舌が長いと滑舌が悪くなるは間違いだと判明!

「私の滑舌が悪いのは舌が長いからだ」と思っていませんか?
滑舌が悪いのは舌が長いからではなく、調べてみるとむしろ長い人ほど滑舌が良いということがわかりました。

とはいっても、舌が長く滑舌が悪い人も当然います。では何が原因なのでしょうか。

滑舌が悪くなる原因、滑舌が良くなる舌のトレーニング法もまとめました。
滑舌が良くなるとメリットはたくさんあります。舌のトレーニングは簡単にできますで、ぜひお試しを!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学生の一人暮らしの仕送り方法!節約やお金の管理のポイント

大学生の一人暮らしの仕送り方法については悩む親御さんも多いのでしょうか。あまり過保護にするのも良くな...

スニーカーのゴムを買った時のように白くする方法を教えます

お気に入りのスニーカーを毎日のように履いていると、底のゴムのところが黄ばんできてしまいますよね。...

100均材料で子供と一緒に作る簡単可愛い手作りアクセサリー

100均にはアクセサリーの材料になるパーツがいろいろとあります。手軽に材料が揃えられて、しかもリーズ...

子育てはイライラとの戦い!怒鳴るのはダメだけど…

子育てはイライラの連続!『怒りの感情が湧いて出たら、深呼吸して』なんていうアドバイス、よーく...

服が臭いけど新品のときの理由や気になる臭いを取る方法とは

服の臭いが新品なのに気になってしまうと、せっかく買ったばかりなのに着るのが残念になってしまいますよね...

卓球ラケットのペン型は、小技がしやすいが手先が器用な人向け

卓球のラケットは大きく分けて、ペン型とシェークハンドの2種類があります。ペン型はその名の通り...

ダンスの苦手を克服するコツで大切なこと!練習や上達の秘訣

ダンスを苦手克服したいならどんな練習をしたらいいのでしょうか?ダンスは好きだけど、自分が思い描いてい...

東京タワーとスカイツリー、観光するならどっちがおすすめ

東京観光、東京デートで行きたい場所と言えば東京タワーとスカイツリー!しかし、どちらかひとつを選ぶなら...

洗濯物の臭い取りはセスキにお任せ!そのやり方を説明します

100均でも販売されている「セスキ(セスキ炭酸ソーダ)」。いろいろな汚れを落とせると話題になっていま...

韓国料理が辛い理由からわかる、辛い料理を好む傾向と習慣とは

韓国料理が辛い理由には、古くからの歴史があり、それには日本との関わりが見えてきます。では、ど...

封筒を再利用するときのマナー・再利用で地球にやさしいエコ活動

ビジネスシーンでは、宛名の書かれていない封筒を再利用する事もあります。この時、相手に失礼にならないよ...

うさぎのケージを手作り!気をつけたいコツや作り方のアイデア

うさぎのケージを手作りしたいという人も多いでしょう。ケージが手作りできれば、家の雰囲気に合わせて自分...

卓球初心者のコツはラリーをつなぐ練習で楽しみながら上達できる

卓球初心者でもコツを覚えると、ラリーも続くようになり卓球が楽しくなります。卓球が楽しくなるポイントと...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

ゼラチンのゼリーは冷凍しないで冷蔵しましょう、ゼラチンの特徴

ゼラチンのゼリーは冷凍するとどうなるのでしょうか?凍ったまま食べるのであれば、そこまで気にすることは...

スポンサーリンク

舌が長いと滑舌は悪くなる?

舌が長いと滑舌が悪くなると思っている人もいるかも知れませんが、実際のところどうなのでしょうか。舌が長いと舌が邪魔になって話しにくいのではないか、そのせいで滑舌がが悪くなってしまうのでないかと思っている人もいるでしょう。

実際、舌が長いと滑舌が悪くなるのかといえば、影響はありません。
舌が長い=滑舌が悪いというのは誤りなのです。

ギネス記録では、10センチ近くの長い舌を持つ人がいるそうですが、それほど長い舌を持っていたとしても、滑舌は悪くはありません。むしろ、舌が長いほうがスムーズに発音や発声が可能になります。

舌が年齢とともに長くなって、年々滑舌が悪くなっているように感じているのであれば、それは、筋肉の衰えとともに、舌が伸びている可能性があります。

最近、以前より滑舌が悪くなったと気になるようなら、もしかしたらそれは、年齢のせいかも知れません。舌が長いことが原因で、滑舌が悪くなっているのではなく、舌の筋肉の収縮が上手く出来ていないのでしょう。

滑舌を良くしたいのであれば、舌の筋肉を鍛えるトレーニングを行うことで改善されるかもしれません。

舌が長いからといって滑舌が悪くなるわけじゃなく、原因は別にある

あなたの舌の長さはどのくらいですか。日本人の舌の長さの平均は、7センチ強といわれています。実際、それより長い人もいるでしょう。もし、あなたが滑舌の悪さを気にしているようであれば、その滑舌の悪さを舌の長さのせいにしてはいないでしょうか。

実際、舌が長いからといって滑舌が悪くなるわけではありません。多少、しゃべりにくいということはあるかも知れません。特定の発音をするのに、舌のせいで少々難しいと感じることもあるでしょう。しかし、気にするほどでもないはずです。

舌の長さのギネス記録保持者の中には、話し上手で、コメディアンの方もいるそうです。ですから、舌が長いので滑舌が悪いというのは間違っています。

滑舌が悪いというコンプレックスを抱えているのであれば、実は、滑舌の悪さを気にして、人と話しを余りしていないのではないでしょうか。舌の筋肉を使うという機会が減ると、舌自体の筋肉が落ちてしまいます。

舌が長いせいで、発音が難しいという人は、その苦手な発音をハッキリそしてゆっくりと発声してみましょう。出来れば、自分の声を録音して、その発音を聞いてみるとよいかも知れません。そうやって練習することで、徐々に滑舌の悪さは改善されるはずです。

コンプレックスを減らせば、人との会話も楽しくなります。自分のコンプレックスを少しでも改善して、たくさん話しすことで、舌に運動させる機会を与えてあげましょう。

舌が長い方が滑舌も良くメリットも多い?

舌の長い人よりも舌の短い人の方が、滑舌が悪い傾向にあります。
舌足らずという言葉は、舌の動きが滑らかではなく、発音や物言いがはっきりしないことを差します。ですから、舌が長い人は滑舌がよいといえます。

舌の長い人は、発音がはっきりしていて、スムーズな発声をしているため、言葉がより魅力的に聞こえる場合があります。魅力的に話している人は、男女問わずモテる傾向にあるでしょう。

また、舌の長い人のほうが、舌に生えているコケが少ない傾向にあります。
舌にコケなんて生えるのかと思う人もいるかも知れませんが、舌の表面を見てみましょう。白っぽいものがあるはずです。これは、舌苔(ぜったい)と呼ばれるコケなのです。

舌苔は食べかすや剥がれ落ちた舌の細胞に、口の中に存在する最近が付着して出来ます。これは、自浄するため、無理に取り除く必要はありません。しかし、口臭の原因につながります。
舌の長い人より、舌の短い人のほうが舌苔が多いため、口臭が強くなってしまうことがあります。

舌の短い人は、オーラルケアに気を使う必要があるかも知れません。

滑舌が良くなる舌を使ったトレーニング法とは?

舌の長さだけで考えると、舌の短い人より長い人の方が滑舌は良いでしょう。
舌の短い人は、舌足らずな話し方になります。滑舌の悪さを気にしている人の中には、舌が短い人が多いかも知れません。

多少のトレーニングで、気になる滑舌を改善することができます。ぜひ、チャレンジしてみましょう。

舌を前後に、出したり引いたりしてみてください。また舌を右回り左回り回転させてみましょう。このトレーニングを毎日続けることで舌の筋力は少しずつアップしてきます。

滑舌が悪いと、そのことを気にしてつい早口になってはいないでしょうか。実際、早口になればなるほど、舌がもつれて滑舌は悪くなります。ゆっくりと、はっきりと話しましょう。相手にはっきり聞こえるようにするには、舌をしっかり使うことです。舌の使い方を意識して話すようにすると、滑舌の悪さは改善されるはずです。

舌を鍛えて滑舌が良くなるとどんな効果があるの?

舌の長い人より、短くて舌足らずを気にしている人は、舌を鍛えることで滑舌を良くすることができます。

滑舌がよくなると、話をすることだけではなく、その内容に集中できます。内容がしっかりすれば、相手にも意見や気持ちは伝わりやすくなります。そのせいで、会話もスムーズになり、益々話す機会が増えます。話す機会が増えれば、滑舌のトレーニングにもつながります。良いスパイラルが生まれます。

少しずつで良いのです。しっかりと滑舌トレーニングを続けて、自分も話しやすく相手も聞き取りやすい環境を作ってあげることです。

話すことが上手になれば、コミュニケーション能力も上がり、プレゼンする力もついてくるでしょう。これは、最大のメリットともいえます。

今のあなたを変えたいのであれば、滑舌の悪さを気にして話しをしないのではなく、積極的に話をすることです。上手に話をする為に、滑舌トレーニングをするというのは、一つのすばらしい手段といえるでしょう。