子供におすすめの髪型!おだんごヘアのアレンジと上手なまとめ方

子供の髪をおだんごにする場合には、子供ならではのサラサラの髪に苦戦する方も多いと思います。
少しくせ毛気味のお子様ならまとめやすいと思いますが、直毛だと上手くまとまらずにきれいな仕上がりにならないとお困りの方も多いようです。
そこで、子供向けのおだんごスタイルの作り方や、髪をまとめるコツをご紹介します。

おだんごヘアには、いろいろなアレンジ方法があります。髪の長さやお好みでおだんごの髪型を楽しむことができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

黒を使った部屋はお洒落!全部真っ黒よりもポイントを抑えて

黒を貴重とした部屋は、お洒落だと思いますね。床・壁・天井・家具などすべてが黒で統一されている...

友達をやめる方法とは?相手を傷つけないための心得について

決して悪い人ではないけど、なんとなく合わない。そういう友達も中にはいますよね。今まではそれで...

会社の椅子にはダニがいる可能性が。駆除する方法とやり方

太ももの後ろの辺りがかゆい、よくみると噛まれたような小さな跡がある場合、それはダニの仕業かもしれませ...

アクリル絵の具の特徴!100均の絵の具を使った使い方アイデア

アクリル絵の具という絵の具にはどのような特徴があるのでしょうか?小学生の頃に使っていた絵の具は水彩絵...

お年玉は子供のもの?親のもの?お年玉の行方について

お年玉はその家庭の価値観によって、使いみちや管理方法が変わってきますよね。子供あてにいただく...

楽譜が読めない人でもピアノは弾ける、読めるともっと楽しくなる

楽譜がほとんど読めないのにピアノが弾けるって本当!?って思いますよね。実際ピアノを習っている子供...

気軽にハンドメイド!小物なら余った布で作る事ができます

ハンドメイドをする方は、はぎれがどんどん溜まっていきませんか?小さな布でも、可愛くてお気に入りだった...

ペンケースの中身を必要最低限の物にすると成績アップに繋がる

あなたが愛用しているペンケースの中身を今すぐ見てみましょう。ゴチャついていませんか?頭がいい学生...

思い込みと勘違い。2つの違いとは。思い込みを信念に

思い込みと勘違いについて。2つの違いとは?簡単に言ってしまうと、人間は思い込みと勘違いで...

ジムに必要な持ち物【女性版】最初は最低限必要な物でOK

ジム初心者の女性にとってわからないのが、ジムに必要な持ち物です。最低限どんな持ち物が必要なのか、...

絵の上手い人の脳とは?下手な人との違いや絵が上達する方法

絵の上手い人は下手な人と脳の使い方が違う?上手い人と下手な人にはどのような違いがあるのでしょうか?...

ダブルベッドでの布団の取り合い問題を解決する方法

ダブルベッドで寝ていると、気がつくと布団がどちらかの方に偏っていたり、布団の取り合いになることってあ...

野うさぎの赤ちゃんの育て方は?保護した時は動物病院へ委ねよう

飼いうさぎではなく、野うさぎの赤ちゃんの育て方はどうすればいいの?という悩み。野うさぎは日本の至...

服の生地に使われる繊維の特徴!生地の分類やよく使われる衣類

服に使われる生地は、なんとなくはわかっていても、なんとなくしかわからないという方が多いのではないでし...

フッ素加工のフライパンの手入れ方法で長持ちさせるコツを紹介

フッ素加工のフライパンは手入れの仕方に気をつけないと使えなくなってしまうことがあります。焦げ付かずに...

スポンサーリンク

不器用なママでもできる髪型、子供の簡単ねじりおだんご

女の子のいる親で、「髪型」に悩んでいる親がたくさんいると思います。
男の子だと、寝癖を整える以外には美容室で散髪をしてもらう程度で済むのが一般的ではありますが、女の子だとなかなかそうはいきません。
洋服店に行っても、たいてい男の子の服の種類より女の子の服の種類の方が多いのも特徴的ですし、またその可愛らしい服に髪型も合わせたくなってしまいますよね。
ここでは、そんな悩んでる親御さんや女の子に向けて、可愛らしい髪型を紹介したいと思います。

子供にもおすすめの簡単おだんごヘア

一般的に大人も多く利用する髪型の一つですね。
そんなお団子ヘアは、まとめ髪なので作業の時邪魔にもならずしっかり結んでいると崩れにくい特徴もありますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。
(結び方)

  1. 全体の髪をクシでとかし耳より10cm位上の高さで一度全部の髪の毛をしばる。
  2. 逆毛(クシで毛先から根元に向けてとかすこと)をし、毛束がボサボサになったら毛束をまとめ、結んだゴム付近をクルクル回していったら最後はピンで留めて完成。

 

(ポイント)
最後の仕上げとして、頭から15cm位離した場所でハードスプレーを頭全体にザーッと回しかけると、髪の毛が落ちてくる心配もないので、ぜひお試し下さい。

子供にも似合うハーフアップスタイルのおだんごヘア

平成後期の頃には「お団子ヘアー」と言っても、様々なお団子ヘアーがあるのは見たことがあると思います。
子供の髪質によっては、髪の毛が多すぎて一本にまとめて結ぶ事自体が大変と思っている人も少なくないのではないでしょうか?
そんな女の子にオススメなのが、「ハーフアップお団子ヘアー」です。

ハーフアップお団子ヘア

女の子だと、年齢を重ねるごとに服装にこだわりが出てくるとともに、髪型にもこだわりが強くでてきます。
ですので、こんな髪型のお団子ヘアーもあるのだ…という事で参考にしてみて下さい。
(結び方)

  1. 左右の耳の上辺りから髪の毛をグルーっと分け、上と下別々でゴムで留める。
  2. 上の髪をまとめポニーテールを作る。
  3. 毛束をクルクルねじってゴムの結び目に時計回りに巻き付けて最後はピンで留めたら完成。

とっても簡単な髪型で、子供も親御さんもチャレンジできる素敵な髪型です。
髪の長さを問わず、ロングじゃなくても肩くらいの髪の長さがあれば簡単に作れるのがこのハーフアップお団子ヘアーの特徴でもありますので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

子供でも大人顔負けの髪型、今どきのおだんごはちょっとルーズに

次に紹介したいお団子ヘアは「ルーズお団子ヘア」です。
ルーズというのがこの髪型の特徴で、上記で紹介したお団子ヘアはクシでピシッとまとめるのが基本の手順でしたが、ここではクシを使いません。

ルーズお団子ヘア

大人の人に多く見られるルーズお団子ヘアですが、お洒落さんに見えるのも人気の一つですが何より言えるのが、とっても簡単!という事です。
慣れてくると3分位でできてしまう人もいるのではないでしょうか。
そんなルーズお団子ヘアの結び方を紹介しますね。
(結び方)

  1. クシを使わず、耳上10cmくらいの高さでポニーテールを作りゴムで結ぶ。
  2. 後は基本のお団子ヘア「2」と作り方は同じ。

とっても簡単なのに、なぜかとってもオシャレに見えるのがこの髪型の魅力です。
この髪型に可愛いヘアーバンドをつけてみるというのもオススメですよ。

特別な日におすすめ!おだんごを華やかに見せるアレンジ

お団子ヘアと言ったら、頭の上部にお団子を作るイメージが多いものですが、他にもたくさんのお団子ヘアがあるんです。
ここで紹介したいのは、「華やかお団子ヘア」です。

華やかお団子ヘア

  1. 耳タブの高さくらいで髪の毛を一本にまとめて結ぶ。
  2. 上記のお団子ヘアのようにクルクルお団子を作って最後にカールがついてるウィッグシュシュで結んだら完成。

結婚式や発表会等、正装の時に活躍してくれるのがこの華やかお団子ヘアです。
上部で結んで居ないためカジュアルさが少し抜けるので、落ち着いた雰囲気の場所に行くときにはピッタリですよ。

子供のサラサラヘアをおだんごの髪型にまとめるコツ

上記でもお伝えしていますが、子供の髪…と一つ言っても、髪質は様々でいわゆる剛毛の子もいれば一本一本がとっても細くなかなかクセのつかないサラサラヘアの子もいますよね。ストレートで下ろす髪型であればサラサラヘアの子は手間いらずなのでとっても憧れるものですが、ヘアアレンジには向きづらい髪質と言えるでしょう。
ただし、お団子ヘアは誰にでも味方をしてくれます。
最後になりましたが、そんなサラサラヘアの子がキレイなお団子ヘアになるよう少し工夫した結び方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

(結び方)

  1. ヘアアイロンなどを使って、髪の毛を適当に巻いていく。(きっちりじゃなくても大丈夫です。)
  2. スタイリング剤を髪全体に馴染ませる。(とっても重要作業です。クセをつかせる事になりますので、ぜひ使用して下さい。)
  3. 通常通り、高い位置で髪を一本に結ぶ。(この時、崩れないようにキッチリ巻くことが大切です。)
  4. あとは、通常のお団子ヘアと手順は一緒です。
  5. 最後にハードスプレーを頭に回しかけると完成。

どんなにサラサラヘアの子でも、ここまで手をかけてあげるとバッチリ崩れないお団子ヘアが完成しますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。
いつもストレートに髪をおろしていた子の雰囲気が一気に変わって、新たな魅力が生まれるのも楽しみですよね。