セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ素加工よりも頑丈で焦げにくいと人気もあります。
初めてセラミックのフライパンを使う場合は、その前に使い方の注意点を知っておくといいでしょう。

そこで、セラミックのフライパンの手入れ方法について、簡単なお手入れ方法や傷つけない工夫、長持ちさせるための使い方のコツや調理するときの注意点、焦げ付いてしまったときの対処法などお伝えしていきましょう。

これで、セラミックのフライパンの手入れ方法が意外と簡単なことがわかり、気をつけたいポイントもわかるので、安心して料理に使うこともできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダブルベッドでの布団の取り合い問題を解決する方法

ダブルベッドで寝ていると、気がつくと布団がどちらかの方に偏っていたり、布団の取り合いになることってあ...

カーペットについた両面テープの上手な剥がし方を教えます

カーペットが動かないように両面テープを使って固定したものの、引っ越しなどで剥がした時にカーペットに両...

体を柔らかくする方法【短期間】柔軟性を手に入れる極意を伝授!

体を柔らかくする方法。しかも短期間で!痛みに耐えてギュウギュウ可動域を広げても、柔軟性を手に...

部活を引退する先輩に渡す色紙デザインを凝ったものにしたい

先輩と後輩が一緒になって毎日部活を楽しく過ごしていても、いつかは先輩が引退してしまう時が来てしまいま...

冷やし中華を弁当に入れてもくっつかない秘策を教えます

食欲が落ちる夏のお弁当には麺類を入れたいですよね。中でも冷やし中華をお弁当に入れたい人も多い...

石にペイントするならどんな絵の具?石の塗り方

石にペイントをするときにはどのような絵の具が向いているのでしょうか?おすすめはアクリル絵の具ですが、...

舌が長いと滑舌が悪くなるは間違いだと判明!

「私の滑舌が悪いのは舌が長いからだ」と思っていませんか?滑舌が悪いのは舌が長いからではなく、調べ...

お香典の相場、友人の兄弟では?お香典のマナーと注意点

お香典には相場というものがあります。ほとんどの場合はその相場を参考にしてお香典を包むのですが、友人の...

毎月、貯金してますか?40代は子どもの進学と老後が心配。

毎月、どのくらいの金額を貯金へ回すことができていますか?40代は、子どもの進学と、自分たちの...

友達と絶縁!仲直りしたい時の対処法は?関係修復方法を解説

友達と喧嘩をして絶縁してしまったとき、喧嘩をしたばかりの頃はもう一生友達には戻りたくないと考えること...

お年玉は子供が管理している?それとも親?最近のお年玉事情

お正月の子供たちの楽しみと言えば、もちろん『お年玉』ですよね。このお年玉ですが、子供が小さな...

腹筋運動を日常動作で。簡単な姿勢で眠っている筋肉を呼び覚ます

腹筋を鍛えるための知識があれば、キツイ『上体起こし』以外の運動でスッキリしたお腹周りを手に入れること...

フラのハンドモーションのコツ!美しく見せる上達のポイント

フラダンスのハンドモーションのコツは、意識するべきポイントを掴んで練習すれば初心者でも上達できます。...

きゅうりを使った副菜でもう1品!簡単中華風レシピ

食卓にあと一品欲しい時など、きゅうりを使った副菜はいかがですか?おかずにもなりますし、お酒の...

凍結道路時のタイヤはノーマルではなくスタッドレスが鉄則!

凍結した道路はとても滑りやすく危険です。ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤの方が安心ですが...

スポンサーリンク

セラミックコーティングのフライパンの手入れは簡単

料理をする時に欠かせない調理器具と言えば、フライパンです。

フライパンがひとつあれば、食材をあらゆる方法で調理することが出来るので、家にひとつはフライパンがあるという人も多いのではないでしょうか。

特に、表面に食材がくっつかないセラミック加工がされたフライパンは、調理もお手入れも簡単でストレスがないため、人気のフライパンです。

セラミックフライパンは、見た目から滑らかな印象がありますが、実際触ってみるとざらつきもなく、見た目と同じでとてもツルツルしていますが、使っているうちに何故か食材がフライパンにくっついてしまうことがあります。

セラミックコーティングが徐々に剥がれ落ちることが原因

最初は滑らかだったコーティングも使い続けることで、フライパンの表面に凹凸が出来、そこに油や食材が入り込んでくっついてしまうのです。

このような時でも、フライパンの適切なお手入れをすることで、汚れを綺麗にすることが出来ます。

フライパンでお湯を沸かして汚れを浮かせる

フライパンに焦げ付きや汚れが付いたら、フライパンの中に多めの水を入れ、そのまま火にかけて温めることで、汚れを浮かせてから洗剤で洗う方法がおすすめです。

フライパンでお湯を煮立たせるというだけでも汚れがスルッと落ちてくれることもあるので、フライパンの中でもセラミックコーティングのフライパンのお手入れはとても簡単に出来ます。

セラミックのフライパンを手入れでは傷がつかないように注意

フライパンで調理をした時に、食材がフライパンにくっつくというのは結構なストレスになることがあります。

それが日常的ならなおさら、料理自体が楽しくなくなってしまうこともあるでしょう。

その点、セラミックのフライパンは、食材がくっつかず調理が出来るので、とても便利な調理用具です。

セラミックのメリット

また、セラミックフライパンは、表面が白いため、食材の焼き具合や色合いを確認しながら調理出来るのも大きなメリットです。

表面のセラミックは、陶磁器と同じ材質で、熱にも傷にも強いという特徴もフライパンの用途を考えるとぴったりです。

私もテレビで料理家の人がおすすめしていたことで影響を受け、試しにひとつセラミックフライパンを買ってみたのですが、その使い心地の良さや見た目の良さに予想以上に満足したので、大きさや用途違いでいくつか買い足し、自宅で使っているフライパンはすべてセラミックフライパンというくらいです。

フライパンの表面が白くて美しいためなるべく大切に使いたいという心理から、片付けが苦手な私でさえセラミックフライパンは使い終わったらすぐに洗って片付けているという意外な誤算もありました。

セラミックフライパンの表面に傷が付くとヒビ割れる可能性も

そんなたくさんのメリットがあるセラミックフライパンですが、傷が付いてしまうと、そこからヒビが入り、表面全体が砕けてしまうこともあるため、注意が必要です。

陶磁器と同じくらい硬い表面ながら、当然固い場所に落としたり、金属などの硬い道具を使って調理すると、傷が付いてしまうこともあります。

セラミックのフライパンを長持ちさせるには適切な手入れをしましょう

セラミックフライパンは、一見すると、表面はツヤツヤしていて滑らかに見えますよね。
でも、実際は目には見えないほどの細かなセラミック粒子の穴があいています。

フッ素加工フライパンのように、セラミックフライパンで油を引かずに調理すると、食材が焦げ付き、セラミックの表面を傷めてしまうことにもなります。

セラミックフライパンは油を引いて調理する

セラミックフライパンが”焦げ付かない”のは、少しの油を使うことが前提

油を引かずに使うことは、セラミックフライパンの寿命を短くすることにもなるため、必ず油を引いて使うようにしましょう。

フライパンを使い終わった後のお手入れも大切

熱に強いセラミックですが、急激な温度変化は素材を傷めてしまいます。

フライパンを使い終わってすぐに水で冷却するということはセラミックにとっては、素材を傷めてしまう要因となります。

洗う時には、自然に冷却されるまで待ってから、洗剤とスポンジで優しく洗うようにしましょう。

セラミックのフライパンは調理するときの温度にも気をつけること

セラミックの特性として、”熱に強い”ということもあります。

セラミック自体は400度の熱にも耐えられるほどの耐熱性がある

だからといってそんな高温で調理してしまうと、セラミックには影響がなくても食材を焦がしてしまったり、フライパンに落ちにくい汚れが付いてしまうということもあります。

セラミックフライパンは、フッ素樹脂加工のフライパンよりも熱が伝わるスピードが早い

フッ素樹脂フライパンと同じ感覚のままセラミックフライパンを使うと、フライパンが温まりすぎて焦げ付きの原因にもなります。

セラミックフライパンの適正な温度は、中温と言われる「160~180度」がベストです。

適温の中で調理することで、セラミックフライパンを長持ちさせることが出来ます。

万が一フライパンが焦げ付いてしまったときの対処法

セラミックフライパンを毎日使っているうちに、うっかり焦げ付いてしまったということもあるでしょう。

いくら”焦げ付かない”という特徴のセラミックフライパンでも、使い方次第で焦げ付くことはあります。

特に、セラミック素材は熱の伝導率が高いため、加熱を開始してから割と早くに鍋全体が温まります。

今まで使っていたセラミック以外のフライパンの使い方で使っていると、セラミックフライパンは熱の通りが早いということに驚く人もいるでしょう。

一般的には予熱時間もさほど必要ないと言われるセラミックフライパンは、予熱に時間をかけてしまうと、食材が焦げてしまうこともあります。

セラミックフライパンが焦げついた時は、「重曹」が活躍

焦げ付いたフライパンの中に、水と重曹大さじ1程度を入れ、そのまま沸かして冷めるまでしばらく放置します。

重曹が焦げ付き汚れに作用し、中和することで汚れが浮きやすくなります

浮いた汚れを取る時には、硬い金属タワシなどは使わず、スポンジや布巾で汚れを拭き取るようにしましょう。