舌が長いと滑舌が悪くなるは間違いだと判明!

「私の滑舌が悪いのは舌が長いからだ」と思っていませんか?
滑舌が悪いのは舌が長いからではなく、調べてみるとむしろ長い人ほど滑舌が良いということがわかりました。

とはいっても、舌が長く滑舌が悪い人も当然います。では何が原因なのでしょうか。

滑舌が悪くなる原因、滑舌が良くなる舌のトレーニング法もまとめました。
滑舌が良くなるとメリットはたくさんあります。舌のトレーニングは簡単にできますで、ぜひお試しを!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

学習机を解体してリメイクしよう!雰囲気が一変するリメイク術

子供が大きくなると不要になるのが学習机。そのまま捨てるのではなく、一部解体してリメイクしてはいかがで...

ハンバーグに必要なつなぎ!パン粉の代わりにごはんでも代用可能

ハンバーグのつなぎとしてパン粉を使いますよね。でもあると思っていたパン粉がない事ありませんか?...

大好きな先生が転勤!贈るメッセージは何が良いかを知りたい

学校生活を送る上で必ず起きるのが先生の転勤です。特に親しい先生ではなかった場合は、何も感情がわか...

住民票を移動した後の住民税の疑問!二重払いにはなるのか

引越しをして住民票を移動した後、住民税がどこから請求されるのか知っていますか?知らないと「二重払いさ...

蜂を退治するコツや家の中に二度と侵入させないトラップとは

蜂を退治するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?家の中に侵入してしまったときは?...

餃子はポン酢派?醤油派?美味しい餃子のタレレシピを紹介

餃子を食べるときに使うのはポン酢?それともお醤油?気分で変えるのもいいですが、どちらもきちんと量って...

スノーボードウェアの上下同色はアリ?スノボウェアの着こなし術

スノーボードウェアはどのように選べばいいのでしょうか?ボードは初心者でもウェアはかっこよく、可愛く着...

ミルクの温度が熱いときに素早く冷ます方法と上手な与え方

ミルクの温度が熱いときは赤ちゃんが飲みやすい温度に冷まさなければなりません。しかし、育児にまだ慣れて...

靴の収納は箱のまま?それとも出したほうがいい?靴の収納方法

靴を収納するときは箱のままのほうがいいのでしょうか?箱に入っているほうが積み重ねることができるので収...

うずらの飼育は屋外でも可能?飼育方法や注意点について

うずらの飼育を考えている方、鶏の様に屋外での飼育は可能かどうか?飼育する際には気になるポイントですよ...

トルコ行進曲のピアノの難易度や弾き方のコツ、情感表現について

ピアノ曲の中でも有名なのが「トルコ行進曲」です。子供の発表会などでもよく耳にする曲ですが、ピ...

中学生の勉強机のレイアウトのポイントと置いてはいけないモノ

小学生時代とは違い中学生になると勉強の内容も濃くなり、今までの勉強の仕方や勉強机のままというワケには...

筆箱のチャックが壊れた時の対処法を症状別で詳しく解説します

学校で使っている子供の筆箱のチャックが壊れた時、お気に入りの筆箱でまだまだ使える状態であれば、なんと...

【三角巾の簡単な作り方】大人用だってかわいく作りましょう

子供用の三角巾の作り方はネットでもいろいろ紹介されていますが、大人用となるとなかなか見つけにくいもの...

No Image

相撲チケットが取れないことも!チケットを確実に入手する方法

相撲チケットが取れないってことあるの?と甘くみていると、希望日が既に売り切れでチケットが取れなかった...

スポンサーリンク

舌が長いと滑舌は悪くなる?

舌が長いと滑舌が悪くなると思っている人もいるかも知れませんが、実際のところどうなのでしょうか。舌が長いと舌が邪魔になって話しにくいのではないか、そのせいで滑舌がが悪くなってしまうのでないかと思っている人もいるでしょう。

実際、舌が長いと滑舌が悪くなるのかといえば、影響はありません。
舌が長い=滑舌が悪いというのは誤りなのです。

ギネス記録では、10センチ近くの長い舌を持つ人がいるそうですが、それほど長い舌を持っていたとしても、滑舌は悪くはありません。むしろ、舌が長いほうがスムーズに発音や発声が可能になります。

舌が年齢とともに長くなって、年々滑舌が悪くなっているように感じているのであれば、それは、筋肉の衰えとともに、舌が伸びている可能性があります。

最近、以前より滑舌が悪くなったと気になるようなら、もしかしたらそれは、年齢のせいかも知れません。舌が長いことが原因で、滑舌が悪くなっているのではなく、舌の筋肉の収縮が上手く出来ていないのでしょう。

滑舌を良くしたいのであれば、舌の筋肉を鍛えるトレーニングを行うことで改善されるかもしれません。

舌が長いからといって滑舌が悪くなるわけじゃなく、原因は別にある

あなたの舌の長さはどのくらいですか。日本人の舌の長さの平均は、7センチ強といわれています。実際、それより長い人もいるでしょう。もし、あなたが滑舌の悪さを気にしているようであれば、その滑舌の悪さを舌の長さのせいにしてはいないでしょうか。

実際、舌が長いからといって滑舌が悪くなるわけではありません。多少、しゃべりにくいということはあるかも知れません。特定の発音をするのに、舌のせいで少々難しいと感じることもあるでしょう。しかし、気にするほどでもないはずです。

舌の長さのギネス記録保持者の中には、話し上手で、コメディアンの方もいるそうです。ですから、舌が長いので滑舌が悪いというのは間違っています。

滑舌が悪いというコンプレックスを抱えているのであれば、実は、滑舌の悪さを気にして、人と話しを余りしていないのではないでしょうか。舌の筋肉を使うという機会が減ると、舌自体の筋肉が落ちてしまいます。

舌が長いせいで、発音が難しいという人は、その苦手な発音をハッキリそしてゆっくりと発声してみましょう。出来れば、自分の声を録音して、その発音を聞いてみるとよいかも知れません。そうやって練習することで、徐々に滑舌の悪さは改善されるはずです。

コンプレックスを減らせば、人との会話も楽しくなります。自分のコンプレックスを少しでも改善して、たくさん話しすことで、舌に運動させる機会を与えてあげましょう。

舌が長い方が滑舌も良くメリットも多い?

舌の長い人よりも舌の短い人の方が、滑舌が悪い傾向にあります。
舌足らずという言葉は、舌の動きが滑らかではなく、発音や物言いがはっきりしないことを差します。ですから、舌が長い人は滑舌がよいといえます。

舌の長い人は、発音がはっきりしていて、スムーズな発声をしているため、言葉がより魅力的に聞こえる場合があります。魅力的に話している人は、男女問わずモテる傾向にあるでしょう。

また、舌の長い人のほうが、舌に生えているコケが少ない傾向にあります。
舌にコケなんて生えるのかと思う人もいるかも知れませんが、舌の表面を見てみましょう。白っぽいものがあるはずです。これは、舌苔(ぜったい)と呼ばれるコケなのです。

舌苔は食べかすや剥がれ落ちた舌の細胞に、口の中に存在する最近が付着して出来ます。これは、自浄するため、無理に取り除く必要はありません。しかし、口臭の原因につながります。
舌の長い人より、舌の短い人のほうが舌苔が多いため、口臭が強くなってしまうことがあります。

舌の短い人は、オーラルケアに気を使う必要があるかも知れません。

滑舌が良くなる舌を使ったトレーニング法とは?

舌の長さだけで考えると、舌の短い人より長い人の方が滑舌は良いでしょう。
舌の短い人は、舌足らずな話し方になります。滑舌の悪さを気にしている人の中には、舌が短い人が多いかも知れません。

多少のトレーニングで、気になる滑舌を改善することができます。ぜひ、チャレンジしてみましょう。

舌を前後に、出したり引いたりしてみてください。また舌を右回り左回り回転させてみましょう。このトレーニングを毎日続けることで舌の筋力は少しずつアップしてきます。

滑舌が悪いと、そのことを気にしてつい早口になってはいないでしょうか。実際、早口になればなるほど、舌がもつれて滑舌は悪くなります。ゆっくりと、はっきりと話しましょう。相手にはっきり聞こえるようにするには、舌をしっかり使うことです。舌の使い方を意識して話すようにすると、滑舌の悪さは改善されるはずです。

舌を鍛えて滑舌が良くなるとどんな効果があるの?

舌の長い人より、短くて舌足らずを気にしている人は、舌を鍛えることで滑舌を良くすることができます。

滑舌がよくなると、話をすることだけではなく、その内容に集中できます。内容がしっかりすれば、相手にも意見や気持ちは伝わりやすくなります。そのせいで、会話もスムーズになり、益々話す機会が増えます。話す機会が増えれば、滑舌のトレーニングにもつながります。良いスパイラルが生まれます。

少しずつで良いのです。しっかりと滑舌トレーニングを続けて、自分も話しやすく相手も聞き取りやすい環境を作ってあげることです。

話すことが上手になれば、コミュニケーション能力も上がり、プレゼンする力もついてくるでしょう。これは、最大のメリットともいえます。

今のあなたを変えたいのであれば、滑舌の悪さを気にして話しをしないのではなく、積極的に話をすることです。上手に話をする為に、滑舌トレーニングをするというのは、一つのすばらしい手段といえるでしょう。