紫やオレンジと相性が良い色を理解して、コーデに活かしましょう

紫やオレンジのように派手な色の服を着てみたいと思っても、どんな色と合うのか、コーデはどうしたらいいのか迷ってしまって手が出ないという女性も多いのではないでしょうか。

私も紫色が好きですが、どうしても洋服で着る自信がなく、靴などのアイテムでしか取り入れることができないタイプです。

しかし、それぞれ相性が良い色と合わせることで、おしゃれなコーデにすることができるのです。

今回は、紫やオレンジと相性が良い色やおすすめコーデ例をご紹介します。実はオレンジと紫というコーデもおすすめです。

また、おしゃれに見せるコーデのコツも説明します。ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パッションフルーツの花が咲かない!原因と対策・収穫の目安

パッションフルーツを家庭菜園で育てている人の中には、なかなか花が咲かないことに頭を悩ませている人もい...

子供が大好き麺類!うどん弁当が冷めてもくっつかない方法を伝授

子供は麺類が大好きですよね。お弁当にも入れて!なんて言われますが、うどんなどの麺類は冷めてしまうと、...

水泳選手コースの基準について選ばれるポイントやタイミング

水泳の選手コースになるには基準という目安があります。本人が選手コースに行きたくても、コーチから選手コ...

入籍後に結婚式を挙げたカップルの友人代表スピーチのコツ

入籍後に結婚式を挙げるカップルは多いですが、入籍後しばらく経ってから結婚式を挙げるカップルもたくさん...

チューリップの球根を植える時期は?キレイな花を咲かせる方法

チューリップは、一度花を咲かせた後も上手に球根を保管する事で、翌年もまた花を咲かせることが出来ます。...

「人間が怖い」と思われるような小説を書きたい

小説にはさまざまなジャンルがありますが、人間の恐怖にスポットを当てたものでも表現はいくつもあります。...

No Image

インコのおやつを手作り!手作りする時のポイントと作り方を解説

インコのおやつを手作りしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ですが、今まで作ったこ...

オカメインコが噛むのをしつけるには?噛み癖を治す方法

オカメインコは噛む力が強いため、噛み癖が付く前にしつけることが大切です。甘噛みだからと油断してい...

クレープの生地が余った時のオススメ保存方法とコツ

お菓子作りやオシャレな朝食にもオススメなクレープ。クレープの生地があまってしまった時は、冷蔵...

シルバーアクセサリーの黒ずみはサビじゃない。落とす方法とは

時間が経ったシルバーのアクセサリーが黒ずんでいる、サビのように見えるけれどにサビなのでしょうか。...

猫用の消臭スプレーを手作りしてみませんか。安全で簡単な方法

猫がいる家で気になるのが、マーキングやトイレの臭いですね。臭いを消そうと消臭スプレーを使うと思い...

ステンレスに付いた茶渋の落とし方。用途別の洗剤選びと手順

お子さんの通園や通学、職場へのマイボトル持参などでステンレスの水筒にお茶を入れて持ち運ぶ機会は多いで...

No Image

舞茸の天ぷらをべちゃべちゃにしないでカラっと揚げる方法

舞茸の天ぷらはべちゃべちゃになりやすいですよね。どうしてお店の舞茸の天ぷらは時間がたってもカラっとし...

もらって嬉しいと思われるプレゼントの選び方【30代男性編】

仕事でいつもいろいろ指導してくれる優しい上司。誕生日が近いと聞くと、嬉何かプレゼントしたいと考える女...

テレビの位置や高さはシチュエーション別でも最適を選ぶコツ

テレビの位置や高さって新しく購入したときなど、どうすればいいのか悩みますよね。では、テレビを...

スポンサーリンク

紫に合う洋服の色やコーデについて教えます

紫とのコーデとして相性のいいカラー


  1. 真っ白な色だと明るくぱっと目を引くような紫に合い、紫を引き立て華やかな場所にも合う色合いになります。またクリームがかった白を使うと柔らかな感じになり力強く感じる紫色と合わせても上手く中和してくれるでしょう。
  2. チャコールグレー
    チャコールグレーは濃いグレーで紫とあわせると大人っぽい雰囲気になります。少しかしこまった場所に着ていくときにでも、お互い抑えめな色にすると使う事が出来る色です。
    ベージュ
    紫の強いイメージを優しくしてくれます。ベージュを合わせる事で、夏のような暑い時期でも紫と合わせてコーデする事が出来ます。
  3. 紺色
    黒とあわせるよりも少しカジュアルな感じになります。秋や初冬など少し寒く落ち着いた季節に合いそうな色合いです。
  4. 薄いピンク
    薄い紫と薄いピンクもあいます。ふわふわした優しい雰囲気になるでしょう。

オレンジはコーデ次第でいろいろな色の洋服に合わせることが可能

オレンジとのコーデとして相性のいいカラー


  1. オレンジと白は暖かくなる季節や薄いオレンジを取り入れれば春の訪れを感じます。明るくなりすぎそうなときはオフホワイトなど少し抑えめな白を取り入れて見ましょう。
  2. グレー
    濃いグレーではなく薄めのグレーとの組み合わせもいいでしょう。グレーの部分が多いと大人っぽく、少ないと元気なイメージになります。

  3. 黒はどんな色にも合いますが、はっきりした色同士なので素材を変えてみたり異素材の組み合わせにしてみたりと素材を変えて組合わせてみましょう。
  4. 紺色
    紺は黒よりも落ち着いて見えます。小物を紺色にしたり、少しだけ紺色を入れる事で上品な感じにもなります。少しかしこまった場所にも着ていく事が出来ます。

薄いオレンジなら、紫色のボトムスとのコーデもおすすめです

薄いオレンジと紫をコーデする時は

オレンジの色が薄く、茶色に近いものの時は濃い目の紫と合わせてみましょう。薄いオレンジの色を引き締めてくれるでしょう。また小物やアイテムに明るい色の紫やオレンジを入れる事で統一感が出ておしゃれ度アップです。

ボトムスを紫にする場合はトップスの色を考えましょう。
濃い紫の場合はトップスは白や明るい色にして取り入れるオレンジは大振りのアクセサリーや足元に入れると落ち着いた雰囲気に見えます。

 

薄い紫のボトムスのときにオレンジのトップス選び

少し濃いオレンジのトップスが長めのジレをオレンジにすると華やかになります。

大振りのアクセサリーやスカーフ、カバン、靴などでポイントカラーを取り入れると目に入るカラーが大きくなくても華やかな色なので紫とオレンジが入っているコーデになるでしょう。

オレンジと紫など似合う服の色の組み合わせの考え方について理解しましょう

色の組み合わせはどこに重きを置くかによって見た目や雰囲気が変わってきます。服をコーデするときの気分や、着ていく場所によって変わってくるでしょう。

色の取り入れ方のポイント

●ベースカラー
ぱっと見て一番印象が強く感じる色で面積を多くとるカラーです。この色でイメージが決まってしまいます。

●アソートカラー
ベースカラーをより目立たせるための色でトップスや小物などベースカラーの次に大きな面積を占める場所に使います。

●アクセントカラー
全体の雰囲気にスパイスを与える色です。ポイントカラーやさし色として、取り入れる色は濃いめの色が多いです。

それぞれの取り入れる色の割合を考えてコーデして気分良くおしゃれに服を着ましょう。

おしゃれに見せるコーデの秘訣について

首、手首、足首を見せポイントを作る。

3つの首をちらりと見せるコーデをすると細く女性らしく見えます。トップスの袖を少しまくったり、ボトムスの裾が少し短いタイプを履いたりして見せるポイントを作りましょう。

使う色は少なくしましょう。

全体的に使う色は多色使いにせず、ポイントを決めてコーデしましょう。その時は持つ小物やアクセサリーなども合わせてコーデしましょう。

 

シルエットを意識しよう。

流行のシルエットや女性だからできる組み合わせをしましょう。ワイドパンツとロングカーディガンなど大きめなコーデになっても、ヒールやパンプスなどで肌が多く見えるような靴を履いたり、髪をアップにしたり女性ならではのアレンジをしましょう。

 

ベースカラーを暗めの落ち着いた色にすると取り入れやすいです。

少し躊躇しがちなカラフルな色を入れたいときは、視覚にっ入るカラーを落ち着いた色にしましょう。そうすると取り入れるカラーがはっきりした明かるい色でも取り入れやすくコーデしやすくなります。

紫やオレンジは柄が入っているものにしましょう。

柄の中に紫やオレンジが入っている、紫風やオレンジ風の服にしてみましょう。また柄のものを合わせる事でコーデしやすくおしゃれな感じになります。柄が大振りなものは面積少なめに細かな柄のものは全体に持ってきてもうるさい感じにならずさりげなくコーディネートする事が出来ます。