卵の臭いの消し方を教えて!気になる卵の臭いをスッキリ消す方法

卵の臭いが気になるという人もいますよね。食器についてしまった卵の臭いの消し方が知りたいという人もいるでしょう。
うっかり落として割ってしまった生卵の臭いや、ゆで卵を茹でた時の臭いが気になる人もいるようです。

では、卵の気になる臭いを消すには一体どうすれば良いのでしょうか。ついてしまった臭いを消す方法は?臭いの原因は何?

そこで今回は、卵の臭いを消す方法と臭いの原因についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの騒音問題!下の階がうるさい時の解決策と注意点

アパートの騒音問題は多く、下の階からの生活音や話し声、バタバタと子供が走り回る音に悩まされる人はたく...

クッキーは賞味期限切れ後2ヶ月たっても食べれるかどうかを調査

賞味期限切れのお菓子でも多少過ぎたくらいなら食べても問題ない、と考えていませんか?特にクッキ...

きゅうりを使った副菜でもう1品!簡単中華風レシピ

食卓にあと一品欲しい時など、きゅうりを使った副菜はいかがですか?おかずにもなりますし、お酒の...

家族で楽しむクリスマス!夕食はお子様と一緒に自宅ディナー

毎年のクリスマスはどのように過ごすことが多いですか?主婦の皆さんは、やはり自宅で家族と過ごす...

出先で取りたい!今あるもので出来る商品タグの取り方

購入したものをすぐに使いたい時、商品タグの取り方に困りませんか?力いっぱい引きちぎる方法もありますが...

お年玉は子供が管理している?それとも親?最近のお年玉事情

お正月の子供たちの楽しみと言えば、もちろん『お年玉』ですよね。このお年玉ですが、子供が小さな...

一人暮らしの不安や寂しい気持ちで胸が潰れそうな人、読んで!

一人暮らしの不安や寂しいを抱えていると、本当に胸が潰れますよね?今まで、夜帰って電気がついて...

麺をすする方法は?上手に麺をすすれるようになる簡単な練習方法

日本にはラーメンやそば・うどんのように、麺をすすりながら食べる食べ物がたくさんあります。でも、中には...

服の毛玉を取る方法!洋服を傷めないで簡単にキレイにする

お気に入りのニットや毎日着ているコート、気付くと毛玉になっていることがありますよね。特に袖の部分...

No Image

インコのおやつを手作り!手作りする時のポイントと作り方を解説

インコのおやつを手作りしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ですが、今まで作ったこ...

インコのケージを手作りするコツや方法とカバーも作る効果

インコのケージを手作りできたら、より自分好みでインコにも合わせたケージを作ることができます。インコの...

大学の卒業式に出ないという選択について。

大学の卒業式に出ないってアリでしょうか?大学の卒業式に出たくない?大学の卒業式に出られな...

おでんのこんにゃくの下ごしらえはおいしく食べるために必要です

冬になると恋しくなるおでん、コンビ二のおでんもおいしいですが、自分で好きな具を入れて作った方がよりお...

バレエで男性へのお礼の仕方についてゲストへの上手な気遣い

バレエでは男性ゲストにお礼をしなければなりません。はじめて発表会で男性ダンサーと一緒に踊るのであれば...

お年玉は子供のもの?親のもの?お年玉の行方について

お年玉はその家庭の価値観によって、使いみちや管理方法が変わってきますよね。子供あてにいただく...

スポンサーリンク

食器についた生卵の臭いの消し方

食器に付いてしまった生卵の臭いは、あまり気にしたことがないという方も多いと思いますが、気になる人には気になるようです。

まず臭いを落とそうとお湯で洗う方も多いと思いますが、卵はタンパク質なので、お湯で洗うと固まりやすくなってしまいます。
ですので、生卵を入れたお皿は水で予洗いしましょう。

臭いが取れない時はアルコール系洗剤を使う

卵は弱アルカリ性なので、臭いを落とすには、酸性の洗剤で中和させるという方法があります。
一般的な家庭用洗剤は中性の物が多いのですが、卵の臭いにはアルコール系がおすすめです。

クエン酸で漬け置きも卵の臭いに効く

アルコール系の洗剤が見当たらないという方にはクエン酸を使いましょう。クエン酸はその名の通り酸性です。
クエン酸水を作って、その中に浸けておきます。クエン酸でもまだ臭いが気になるという方には、キッチン用の塩素系漂白剤を使ってみましょう。
消臭と共に除菌効果も期待できます。

消し方はわかった!でもどうして卵は臭いがするの?

卵かけご飯など、生の卵を使う時に生臭いと感じる人がいます。
卵黄よりも卵白の方が生臭いと感じる人も多いので、卵かけご飯には黄身だけを使うという方もいます。
火を通した卵焼きやゆでたまごは大丈夫だけど、生だと苦手という人も少なくないようです。

卵の生臭さは卵の新鮮さも関係する

私達一般人が卵を買うのはスーパーなどで買うしかありませんので、なかなか新鮮な卵を入手するのは難しいものです。
近くに卵の直売所などがあれば、そちらを利用すると少しは臭いに違いがあるかもしれません。

また、臭いの原因は鶏のエサによっても違いがあるようです。

臭いの原因

エサに含まれる菜種油かすや魚粉によるものです。
これらは、卵にコクや風味を与えるものとして与えられますが、これが強くなってしまうと、逆に臭みにつながってしまうことがあります。
卵が好きな人にとっては気にならない臭いでも、卵が苦手な人にとっては気になる臭いのようです。

また、卵の殻には、鶏の鶏舎の臭いが若干残っている場合もあります。人によっては、この臭いが獣臭のような臭いに感じる人もいるようです。

落として割ってしまった生卵の臭いの消し方

卵を使おうと手にした卵をうっかり床に落として割ってしまった。
きれいに拭き取ったはずのに、床の生臭い臭いが気になるということもありますよね。
数日後たっても、薄っすらと生臭い臭いが気になるという場合には、微生物が繁殖している可能性もあります。
その微生物からの臭いの場合には、アルコール除菌スプレーが効果的です。アルコールスプレーで除菌した後には、しっかりと乾燥させて下さい。
水分が残っていると菌が繁殖しやすくなるので、乾燥した状態を保つことが大切です。

アルコール除菌スプレーにもさまざまなタイプが販売されています。
選ぶ時には、必ず無臭のものを選ぶのがポイントです。
原料に大豆を使ったものなどもありますが、人によっては使った後に大豆の臭いが気になるという場合もあるので、注意が必要です。

卵の殻を三角コーナーに捨てても臭わないようにするには

卵を使った後には、三角コーナーに卵の殻を入れますが、この三角コーナーからの生臭い臭いが気になることはありませんか?

キッチンのシンクには何も生臭くなるものはないのに、なんだろうと思うと三角コーナーからの卵の殻の臭いだったという経験があります。

特に夏の暑い日などはすぐに臭いが強くなります。

三角コーナーに捨てても臭わないようにするには、卵の殻を水道の水で流しながら手で握り潰してから三角コーナーに捨てます。
そうすると、卵の白身が水で洗い流され、臭いが気にならなくなります。
卵の殻に付いた白身はほんの少量ですが、実は結構臭いが上がりやすいのです。卵の白身は動物性なので、夏の気温が高い時期などはすぐに臭いやすくなります。
卵を割った後に、この一手間を加えるとかなり臭いを軽減できます。

番外編!ゆで卵の臭いがしないように茹でる方法

ゆで卵を食べていると、硫黄のような臭いがすることがありますよね。
食べている本人はそれほど気にならない臭いでも、周りの人からするとちょっと気になる臭いです。

ゆで卵を割った時に、黄身の周りが緑っぽく変色しているのを見たことがあると思います。
これは加熱をし過ぎた時に起きる現象で、このような加熱し過ぎの状態の方が硫黄臭が出やすいと言います。

ゆで卵の臭いの原因

卵の白身にあるアミノ酸が熱によって分解され発生するものです。このアミノ酸の中には硫黄が含まれているのでこれが臭いの元です。

ですので、ゆで卵の臭いを軽減するためには、湯で時間を長くしすぎないというのがポイントです。

理想のゆで時間は、水から卵を入れて沸騰してから8分というのが、美味しく食べられる目安です。
ゆで卵を切ったときにも、美味しく見えるようにするには、黄身が完全な黄色よりも少しオレンジがかっているくらいの方が食欲をそそりますよね。