ギターとピアノ、始めるならどっちがいいのか論争を考える

趣味で楽器を始めたいと考えた場合、ギターとピアノのどっちがいいのか…という論争があります。

教室が多い・音を出すのが簡単・メロディーを引きやすい・見た目にカッコいい。そのほか、費用や騒音、または才能の有無は必要…などなど、考える角度によっても意見はさまざま。

どちらか悩んでいる人にとって判断材料になる…かもしれない意見の一部からご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

乾燥剤の石灰は捨てずに再利用!乾燥剤のエコな活用方法

お菓子や海苔に入っている乾燥剤はそのままゴミ箱に捨てるという方がほとんどだと思います。しかし、こ...

サッカー選手のサインは何にもらう?サインのもらい方講座

お目当てのサッカー選手のサインをもらいたい!でもいったい何にもらうといいのだろう…大事にしたいサイン...

布を裁断するカッターの特徴や使い方・注意点を紹介します

布を裁断するロータリーカッターの使い勝手とは?布作品をよく作る人にとって必需品となるのは裁ちばさみで...

ポケットポーチの作り方!100均の材料を使った簡単な作り方

小学生や幼稚園の女子に人気のポケットポーチ。ポケットのない洋服のときでもハンカチやティッシュを持ち歩...

友達と絶縁すると後悔する?絶縁すべき相手の特徴について

友達と絶縁をしたら後悔をしてしまう?仲が良いからこそ許せなかったり、感情をむき出しにしてしまうことっ...

洗濯機の柔軟剤入れの掃除について手順や方法を詳しく紹介

洗濯機の柔軟剤入れの掃除をつい忘れがちな人も多いのではないでしょうか。しかし、そのままにしている...

25万の手取りで生活。4人家族のやりくり方法を紹介します

4人家族で手取りが25万円。どのようにやりくりをしたらいいのでしょうか?毎月、ギリギリ…とため息ばか...

猫の鼻水は赤ちゃん用吸引器で吸い取り可能!ただし無理は禁物

猫が鼻水を垂らしている時、どうにか吸引して楽にさせてあげたいと思うものです。そんな時便利でおすす...

マニキュアの簡単な塗り方とは?キレイに見せるコツを教えます

自分でマニキュアを塗っても、ムラになってしまったりはみ出して失敗してしまうことってありますよね。...

猫が縄張り争いで負けるとどうなるか。猫のケンカのルール

近所に野良猫はいますか?野良猫同士のケンカをみたことはありませんか?猫には縄張りがあって、その縄...

ジムに必要な持ち物【女性版】最初は最低限必要な物でOK

ジム初心者の女性にとってわからないのが、ジムに必要な持ち物です。最低限どんな持ち物が必要なのか、...

ピアスを開ける場所で可愛い位置は?開ける位置別・特徴と印象

ピアスを開けて可愛いオシャレを楽しみたいと思っている人もいますよね!どの場所にピアスを開けるとオシャ...

引き戸のレールの掃除方法!ホコリを取り除いて快適な滑りに

お家の引き戸が重くなってきたと感じることはありませんか?以前はもっと軽い力で動かせたのに、レールの滑...

浴室の折戸の掃除方法!汚れやすい原因と掃除の手順

浴室の掃除というと、バスタブの汚れや床の汚れ、また曇りやすい鏡の掃除も欠かせません。そこでついつ...

テフロン加工のフライパンの焦げを簡単に落とす方法

テフロン加工のフライパンは焦げつきが少なく、お手入れも簡単に済みます。しかし繰り返し使用をし...

スポンサーリンク

ピアノは弾きたい曲までの道のりが遠い?どっちかといえばギター派

ピアノを弾きたいけれども、曲が弾けるようになるには時間がかかりそうだと思っている人も多いかも知れません。ギターのほうが簡単に感じている人もいるかもしれません。では実際はどうなのでしょうか。

ピアノもギターも、どちらも両手を使います。

ピアノを弾くためには、右手と左手を違う動きで動かせるようになる必要があります。譜面も読めるようにならなくては、弾く事ができません。譜面を読めるようになり、手も動かせるようになって、やっと初めて1曲弾くことが出来ると言えます。

それまでの間、ひたすらに練習しなければなりません。特に、大人になってからピアノを始めたという場合、直ぐに弾くことが出来る人は、なかなかいないのが現実です。やっと1曲弾けるようになったとしても、その曲をしっかりと弾けるという段階になるまでには、同じ曲を何度も練習し続けなければ、物には出来ないでしょう。

ピアノは、上から鍵盤を叩くことで、簡単に音を出すことができます。しかし、それで曲を弾こうとするのは、非常に大変なことなのです。

一方、ギターはどうでしょうか。

まず、コードを知って、そのコードを練習し、いくつかのコードを弾く事がでるようになれば、、弾き語り程度なら問題ない場合があります。

ピアノのように、叩いたりするだけで、簡単にイメージ通りの音を出すことはできないとしても、練習してコードを弾くことが出来るようになれば、他の曲に応用することもできます。似たようなコードがたくさん出てくる曲を選ぶことで、他の曲を弾き語ることは容易にできるという訳です。

もちろん、ソロの部分や、スウィープ、チョーキングなど、他の手法を覚えなければならないとしても、コードを覚えてしまえば、簡単に応用が聞くのは、ギターの良いところかも知れません。

どっちか悩んでギターよりピアノを選んだ理由は騒音トラブル回避

ギターとピアノのどっちを始めようかと悩んでいる人も多いと思います。楽器といえば、音が出るのは当然です。音を聞いてたり出したりして練習しなければ上達しません。

マンションやアパートで生活しているのであれば、練習の際、その練習音が近所迷惑にならないかと心配になることもあるでしょう。

楽器店に行くと、電子ピアノが並んでいることがあります。電子ピアノであれば、ヘッドホンをしたり、音量を調整できるため、騒音のトラブルを回避することが出来るでしょう。

また、ピアノの音自体を消音にしたとしても、電子ピアノの打鍵音やペダル音は下の部屋に住んでいる人に伝わることもあります。そんなときは、ペダルのない電子キーボードであれば、問題ないでしょう。また防音対策用の電子ピアノの下に敷くマットなども売られているため、利用するのもお勧めです。

ギターもサイレントギターというのが売られています。騒音が気になるようなら、部屋で練習する際には、そのようなギターを使うのも一つの手です。

ギターとピアノ、あなたはどっちの演奏に向いている?

ギターとピアノ、一体どっちが自分に向いているのかと悩んでいる人もいるかもしれません。実際、あなたはどちらが好きなのでしょうか。

ギターの音が好きだったり、ギターの見た目や、演奏する姿を格好良いと感じている人も多いはずです。

ピアノと違う一番のメリットは、持ち運びできるというところです。ピアノを持ち運ぶことは実際難しいところです。しかし、ギターは簡単に持ち運びできて、どこでも練習できます。友達とバンドを組んだ際にも、練習場所に気軽に持ち運べるという利点があります。

特に、ロックが好きという方には、ピアノよりギターが向いているかも知れません。ギターであれば、コードさえ覚えてしまえば、弾き語りも可能になります。

ピアノが好きな人は、もちろんその音色が好きという人も多いでしょう。ピアノといえばクラッシクのイメージが強いかも知れませんが、ジャズや、ピアノで弾き語りしたいという人もいるかもしれません。ピアノにも、色々ジャンルはあります。

キーボードであれば、ピアノとは違い、色々な音色を楽しむことができます。ドラム音を鳴らしながら、片手でベースの音、もう片方の手でピアノというように、一人セッションも可能です。

ピアノは音楽の基礎という人もいます。もし、譜面の勉強をしたのであれば、ピアノから初めて見るのも良いのかも知れません。

ギターはピアノに比べて奏法の種類が多種多様で難しい?

ピアノもギターも難しいところは多々あります。どちらのほうが難しいとは、一概には言えません。

ピアノを始める際には、まずクラッシクピアノから始めるのが通常だと思います。後にジャズなどに転向したとしても、弾き方という点では、若干違うとはいえ、ジャンルによって大幅に違うということはないでしょう。音楽の理論さえ異なっている事を把握できれば、殆ど問題はありません。

しかし、ギターはそうは行きません。クラッシク、ジャズ、ロック、フォークでは奏法が全く違います。また、使うギターも違います。

そのように考えると、ギターは多種多彩な楽器と言えます。表現力を多彩に要し、巧みに使い分けなければいけない場面もあるかも知れません。バンドなどでは、あるときは主役、あるときは裏方にまわることもあるでしょう。それが、ギターなのです。

ギターは音色、ピアノは技術?どっちがいいといは一概に言えない

ピアノは、叩けば音ができます。そのため、演奏技術が勝負の楽器と言えるでしょう。
一方、ギターは音色が勝負の楽器です。ギターは弦を上手く押えないと、綺麗な音を出すことが出来ません。

しかし、上達してくると、そればかりではないことに気付きます。

ピアノも、演奏者によっては違う音のように感じることもあります。またギターにおいても演奏技術が必要になってきます。

ですから、どちらがいいとは一概には言えないのです。

指の長さや太さによって、向き不向きもあります。しかし、一番大切なのは、自分がどっちが好きかということです。好きな方を選ぶことで、練習にも熱が入ります。好きなことが上達することほど、うれしいことはないのです。