100均の材料で簡単DIY!初心者でも作れるかわいい小物

ネットや雑誌では主婦の方が作った可愛いDIYの作品をよく目にします。そんな可愛いくておしゃれな作品を見て、自分も作ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで、これからDIYを始めたいという方向けの、100均の材料を使った簡単DIYの小物の作り方をご紹介します。

少ない材料で、初心者でも作りやすい手順です。始めて挑戦するという方はぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

食洗機用洗剤がない時の代用品になるものは?使用上の注意点も

食洗機を使いたいのに食洗機用洗剤がない!そんなことありませんか?何か代用品があれば…と思いますが...

出先で取りたい!今あるもので出来る商品タグの取り方

購入したものをすぐに使いたい時、商品タグの取り方に困りませんか?力いっぱい引きちぎる方法もありますが...

居酒屋でバイトをする人共感。あるあるネタの色々なバージョン

学生さんのやりたいと思うバイトに居酒屋のバイトも人気があります。男女問わずに働くことが出来る...

FFで雪道走行!スタッドレスタイヤの装着をして安全運転を

元々雪がたくさん降る雪国に住んでいる人であれば、雪が降るシーズンになるとタイヤ交換をして降雪や凍結路...

車の値段は年収のどれくらいがベスト?車の適正価格について

車の値段を決める大きな基準となるのが年収ですが、いったいどのくらいまでが上限となるのでしょうか?...

猫を網戸から脱走させないために!要注意なポイントと脱走対策

猫を飼っている方が心配なのは、猫の脱走です。好奇心旺盛な猫は、スキがあらばと脱走の機会を狙っ...

水道の蛇口掃除の簡単なコツや酷い汚れの対処法と清潔を保つ工夫

水道の蛇口の掃除はうっかり忘れていると蛇口が白くなってしまったり、黒くなってしまうことがあります。こ...

犬が靴下を履いたら歩き方がぎこちない様子と靴下のメリット

犬に洋服を着用させてお散歩をしている姿は良く見かけますが、犬に靴下を履かせている姿をみたことはあるで...

ピアノの和音は指先の力加減、音のバランスが重要なポイント

子供が弾くピアノの和音について「指先の力を加えてしっかり弾きなさい」と言っている方も多いのではないで...

生地を水通しする方法!水通しが必要な素材と水通しが必要な理由

生地を水通しする方法について知りたいという人もいますよね!手芸などに使う生地は、素材によっては水通し...

服は素材や色で季節感がでる!素材からコーデを考えることが重要

服は素材だけで季節感が出るって知っていましたか?素材を無視したファッションはNG!どんなにおしゃ...

水泳選手コースの基準について選ばれるポイントやタイミング

水泳の選手コースになるには基準という目安があります。本人が選手コースに行きたくても、コーチから選手コ...

グルーガン【100均】の基本の使い方と上手に使うコツ

グルーガンは100均でも取り扱いがあり、ハンドメイドなどで使ってみたいと思っている方も多いと思います...

オカメインコのケージ内のレイアウトはシンプルがベスト!

オカメインコのケージ内を色々レイアウトして、オカメインコが楽しめるようなおしゃれ空間にしようと思って...

うさぎが掃除のたびに怒るのはなぜ?掃除で怒る原因と対処法

うさぎを飼っているケージ内は定期的に掃除する必要がありますが、うさぎによっては掃除のたびに怒る子もい...

スポンサーリンク

100均の材料で簡単DIY!小物や鍵を掛けられる木製ラック

ネットや雑誌では可愛いDIY小物をたくさん目にするようになりましたね。
「自分にも出来ないかな。」「作ってみたいな。」と思うことも多いのではありませんか。

初めてDIYで小物作りにチャレンジするなら、100均グッズを利用するのがおすすめです。
安価なうえに、材料から工具まで、必要なものの殆どを揃えることが出来ますよ。

初めてのDIYでは、工具や釘などを使うのは少し躊躇してしまいますよね。
そこで、ファーストDIYには、木工用ボンドだけで作ることの出来る簡単な木製ラックがおすすめです。

●木工用ボンドで作る木製ラック

  • すのこ…1つ
  • 木製スクエアボックス…2つ
  • 木製フック…1つ
  • 木工用ボンド

●作り方

  1. 木製のスクエアボックスを2つ並べて、木工用ボンドで貼り付けます。
  2. 貼り付けた木製スクエアボックスの後ろに木工用ボンドで、すのこを貼り付けます。
  3. すのこの上部に、木工用ボンドで木製フックを貼り付けます。
  4. しっかりと乾かしたら完成です。

フックの部分には鍵などをかけたり、下の小物入れにはメガネやハンカチなどを入れると、お出かけ準備が楽になりますよ。

フック以外にもメッシュフレームを貼り付けたり、S字フックを使うなどして、お好みにアレンジできますよ。
また、色を塗ったりステンシルを貼ったりすると、グッとオシャレになるのでおすすめです。

見せる収納におすすめ!100均のキューブボックスでDIY

100均にはいろいろな物が売られていますよね。
中でも木製の物はDIYしやすいのでとてもおすすめですよ。

次は、またまた木製ボンドだけで出来るDIYをご紹介しましょう。
使うのはキューブボックスです。

●キューブボックスで作る木製ラック

  • 木製キューブボックス…お好みの数
  • 木工用ボンド

●作り方

  1. キューブボックスを並べて、作りたい形をイメージします。
  2. キューブボックス同士を木工用ボンドで張り合わせて、しっかりと乾燥させます。

マグカップや小さめの多肉植物などを飾ると可愛いですよ。
4個を並べて2段にしたり、階段のようにしたりと、置き場所やお好みで形を変えることが出来ます。

足を付けたい時には、L型のインテリアボードなどを貼り付けたり、キューブレンガなどを下に置いても可愛いですよ。

100均材料で小物をDIY。ウッドボックスを調味料入れに

100均にはDIY材料がたくさんありますね。
見ているだけでいろいろな想像が膨らんでワクワクします。

次は少し手を加えて、男前な感じの小物入れの作り方を紹介しましょう。

●男前小物入れ

  • 焼き網
  • 木製小物入れ…焼き網の幅と同じサイズの物(前面の板が無いものの方がおすすめ)
  • アクリル絵の具(くろ)
  • ペンチなどの工具
  • お好みのプレートなど

●作り方

  1. 焼き網をウッドボックスの前面が網になるように合わせて、ペンチなどで曲げます。
  2. そのままコの字型に曲げて、裏面は網が飛び出たままにします。
  3. 焼き網を黒のアクリル絵の具で塗って、しっかりと乾かします。
  4. 網にウッドボックを乗せます。
  5. 後ろ側の網部分には、お好みのプレートなどで飾りましょう。

「ウッド×黒」が男前ですよね。
ステンシルなどを使うと、より男前になるのでおすすめですよ。
網の上部にはプレートなどでデコレーションするのもおすすめですが、S字フックなどを引っ掛けて使うことも出来ます。

DIYは、アイディア次第でより自分好みに仕上げることが出来る点が、メリットですよね。

100均のまな板を使って小物をDIY。ネジを使ってラックに活用

100均には様々なものが売られていますね。
DIY用として売られているわけではありませんが、DIYに使いやすいものもたくさん売られています。

次はまな板を使ったDIY小物をご紹介しましょう。

●まな板を使った踏み台風ラック

  • 木製まな板(大)
  • 木製まな板(中)…2枚
  • 木製まな板(小)…1枚
  • ネジ
  • ウッドステイン

●作り方

  1. 木製まな板(中)2枚の真ん中ラインに、木製まな板(小)を渡して「H」の形になるようにネジ止めします。
  2. 上に木製まな板(大)をのせてネジ止めします。
  3. ウッドステインを塗って古材風にペイントしたら完成です。

ネジ止めは、桐などで少し穴を空けてからネジ止めすると、上手にできますよ。
まな板を使うと、木板を切る肯定を省けますし、角も丸めてあるので仕上がりも綺麗ですよね。

ウッドステインを塗る肯定は省くことが出来ますが、塗るだけで一気にオシャレな雰囲気になりますから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

DIYに大活躍のすのこを使ったマガジンラック

最後にご紹介するのはすのこを使ったマガジンラックです。

すのこはDIYの定番素材ですよね。
100均には木板も売られていますから、これらを使ったマガジンラックをご紹介しましょう。
今回はのこぎりを使って、少し本格的なDIYに挑戦してみましょう。

●すのこを使ったマガジンラック

  • すのこ(40㎝×25㎝)…2枚
  • 木板(40㎝×9㎝)…2枚
  • のこぎり
  • 釘やネジなど

●作り方

  1. すのこ1枚を用意して、すのこの板4枚が3枚になるように、のこぎりを使って切ります。(マガジンラック前面部分)
  2. 木板は半分に切って側面の板にします。
  3. 何もしていないすのこが後面、何もしていない木板は底板、2が両サイド、1が前面に来るように組み立てて、釘やネジで固定します。

両サイドの板は斜めラインになる用意すると、サイドから見た時にオシャレです。
お好きな色を塗ったりして、オリジナルラックにしてくださいね。

初めてDIYするなら、安価に材料を手に入れられる100均商品から始めるのがおすすめですよ。
ぜひ、試してみてくださいね。