出先で取りたい!今あるもので出来る商品タグの取り方

購入したものをすぐに使いたい時、商品タグの取り方に困りませんか?力いっぱい引きちぎる方法もありますが、せっかくの商品を傷めてしまう危険性があります。

そこで出先でも持っている可能性が高いものを利用して、商品タグを取る方法についてご紹介をいたします。

少し時間がかかるかもしれませんが、ビニールの紐が付いた商品タグなら、この方法で取ることができますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

住民票を移動した後の住民税の疑問!二重払いにはなるのか

引越しをして住民票を移動した後、住民税がどこから請求されるのか知っていますか?知らないと「二重払いさ...

富士山の山頂の気圧はどのくらい?富士登山の心構えとは

富士山の山頂の気圧は、地上とどのくらいの違いがあるのでしょうか?富士山に登るときには、様々な準備をす...

ウサギのオス同士で仲良くなる方法とは?うさぎの飼い方

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はあるのでしょうか?なわばり意識の強いウサギを多頭飼いするときにはど...

大学の卒業式の親服装は何がいい?親の服装選びとマナーを解説

お子さんが無事に大学を卒業することになり、一安心だと思っているお母さんもいるのではないでしょうか。...

寝かしつけの方法を伝授!生後3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけ

寝かしつけの方法を知りたい!新生児の頃は、ミルクや母乳を飲めば寝てくれたのに、生後3ヶ月にも...

香典の郵送は手紙なしより添えるマナーや注意したいポイント

香典の郵送は手紙なしでも問題ありません。ただ、香典の郵送時に手紙も一緒に添えた方が相手にとっての印象...

学会でスーツなら女性の選ぶポイントと相応しい服装とは

学会に参加するときはやはりスーツの方が、女性の場合もいいのでしょうか?では、学会に相応しい女...

アクセルとブレーキどっちか分からなくなる踏み間違いの危険性

アクセルとブレーキは普段ならどっちを踏むべきかすぐに判断つくものですが、よくニュースで踏み間違い事故...

部活の引退で伝えたい感謝の言葉!後輩・顧問・親に贈る言葉

部活を引退するとき、今まお世話になった部活の後輩や顧問にお礼の言葉と伝えたいと考えている人もいるので...

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなけれ...

セラミックのフライパンは正しく使えば危険ではありません

「セラミックのフライパンは焦げないからいいよ。」と友達から聞いても、本当に焦げ付くことはないのか、危...

学習机をすっきり収納。100均のアイテムを使った収納術

お子様の学習机の上は物が散らかっていませんか?教科書やノートや細々とした筆記用具など学習机に収納...

ペーパーナプキンを使った簡単基本のデコパージュのやり方

ネットや雑誌などでデコパージュというのを見たことがあると思います。いろいろなものに、好きな柄を印刷し...

色の種類【紫】が好きな男性の特徴と心理・相性・恋愛傾向を解説

紫色が好きな男性に、片思いをしている女性もいるのではないでしょうか。好きな色の種類によって、...

封筒を再利用するときのマナー・再利用で地球にやさしいエコ活動

ビジネスシーンでは、宛名の書かれていない封筒を再利用する事もあります。この時、相手に失礼にならないよ...

スポンサーリンク

ペンを持っていれば商品タグが取り外せる!タグの取り方について

買った商品をすぐに使いたいということがたまにあります。
しかし、買ってすぐの商品には商品タグというものが取り付けられています。
この商品タグがついたまま商品を使っていては買ってすぐの物だと周りの人に分かってしまって恥ずかしいため、商品タグを取ってから商品を使いたいと思う人がほとんどでしょう。
しかし、商品タグはプラスチックの紐で留められているという場合が多いです。
この商品タグの紐はハサミやカッターなどを持っていれば簡単にとることが出来ますが、道具の準備をしていないときには手で取るというわけにもいかないので、多くの人がどうやって取ったらいいのか悩むでしょう。
しかし、この商品タグのプラスチックの紐は、あるものを使えば簡単に取ることが出来ます。
そこで、商品タグのプラスチックの紐を簡単に取る方法についてお伝えしていきます。
いくつか方法はありますが、まずは「ペン」を使って商品タグのプラスチックの紐を取る方法についてです。

1本のペンをプラスチックの紐にひっかけた状態でくるくると回していくだけでタグは取れる

ペンを回していくうちにプラスチックの紐がくるくると巻かれていき、最後にはプツッと簡単に切れてしまうのです。
この方法はペンを1本持っていれば行うことが出来ますし、ペンではなくてもプラスチックの紐に通せる細長いものがあれば同様に行うことが出来ます。

穴が空いた硬貨を使っての商品タグの取り方

ペンを持っておらず、プラスチックの紐に通せるような細長いものも持っていないという場合には、穴が空いた硬貨を持っていれば簡単に商品タグのプラスチックの紐をとることが出来るので試してみてください。
穴が空いている硬貨とは5円玉や50円玉のことです。

タグの取り方

それでは、穴が空いた硬貨を使って商品タグのプラスチックの紐をとってみましょう。
まずは、穴が空いた硬貨にプラスチックの紐を通します。
そして、硬貨の穴の部分からでているプラスチックの紐を、他の硬貨を使って擦り合わせるようにして擦り付けます。
この擦り付ける硬貨は穴が空いていなくても構いません。
強く擦り合わせるようにしていくと、プツッとプラスチックの紐が切れます。
少し力を入れなければ取れない方法ではありますが、穴の空いている硬貨であれば持っているという場合も多いので試してみてください。

何も無い!ねじる方法でタグを取る取り方

商品タグのプラスチックの紐は、意外と簡単に取ることが出来るということがお分かりいただけたかと思います。
しかし、ペンも無くて、穴の空いている硬貨もないという場合もあるでしょう。
そんなときには、何も無い状態で商品タグのプラスチックの紐を切ってみましょう。

タグのプラスチックの紐はねじり続けると、簡単に切ることが出来る

ということは、何も道具がなくてもプラスチックの紐をねじり続けていれば、いずれ切ることが出来るということなのです。
まずはプラスチックの紐の端の部分の手でつまみます。つまんだまま、商品をくるくると回転させてみましょう。
こうすることによってプラスチックの紐がくるくると巻かれていくはずです。
商品を回し続けて、プラスチックの紐を巻き続けているとプツッと切ることが出来ます。
この方法は何も道具が無くてもプラスチックの紐が切ることが出来るのはいいのですが、ずっとプラスチックの紐の端をつまんでいなければいけないために、手が痛くなってくる場合があります。
そのため、道具がある場合には、道具を使ってプラスチックの紐を切るようにしたほうが楽に切ることが出来ます。

どうしても商品タグが取れない時の最終手段

ペンが無くて、穴が空いている硬貨もなくて、ねじっても商品タグのプラスチックの紐を切ることが出来ないというときには、最終手段ではありますが噛み切るという方法もあります。
しかしこの方法は歯を傷めてしまう可能性もあり、あまりおすすめ出来る方法ではありません。
また、ライターなどの火を使ってプラスチックの紐の部分を焼き切るという方法もありますが、ヤケドの恐れもありますし、商品に穴を空けてしまう可能性もあります。
商品タグを取るための最終手段ではありますが、怪我の恐れや商品をダメにしてしまう可能性もあるので、注意をして行う必要がある方法となります。

首元についているタグの生地を傷めない慎重な取り方

プラスチックの紐で取り付けられている商品タグの他にも、洋服の首元などに取り付けられているタグを取りたいという人もいるでしょう。
洋服についているタグが肌に直に触れることによってチクチクとして痒くなったり、肌が弱い人の場合には肌荒れを起こしてしまう原因にもなります。

タグを無理やり取ると洋服を傷つけてしまう可能性が高い

洋服についているタグを取りたい場合には、リッパーという道具を使って簡単にとることが出来ます。
その方法はリッパーの尖った部分をタグの糸に通して、糸を切っていくだけです。
リッパーを使ってタグを取るときには、リッパーの尖った部分で洋服や手を傷つけてしまわないように気をつけて慎重に行うようにしましょう。