1時間の睡眠で起きる方法と短時間睡眠について紹介します!

1時間の睡眠で起きる方法が知りたい!
あと1時間しか寝れないけど、もし寝過ごしてしまうと大変な事になってしまう!
なんて人もいるのではないでしょうか?

1時間の睡眠で起きる方法を紹介します!

また、短時間睡眠の最適時間についてや、3時間睡眠で期待できる効果について、そして短時間の睡眠でもスッキリ起きる方法などまとめてみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ペンケースの中身をおしゃれに!今どき女子高生のトレンド

春から高校生!まずはペンケースの中身をおしゃれにしませんか?「ペンケースの中身をおしゃれにする必...

コミケ初心者が冬コミに参加するときに知っておきたい基礎知識

初めて冬のコミケに参加しようと思っているコミケ初心者の中には、当日の服装や持ち物などをどのようにすれ...

魚料理を子供に食べてもらいたい!食べやすくする方法

子供が魚料理を苦手とするのはナゼでしょうか?魚はお肉と比べると食べにくいものもありますよね。...

バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたい...

玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってく...

喧嘩が強くなる方法とは?女でも相手にナメられない雰囲気を作る

喧嘩に強くなる方法を知りたい!女だって強くなりたい!どのような理由かはわかりませんが...

服のカビ臭いのはクリーニングにだせば落ちる?臭いを取る方法

服がカビ臭いのはクリーニング店に出さないと落ちない?服やタオルがカビ臭くなってしまうのにはどんな原因...

靴の収納方法!靴用クローゼットの上手なスペースの使い方

家族が増えると靴も増えてきて、靴用のクローゼットが手狭になってしまいます。不要な靴を処分しても、収納...

靴下が脱げるのが片方だけの理由や脱げない靴下選びと対処法とは

靴下が靴の中で脱げる、しかも何故か片方だけ脱げるということにお悩みの人もいるでしょう。靴下が...

ノートの表紙を素敵にデザインする色々なアイディアを紹介

勉強やレポートにノートは欠かせないアイテムですが、どんな物を使っていますか?シンプルなノート...

テストやプリントを収納するコツや子供にもオススメな方法とは

学校から返却されたテストやプリントって増える一方ですが、どのように収納したらいいのでしょうか?...

白ネギの青い部分は鍋に最適!ネギの青い部分のおすすめレシピ

白ネギの青い部分は使う?それとも捨てている?実は鍋に最適なのがネギの青い部分。この青い部分の...

車のエアコンの効きを良くする方法とは?車内の温度を下げる方法

車のエアコンの効きがいまいちなような、効きを良くするにはどうしたらいいのでしょうか?そもそも...

レモンオイルは万能!ギターのための使い方について説明します

楽器店に販売されているレモンオイルですが、どのように使っていいのかよくわからない人も多いといいます。...

友達をやめる方法とは?相手を傷つけないための心得について

決して悪い人ではないけど、なんとなく合わない。そういう友達も中にはいますよね。今まではそれで...

スポンサーリンク

寝過ごしたら大変!1時間の睡眠で起きる方法を教えて!

1時間の睡眠で寝過ごさずに起きるにはアラームのスヌーズ

スヌーズとは寝坊防止のため何分間隔で繰り返すアラームがなります。
数分おきに設定しておけば、嫌でも目覚めてしまいますね。

目覚ましの音を大きく設定し、目覚まし時計が布団の中から手を伸ばしてすぐ止められる位置では止めて、すぐまた眠りへとなってしまわないように遠くの位置におくといいでしょう。

寝過ごし防止には親に起こしてもらう

実家暮らしならではですね。
ですが、2~3度起こしてもあまりにも起きなければ親もほおっしまう可能性も。
他に同居の兄弟や、祖父母などにお願いしておくのも手ですね。

電気はつけたまま眠る

睡眠時は部屋を暗くすると睡眠の質もあがるといわれていますが、つけたままにして寝るのも対策かもしれません。
しかし、睡眠が浅く疲れやすかったりしてしまいます。

カーテンを開けておく

朝方に太陽が昇れば自然光が部屋に入っていきます。
それを利用して目覚めやすくなります。

1時間ぐらいの睡眠は少ない!4時間半の睡眠で目覚めよく起きるのが良い

睡眠時間の不足、睡眠の質が良くないと疲れやすく、日々の生活にも支障をきたす事があります。

短時間の睡眠で快適に日々を送る方法として、まず睡眠の質を向上させることです。
短時間睡眠でどうやって?と思いませんか?
最小限の最適な睡眠時間、そして起床時間を把握しておけば睡眠の質は上げられます。

短時間睡眠の場合、最適な睡眠時間は4時間半となります。
本来、理想の睡眠時間は8時間と言われていますが忙しいとなかなか取れませんよね。

この4時間半という時間で、目覚めや寝つきを良くすると言われています。

あくまでも4時間半とされていて、3時間以下だと睡眠不足に入り、仕事のミスやパソコン業務、車の運転に支障をきたすと結論づられています。

日々効率よく最適な生活を送るには4時間半が最も良いのです。

1時間半の睡眠で起きるなど、短時間睡眠法について!

もともとの睡眠時間は8時間が理想ですが、学者や研究者により9時間、10時間睡眠がいいと言ってみたり、いったい何時間が最も最適なのか、混乱してしまいますよね。

最近注目おかれているのが短時間睡眠法です。
1分、15分、90分に分けられています。

睡眠は夜だけのものではなく、昼間の睡眠もあります。

仕事のお昼休憩の合間に15分寝るのが良いとされ、脳が本格的な睡眠に入る前がだいたい寝はじめから15分です。
その前に起きると、スムーズに仕事にとるかかることができるそうです。

15分も時間がない場合は1分でもかまわないそうです。
この場合は睡眠とはいえないかもしれません、頭が働かないとき仕事の手を止め1分目をつぶだけで脳が休まります。

90分の場合は休日にお昼寝することをお勧めします。
90分はレム睡眠(体を休める睡眠)とノンレム睡眠(脳を休める睡眠)の1サイクルになりますので、心身ともにすっきり感があじわえるそうです。

3時間睡眠って知っていますか?その効果を紹介!

前述では3時間睡眠は睡眠不足にあたると言いましたが、効果もあります。
一週間、8時間睡眠する人と比べると差は大きく出ますが、3時間睡眠だからこそできる事。

  • レム睡眠
    4時間寝てレム睡眠時に起きるよりはレム睡眠時に起きる方が眠りが浅く目覚めやすくなります。
  • 生活の規則性
    3時間睡眠をする人はだいたい起床時間が一定しています。
    そうすることにより1日を生活サイクルが作られ、充実した日々を送れます。
  • 成功する確率
    仕事や勉強に専念している人は勉強をする時間が大切です。
    他の人よりも仕事や勉強に時間を費やす事ができます。
    そのため成功率は自然とあがります。
  • 自由時間
    睡眠時間が少ない分、自分の時間が増え、時間を有効に使えます。

このようなメリットがあります。
3時間睡眠は徐々に慣れていけば、自分の中でサイクルができます。
最初から無理はやめましょう。

なにか夢や目標がある人にとっては有効な睡眠時間かもしれませんね。

短時間の睡眠でもスッキリ起きるにはどうしたらいいの?

短時間睡眠でもスッキリ目覚めたい方は、質の良い睡眠をとることを心がけましょう。

  • 脳のセロトニンを増量
  • メラトニホルモンの十分な分泌
  • 睡眠のリズムを使いこなす

この三つが重なれば質の良い睡眠がとれます。

セトロニンを増やすには適度な運動が必要です。
その運動も一定のリズムがあるような、水泳、自転車こぎ、ジョギングがいいとされています。

なかなか、日々の生活に運動を取り入れられない人が多くいるのは承知の上ですので、
あくまでも心がけるようにしていけば少なからず良質の睡眠はとれるでしょう。

「噛む」という動作もセロトニン増量につながります。
ガムやスルメなど噛むのもいいいですね。

また、大豆食品、乳製品、バナナなどの摂取も効果が得られますよ。

日光に浴びセロトニンは睡眠ホルモンのメラトニンの分泌量も減るので、目が覚めやすいとも言われています。