功する確率
    仕事や勉強に専念している人は勉強をする時間が大切です。
    他の人よりも仕事や勉強に時間を費やす事ができます。
    そのため成功率は自然とあがります。
  • 自由時間
    睡眠時間が少ない分、自分の時間が増え、時間を有効に使えます。

このようなメリットがあります。
3時間睡眠は徐々に慣れていけば、自分の中でサイクルができます。
最初から無理はやめましょう。

なにか夢や目標がある人にとっては有効な睡眠時間かもしれませんね。

短時間の睡眠でもスッキリ起きるにはどうしたらいいの?

短時間睡眠でもスッキリ目覚めたい方は、質の良い睡眠をとることを心がけましょう。

  • 脳のセロトニンを増量
  • メラトニホルモンの十分な分泌
  • 睡眠のリズムを使いこなす

この三つが重なれば質の良い睡眠がとれます。

セトロニンを増やすには適度な運動が必要です。
その運動も一定のリズムがあるような、水泳、自転車こぎ、ジョギングがいいとされています。

なかなか、日々の生活に運動を取り入れられない人が多くいるのは承知の上ですので、
あくまでも心がけるようにしていけば少なからず良質の睡眠はとれるでしょう。

「噛む」という動作もセロトニン増量につながります。
ガムやスルメなど噛むのもいいいですね。

また、大豆食品、乳製品、バナナなどの摂取も効果が得られますよ。

日光に浴びセロトニンは睡眠ホルモンのメラトニンの分泌量も減るので、目が覚めやすいとも言われています。