紫やオレンジと相性が良い色を理解して、コーデに活かしましょう

紫やオレンジのように派手な色の服を着てみたいと思っても、どんな色と合うのか、コーデはどうしたらいいのか迷ってしまって手が出ないという女性も多いのではないでしょうか。

私も紫色が好きですが、どうしても洋服で着る自信がなく、靴などのアイテムでしか取り入れることができないタイプです。

しかし、それぞれ相性が良い色と合わせることで、おしゃれなコーデにすることができるのです。

今回は、紫やオレンジと相性が良い色やおすすめコーデ例をご紹介します。実はオレンジと紫というコーデもおすすめです。

また、おしゃれに見せるコーデのコツも説明します。ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友達と絶縁!仲直りしたい時の対処法は?関係修復方法を解説

友達と喧嘩をして絶縁してしまったとき、喧嘩をしたばかりの頃はもう一生友達には戻りたくないと考えること...

【フォークの使い方】サラダを食べる時に美しく見せるためには

サラダを食べる時、お箸で食べるのが一番ラクだと思ってはいるものの、フランス料理のコースの中で出てくる...

指の臭いが取れない場合は、レモンや重曹や家にある物が活躍!

料理をした後の指が臭い・・・いつまで経ってもニオイが取れないということがありますね。魚を調理...

部活を引退して太るのを防ぐ!受験ストレスや誘惑に負けないコツ

部活を引退したら太るということはよく聞きます。それは部活を引退したのにも関わらず、部活をしているとき...

拾った栗が虫食いかどうかの簡単な見分け方について解説します

秋と言えば栗拾いに出かけることが楽しみだという人も多いでしょう。しかし、せっかく拾った栗が虫...

犬の鳴き声で判断!高い声で鳴く時の犬の気持ちを解説

犬の鳴き声には種類があり、高い声で鳴くことがあります。高い声といっても、キュンキュン、キャンキャ...

一人暮らしが寂しい!社会人の一人暮らしが寂しい時の対処法

社会人になって初めての一人暮らしをしている人の中には、一人暮らしを寂しいと感じている人もいるのではな...

ハムスターの給水器から水が出ないときの対処方法について

ハムスターの給水器から水が出ないのはどんなことが原因なのでしょうか?買ったばかりなのに水が出ないのは...

中学生の勉強机のレイアウトのポイントと置いてはいけないモノ

小学生時代とは違い中学生になると勉強の内容も濃くなり、今までの勉強の仕方や勉強机のままというワケには...

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素...

ケチャップやマヨネーズ、常温可能な場合とそうじゃない場合

ケチャップやマヨネーズが大好き!ほとんど毎日使うという人もいるでしょう。毎日使うので冷蔵庫に入れ...

犬の鳴き声などの騒音対策。マンションでもできる効果的な方法

ペット可のマンションに住む場合にも、自分の家の犬の鳴き声が周りのお宅の迷惑にならないか心配される方は...

水筒のお茶がまずくなる原因は?水筒のお茶を美味しく飲む方法

エコや節約のために、マイ水筒にお茶を入れて持参している人もいますよね。でも、水筒に入れたお茶は時間が...

トイプードルのカットの頻度や事前に知っておきたいポイント

トイプードルのカットの頻度はその家庭によっても違いますが、トイプードルはあまり長い間カットに行かない...

勉強のやる気がでない、そんな時に試したいやる気が出る方法

学校の宿題やテスト勉強、日々の予習復習など勉強しなくてはいけないと頭では理解していても、いまいちやる...

スポンサーリンク

紫に合う洋服の色やコーデについて教えます

紫とのコーデとして相性のいいカラー


  1. 真っ白な色だと明るくぱっと目を引くような紫に合い、紫を引き立て華やかな場所にも合う色合いになります。またクリームがかった白を使うと柔らかな感じになり力強く感じる紫色と合わせても上手く中和してくれるでしょう。
  2. チャコールグレー
    チャコールグレーは濃いグレーで紫とあわせると大人っぽい雰囲気になります。少しかしこまった場所に着ていくときにでも、お互い抑えめな色にすると使う事が出来る色です。
    ベージュ
    紫の強いイメージを優しくしてくれます。ベージュを合わせる事で、夏のような暑い時期でも紫と合わせてコーデする事が出来ます。
  3. 紺色
    黒とあわせるよりも少しカジュアルな感じになります。秋や初冬など少し寒く落ち着いた季節に合いそうな色合いです。
  4. 薄いピンク
    薄い紫と薄いピンクもあいます。ふわふわした優しい雰囲気になるでしょう。

オレンジはコーデ次第でいろいろな色の洋服に合わせることが可能

オレンジとのコーデとして相性のいいカラー


  1. オレンジと白は暖かくなる季節や薄いオレンジを取り入れれば春の訪れを感じます。明るくなりすぎそうなときはオフホワイトなど少し抑えめな白を取り入れて見ましょう。
  2. グレー
    濃いグレーではなく薄めのグレーとの組み合わせもいいでしょう。グレーの部分が多いと大人っぽく、少ないと元気なイメージになります。

  3. 黒はどんな色にも合いますが、はっきりした色同士なので素材を変えてみたり異素材の組み合わせにしてみたりと素材を変えて組合わせてみましょう。
  4. 紺色
    紺は黒よりも落ち着いて見えます。小物を紺色にしたり、少しだけ紺色を入れる事で上品な感じにもなります。少しかしこまった場所にも着ていく事が出来ます。

薄いオレンジなら、紫色のボトムスとのコーデもおすすめです

薄いオレンジと紫をコーデする時は

オレンジの色が薄く、茶色に近いものの時は濃い目の紫と合わせてみましょう。薄いオレンジの色を引き締めてくれるでしょう。また小物やアイテムに明るい色の紫やオレンジを入れる事で統一感が出ておしゃれ度アップです。

ボトムスを紫にする場合はトップスの色を考えましょう。
濃い紫の場合はトップスは白や明るい色にして取り入れるオレンジは大振りのアクセサリーや足元に入れると落ち着いた雰囲気に見えます。

 

薄い紫のボトムスのときにオレンジのトップス選び

少し濃いオレンジのトップスが長めのジレをオレンジにすると華やかになります。

大振りのアクセサリーやスカーフ、カバン、靴などでポイントカラーを取り入れると目に入るカラーが大きくなくても華やかな色なので紫とオレンジが入っているコーデになるでしょう。

オレンジと紫など似合う服の色の組み合わせの考え方について理解しましょう

色の組み合わせはどこに重きを置くかによって見た目や雰囲気が変わってきます。服をコーデするときの気分や、着ていく場所によって変わってくるでしょう。

色の取り入れ方のポイント

●ベースカラー
ぱっと見て一番印象が強く感じる色で面積を多くとるカラーです。この色でイメージが決まってしまいます。

●アソートカラー
ベースカラーをより目立たせるための色でトップスや小物などベースカラーの次に大きな面積を占める場所に使います。

●アクセントカラー
全体の雰囲気にスパイスを与える色です。ポイントカラーやさし色として、取り入れる色は濃いめの色が多いです。

それぞれの取り入れる色の割合を考えてコーデして気分良くおしゃれに服を着ましょう。

おしゃれに見せるコーデの秘訣について

首、手首、足首を見せポイントを作る。

3つの首をちらりと見せるコーデをすると細く女性らしく見えます。トップスの袖を少しまくったり、ボトムスの裾が少し短いタイプを履いたりして見せるポイントを作りましょう。

使う色は少なくしましょう。

全体的に使う色は多色使いにせず、ポイントを決めてコーデしましょう。その時は持つ小物やアクセサリーなども合わせてコーデしましょう。

 

シルエットを意識しよう。

流行のシルエットや女性だからできる組み合わせをしましょう。ワイドパンツとロングカーディガンなど大きめなコーデになっても、ヒールやパンプスなどで肌が多く見えるような靴を履いたり、髪をアップにしたり女性ならではのアレンジをしましょう。

 

ベースカラーを暗めの落ち着いた色にすると取り入れやすいです。

少し躊躇しがちなカラフルな色を入れたいときは、視覚にっ入るカラーを落ち着いた色にしましょう。そうすると取り入れるカラーがはっきりした明かるい色でも取り入れやすくコーデしやすくなります。

紫やオレンジは柄が入っているものにしましょう。

柄の中に紫やオレンジが入っている、紫風やオレンジ風の服にしてみましょう。また柄のものを合わせる事でコーデしやすくおしゃれな感じになります。柄が大振りなものは面積少なめに細かな柄のものは全体に持ってきてもうるさい感じにならずさりげなくコーディネートする事が出来ます。