子供におすすめの髪型!おだんごヘアのアレンジと上手なまとめ方

子供の髪をおだんごにする場合には、子供ならではのサラサラの髪に苦戦する方も多いと思います。
少しくせ毛気味のお子様ならまとめやすいと思いますが、直毛だと上手くまとまらずにきれいな仕上がりにならないとお困りの方も多いようです。
そこで、子供向けのおだんごスタイルの作り方や、髪をまとめるコツをご紹介します。

おだんごヘアには、いろいろなアレンジ方法があります。髪の長さやお好みでおだんごの髪型を楽しむことができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お年玉は子供のもの?親のもの?お年玉の行方について

お年玉はその家庭の価値観によって、使いみちや管理方法が変わってきますよね。子供あてにいただく...

チケットをキャンセル待ちで購入する方法とその確率について

人気アーティストのチケットとなると、販売開始時間と同時に予約しようとしてもすぐに予定枚数終了となって...

天ぷらとかき揚げのコツを掴んで美味しくサクサクに作ってみよう

天ぷらやかき揚げを上手に揚げるにはコツがあります。どうしても上手く揚がらないとお悩みの人は、...

告別式での弔辞の言葉…孫が読む場合の文章の書き方とは

告別式で親族代表として孫が挨拶を行うケースが増えてきています。でも、そんな大役を任せられてもどんなこ...

部活を引退して太るのを防ぐ!受験ストレスや誘惑に負けないコツ

部活を引退したら太るということはよく聞きます。それは部活を引退したのにも関わらず、部活をしているとき...

服の枚数の平均や必要平均枚数と簡単に減らす方法や着回しのコツ

服の枚数の平均について、特に女性の場合は必要以上に服を持っている人もいるでしょう。では、持っていても...

小1で算数を苦手にしない!楽しく学ぶ方法とつまずきのポイント

小1から算数がすでに苦手・・・。子供だけではなく、一緒に悩んでいる親御さんも意外と少なくはありません...

スライムの材料でホウ砂なしの場合は?必要な材料と作り方

スライム作りに必要な材料の一つにホウ砂がありますが、ホウ砂なしでもスライムを作ることができるって知っ...

顔が太るのは女性だけではない!男性も小顔を目指そう!

女性だけではなく、顔が太ると悩んでいる男性も増えているといいますが、その原因は女性と同じなのでしょう...

革靴を長持ちさせる防水スプレーの使い方を紹介

どんな素敵な靴でも、きちんと手入れをしないと、時間が経つごとに残念な見た目になってしまいます。特...

飼い猫が危険だらけの外の世界へ脱走!その理由や防止策について

室内で飼育している飼い猫が注意していても窓や玄関を開けた瞬間に脱走してしまい探し回ったという経験はあ...

服についた刺繍がほつれた場合の対処法と洗濯時の注意点

お気に入りの服の刺繍がほつれが出ると、はさみを使ってなんとか止めようと考える人も多いのではないでしょ...

大事な朝ごはん!子供が好きなパンを朝食に!ポイントを紹介

朝ごはんはキチンを毎日食べていますか?子供には朝ごはんをきちんと食べさてあげたいものです。...

ナチュラルメイクでデカ目を作る方法が盛沢山。様々なテクニック

つけまやカラコン無しでもデカ目は作れますよ。デカ目にすると「メイクが濃い」というイメージがあ...

救急車要請の番号、119の上手なかけ方を知っておこう!

救急車を呼ぶ経験なんて今後あるのかどうかと思っていませんか?いつ誰が救急車を呼ぶ事態に直面するか...

スポンサーリンク

不器用なママでもできる髪型、子供の簡単ねじりおだんご

女の子のいる親で、「髪型」に悩んでいる親がたくさんいると思います。
男の子だと、寝癖を整える以外には美容室で散髪をしてもらう程度で済むのが一般的ではありますが、女の子だとなかなかそうはいきません。
洋服店に行っても、たいてい男の子の服の種類より女の子の服の種類の方が多いのも特徴的ですし、またその可愛らしい服に髪型も合わせたくなってしまいますよね。
ここでは、そんな悩んでる親御さんや女の子に向けて、可愛らしい髪型を紹介したいと思います。

子供にもおすすめの簡単おだんごヘア

一般的に大人も多く利用する髪型の一つですね。
そんなお団子ヘアは、まとめ髪なので作業の時邪魔にもならずしっかり結んでいると崩れにくい特徴もありますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。
(結び方)

  1. 全体の髪をクシでとかし耳より10cm位上の高さで一度全部の髪の毛をしばる。
  2. 逆毛(クシで毛先から根元に向けてとかすこと)をし、毛束がボサボサになったら毛束をまとめ、結んだゴム付近をクルクル回していったら最後はピンで留めて完成。

 

(ポイント)
最後の仕上げとして、頭から15cm位離した場所でハードスプレーを頭全体にザーッと回しかけると、髪の毛が落ちてくる心配もないので、ぜひお試し下さい。

子供にも似合うハーフアップスタイルのおだんごヘア

平成後期の頃には「お団子ヘアー」と言っても、様々なお団子ヘアーがあるのは見たことがあると思います。
子供の髪質によっては、髪の毛が多すぎて一本にまとめて結ぶ事自体が大変と思っている人も少なくないのではないでしょうか?
そんな女の子にオススメなのが、「ハーフアップお団子ヘアー」です。

ハーフアップお団子ヘア

女の子だと、年齢を重ねるごとに服装にこだわりが出てくるとともに、髪型にもこだわりが強くでてきます。
ですので、こんな髪型のお団子ヘアーもあるのだ…という事で参考にしてみて下さい。
(結び方)

  1. 左右の耳の上辺りから髪の毛をグルーっと分け、上と下別々でゴムで留める。
  2. 上の髪をまとめポニーテールを作る。
  3. 毛束をクルクルねじってゴムの結び目に時計回りに巻き付けて最後はピンで留めたら完成。

とっても簡単な髪型で、子供も親御さんもチャレンジできる素敵な髪型です。
髪の長さを問わず、ロングじゃなくても肩くらいの髪の長さがあれば簡単に作れるのがこのハーフアップお団子ヘアーの特徴でもありますので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

子供でも大人顔負けの髪型、今どきのおだんごはちょっとルーズに

次に紹介したいお団子ヘアは「ルーズお団子ヘア」です。
ルーズというのがこの髪型の特徴で、上記で紹介したお団子ヘアはクシでピシッとまとめるのが基本の手順でしたが、ここではクシを使いません。

ルーズお団子ヘア

大人の人に多く見られるルーズお団子ヘアですが、お洒落さんに見えるのも人気の一つですが何より言えるのが、とっても簡単!という事です。
慣れてくると3分位でできてしまう人もいるのではないでしょうか。
そんなルーズお団子ヘアの結び方を紹介しますね。
(結び方)

  1. クシを使わず、耳上10cmくらいの高さでポニーテールを作りゴムで結ぶ。
  2. 後は基本のお団子ヘア「2」と作り方は同じ。

とっても簡単なのに、なぜかとってもオシャレに見えるのがこの髪型の魅力です。
この髪型に可愛いヘアーバンドをつけてみるというのもオススメですよ。

特別な日におすすめ!おだんごを華やかに見せるアレンジ

お団子ヘアと言ったら、頭の上部にお団子を作るイメージが多いものですが、他にもたくさんのお団子ヘアがあるんです。
ここで紹介したいのは、「華やかお団子ヘア」です。

華やかお団子ヘア

  1. 耳タブの高さくらいで髪の毛を一本にまとめて結ぶ。
  2. 上記のお団子ヘアのようにクルクルお団子を作って最後にカールがついてるウィッグシュシュで結んだら完成。

結婚式や発表会等、正装の時に活躍してくれるのがこの華やかお団子ヘアです。
上部で結んで居ないためカジュアルさが少し抜けるので、落ち着いた雰囲気の場所に行くときにはピッタリですよ。

子供のサラサラヘアをおだんごの髪型にまとめるコツ

上記でもお伝えしていますが、子供の髪…と一つ言っても、髪質は様々でいわゆる剛毛の子もいれば一本一本がとっても細くなかなかクセのつかないサラサラヘアの子もいますよね。ストレートで下ろす髪型であればサラサラヘアの子は手間いらずなのでとっても憧れるものですが、ヘアアレンジには向きづらい髪質と言えるでしょう。
ただし、お団子ヘアは誰にでも味方をしてくれます。
最後になりましたが、そんなサラサラヘアの子がキレイなお団子ヘアになるよう少し工夫した結び方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

(結び方)

  1. ヘアアイロンなどを使って、髪の毛を適当に巻いていく。(きっちりじゃなくても大丈夫です。)
  2. スタイリング剤を髪全体に馴染ませる。(とっても重要作業です。クセをつかせる事になりますので、ぜひ使用して下さい。)
  3. 通常通り、高い位置で髪を一本に結ぶ。(この時、崩れないようにキッチリ巻くことが大切です。)
  4. あとは、通常のお団子ヘアと手順は一緒です。
  5. 最後にハードスプレーを頭に回しかけると完成。

どんなにサラサラヘアの子でも、ここまで手をかけてあげるとバッチリ崩れないお団子ヘアが完成しますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。
いつもストレートに髪をおろしていた子の雰囲気が一気に変わって、新たな魅力が生まれるのも楽しみですよね。