お風呂の椅子の水垢対策でオススメな掃除法や予防するコツ

お風呂の椅子っていつの間にか頑固な水垢がこびりついている!なんてことはありますよね。

では、そんなお風呂の椅子の頑固な水垢汚れの原因とはなんなのでしょう?お風呂の椅子を掃除する方法とは?

また、お風呂の椅子を掃除した後は、しっかり乾燥することが大事です!水垢を予防するには?

そこで、お風呂の椅子の水垢対策でオススメな掃除法や予防するコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

瞳が茶色でも黒髪にしたい!瞳の色からオススメな髪色がわかる

瞳が茶色い人は黒髪が似合わないと言われるように、瞳の色によって似合う髪色が判断することができるそうで...

電車でスマホを見られるのを防止するには?オススメ防止方法

あなたのスマホ、覗き見されているかもしれませんよ・・。電車内では見るつもりがなくともスマホの画面が目...

ナチュラルメイクでデカ目を作る方法が盛沢山。様々なテクニック

つけまやカラコン無しでもデカ目は作れますよ。デカ目にすると「メイクが濃い」というイメージがあ...

5歳児にオススメな遊びや発達の特徴と成長ポイントについて

子供が5歳児となると、言動や行動も活発になり大人の言っていることもだいぶ理解できるようになり、一通り...

車の値段は年収のどれくらいがベスト?車の適正価格について

車の値段を決める大きな基準となるのが年収ですが、いったいどのくらいまでが上限となるのでしょうか?...

トイプードルのカットの頻度や事前に知っておきたいポイント

トイプードルのカットの頻度はその家庭によっても違いますが、トイプードルはあまり長い間カットに行かない...

食洗機用洗剤がない時の代用品になるものは?使用上の注意点も

食洗機を使いたいのに食洗機用洗剤がない!そんなことありませんか?何か代用品があれば…と思いますが...

立体ケーキの作り方【初心者でも簡単】バースデーやお祝いにぜひ

立体ケーキの作り方はとても難しくて、初心者には作ることができないと諦めがちですよね。でも、今...

受験が怖いなら高校受験の不安を解消するコツや効率的な勉強法

受験生にとって高校受験というのは、不安な気持ちで怖いと感じることもあるでしょう。では、そんな...

生クリームを使った後冷蔵庫に入れ忘れたら捨てるしかないのか

生クリームを使ったあと、うっかりして冷蔵庫に入れ忘れた経験ありませんか?すっかり常温に戻って...

猫のシャンプータオルの使い方やメリット・デメリットについて

猫用のシャンプータオルをご存知ですか?シャンプータオルと言うとシャンプーをしたときに使用する、吸水性...

サウナとお風呂ではどちらの順番が先?おすすめの組み合わせ

サウナが大好きという方も多いと思いますが、サウナとお風呂ではどちらの順番が先なのか気になったことあり...

スニーカーのソールの黄ばみ取りにオススメな対策や予防方法とは

スニーカーって気がつくと汚れていたり、ソールのゴム部分が黄ばんでいたりしませんか?では、特に...

鉄のやかんにさびが発生!錆を取る方法と日常のお手入れのポイント

鉄のやかんを使用していると、さびが発生してしまうことがあります。せっかく購入したのにさびてしまうと、...

グッピーの水槽が白く濁りが出る場合の原因と対処法

グッピーを飼っていて水槽の濁りにお困りの方はいませんか?水槽が濁ってしまうと水質が悪くなってしまった...

スポンサーリンク

お風呂の椅子の頑固な水垢汚れの原因は?

お風呂の浴槽は毎日掃除をしているのに、椅子は掃除していないという人もいるのではないかと思います。気付いた時には、頑固な水垢がついているなんてこともあるかも知れません。お風呂の水垢は、本当に頑固でなかなか取れないで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

お風呂の椅子の頑固な水垢の原因は何なのでしょうか。これは、シャンプーや石鹸、シャワーなどの水に含まれているカルシウムです。これが乾燥して固まったものであり、アルカリ性の汚れです。

アルカリ性の水垢には酸性の洗剤がお勧めです。酸性の洗剤で中和することで綺麗にすることが出来ます。重曹は弱アルカリ性のため、アルカリ性の汚れには不向きです。

水垢をヘラなどで擦って落としている人もいるようですが、椅子の形状のせいで、大変な思いをしていると聞きます。
どのようにしたら、スムーズに水垢を落とすことが出来るのかというのは、主婦の永遠の悩みのような気がします。

お風呂の椅子を掃除する方法!取れない水垢にはクエン酸を

お風呂の椅子の水垢を取る方法は、実は意外と簡単です。

湯垢であれば、酸性の可能性があります。水道水の中のマグネシウムと石鹸が混ざり合って化合したものは、湯垢と呼ばれていて、実は酸性なのです。酸性であれば重曹での掃除が有効とります。

先ずは、浴槽にお湯を溜めるか、入浴後にお風呂の栓を抜かずそのお湯に、重曹を1カップほどを溶かして重曹水を作りましょう。
そこに、椅子や、蓋、洗面器など、お風呂の小物類を湯船にしっかりと沈めて漬け置きします。必ず重曹がまんべんなく溶けるように、かき混ぜてください。一晩放置すれば、重曹が汚れを溶かして綺麗にしてくれます。つけおきしたものを引き上げて、シャワーで洗い流しましょう。汚れが綺麗になるはずです。

シャワーだけで落ちないような頑固な汚れが残っている場合には、スポンジや歯ブラシなどを使ってこすり落としましょう。
栓を抜いたら、浴槽の中もシャワーで流してください。付け置きされて、浴槽内も綺麗になっているはずです。

どうしても取れない風呂椅子の水垢は、クエン酸で落としましょう。水垢は湯垢と違い、アルカリ性です。重曹でつけおきしても落ちない白い汚れは、アルカリ性の水垢である可能性があります。

1カップの水にクエン酸を小さじ1杯混ぜて、クエン酸水を作ります。それをスプレー容器に入れて汚れに拭きかけ、ティッシュでパックし、その上から乾かないようにラップで覆います。3時間程度置いたら、ティッシュとラップをはがして、スポンジでこすってください。

少し置くだけで、ゴシゴシとこすることなくスッキリと綺麗にすることが可能です。最後はしっかりとシャワーで流しましょう。

お風呂の椅子の水垢は酸性洗剤で!掃除の後は乾燥が大切

お風呂の水垢は、アルカリ性です。酸性の洗剤で中和することで綺麗にすることが出来ますが、洗剤の中には、アルカリ性のものや中性のものもあります。

洗剤を使ったのに、綺麗にならないと感じているようなら、使っている洗剤が何性なのかを確認してみましょう。お風呂の水垢などは、頑固な汚れの一つですが、酸性の洗剤を使うと綺麗にすることが出来ます

酸性の洗剤がなくても、身近なもので代用することが出来ます。お酢は酸性の食品です。お酢を使って掃除をすることで、水垢を綺麗にすることが出来ます。

お酢をティッシュやキッチンペーパーやなどに染み込ませて、水垢汚れにパックしてみましょう。クエン酸と同じ効果が得られ、綺麗にすることが出来ます。

また重曹は、アルカリ性です。湯垢を綺麗にするには、アルカリ性が有効です。お風呂の残り湯に重曹をカップ1杯いれて、水垢が気になる小物類を半日程度漬け置きしましょう。

さらに、頑固な水垢汚れには、研磨剤成分でけずり取るのがお勧めです。歯磨き粉には、研磨剤が入っているため、歯磨き粉を布につけて拭くことで、水垢を取り除くことが出来ます。ただし、粒が入っている歯磨き粉は、傷の原因となるので使用しないでください。
水垢の原因は水分です。その水分が残らないように、入浴後や掃除後は、換気をしっかりとしましょう。換気をすると、水垢だけでなく、カビの発生も抑えることに繋がります。お風呂掃除の手間を減らすことができれば、掃除がぐんと楽になるはずです。

お風呂の椅子には重曹とお酢のダブル技でツルツルに!

湯垢と水垢は違います。お風呂のの汚れをヘラなどでこすると、白っぽかったり茶色がかっているものが浮いてくると思います。これは、石鹸のカスと、皮脂、水道水の中に含まれるカルシウムが混ざりあって、椅子に少しずつ蓄積され、こびりついたものです。これはアルカリ性の水垢です。

反対に湯垢は、皮脂と石鹸のカス、水道水中のマグネシウムが混ざったもので酸性の汚れです。

アルカリ性である重曹と、酸性であるお酢を使うことで、湯垢と水垢を一緒に落とすことが出来きます。

まず、洗面器に重曹を入れて、そこにお酢を少量注ぎます。すると、互いが反応して泡が発生します。お酢を入れた重曹ペーストが出来たら、ペーストをスポンジにつけて、お風呂の椅子や洗面器を洗いましょう。全体に塗りつけるように洗ったら、洗い流さずそのまま放置してください。またペーストでお風呂の床も掃除しましょう

1時間ほど放置して、その後シャワーで洗い流すと、水垢がとれてつるつるとした表面が戻っていることに気付くはずです。

お風呂の椅子の水垢を予防するには?普段から出来ること

お風呂の椅子に付いた頑固な水垢は、本当になかなか取れない厄介者です。掃除に手間がかかることを考えると、普段から石鹸カスと水垢が付かないように、対策をすることが大切です。

石鹸のカスや水垢は、時間とともに、冷えて硬くなり、落とすのが大変になります。またそのまま放置して、湿気の高い浴室内においておくことで、カビの発生に繋がります。

普段から、入浴後にはこれらの汚れを残さないように意識するべきです。
お風呂上りには、そのような汚れが残らないように、シャワーでしっかりと洗い流しましょう。汚れが気になるところは、入浴後にその場でスポンジなどでこすり落とことも大切です。浴室が温まっているため、付着したばかりの汚れであれば簡単におとす事が出来ます。

また湿気も、水垢の原因となるため、入浴後はしっかりと乾燥させてください。乾燥することでカビや雑菌の発生も防ぐことが出来ます。